通信用プロキシサーバを使用して ACME 自動化エージェントをインストールおよび有効にする

自動化が正常に実行されるようにするため、ACME 自動化エージェントは、CertCentral クラウドサービスと通信を行い、お使いの CertCentral アカウントの自動化と通信できる必要があります。

プロキシサーバ

ACME 自動化エージェントを、プロキシサーバがネットワーク外部と通信する必要があるサーバ上にインストールする予定の場合、ACME 自動化エージェントを構成して、プロキシサーバを使用する必要があります。

開始する前に

システム要件とインストーラーを含む ACME 自動化についての詳細は、「エンドポイントサーバまたはデバイス向けの ACME 自動化をセットアップする」 を参照してください。

Windows:AMCE 自動化エージェントをプロキシサーバを使用してインストールおよび有効にします。

  1. 左メインメニューの CertCentral で、[自動化] > [自動化を管理する]. の順に進みます。

  2. [自動化を管理する]ページで、[自動化を追加する] をクリックします。

  3. [自動化をセットアップする]下の[自動化をセットアップする]ページで、[選択] をクリックします。

  4. [はい]下のマイサーバに直接移動できます。[はい] をクリックします。

  5. Windows で、[ダウンロード]] をクリックして、自動化エージェントをダウンロードします。

  6. zip ファイルをお使いのコンピュータに保存し、その場所を確認します。

  7. zip ファイルのコンテンツを展開して、DigiCert CertCentral エージェント実行ファイルを実行します。.

  8. [セットアップ]ウィザードで、指示にしたがって証明書ホスト上にエージェントをインストールします。

エージェントがインストールされた後、[セットアップ]ウィザードには有効化画面がすぐに表示されます。

  1. [マイプロキシサーバ] を選択し、,証明書をお使いのプロキシからクラウドに接続します。

  2. プロキシ詳細を入力する:

    • プロキシホスト:エージェントが通信に使用する IP アドレス。
    • プロキシポート:開いていてアクセス可能なポート。
  3. プロキシのセットアップにログインが必要な場合、認証情報を入力して続行します。

  4. CertCentral アカウント認証情報でサインインして続行します。

  5. このホストデバイスを所有または管理する管理グループを選択します。

  6. エージェントに分かりやすい名前を作成して、エージェントを有効にします。

  7. ウィザードの最終ページで、“[DigiCert CertCentral エージェントサービスを開始する]” を有効にすると、プロセスは正常に完了します。

Linux:ACME 自動化エージェントをプロキシを使用してインストールおよび有効にします

  1. 左メインメニューの CertCentral で、[自動化] >[自動化を管理する] の順に進みます。

  2. [自動化を管理する]ページで、[自動化を追加する] をクリックします。

  3. [自動化をセットアップする]下の[自動化をセットアップする]ページで、[選択] をクリックします。

  4. [はい]下のマイサーバに直接移動できます。[はい] をクリックします。

  5. Linux で、[ダウンロード]] をクリックして、自動化エージェントをダウンロードします。

  6. zip ファイルをお使いのコンピュータに保存し、その場所を確認します。

  7. start-cc-agent.sh を証明書ホスト上で展開および実行します。

  8. CertCentral アカウント認証情報を入力し、インストーラーの指示に従います。

  9. 通信方法を “マイプロキシサーバ” として選択します。

  10. プロキシ認証情報 (ある場合) を入力します。

  11. プロキシ IP/ホスト名およびプロキシポートを追加して続行します。

  12. エージェントを割り当てる先の管理グループを選択します。

  13. エージェントに分かりやすい名前を作成して、エージェントを有効にします。

次の操作は?

エージェントを有効にした後、CertCentral に戻り ホストの IP とアプリケーションを構成します