Microsoft Windows:センサをインストールする

Windows 7, 8, 8.1, 10 および Server 2012 と 2016 に対応

開始する前に

お客様がすべてのネットワーク要件を満たしていることを確認してください

  • お客様がすべてのデプロイメント要件を満たしていることを確認してください
  • お使いの Microsoft システムがすべてのハードウェアおよびソフトウェア要件を満たしていることを確認してください
  • Microsoft Windows オペレーティングシステムで作業をした経験がある
  • センサをインストールする管理者権限がある
  • CertCentral に必要な権限がある

「Discovery ワークフローと権限 および センサインストール要件」を参照してください。

センサをインストールする

CertCentral アカウントからセンサをダウンロードする

  1. サイドバーメニューの CertCentral で、[Discovery] > [Discovery を管理する]の順でクリックします。

  2. [スキャン]ページで、[センサを追加する]をクリックします。

  3. 「ステップ1.Discovery センサを Windows セクションにダウンロードする]セクション下の[センサをセットアップする]ページで、[ダウンロード]をクリックします。

  4. sensor_{{version number}}_win64.zip ファイルをお使いのサーバーまたはワークステーションに保存し、場所を記憶することを確認します。

  5. 実行ファイル (.exe) を実行できるように、zip ファイルのコンテンツを抽出します。

センサをインストールする

  1. Windows マシンで、インストーラー実行ファイルを管理者として実行します。

    センサ .exe ファイルを右クリックし、[管理者として実行する]を選択します。

  2. [DigiCert センサセットアップ]ウィザードが、Windows コンピュータをチェックし、最小要件に対応しているかを検証します。

  3. 「エンドユーザーライセンス契約」条項を承認しインストールフォルダを選択すると、ウィザードが Windows サービスとしてセンサをインストールします。

    デフォルトでは、ウィザードはセンサ C:\Program Files\DigiCert\をインストールします。

センサ有効化に関する注意:
センサは今すぐまたは後で有効にすることができます。ただし、センサは、スキャンのセットアップが可能になる前に、有効にしなければなりません。センサを後で有効にすることを選択する場合は、「Microsoft Windows:センサを有効にするか、起動する」を参照してください。

センサを有効にして起動する

これでセンサがお使いの Windows コンピュータにインストールされたので、センサを有効および起動します。DigiCert では、ウィザードを使用してセンサを今すぐ有効にして起動することをお勧めします。

  1. [DigiCert センサセットアップ]ウィザードで、「DigiCert センサを有効にする」 にチェックを入れ、[終了]をクリックします。

  2. [DigiCert センサを有効にする]ページで、[CertCentral]を選択し、,CertCentral 資格情報 (ユーザー名とパスワード) を入力し、[接続]をクリックします。

    認証されたら、ウィザードがお客様がアクセスする管理グループを取り込みます。管理グループがない場合、ウィザードは、お使いのアカウントに組織名を取り込みます。

  3. お使いのアカウントに管理グループがある場合、管理グループドロップダウンで、センサの割当先の管理グループを選択します。

  4. 最後に、[センサ名] ボックスに、名前を入力し、続いて [次へ]をクリックします。

センサ起動に関する注意:
センサは今すぐまたは後で起動することができます。ただし、センサは、スキャンのセットアップが可能になる前に、起動しなければなりません。センサを後で起動することを選択する場合は、「Microsoft Windows:センサを有効にするか、起動する」を参照してください。

  1. 「DigiCert センサを起動する」にチェックを入れます。

  2. [終了]をクリックします。

次の操作

センサをセットアップして使用し、スキャンする準備ができています。「スキャンをセットアップおよび実行する」を参照してください。