仮想機器:センサをインストールする

VMware ESX/ESXi 5.x およびそれ以降に対応
  • お客様がすべてのネットワーク要件を満たしていることを確認してください
  • お客様がすべてのデプロイメント要件を満たしていることを確認してください
  • お使いの VMware システムがすべてのハードウェアおよびソフトウェア要件を満たしていることを確認してください
  • 仮想機器が Linux OS を搭載した完全 Vmware イメージであることを確認してください
  • VMware システムでの作動経験がある
  • Linux システムでの作動経験がある
  • サーバーをインストールするルートまたは管理者権限がある
  • CertCentral に必要な権限がある

「Discovery ワークフローと権限 および センサインストール要件」を参照してください。

センサをインストールする

CertCentral アカウントからセンサをダウンロードする

  1. サイドバーメニューの CertCentral で、[Discovery] > [Discovery を管理する]の順でクリックします。

  2. [スキャン]ページで、[センサを追加する]をクリックします。

  3. 「ステップ1.discovery センサを仮想機器セクションにダウンロードする]セクション下の[センサをセットアップする]ページで、[ダウンロード]をクリックします。

  4. .ova ファイルをお使いの VMware コンピュータに保存し、場所を記憶することを確認します。

仮想機器をデプロイする

  1. vSphere クライアントで、[OVF テンプレートをデプロイする]を開きます (トップメニューで [ファイル] > [OVF テンプレートをデプロイする]をクリック)。

  2. [OVF テンプレートをデプロイする]ウィザードを使用して、機器をデプロイします。

  3. [ファイルまたは URL からデプロイする]したのソースページで、[参照] をクリックしてセンサ .ova ファイルを探します。

  4. [OVF テンプレート詳細]ページに、テンプレート詳細が表示されます。

  5. [エンドユーザーライセンス契約]ページの契約内容を通読し、[承認]をクリックします。

  6. [名前と場所]ページの [名前] ボックスに、デプロイしたイメージの名前を入力します。[インベントリ場所]下で、イメージの場所を指定します。

  7. [ホスト名]下の[個別ホストを指定する]ページで、イメージをデプロイする ESX サーバーを選択します。

  8. [ストレージ]ページで、仮想マシンファイル用のストレージ宛先を選択します。

  9. [ディスク形式]ページで、仮想ディスクを保存する形式を選択します。

  10. [ネットワークマッピング]ページで、デプロイしたイメージを使用するネットワークを選択します。

  11. [プロパティ]ページに CLI “管理者” ユーザーパスワードCLI 権限モードパスワードのパスワードを入力して確認します。

  12. [完了準備済]ページで、 [終了] をクリックして、仮想機器をデプロイします。

仮想機器を構成する

  1. 新しくデプロイした機器を選択し、[仮想マシンで電源オンにする]をクリックします。

  2. [コンソール]に移動します。

  3. 要求された場合、ルートユーザーと cc ユーザーのパスワードを変更します。

  4. 仮想機器が DHCP サーバーを見つけることができない場合、assignIpHostname ツールを実行し、スタティック IP を割り当ててから、次のステップを続行してください。

    assignIpHostname ツールを実行する:

    1. cc ユーザーとしてサインし、ルートユーザーに切り替えます。.
      例えば:
      [ccuser@localhost]$su -
      パスワード:*************
    2. assignIpHostname コマンドを実行し、プロンプトトの指示に従います。
      [root@localhost]#assignIpHostname
      ネットワークモードを入力します (D=DHC{P,S=STATIC):
      S

IP アドレスとホスト名を提供したかを確認します。

  1. 仮想機器に cc ユーザーとして SSH 接続をセットアップし、ルートユーザーに切り替えます。

  2. センサを /opt/digicert/にインストールします。

センサ有効化に関する注意:
センサは今すぐまたは後で有効にすることができます。ただし、センサは、スキャンのセットアップに使用する前に、有効にしなければなりません。センサを後で有効にすることを選択する場合は、「Linux:センサを有効にする」を参照してください。

センサを有効にする

  1. インストールディレクトリに進み、start.shを実行し、,サーバーにルートまたは管理者権限があるかを確認します。

    例えば:

    cd ccsensor
    ./start.sh

    ここで、ccsensor はインストールディレクトリです。

  2. 認証に進むように要求された場合は、y を入力し、CertCentral ユーザー名パスワードを入力します。

  3. センサの割当先の管理グループを選択します。

    管理グループがない場合は、お使いのアカウントに組織名を返します。

  4. 要求された場合は、センサ名を入力してください。

次の操作

センサをセットアップして使用し、スキャンする準備ができています。「スキャンをセットアップおよび実行する」を参照してください。

複数のセンサを利用している場合は、トラッキング/特定をしやすくするため、センサの名前を変更することができます。「センサの名前を変更する」を参照してください。