A10 ロードバランサ向けにセンサ(エージェントレス)自動化設定を構成する

次の手順にしたがって、A10 ロードバランサ向けにエージェントレス設定を構成します。

A10 ロードバランサ向けにエージェントレス設定を構成する

  1. センサーホストにログインします。

  2. センサ CLI ディレクトリに進みます。

    cd install_dir/cli

    ここで、install_dir は、センサ用のインストールディレクトリです。

  3. addagentless コマンドを実行します。

    • Linux:

    ./addagentless.sh -type A10

    • Windows の場合:

    addagentless.bat -type A10

    コマンド入力時、入力が必要な各設定で、それぞれプロントが表示されます。各プロンプトで、お使いのロードバランサの個別設定を入力して [Return]を押します。

例えば:

addagentless.bat -type A10

generic
Sensor CLI. Copyright 2020, DigiCert Inc.
Add or change login credentials and specify data IP addresses for certificate automation.
Enter management IP address:10.141.17.192
Enter Management Port (443):443
If available, do you want to map this sensor with the previously voided loadbalancer (Y/N)?:N
Important: Enter an account that has admin (superuser) permission to manage all partitions on the A10 load balancer.
Enter admin username:admin
Enter admin password:
Confirm admin password:
Successfully added or changed the agentless.
IMPORTANT: After you run this command, return to Manage Automation Agents. Verify that the certificate host appears and is configured.