クラウドスキャンを一回実行する

Discovery クラウドスキャンを使用して、パブリックドメインをスキャンします。Discovery クラウドスキャンは結果を 8 時間保存します。スキャンをセットアップして、お使いのサーバに保存した証明書情報を取得します。

クラウドスキャンがパブリックフェース TLS/SSL 証明書のみをデフォルト TLS/SSL プロトコル(ただし、TLSv1.2 以上の)を使用して探してスキャンします。

  1. 左メインメニューのお使いの CertCentral アカウントで、[Discovery] >[Discovery を管理する]の順に移動します。

  1. スキャン表の[スキャンを管理する]ページで、[1回クラウドスキャン]を選択します。

  1. [クラウドスキャンを構成する]ページで、クラウドスキャンをセットアップします。

    1. ディープスキャンを有効にする (オプション)
      ディープスキャンには、デフォルトの TLS/SSL プロトコル (TLSv1.2 以上) 以外に暗号スイートスキャン、HTTP ヘッダースキャン、および TLS/SSL プロトコル (SSLv3、SSLv2、TLSv1.1 および、ハンドシェークに使用する TLSv1.0) が含まれます。.
      注記:ディープスキャンを有効にした場合、スキャン時間が数分増えます。
    2. ポート
      クラウドスキャンはポート 443 のみをサポートします。
    3. IP/FQDN をスキャン
      現在、クラウドスキャンがサポートしているのは IPv4 スキャンのみです。
      含める
      スキャンに含めるパブリックフェース FQDN および IP アドレスを入力し、[含める] をクリックします。
      FQDN (example.com)、単一 IP アドレス (10.0.0.1)、IP アドレスレンジ (10.0.0.1-10.0.0.255)、または CIDR 形式の IP レンジ (10.0.0.0/24) を含めます。
      除外
      IP アドレスレンジから除外するパブリック IP アドレスを入力し、[除外] をクリックします。
      単一 IP アドレス (10.0.0.1) または IP アドレスレンジ (10.0.0.1-10.0.0.255)、あるいは CIDR 形式の IP レンジ (10.0.0.0/24) を除外します。
      CSV からインポートする
      スキャンするパブリック FQDN および IP アドレスのリストを含む CSV ファイルをインポートするには、[CSV からインポートする] をクリックします。
  1. [保存]をクリックします。

次の操作

1回クラウドスキャンは結果を 8 時間保存します。スキャン結果を見るには、左メインメニューで、[Discovery] >[結果を表示する]の順に移動します。

参照トピック: