脆弱性評価サービスを有効にする

グローバル・サーバ ID またはセキュア・サーバ ID EV 証明書オーダーについて脆弱性評価サービスを有効にします。これで、脆弱性のオーダーでパブリックドメインのスキャンを開始できます。

開始する前に

開始前に、グローバル・サーバ ID / セキュア・サーバ ID 証明書が発行され有効になっているかを確認します。脆弱性評価ツールは、グローバル・サーバ ID / セキュア・サーバ ID 証明書オーダーが発行保留中、有効期限切れ、または失効になった場合は表示されません。

脆弱性アセスメントを有効にする

  1. 左メインメニューのお使いの CertCentral アカウントで、[証明書] >[オーダー]の順でクリックします。

  1. [オーダー]ページで、グローバル・サーバ ID / セキュア・サーバ ID EV 証明書のオーダー番号リンクをクリックします。

  1. [証明書のオーダー詳細]ページで、[脆弱性評価を有効にする]をクリックします。

  1. 確認事項をよくお読みください。

  1. 完了したら、[同意する] をクリックします。

次の操作

脆弱性評価サービスがオーダー上のドメインをスキャンし、すべての関連情報を収集するには、しばらく時間がかかる場合があります。結果を確認するには、後からもう一度チェックすることをお勧めします。

スキャンが完了したら、脆弱性評価ページに、そのドメインで見つかった脆弱性が一覧表示されます。[脆弱性評価] ドロップダウンの[証明書オーダー詳細]ページで、[表示] をクリックします。