DROWN

Decrypting RSA using Obsolete and Weakened eNcryption

関連エラー

"このサーバーは、DROWN 攻撃への脆弱性があります。サーバー上で SSLv2 プロトコルを無効にします。"

問題

研究者により、SSL v2 での DROWN 脆弱性が確認されています。DROWN とは、「Decrypting RSA with Obsolete and Weakened eNcryption」の頭文字から、「旧式暗号および弱い暗号を利用しているRSA暗号の解読」の意味です。SSL および TLS プロトコルに依拠している HTTPS および他のサービスに影響を及ぼします。

攻撃者は DROWN 脆弱性を利用して、機密データを詮索から保護するのに使用する暗号化を破損します。暗号化が破損されると、攻撃者は、機密通信を読み/盗むことができます (例. パスワード、財務データおよびメール)。状況によっては、攻撃者は、信頼できるウェブサイトを装うこともできる場合があります。

SSL 2.0 プロトコルは1996年、セキュリティの欠陥が確認されたため、責任が取れないことが認められているものの、いくつかのサーバーでは依然、使用しています。よく知られた脆弱性/セキュリティ上の欠陥:

  • 輸出暗号のメッセージ完全性は弱い
  • メッセージ完全性は安全ではない
  • 中間者(Man-In-The-Middle)攻撃に脆弱性がある
  • 切り捨て攻撃に脆弱性がある

対処方法

SSL v2 をまだサポートしているサーバーまたはサービス上で SSL 2.0 を無効にします。

OpenSSL

OpenSSL についてもっとも簡単な対処方法は、最近リリースされたバージョンの OpenSSL にアップグレードすることです。

古い (現在はサポートされていない) バージョンの OpenSSL の1つをまだ使用している場合は、サポートされている新しいバージョンにアップグレードします。

Microsoft IIS

IIS 7 またはそれ以降を使用している場合、SSL v2 はデフォルトでは、無効になっています。SSL v2 に対するサポートを手動で有効にした場合は、元に戻して無効にします。古い (現在サポートされていない) バージョンの IIS を実行している場合は、IIS バージョン 7 またはそれ以降にアップグレードします。

ネットワークセキュリティサービス (NSS)

NSS 3.13 またはそれ以降を使用している場合、SSL v2 はデフォルトでは、無効になっています。SSL v2 に対するサポートを手動で有効にした場合は、元に戻して無効にします。NSS の古いバージョンを使用している場合、NSS 3.13 またはそれ以降にアップグレードします。

Apache、Nginx、など

お使いのサーバーが SSL v2 をサポートしている場合、そのサポートを無効にします。