証明書を手動でアップロードする

証明書を手動でアップロードし、ネットワークをスキャンすることなく、お使いのサーバにインストールした証明書の詳細を取得します。

手動でアップロードした証明書は、証明書の主な詳細のみが記載され、証明書の脆弱性に関する情報は記載されていません。

認定書をアップロード

  1. 左メインメニューのお使いの CertCentral アカウントで、[Discovery] >[Discovery を管理する]の順に移動します。

  2. 他の操作] ドロップダウンの[スキャンを管理する]ページで、[証明書をアップロードする]をクリックします。

  3. 証明書と関連づけしたいドロップダウンリストから [管理グループ] を選択します。

  4. 適切な方法を選択して、お持ちの証明書をアップロードします。

    [CSV ファイルで一括アップロード]
    IP/FQDN、ポート、TLS/SSL 証明書のリストを含む CSV ファイルをインポートするには、[CSV からインポートする] をクリックします。
    注記:

    • CSV ファイルには以下が含まれている必要があります:
      • 各行に3列。
      • 最初の行の各列にフィールド名。
        列 A:IP/FQDN
        列 B:ポート
        列 C:TLS/SSL 証明書
      • 最大 5MB のファイルサイズ。
    • 日次アップロード制限は 10,000 の証明書です。最大 1,000 rの証明書または 5MB のファイルサイズを一度にアップロードできます。

    単一証明書のアップロード
    IP/FQDN、ポート、および TLS/SSL 証明書を入力し、[アップロード] をクリックします。
    注記:

    • サポート対象の形式:FQDN (example.com)、単一 IPv4 アドレス (10.0.0.1)、および単一 IPv6 アドレス (2001:000:0000:001::1001).
    • 証明書チェーン—ルート証明書、中間証明書、およびエンドユーザー証明書をアップロードすることもできます。ただし、Base64 形式 とします。

次の操作

手動でアップロードした証明書の詳細を表示するには:

  1. [証明書を表示する] をクリックします。
  2. [証明書]ページで、コモンネームリストをクリックします。

コモンネームと関連づけられあtエンドポイントを表示するには、証明書詳細ページの [証明書を表示する] をクリックします。