F5 BIG-IP ロードバランサの高可用性

高可用性または HA ロードバランサとは何ですか?

デプロイされたアプリケーションまたはウェブサイトでは、プライマリインフラがダウンした場合に、高いトラフィックとフェイルオーバーを持続するために、ロードバランスが衡れていること、および高可用性が実装されていることが重要です。

ロードバランサは、高可用性を保証し、クライアントのリクエストを適切なサーバにインテリジェントにルーティングさせる主要コンポーネントです。この結果、リクエストをオンラインになっているサーバにのみ送信しながら、パフォーマンスと容量利用が最大化されます。

高可用性 (HA) は、プライマリロードバランサがダウンし、そのトラフィックをバックアップ/セカンダリロードバランサに転送し、ユーザー側が気づかない最小のダウンタイムにできる状況で、サーバプールがユーザーのリクエストへの対応準備を整えているか確認します。

F5 BIG-IP の高可用性

F5 ロードバランサは、サーバがダウンするか、過負荷になっている場合、およびトラフィックをその負荷を処理できる他のサーバに転送する場合に、シームれすなフェイルオーバーを実現します。

HA デプロイメントは、同じ構成で同期した2つの BIG-IP (他のロードバランサのように) システムで構成されています。

  1. トラフィックを処理する有効なシステム。
  2. 必要になるまで、休止モードになるスタンバイシステム。

そのような冗長的なペアリングの目標は、1つのデバイスで不具合が発生した場合に、ユーザーにシームれすで継続的なサービスを提供することです。

有効なシステムがオフラインになっているか、接続に失敗した場合、処理トラフィックをを回避するため、スタンバイすステムが速やかに引継ぎます。一般的に、新しく有効になったシステムは、イベントで最初の BIG-IP システムがもう一度有効になる必要があるまで、またはそのシステムを手動で強制的にスタンバイにするまで、有効のままです。

有効/スタンバイモードの F5 ロードバランサでセンサ自動化

センサは、これらのデバイスの1つが “addagentless[エージェントレスを追加]” の一部として追加されたとき、HP ピア構成を自動検出します。また、自動化中、証明書は F5 構成に基づき両方の HA デバイスと同期されます。そのため、両方の IP を個別エージェントレスとして追加する必要はありません。

センサは、F5 を自動化用に追加する場合、次の構成をサポートします。

  • フローティング IP:この IP アドレスは 2 つの BIG-IP システム間で共有されます。セルフ IP アドレスをデフォルトのトラフィックグループ “traffic-group-1” に割り当てる場合、,それがフローティングセルフ IP アドレスです。
  • 管理 IP:HP ピア間の個別デバイスへの接続に使用するデバイスの IP。両方の ACTIVE & STANDBY デバイスには個別の管理 IP があります。

Active and Standby device for HA

関連トピック