IP アドレスと FQDN をブラックリストに記載する

個別 IP アドレスと FQDN 情報が Discovery スキャン結果に表示されないようにします。例えば、CDN ネットワークでドメインをブラックリストに掲載することができます。

開始する前に

IP アドレスまたは FQDN をブラックリストに掲載すると、将来のアカウント Discovery スキャンすべてからその情報は除外されます。この機能では、ブラックリスト掲載された IP アドレス/FQDN 情報が既存のスキャン結果から削除されません。データを既存のスキャン結果から削除するには、その情報を手動で削除しなければなりません。

IP アドレス/FQDN をスキャンから除外する

  1. 左メインバーメニューの CertCentral で、[Discovery] > [Discovery を管理する]の順でクリックします。

  1. 他の操作] ドロップダウンの[スキャンを管理する]ページで、[ブラックリストを管理する]をクリックします。

  1. スキャンから除外する IP/FQDN] ボックスの[ブラックリストを管理する]ページで、除外を希望する IP アドレスと FQDN を入力し、[追加]をクリックします。

  1. [保存]をクリックします。

次の操作

ブラックリストに掲載された IP アドレスまたは FQDN のドメインおよびエンドポイント情報はその先のスキャン結果には表示されなくなります。