今後の変更

fix enhancement new compliance
compliance

Browser support ending for TLS 1.0 and 1.1

In 2020, the four major browsers are ending support for Transport Layer Security (TLS) 1.0 and 1.1.

This change doesn't affect your DigiCert certificates. Your certificates will continue to work as they always have.

What you need to know

This change affects browser-dependent services and applications relying on TLS 1.0 or 1.1. Once browser support for TLS 1.0 or 1.1 ends, these out-of-date systems will be unable to make HTTPS connections.

What you need to do

If you are affected by this change, plan to enable or upgrade to TLS 1.2 or TLS 1.3 now. Give yourself lead time to deal with any problems. Before you start, make sure to identify all systems that might use TLS 1.0 or 1.1.

Remember to check web servers like Apache or Microsoft IIS, .NET Framework, server monitoring agents, and other commerce applications that might use it.

Helpful resources

With so many different types of systems relying on TLS, we can't cover all available upgrade paths, but here are a few references that may help:

new

To make it easier to plan your certificate related tasks, we scheduled our 2020 maintenance windows in advance. See DigiCert 2020 scheduled maintenance—this page is kept up to date with all maintenance schedule information.

With customers all over the world, we understand there is not a best time for everyone. However, after reviewing the data on customer usage, we selected times that would impact the fewest amount of our customers.

About our maintenance schedule

  • Maintenance is scheduled for the first weekend of each month, unless otherwise noted.
  • Each maintenance window is scheduled for 2 hours.
  • Although we have redundancies in place to protect your service, some DigiCert services may be unavailable.
  • All normal operations will resume once maintenance is completed.

If you need more information regarding these maintenance windows, contact your account manager or DigiCert Support.

最近の変更

fix enhancement new compliance
new

Discovery: Account setting for discovered certificate renewal notifications

In Discovery, we added a new account setting, Turn on discovered certificate renewal notifications, enabling you to receive renewal notifications for your expiring "discovered" SSL/TLS certificates. These renewal notifications include the option to renew your SSL/TLS certificate with us. When renewing a "discovered" SSL/TLS certificate in CertCentral, we'll replace it with an equivalent DigiCert certificate.

By default, renewal notices for discovered certificates are turned off for a CertCentral account*. To start receiving renewal notices for your expiring discovered certificates, go to Settings > Preferences. In the Certificate Renewal Settings section, check Turn on discovered certificate renewal notifications.

*Note: With the roll out of this new setting, you may need to turn Discovery renewal notifications back on for your account.

To learn more, see Discovery renewal notices.

enhancement

CertCentral Services API: Improved Submit for validation endpoint

In the DigiCert Services API, we updated the Submit for validation endpoint, enabling you to submit a domain for revalidation before it expires. Now, you can submit a domain for revalidation at any time, enabling you to complete the domain’s validation early and maintain seamless certificate issuance for the domain.

Note: If you order a certificate for the domain while the domain's revalidation is in a pending state, we use the domain's current validation to issue the certificate.

New request parameter: dcv_method

We also added a new request parameter, dcv_method*. Now, when you submit a domain for validation, you can change the DCV method used to prove control over the domain.

*Note: This new parameter is optional. If you leave the new parameter out of your request, we return a 204 response with no content. You will need to use the same DCV method used before to prove control over the domain.

Example request with new parameter
POST https://www.digicert.com/services/v2/domain/{{domain_id}}/validation

Submit for validation endpoint example request

Example response when new parameter is included in the request
201 Created

Submit for validation endpoint example response

enhancement

CertCentral Services API: Improved order endpoints:

In the DigiCert Services API, we added an "organization ID" response parameter to the endpoints listed below. Now, when you add a new organization in your certificate request, we return the organization's ID in the response, enabling you to use the organization immediately in your certificate requests.

Previously, after adding a new organization in your certificate request, you had to make an additional call to get the new organization's organization ID: Order info.

Updated order endpoints:

Example response with new organization ID parameter

Example response with new organization ID parameter

enhancement

11 SUPPORTED LANGUAGES IN THE DOC AND DEVELOPERS PORTALS

As we work to globalize our product offerings and make our websites, platforms, and documentation more accessible, we are happy to announce that we've added language support to the Document and Developers portals.

We now support these 11 languages:

  • English
  • Chinese (Simplified)
  • Chinese (Traditional)
  • French
  • German
  • Italian
  • Japanese
  • Korean
  • Portuguese
  • Russian
  • Spanish

How does language support work?

When you visit the portals, use the language selector (globe icon) to change the portal display language. We save your language selection for 30 days so you don't need to reselect it every time you visit our documentation site.

TIPS AND TRICKS

Access Doc and Developer portals

You can access the Document and Developers portals from the DigiCert website and CertCentral.

  • From digicert.com
    In the top menu, hover over Support. Under Resources, you can find Documentation and API Documentation links.
  • From CertCentral
    In the Help menu, select Getting Started.
    On the API Keys page, click API Documentation. (In the left main menu, go to Automation > API Keys).

Create links within documentation

You can link to sections within the documentation.

On the documentation page, hover on the subheader you want to link to and click the hashtag icon (#). This creates a URL in the browser's address bar.

Use this feature to bookmark or link to specific sections in the instructions.

enhancement

CertCentral Services API: Improved order Document Signing - Organization (2000) and (5000) endpoints:

In the DigiCert Services API, we updated the Order document signing certificate endpoints for ordering Document Signing - Organization (2000) and (5000) certificates. We added a new parameter, "use_org_as_common_name": true, enabling you to use the organization name as the common name on the certificate.

Note: Previously, your only option was to use the person's full name as the common name on your document signing organization certificates.

Now, if you want to use the organization name as the common name on your document signing organization certificate, add the "use_org_as_common_name": true parameter to your certificate request. When we issue your certificate, the organization name will be the common name on the certificate.

  • Document Signing - Organization (2000) endpoint: https://www.digicert.com/services/v2/order/certificate/document_signing_org_1
  • Document Signing - Organization (5000) endpoint: https://www.digicert.com/services/v2/order/certificate/document_signing_org_2

Example request for Order document signing certificate endpoint

Example Document Signing Organization certificate request

new

New certificate profile option

We've added a new certificate profile option, Data Encipherment, which allows you to include the Data Encipherment key usage extension in OV and EV SSL/TLS certificates. Once enabled for your account, the Include the Data Encipherment key usage extension in the certificate option appears on your SSL/TLS certificate request forms under Additional Certificate Options.

To enable a certificate profile for your account, reach out to your account manager or contact our Support team.

Other available certificate profile options

  • Intel vPro EKU
  • KDC/SmartCardLogon EKU
  • HTTP Signed Exchange
  • Delegated Credentials
  • OCSP Must-Staple

To learn more about these supported certificate profile options, see Certificate profile options.

new

New certificate order email settings

We added some new account notification settings—Certificate Lifecycle email defaults.

  • Send emails to organization contact
  • Send emails to technical contact
  • Send emails to user placing order*

These new settings allow you to modify the default account settings for certificate order emails. Now, you can send certificate order emails to the organization and technical contact. You can also remove the certificate requestor from the flow.

Note*: By default, the user placing the order receives the certificate order emails.

CertCentral sends the following emails for each order:

  • Certificate issued for new, renew, reissue, and duplicate orders.
  • Renewal notifications

To access the Certificate Lifecycle email defaults settings, in the left main menu, go to Settings > Notifications. To learn more, see Configure certificate lifecycle email recipients.

new

Discovery Cloud-scan service

We've added a new feature to Discovery—Cloud-scan service—that uses a cloud-based sensor to find your public facing SSL/TLS certificates regardless of issuing Certificate Authority (CA).

Discovery Cloud-scan is a free cloud service so there is nothing to install or manage. You can start scanning immediately to find your public SSL/TLS certificates. There is no limit to the number of cloud-based scans you can run.

Cloud-scan runs every 24 hours and use the most recently saved scan configuration. Cloud-scan provides detailed information about the certificates found and the endpoints where those certificates are installed.

Note: This is the open beta for the Cloud-scan service.

To get started, in the left main menu, go to Discovery > Manage Discovery. On the Manage scans page, click Single cloud scan. To learn more, see Discovery Cloud-scan service.

new

CT Log monitoring

We are happy to announce that Secure Site Pro certificates now come with access to a CT Log monitoring service. CT Log monitoring allows you to monitor the public CT logs for SSL/TLS certificates issued for the domains on your Secure Site Pro certificate order, in real time.

CT Log monitoring is a cloud service so there is nothing to install or manage. After we've issued your Secure Site Pro certificate and turned CT Log monitoring on for the order, you can start using the service immediately to monitor the domains on the certificate order.

The CT Log monitoring benefit for Secure Site Pro certificates is retroactive. To access your CT Log monitoring for your issued and active Secure Site Pro certificate order, contact your account manager or our support team.

CT Log monitoring helps you:

  • Gain visibility of the SSL/TLS certificates issued for your domains with global monitoring and tracking against the public CT logs.
  • Cut down on time and effort needed to monitor the logs by providing automated checks for DigiCert and non-DigiCert issued certificates.
  • Ensure every certificate issued for your domains is trusted while gaining full oversight of which certificate authority issued each certificate.

The service pulls the discovered SSL/TLS certificates into your CertCentral account, where you can view details about the certificates to quickly identify any misissued certificates for your domains. You can also download copies of the non-DigiCert certificates right from your CertCentral account.

Email notifications

After you've enabled CT Log monitoring for a Secure Site Pro certificate order, you'll receive two types of email notifications: Daily CT log digest and if needed, Urgent notifications. Email notifications are sent to account admins and allow them to check the CT logs for their domains without signing in to their CertCentral account every day.

  • Daily CT log digest
    Scheduled to occur once a day, this digest includes a daily rundown of new DigiCert issued SSL/TLS certificates found in public CT logs. The daily digest is only sent if new DigiCert issued certificates are discovered.
  • Urgent CT log notification
    This urgent notification is sent within minutes any time a non-DigiCert SSL/TLS certificate is issued for a domain on the Secure Site Pro certificate order.

To learn more about what's included with each Secure Site Pro certificate, see Pro TLS/SSL Certificates. To learn more about enabling CT log monitoring for a Secure Site Pro certificate order. see Enable CT log monitoring.

enhancement

Improved client certificate process

We improved the client certificate process, enabling you to cancel client certificate orders in an Emailed to Recipient state—orders that are waiting for the email recipient to generate and install the client certificate in one of the supported browsers.

Note: Previously, when a client certificate was in an Emailed to Recipient state, you had to contact support to cancel the order.

Now, if you need to cancel a client certificate order in the Emailed to Recipient state, go to the client certificate's Order details page and in the Certificate Actions dropdown list, select Cancel Order. See Cancel pending client certificate orders.

enhancement

CertCentral Services API: Improved client certificate process
In the DigiCert Services API, we updated the Update order status endpoint enabling you to cancel client certificate orders in a waiting_pickup state—orders that are waiting for the email recipient to generate and install the client certificate in one of the supported browsers.

Note: Previously, when a client certificate was in a waiting_pickup state, you received a forbidden error and had to contact support to cancel the order.

Now, you can use the Update order status endpoint to cancel a client certificate order in the waiting_pickup state.

new

CertCentral: Default behavior change

By default, we will no longer use organization unit information included in a CSR to autopopulate the Organization Unit value in OV/EV SSL certificate request forms. When ordering these certificates, you can still manually add organization unit information.

Note: Organization unit (OU) information is not required to purchase an OV/EV SSL certificate. Furthermore, when you include OU information in a certificate request, we are required to perform additional validation. This may delay certificate issuance, including for requests where the organization and domains have been prevalidated.

new

CertCentral: New account setting (Enterprise and Partner)

For CertCentral Enterprise and Partner accounts, we added a new account setting—Autopopolate OU Field. This option allows you to use organization unit information included in a CSR to autopopulate the Organization Unit value in OV/EV SSL certificate request forms.

Note: Enterprise and Partner accounts have a logo identifying the account type: Enterprise logo or Partner logo.

In the left main menu, go to Settings > Preferences. On the Division Preferences page, the new setting is in the Advanced Settings section under Certificate Requests. See our Autopopulate Organization Unit field instructions.

new

Discovery: Renewal notifications for non-DigiCert SSL/TLS certificates

In Discovery, we added renewal notifications for non-DigiCert certificates, making it easier to manage all your SSL/TLS certificates in one place—CertCentral. Now, when Discovery finds non-DigiCert certificates, we'll send renewal notifications for these certificates regardless of issuing Certificate Authority (CA).

Note: When renewing a non-DigiCert SSL/TLS certificate in CertCentral, we'll replace it with the equivalent DigiCert certificate. For example, we'll replace a non-DigiCert single-domain SSL certificate with a DigiCert single-domain SSL certificate.

Who receives these renewal notifications?

By default, Discovery sends renewal notifications for non-DigiCert SSL/TLS certificates to the primary CertCentral administrator—the individual who created the account and receives all account notifications.

We also send renewal notifications to any additional email addresses assigned to receive account notifications. See Set up account email notifications and Certificate renewal notifications.

When are these renewal notifications sent?

Discovery uses your CertCentral renewal notification settings to determine when to send renewal notifications for non-DigiCert certificates. By default CertCentral sends renewal notifications 90, 60, 30, 7, and 3 days before a certificate expires and 7 days after a certificate expires.

To customize your renewal notifications schedule, see Certificate renewal notifications.

new

Discovery: Customize non-DigiCert SSL/TLS certificate renewal notification process

In Discovery, on the Certificates page, we added three new certificate renewal actions to the Actions column dropdown for non-DigiCert certificates: Disable renewal notices, Enable renewal notices, and Renewal notifications. Renewal notifications allows you to add email addresses to receive renewal notifications for a certificate.

On the Certificates page, you can now update your non-DigiCert certificate renewal process to fit your certificate needs. (In the left main menu, go to Discovery > View Results.)

Note: By default, Discovery sends renewal notifications for all discovered non-DigiCert SSL/TLS certificates.

To customize renewal notifications for non-DigiCert SSL/TLS certificates, see Discovery renewal notices.

new

New feature: Document Signing certificate renewals

We fixed a bug on the Expiring Certificates page where we provided a Renew Now link for expiring Document Signing (DS) certificate orders. When you clicked Renew Now, it opened an SSL certificate renewal form where you were unable to complete your DS certificate renewal.

Note: To renew your DS certificate, you were required to order a new certificate.

Now, on the Expiring Certificate page when you click Renew Now for an expiring DS certificate order, it opens a DS certificate renewal form where you are able renew your certificate.

To learn more about renewing a DS certificate, see Renew a document signing certificate.

new

We updated the Document Signing (DS) certificate's Order details page and Order details panel adding a new Renew Certificate option making it easier to renew your DS certificate before it expires. Note that the Renew Certificate option doesn't appear on the Order details panel and page until 90 days before it expires.

Order details panel

In the left main menu, click Certificates > Orders. On the Orders page, click the DS certificate order's Quick View link. In the Order details panel, you'll see the new Renew Certificate option.

Order details page

In the left main menu, click Certificates > Orders. On the Orders page, click the DS certificate's order number link. On the Order details page, in the Order Actions dropdown, you'll see the new Renew Certificate option.

new

In the DigiCert Services API, we added a new endpoint – Additional emails. This endpoint allows you to update the email addresses that receive certificate notification emails for the order (e.g., certificate renewals, reissues, and duplicate orders).

Note: These people can't manage the order. They only receive certificate related emails.

For more information on the Services API, see our Developers portal.

new

We are happy to announce we've implemented an RSS Feed for the CertCentral Change Log. You can see the new change log feed here: https://docs.digicert.com/change-log/feed/.

The RSS feed returns the 15 most recent change log entries. To make upcoming changes easier to identify, we labeled them Upcoming changes.

The change log RSS feed follows RSS 2.0 specifications and is compatible with RSS 2.0 compliant feed aggregators.

RSS feed reader tip

All major browsers have RSS feed extensions to automatically access your selected RSS feeds and organize the results for you. For example, the Chrome extension RSS Feed Reader was used for the screenshots included in this post.

compliance

Updated maintenance schedule

We rescheduled our maintenance window. On November 9, 2019 from 09:00 to 12:00 UTC, DigiCert will be performing some planned maintenance.

During this time, DigiCert services may be unavailable:

  • CertCentral
  • DigiCert website (digicert.com)
  • Certificate validation
  • Certificate issuance

DigiCert services will be restored as soon a maintenance is completed.

Please plan accordingly. Schedule high priority orders, renewals, reissues, and duplicate issues outside of the maintenance window.

DigiCert Services API integrations

During maintenance, access to the DigiCert Services APIs will be spotty or non-existent. If you use the API for automated tasks, expect interruptions during this time.

11月 8, 2019

new

We are happy to announce a new addition to the DigiCert Developers portal—Discovery API. We just published our first set of Discovery API endpoints. More will follow as we continue to build out the Discovery API documentation.

Why use it?

  • Access Discovery features without signing into your CertCentral account.
  • Customize the Discovery experience to meet the needs of your organization.
  • Integrate with your existing tools.

Sample of endpoints you can start using now:

Tips and Tricks

  • Discovery API uses this base URL: https://daas.digicert.com/apicontroller/v1/
  • Discovery API requires admin or manager level permissions.
enhancement

We updated the OV and EV SSL/TLS certificate order forms, adding a new DCV verification method dropdown. Now, when ordering OV and EV certificates, you can select the DCV method you want to use to validate the new domains on the order. See our Order your SSL/TLS certificates instructions.

Note: The selected DCV method applies to all unvalidated domains on the order. After submitting the order, you can change the DCV method per domain on the certificate's Order details page. See our Demonstrate control over domains on a pending certificate order instructions.

enhancement

We updated the domain pre-validation forms, consolidating the OV and EV certificate validation options. Now, when pre-validating a domain, use the new unified domain validation option—OV/EV Domain Validation*. See our Domain pre-validation: Domain control validation (DCV) methods instructions.

Note*: The domain control validation (DCV) methods for OV and EV certificates are the same (verification email, DNS TXT, etc.). The only difference between them is how long the domain validation is valid for. For OV SSL certificates, domains will need to be revalidated every 825 days (approximately 27 months). For EV SSL certificates, domains will need to be revalidated every 13 months.

new

In Discovery, we added a new feature—Add root and intermediate CAs—that lets you upload public and private root and intermediate CAs. Use this feature to get more accurate security ratings for certificates chained to them.

If Discovery is unable to locate the root and intermediate CAs for a certificate, it down grades the certificate's security rating. By uploading a copy of the certificate's intermediate and root CAs, the next time Discovery runs a scan that includes that certificate, you'll get a more accurate rating.

Note: Supported certificate formats: .der and .cer

In CertCentral, in the left main menu, click Discovery > Manage Discovery. On the Manage scans page, in the More actions dropdown, click Manage root and intermediate CAs. See Add public and private root and intermediate CAs in our Discovery user guide.

new

In Discovery, we added a new Blacklist feature that lets you exclude specific IP addresses and FQDNs from your scan results. For example, you may want to blacklist a domain in your CDN network.

Note: When you blacklist an IP address or FQDN, its information is excluded from all future account Discovery scans. This feature does not remove information from existing scan results.

In CertCentral, the left main menu, click Discovery > Manage Discovery. On the Manage scans page, in the More actions dropdown, click Manage blacklist. See Blacklist IP addresses and FQDNs in our Discovery user guide.

new

Subaccount management for partners, resellers, and enterprises

Many subaccount features have been available in previous beta releases. With this release, all subaccount management functionality is now fully available in CertCentral.

Partners, resellers, and enterprises with tiered organizational structure can:

  • Create and manage all subaccount details for their retail or enterprise customers or their own autonomous sub-resellers.
  • Specify their own account manager for a subaccount.
  • View subaccount orders and reports through CertCentral console or APIs.
  • Bill orders directly to the subaccount or back to the parent account/subaccount.
  • Customize available products and pricing.
  • Manage commission-based finances, now updated and enhanced in CertCentral.

Where are subaccounts?

  • Go to the SUBACCOUNTS menu in the left navigation in CertCentral.
  • If Subaccounts isn’t visible in your account, contact your account manager or customer support.
new

In our CertCentral API, we added a new Custom Reports API that leverages the powerful GraphQL query language, enabling you to generate comprehensive and customizable data sets for more robust reporting.

Custom Reports API consolidates multiple REST endpoints into a single one, so you can better define the types and fields in your queries so they return only the information needed. Additionally, use it to create reusable query templates for generating and scheduling reports.

To learn more, see Custom Reports API in our Developers portal.

new

New location for API Keys and ACME Directory URLs

With more and more organizations working to automate SSL/TLS certificate deployment, we added a new left main menu optionAutomationand placed the two primary tools for automating certificate deployment under the new menu option: API Keys and ACME Directory URLs.

Previously, you accessed these features from the Account Access page. Now, we've conveniently added them to the left main menu (in the main menu, click Automation > API Keys and Automation > ACME Directory URLs).

Note: Only account administrators and managers can see the Automation menu options in their left main menu.

compliance

Apple のプライベート SSL 証明書への新しい準拠要件

Apple は最近、SSL/TLS 証明書のいくつかの新しいセキュリティ要件が iOS 13 および macOS 10.15 のリリースと同時に実施されると発表しました。これらの要件は、2019年7月1日発行のパブリックおよびプライベート証明書について有効となります。

パブリック DigiCert SSL/TLS 証明書については、特に必要な対応はありません。

DigiCert パブリック SSL/TLS 証明書はすでに、これらすべてのセキュリティ要件を満たしています。お使いのパブリック SSL/TLS 証明書は、これらの新しい要件の影響は受けず、iOS 13 および macOS 10.15 での信頼を得ています。

新着情報

Apple は、デザイン上、プライベート SSL/TLS 証明書に影響を及ぼす、すべての SSL/TLS 証明書向けに追加のセキュリティ要件を実装します。「iOS 13 および macOS 10.15 のトラスト証明書の要件」 を参照してください。DigiCert プライベート SSL/TLS 証明書は、パブリック証明書要件にしたがってアカウント管理者が発行した場合は、これらの要件を満たしています。

以下は、プライベート SSL/TLS 証明書に影響を及ぼす可能性がある要件のリストです。幸い、これらのバージョンの Apple の OS は、本年秋にリリース予定です。すなわち、準備する時間があることになります。

  • 署名アルゴリズムの SHA-2 ファミリーのアルゴリズムを使用する必要があります。SHA-1 署名証明書は、SSL/TLS 向けには信頼がありません。
  • 有効期間が 825日またはそれ以下である必要があります。有効期間が825日またはそれ以上の SSL/TLS 証明書は、信頼されません。

これらの要件を満たしていないプライベート証明書をお持ちで、Apple iOS および macOS トラストがお使いのプライベート証明書に必要な場合、2019年7月1日以降に発行されたプライベート SSL/TLS 証明書が初回発行あるいは iOS 13 および macOS 10.15 の一般利用前に再発行されていることの確認が必要になります。「SSL/TLS 証明書を再発行する」 を参照してください。

new

We added two new statuses to the Organizations and Organization details pages: validation expires soon, and validation expired. These new statuses make it easier to proactively track your organization validations and make sure they stay up to date.

Now, when you visit the Organizations page (in the sidebar menu click Certificates > Organizations), you can quickly identify organizations with validation that is expiring soon or has already expired. For more details about the expiring or expired organization validation, click the organization name.

fix

We fixed a bug where some accounts were unable to submit organizations for EV CS – Code Signing Organization Extended Validation. The affected accounts only contained EV Code Signing and Code Signing products.

As part of the fix, we split up the EV and EV CS verified contact options. Now, when submitting an organization for EV CS – Code Signing Organization Extended Validation, you can submit the organization's verified contact for EV CS order approvals only. Similarly, when submitting an organization for EV – Extended Organization Validation (EV), you can submit the organization's verified contact for EV SSL certificate order approvals only.

Note: For EV code signing certificate orders, organizations and the organization's verified contacts need to be pre-validated. For more information about organization pre-validation, see our Submit an organization for pre-validation instructions.

compliance

Routine server maintenance

On September 22, 2019 from 06:30 to 08:30 UTC, DigiCert will be performing some routine server maintenance. During this time, you may get logged out of your CertCentral account and experience issues logging in. Additionally, certificate validation and issuance services may not work.

Please plan accordingly. For example, submit any high priority renewal, reissue, or new certificate orders outside of the maintenance window.

Note: Access will be restored as soon as possible.

DigiCert Services API integrations

During server maintenance, access to the DigiCert Services APIs will be spotty or non-existent. If you use the API for automated tasks, expect interruptions during this time.

new

We added a new permission to the API key generation process, enabling you to restrict an API key to "View Only" permissions.

When linking an API key to a user, you're linking the user's permissions to the key. Now, you can restrict the permissions of the user's API key to GET requests only.

For more information, see Generate an API key.

new

In the DigiCert Services API, we updated the Create key and Edit key endpoints, adding a new access role restriction—View Only.

Now, when using the API to create or edit an API key, add the restricted_to_role_id parameter to your request and include the new 102 value to limit the API key to GET requests only.

Example request for Create key endpoint

Example Create API key request

new

We added two new features to the Expiring Certificates page (in the sidebar, click Certificates > Expiring Certificates), making it easier to manage renewal notifications for your expiring certificates.

First, we added a Renewal Notices column with an interactive check box. Use this check box to enable or disable renewal notices for an expiring certificate.

Second, we added two Renewal Notices filters: Disabled and Enabled. These filters allow you to see only the certificate orders with renewal notices enabled or disabled.

enhancement

In the DigiCert Services API, we updated the List keys and Get key info endpoints response parameters, enabling you to see the organization associated with your ACME certificate orders.

Now, when you call the List keys and Get key info endpoints, we return the name of the organization (organization_name) associated with the ACME certificate order in the response.

Get key info: example reponse with new parameter

compliance

Firefox ending key generation support

With the release of Firefox 69, Firefox will finally drop support for Keygen. Firefox uses Keygen to facilitate generating key material for submitting the public key when generating Code Signing, Client, and SMIME certificates in their browser.

Note: Chrome already dropped support for key generation, and Edge and Opera never supported it.

How does this affect you?

After DigiCert issues your Code Signing, Client, or SMIME certificates, we send you an email with a link to create and install your certificate.

Once Firefox 69 is released, you can only use two browsers to generate these certificates: Internet Explorer and Safari. If company policy requires the use of Firefox, you can use Firefox ESR or a portable copy of Firefox.

For more information, see Keygen support to be dropped with Firefox 69.

Tips and tricks

  • You can still use Firefox 69 for client authentication. First, generate the SMIME certificate in IE 11 or Safari. Then, import the SMIME certificate to Firefox.
  • To bypass generating Code Signing, Client, or SMIME certificates in your browser, generate and submit a CSR with your order. Instead of a link, DigiCert will send you an email with your certificate attached.
new

We added a new status, Emailed to Recipient, to the Orders and Order Details pages, for Code Signing and Client certificate orders, making it easier to identify where these orders are in the issuance process.

This new status indicates the DigiCert has validated the order, and the certificate is waiting for the user/email recipient to generate it in one of the supported browsers: IE 11, Safari, Firefox 68, and portable Firefox.

(In the sidebar menu, click Certificates > Orders. Then, on the Orders page, click the order number for the Code Signing or Client certificate order.)

enhancement

We updated our Extended Validation (EV) Code Signing (CS) and Document Signing (DS) certificate reissue processes, enabling you to reissue these certificates without automatically revoking the current certificate (original or previously reissued certificate).

Note: If you don't need the current certificate (original or previously reissued certificate), you'll need to contact support so they can revoke it for you.

Now, the next time you reissue an EV CS or DS certificate, you can keep the previously issued certificate active to its current validity period (or for as long as you need it).

compliance

Industry standards compliance reminder

For public and private certificates, Certificate Authorities (CAs) don't accept abbreviations for these parts of an address in your certificate orders or organization pre-validation requests:

  • State or Province*
  • City or Locality*

*This applies to organization and jurisdiction addresses.

new

We made it easier to define the domain validation scope for your account when submitting your domains for validation (pre-validation or via certificate orders).

On the Division Preferences page, we added two domain validation scope options:

  • Submit exact domain names for validation
    With this option, requests for new domains are submitted for validation exactly as named (i.e., request for sub.example.com is submitted for validation exactly as sub.example.com). Validation for the “higher level” domain (e.g., example.com) also works. This is the default behavior for CertCentral.
  • Restrict validation to base domain only
    This option allows you to restrict domain validation to the base domain (e.g., example.com). For request that include new subdomains (e.g., sub.example.com), we only accept domain validation for the base domain (e.g., example.com). Validation for the subdomain (e.g., sub.example.com) won’t work.

To configure the domain validation scope for your account, in the sidebar menu, click Settings > Preferences. On the Division Preference page, expand Advanced Settings. In the Domain Control Validation (DCV) section, under Domain Validation Scope, you'll see the new settings.

fix

We fixed a bug where we were limiting the maximum allowed number of SANS to 10 on Wildcard SSL certificate reissue and new certificate orders.

Now, when reissuing or ordering a new Wildcard SSL certificate, you can add up to 250 SANs.

new

In the DigiCert Services API, we added two new Order info endpoints. Now, you can use the order ID, the certificate's serial number, or the certificate's thumbprint to view the details for a certificate order.

  • GET https://www.digicert.com/services/v2/order/certificate/{{thumbprint}}
  • GET https://www.digicert.com/services/v2/order/certificate/{{serial_number}}

Currently, these new endpoints only retrieve data for the primary certificate. For more information on the Services API, see our Developers portal.

new

PQC dockerized toolkit guide available now

Secure Site Pro Secure Site Pro certificates come with access to the DigiCert post-quantum cryptographic (PQC) toolkit. To create your own PQC test environment, use one of these options:

Our toolkits contain what you need to create a hybrid SSL/TLS certificate. The hybrid certificate in the toolkits uses a PQC algorithm paired with an ECC algorithm allowing you to test the feasibility of hosting a post-quantum, backwards compatible hybrid certificate on your website.

Note: To access your PQC toolkit, go to your Secure Site Pro Certificate's Order # details page. (In the sidebar menu, click Certificates > Orders. On the Orders page, click the order number link for your Secure Site Pro certificate. On the certificate's order details page, click PQC toolkit.)

To learn more about post-quantum cryptography, see Post-Quantum Cryptography. To learn more about what's included with each Secure Site Pro certificate, see Pro TLS/SSL Certificates.

new

DigiCert is happy to announce we made it easier for DigiCert Accounts using the Retail API to upgrade to our new Certificate Management Platform, DigiCert CertCentralFor free!

To make the upgrade as seamless as possible, we shimmed these Retail API endpoints:

Now, you can upgrade your DigiCert Account without any interruptions to your API integrations. Once you're upgraded, make plans to build new integrations with CertCentral.

  • For more information on the CertCentral Services API, see our Developers portal.

For information about the DigiCert Retail API, see Documentation for the DigiCert Retail API.

enhancement

In Discovery, we updated the Certificates page, adding a new action—Replace certificate—to the Actions dropdown. Now, from the Certificates page, you can replace any certificate with a DigiCert certificate regardless of issuing CA.

(In the sidebar menu, click Discovery > View Results. On the Certificates page, locate the Actions dropdown for the certificate you want to replace. Click Actions > Replace certificate.)

enhancement

In Discovery, we updated the Certificates by rating widget on the Discovery dashboard, making it easier to see the security ratings for your public SSL/TLS certificates (in the sidebar menu, click Discovery > Discovery Dashboard).

As part of the update, we renamed the widget: Certificates analyzed by security rating. Then, we split the chart on the widget into two charts: Public and Others. Now, you can use the Public | Others toggle switch on the widget to select the chart you want to see.

The Certificates analyzed by security rating - Public chart displays the ratings for your public SSL/TLS certificates only. The Certificates analyzed by security rating - Other chart displays the rating for all your other SSL/TLS certificates (e.g., private SSL certificates).

enhancement

In Discovery, we updated the Endpoints and Server details pages making it easier to see the correlation between the IP address and the hostname/FQDN scan it resulted from.

Now, when you configure a scan for a hostname/FQDN, and the scan's endpoint results return IP addresses, we include the hostname/FQDN from the scan with the IP address.

Update note: The hostname update is available in the latest sensor version – 3.7.10. After the sensors updates are completed, rerun scans to see the hostname/IP address correlation on your scan results.

new

In the DigiCert Services API, we added two new endpoints for ordering your Secure Site Pro certificates: Order Secure Site Pro SSL and Order Secure Site Pro EV SSL.

  • POST https://www.digicert.com/services/v2/order/certificate/ssl_securesite_pro
  • POST https://www.digicert.com/services/v2/order/certificate/ssl_ev_securesite_pro

Benefits included with each Secure Site Pro certificate

Each Secure Site Pro certificate includes – at no extra cost – first access to premium feature such as the Post Quantum Cryptographic (PQC) toolkit.

Other benefits include:

  • Priority validation
  • Priority support
  • Two premium site seals
  • Malware check
  • Industry-leading warranties – protection for you and your customer!

To learn more about our Secure Site Pro certificates, see DigiCert Secure Site Pro.

To activate Secure Site Pro certificates for your CertCentral account, contact your account manager or our support team.

enhancement

We improved the SAML Single Sign-on and SAML Certificate Requests workflows, allowing you to turn off SAML Single Sign-on (SSO) and SAML Certificate Requests. Previously, after configuring SAML SSO or SAML Certificate Requests for your account, the only way to turn either of these off was to remove both SAML features from your account.

Now, on the Federation Settings pages, you can turn off SAML SSO and SAML Certificate Requests for your account by deleting the federation settings.

Note: The Turn off SSO and Turn off SAML Certificate Request buttons only appear after you've configured the federation settings (turned the feature on).

For more information about SAML Single Sign-on and SAML certificate request integration with CertCentral:

new

グローバル サーバーID 証明書には、DigiCert ポスト量子暗号 (PQC) ツールキット が付属しています。当社のツールキットには、ハイブリッド SSL/TLS 証明書の作成に必要な内容が付属しています。このツールキットのハイブリッド証明書は、ECC アルゴリズムと組み合わせた PQC アルゴリズムを使用し、お使いのウェブサイト上でポスト量子、後方互換ハイブリッド証明書のホスティング実現性をテストできます。

注意:グローバル サーバーID 証明書の PQC のメリットには遡及作用があります。PQC ツールキットにアクセスするには、グローバル サーバーID 証明書の [オーダー#詳細] ページに移動してください。(サイドバーメニューで、[証明書 >オーダー]をクリックします。[オーダー]ページで、グローバル サーバーID 証明書のオーダー番号リンクをクリックします。証明書の[オーダー]詳細ページで、[PQC ツールキット]をクリックします。)

ポスト量子暗号および当社 PQC ツールキットについての詳細は、下記を参照してください。

各グローバル サーバーID 証明書の収録内容についての詳細は、「Pro TLS/SSL 証明書」 を参照してください。

compliance

業界基準の変更

2019年7月31日 (19:30 UTC) 現在、証明書オーダーで IP アドレスの利用権を確認するには、HTTP 実際的証明 DCV 方法を使用する必要があります。

HTTP 実際的証明 DCV 方法についての詳細は、以下の説明を参照してください。

現在、IP アドレスの利用権を証明する他の DCV 方法の使用許可に使用する業界基準ただし、バロット SC7 のパスにより、IP アドレス認証の規則が変更になりました。

バロット SC7:IP アドレス認証方法を更新する

このバロットにより、証明書に記載の IP アドレスの顧客による利用権の認証の許可プロセスと手順が再定義されています。バロット SC7 への準拠変更は、2019年7月31日 (19:30 UTC) に発効となります。

2019年7月31日 (19:30 UTC) 現在で準拠を維持するため、DigiCert は顧客に HTTP 実際的証明 DCV 方法を使用した IP アドレスの認証にかぎり許可しています。

Ipv6 サポートの削除

2019年7月31日 (19:30 UTC) 現在、DigiCert は、IPv6 アドレスについての証明書のサポートを削除しました。サーバー上の制限により、DigiCert は IPv6 アドレスを利用して、 HTTP 実際的証明 DCV 方法向けに顧客のウェブサイトに配置されたファイルを確認することはできません。

enhancement

DigiCert Service API で、[再発行を一覧表示する] エンドポイント応答パラメータを更新し、お客様による受取 id、ドメインの購入回数、および再発行済オーダーでのワイルドカードドメインの購入回数の確認を可能にしました。

現在、これらの応答パラメータは、お使いの発効済証明書のオーダー詳細で、該当する場合に当社より返しています。

  • receipt_id
  • purchased_dns_names
  • purchased_wildcard_names
Example of the new List reissues endpoint response-parameters

new

Discovery で、[構成済暗号スイートをスキャンする] オプションを、暗号スイートがサーバー上で有効にできるスキャン設定に追加しました。スキャンを追加または編集するとき、このオプションは [スキャン内容を選択する] を選択したときは、[設定] セクションにあります。[スキャンをセットアップおよび実行する] または [スキャンを編集する] を参照してください。

スキャンが完了したら、暗号スイート情報が [サーバー詳細] セクションの [サーバー詳細] ページに一覧表示されます。(サイドバーメニューで、[Discovery] > [結果を表示する] の順でクリックします。[証明書]ページで、[エンドポイントを表示する] をクリックします。[エンドポイント]ページで、エンドポイントの [IP アドレス / FQDN] リンクをクリックします。次に、[サーバー詳細]セクションの[サーバー詳細]ページで、暗号 表示 リンクをクリックします。)

更新に関する注意事項:新しい [構成済暗号スイートのスキャン] オプションは、最新センサバージョン – 3.7.7 で利用できます。センサ更新の完了後、スキャンの [設定] を編集し、,[スキャン内容を選択する] を選択、,「構成済暗号スイート」にチェックを入れて、,スキャンを再実行します。

enhancement

Discovery で、Strict-Transport-Security (STS) セキュリティヘッダの評価システムを更新しました。現在、STS for HTTP 200 申請のみをチェックし、 HTTP 301 申請については、無視しています。ウェブサイトに Strict-Transport-Security (STS) セキュリティヘッダがないか、設定が間違っている場合、サーバーにのみ罰則が科せられます。このような場合、サーバーを "リスク状態" と評価します。

以前は、STS for HTTP 301 申請を当社がチェックし、Strict-Transport-Security (STS) セキュリティヘッダがない場合に、サーバーに罰則を科していました。このような場合、サーバーを "安全ではない" と評価しました。

セキュリティヘッダ 結果を表示するには、エンドポイントの[サーバー]詳細ページに移動します。サイドバーメニューで、[Discovery] > [結果を表示する] の順でクリックします。[証明書]ページで、[エンドポイントを表示する] をクリックします。[エンドポイント]ページで、エンドポイントの [IP アドレス / FQDN] リンクをクリックします。

更新に関する注意事項:更新した STS 評価システムは、最新のセンサバージョン – 3.7.7 で利用できます。センサ更新が完了した後、スキャンを再実行し、更新した STS 評価を確認します。

enhancement

[オーダーの証明書を再発行する]ページで、[取引サマリー] を改定し、お客様が、証明書の有効期限切れまでの残り日数を確認できるようにしました。これで、証明書を再発行する場合、[取引サマリー] に、証明書の有効期間が有効期限切れまでの日数とあわせて表示されます (例. 1 年 (43日で有効期限切れ)。

enhancement

DigiCert Services API で、[オーダーを一覧表示する],[オーダー情報],[再発行を一覧表示する],および [複製を一覧表示する] エンドポイントを更新し、お客様が証明書の有効期限切れまでの残り日数を確認できるようにしました。これらのエンドポイントについては、その応答に days_remaining パラメータを返します。

Example of the days_remaining response parameter.png

enhancement

SAML SSO 専用ユーザーの CertCentral Services API との統合を改定し、お客様が SSO 専用ユーザー API アクセスを付与できるアカウント設定を追加しました。[ユーザー向けに SSO 設定を構成する]下の[SAML サインオン (SSO)]ページに、[SSO 専用ユーザーへの API アクセスを有効にする] チェックボックスが表示されます (サイドバーメニューで、[設定] > [シングルサインオン]の順でクリック)。 「SAML シングルサインオンを構成する」 を参照してください。

注意:この設定で、API キー付きの SSO 専用ユーザーは、シングルサインオンを避けることができます。API アクセスを SSO 専用ユーザーについて無効にすると、既存の API キーが失効になります。新しい API キーの作成をブロックするだけです。

fix

カスタム有効期間のゲスト URL での作動方法を改定するには、一時的に その機能へのアクセスを削除する必要があります。これで、新しいゲスト URL の作成時、,1年、2年、および3年の有効期間オプションのみ利用できます。

この変更が、既存のゲスト URL に影響を及ぼすことはありません。カスタム有効期間オプションを含む既存のゲスト URL は引き続き、以前と同様、機能します。

注意:3年の有効期間オプションは、プライベート SSL およびクライアント証明書にのみ適用されます。2018年2月20日現在、DigiCert は、3年のパブリック SSL/TLS 証明書を提供していません。この変更の詳細については、ここをクリックしてください。

ゲスト URL を作成する
サイドバーメニューで、[アカウント] > [アカウントアクセス] の順でクリックします。[ゲスト URL]セクションの[アカウントアクセス]ページで、[ゲスト URL を追加する]をクリックします。「ゲスト URL を管理する」 を参照してください。

fix

証明書オーダープロセスから承認ステップを削除すると、カスタムフォームフィールド値の証明書の [オーダー] 詳細ページに記録してもブロックされるバグを修正しました。

現在、証明書オーダーフォームにカスタムフィールドを作成し、お使いのアカウントについて 「承認ステップをスキップする」 を有効にすると、カスタムオーダー値が証明書の [オーダー] 詳細ページに記録されます。

カスタムオーダーフォームフィールド

サイドバーメニューで、[設定] >[カスタムオーダーフィールド] の順でクリックします。[カスタムオーダーフォームフィールド]ページで、[カスタムオーダーフォームフィールドを追加する] をクリックします。「カスタムオーダーフォームフィールドを管理する」 を参照してください。

承認ステップをスキップする

サイドバーメニューで、[設定 > 環境設定]をクリックします。[管理グループ環境設定]ページで、[詳細設定] を拡張します。[承認ステップ]下の[証明書申請]セクションで、「承認ステップをスキップする: 証明書オーダープロセスから承認ステップを削除する」 を選択します。「証明書オーダープロセスから承認ステップを削除する」 を参照してください。

fix

オーダーに追加された [追加メール] が証明書の [オーダー] 詳細ページに記録されていない、証明書オーダーフォームバグを修正しました。

これで、証明書通知メールの受取希望者にオーダーへの追加メールアドレスを追加する場合、メールアドレスが証明書の [オーダー] 詳細ページに記録されます。

fix

証明書更新をキャンセルすると、更新オプションがオーダーから削除される、キャンセルオーダーバグを修正しました。

注意:これらの証明書を更新するには、サポートチームへの連絡が必要でした。

現在は、証明書更新をキャンセルする場合、オーダーに更新オプションが残り、お客様は準備ができた段階で、後から証明書を更新できるようになりました。

enhancement

証明書の[オーダー#]詳細ページと[オーダー#]詳細パネルを改定し、オーダーが API、ACME ディレクトリ URL、あるいは CertCentral 内からのいずれで申請されたかを確認できる、新しい [申請済オーダー] エントリを追加しました。オーダーが API または ACME ディレクトリ URL から申請された場合、API キー名または ACME ディレクトリ URL 名も含めます。

注意:証明書の申請者も確認しやすくし、新しい [オーダー申請者] エントリを[オーダー詳細]セクションに追加しました。以前は、申請者情報を [申請日] 詳細に含めていました。

オーダー#詳細パネル

サイドバーメニューで、 [証明書 >オーダー]をクリックします。[オーダー]ページで、証明書オーダーの [クイックビュー] リンクをクリックします。[オーダー#]詳細パネルで、[他の証明書情報を表示する] を拡張します。[オーダー詳細]セクションで、新しい [オーダー申請済] エントリが表示されます。

オーダー#詳細ページ

サイドバーメニューで、 [証明書 >オーダー]をクリックします。[オーダー]ページで、証明書のオーダー番号リンクをクリックします。[オーダー詳細]セクションの[オーダー#]詳細ページで、新しい [オーダー申請済] エントリが表示されます。

enhancement

SAML シングルサインオン (SSO) の CertCentral との統合のユーザー招待ワークフローを改定し、お客様が、お使いのアカウントユーアー招待を送信する前に、招待される者を SSO 専用ユーザーとして指定することができるようになります。これで、[新しいユーザーを招待する] ポップアップウインドウで、[SAML シングルサインオン (SSO) のみ] オプションを使用して、招待される者を SAML SSO のみに制限します。

注意:このオプションで、これらのユーザーについてすべての他の認証方法が無効になります。また、このオプションは、SAML をお使いの CertCentral アカウントで有効にしている場合のみ、表示されます。

サイドバーメニューで、[アカウント] >[ユーザー招待] の順でクリックします。[ユーザー招待]ページで、[新しいユーザーを招待する] をクリックします。「SAML SSO:ユーザーをアカウントに参加するように招待する」 を参照してください。)

簡易登録フォーム

当社では、SSO 専用ユーザー 登録フォームの簡素化も行い、,パスワードとセキュリティの質問要件を削除しました。これで、SSO 専用の招待される者に必要なのは、各自の個人情報のみとなります。

new

お使いのアカウントの Discovery 証明書スキャンの結果を CertCentral ダッシュボード から確認しやすくし、[確認された有効期限切れが近い証明書],[証明書発行者],および [評価により分析した証明書] ウィジェットを追加しました。

各ウィジェットには、ドリルダウンして有効期限切れが近い証明書についての詳細を探しやすくできる双方向チャート (例. どの証明書が8~15日で有効期限切れになるか)、発行 CA ごとの証明書 (例. DigiCert)、およびセキュリティ評価ごとの証明書 (例. 安全ではない) が含まれます。

Discovery についての詳細

Discovery はセンサを利用して、ネットワークをスキャンします。スキャンは、CertCentral アカウント内から中央構成および管理します。

new

DigiCert Services API で、[オーダー情報] エンドポイントを更新し、お客様が証明書の申請方法を確認できるようにしました。Services API または ACME ディレクトリ URL から申請した証明書については、新しい応答パラメータを返します。api_key. このパラメータには、以下のキータイプとあわせてキー名が含まれます。API または ACME

注意:別の方法から申請したオーダー (例. CertCentral アカウント、ゲスト申請 URL、など) について、api_key パラメータは応答から省かれます。

これで、オーダー詳細を表示するときに、API または ACME ディレクトリ URL から申請したオーダーへの応答に新しい api_key パラメータが標示されます。

取得 https://dev.digicert.com/services-api/order/certificate/{order_id}

応答:

Order info endpoint response parameter

new

新しい検索フィルタ – [申請済] – を[オーダー]ページに追加し、これにより、お客様は個別の API キーまたは ACME ディレクトリ URL から申請した証明書オーダーを検索することができます。

これで、[オーダー]ページで、[申請済] フィルタを使用して、個別の API キーまたは ACME ディレクトリ URL から有効、有効期限切れ、失効済、拒否済、保留中の再発行、保留中、および複製証明書を探すことができます。

(サイドバーメニューで、[証明書 >オーダー]をクリックします。[オーダー]ページで、[詳細検索を表示する] をクリックします。次に、[申請済] ドロップボックスで、API キーまたは ACME ディレクトリ URL 名を選択するか、その名前をボックスに入力します。)

enhancement

基本およびセキュア サーバーID 単一ドメイン証明書サービス (Standard SSL、EV SSL、セキュア サーバーID SSL、およびセキュア サーバーID EV SSL) を改定し、「 [your-domain].com と www.[your-domain].com の両方を証明書に含める」 オプションをこれらの証明書オーダー、再発行、および複製フォームに追加しました。このオプションでは、お客様は、コモンネーム (FQDN) の両方のバージョンをこれらの単一ドメイン証明書に 無料で 含めるかを選択できます。

  • コモンネーム (FQDN) の両方のバージョンを安全保護するには、「 [your-domain].com と www.[your-domain].com の両方を含める]にチェックを入れます。
  • コモンネーム (FQDN) のみを安全保護するには、「 [your-domain].com と www.[your-domain].com の両方を含める]のチェックを外します。

「SSL/TLS 証明書をオーダーする」 を参照してください。

サブドメインにも適用されます。

新しいオプションでは、両方のバージョンのベースとサブドメインを取得できます。これにより、両方のバージョンのサブドメインを安全保護するには、サブドメインを [コモンネーム] ボックス (sub.domain.com) に追加し、 「 [your-domain].com と www.[your-domain].com の両方を含める]にチェックを入れます。DigiCert が証明書を発行した場合、その証明書には以下の両方のバージョンのサブドメインが含まれることになります。[sub.domain].com と www.[sub.doman].com

[サブドメインにプラス機能を使用する]を削除しました

「[your-domain].com と www.[your-domain].com を証明書に含める」 オプションで、「プラス機能 -- サブドメインにプラス機能を使用する」 が使用できなくなります。そのため、[管理グループ環境設定]ページからオプションを削除しました (サイドバーメニューで、[設定] > [環境設定] の順でクリック)。

enhancement

DigiCert Services API で、下記の [OV/EV SSL をオーダーする],[SSL (type_hint) をオーダーする],[セキュア サーバーID SSL をオーダーする],[プライベート SSL をオーダーする],[証明書を再発行する],および [複製証明書] エンドポイントを更新しました。これらの変更により、単一ドメイン証明書の申請、再発行および複製時の管理がしやすくなり、お客様が個別の追加 SAN をこれらの単一ドメイン証明書に 無料で 含めるかを選択することができます。

  • /ssl_plus
  • /ssl_ev_plus
  • /ssl_securesite
  • /ssl_ev_securesite
  • /private_ssl_plus
  • /ssl*
  • /reissue
  • /duplicate

*注意:[SSL (type_hint) をオーダーする]エンドポイントについては、 下記の dns_names[] パラメータのみを使用して、無料の SAN を追加します。

両方のバージョンのドメイン ([your-domain].com と www.[your-domain].com) を安全保護するには、申請で、common_name パラメータを使用して、ドメイン ([your-domain].com) を追加し、dns_names[] パラメータを使用して、他のバージョンのドメイン (www.[your-domain].com) を追加します。

DigiCert が証明書を発行した場合、両方のバージョンのドメインが安全保護されます。

example SSL certificte request

コモンネーム (FQDN) のみを安全保護する場合は、申請の dns_names[] パラメータを省きます。 

fix

いくつかのシングルサインオン専用ユーザーが、有効期限が切れた CertCentral パスワードをリセットするようにプロンプトで求められていた、SAML シングルサインオン (SSO) バグを修正しました。

注意:このプロンプト要求は、各アカウントにサインインした後でのみ、表示されていてました。これらの SSO 専用ユーザーはまだ、すべてのアカウント機能にアクセスし、すべての関連タスクを実行することができます。

enhancement

[オーダー#]詳細ページを改定し、お客様が、証明書に追加した証明書プロフィールオプションを確認できるようになりました。これで、証明書の [オーダー#詳細] ページに移動し、 [オーダー詳細] セクションで、その証明書オーダーに含まれる [プロフィールオプション] を確認することができます。

証明書プロフィールオプション

証明書プロフィールがお使いのアカウントで有効になっている場合、そのプロフィールオプションは、[追加証明書オプション]下の SSL/TLS 証明書申請フォームに表示されます。SSL/TLS 証明書のオーダー時、証明書にプロフィールを追加することができます。

サポート対象の証明書プロフィールオプションについての詳細は、「証明書プロフィールオプション」 を参照してください。お使いのアカウントで証明書プロフィールを有効にするには、アカウントマネージャに連絡するか、当社のサポートチームにお問い合わせください

enhancement

[API キー生成] プロセスを改定し、個別の操作セットに対する API キーの権限を制限する機能を追加しました。

キーをユーザーにリンクすると、そのユーザーのキーへの権限をリンクすることになります。これで、そのキーのユーザーロール内の操作のサブセットに対する権限を制限することができます。

詳細は、「API キーを生成する」 を参照してください。

new

制限権限付き API キーを速やかに特定するため、新しい情報アイコンを [アカウントアクセス] ページの API キーリストに追加しました (サイドバーメニューで、[アカウント] > [アカウントアクセス]の順でクリック)。アイコンをクリックすると、キーがどの統合を使用できるかが確認できます。

new

新しい [API キーを編集する] 機能を追加し、お客様による有効な API キーの説明と権限の編集が可能になりました。

API キーを編集するには、サイドバーメニューで、[アカウント] > [アカウントアクセス] の順でクリックします。API キー下のアカウントアクセスページで、API キー名リンクをクリックします。

詳細は、「API キーを編集する」 を参照してください。

enhancement

DigiCert Services API で、[複製証明書] エンドポイントワークフローを改定しました。これで、複製証明書がすぐに発行できる場合、当社より複製証明書を応答本文に返します。

詳細は、「複製証明書」 を参照してください。

enhancement

CertCentral の複製証明書オーダーをプロセスを改定しました。これで、複製証明書をすぐに発行できる場合、当社はお客様を、証明書をすぐにダウンロードできる [複製] ページに案内します。

enhancement

[承認ステップをスキップする] アカウント設定を改定し、同設定を、オンラインポータルから、および API から実行した証明書申請に適用しました。

お使いのアカウントの[承認をスキップする]設定にアクセスするには、サイドバーメニューで、[設定] > [環境設定] の順でクリックします。[管理グループの環境設定]ページで、 [詳細設定] を拡張し、[証明書申請]セクションまですくロードダウンします。「証明書オーダープロセスから承認ステップを削除する」 を参照してください。

fix

[今すぐオーダーする] をクリックすると、[DigiCert アカウントサインイン]ページにリダイレクトされる、ゲスト URL 証明書申請ページのバグを修正しました。

現在、ゲスト URL から証明書をオーダーし、[今すぐオーダーする] をクリックすると、,申請が承認のため、アカウント管理者に提出されます。ゲスト URL についての詳細は、「ゲスト URL の管理」 を参照してください。

enhancement

[新しい管理グループ]ページに [ユーザーを自動更新する] 機能を追加し、これにより、オプションでお客様が新しい管理グループの作成時、管理グループの自動更新オーダーについて、デフォルトユーザーを設定することができます。この設定を行った場合、このユーザーはすべての管理グループ 自動更新証明書オーダー で元の申請者を入れ替え、自動更新中断を防止することができます。

サイドバーメニューのお使いのアカウントで、[アカウント] >[管理グループ]の順でクリックします。[管理グループ] ページで、[新しい管理グループを追加する]をクリックします。[新しい管理グループ]ページ、 [自動更新ユーザー] ドロップダウンで、すべての管理グループ自動更新オーダーでデフォルトユーザーを設定します。

new

新しいツールを CertCentral ポートフォリオ—ACME プロトコルサポート—に追加することで、ACME クライアントを CertCentral と統合し、OV と EV TLS/SSL 証明書をオーダーすることができます。

注意:これは、CertCentral の ACME プロトコルサポートのオープンベータ期間です。エラーを報告する、または ACME クライアントの CertCentral への接続サポートは、サポートチーム にお問い合わせください。

CertCentral アカウントの ACME にアクセスするには、[アカウントアクセス]ページ (サイドバーメニューで、[アカウント] > [アカウントアクセス]の順でクリック) に移動すると、新しい [ACME ディレクトリ URL] セクションが表示されます。

ACME クライアントの CertCentral アカウントとの接続についての詳細は、「ACME ユーザーガイド」 を参照してください。

お使いのアカウントについて ACME をオフにするには、アカウントマネージャまたは サポートチーム にお問い合わせください。

既知の問題

現在既知の問題のリストは、ACME ベータ:既知の問題」 を参照してください。

enhancement

[認証局] ページを改定し、保留中および発行済プライベート CA 中間とルート証明書オーダーに証明書詳細パネルを追加しました。このパネルには、発行済プライベート CA 証明書のダウンロードオプションとあわせて、追加証明書詳細(署名ハッシュ、シリアル番号、など)が含まれます。

[認証局]ページ (サイドバーで、[証明書] > [認証局]の順でクリック) の証明書詳細パネルにアクセスするには、プライベート CA ルートまたは中間証明書リンクをクリックします。

new

[管理グループを編集する]ページに新しい [ユーザーを自動更新する] 機能を追加し、これにより、オプションでお客様が管理グループの自動更新オーダーについて、デフォルトユーザーを設定することができます。この設定を行った場合、このユーザーはすべての管理グループ自動更新証明書オーダーで元の申請者を入れ替え、自動更新中断を防止することができます。

(サイドバーメニューのお使いのアカウントで、[アカウント] >[管理グループ]の順でクリックします。[管理グループ] ページで、管理グループを選択 (または [マイ管理グループ]をクリック) します。管理グループを編集する、また [自動更新ユーザー] ドロップダウンで、すべての管理グループ自動更新オーダーでデフォルトユーザーを設定します。)

enhancement

自動証明書更新機能を改定し、プロセスに "[自動更新無効]" 通知を追加しました。証明書の自動更新を妨害する事態が発生した場合、現在は、当社が "[自動更新無効]" メール通知を送信し、そのオーダーについて自動更新が無効になったこと、その結果どうなるか、またそのオーダーの自動更新の再更新方法をお客様に通知します。

注意:自動証明書更新は個別ユーザーに連携しています (オーダー別または管理グループ別)。 そのユーザーがオーダーを実行する権限を失った場合、自動証明書更新プロセスは無効になります。

new

SSL/TLS 証明書ランドスケープ全体のリアルタイム分析を実行する CertCentral ポートフォリオ—Discovery- に新しいツールを追加しました。

発行認証局(CA)には関係なく、すべての内部およびパブリックフェース SSL/TLS 証明書を速やかに探すことも目的に設計された Discovery は、証明書構成と実装の問題を証明書関連の脆弱性とあわせて識別、およびエンドポイント構成の問題を識別します。

注意:Discovery はセンサを利用して、ネットワークをスキャンします。センサは、戦略的な場所に取り付ける小さなソフトウェアアプリケーションです。それぞれのスキャンは、センサにリンクされています。

スキャンは、CertCentral アカウント内から中央構成および管理します。スキャン結果は、CertCentral 内の直感的な双方向ダッシュボードに表示されます。スキャンは、構成により、設定スケジュールにあわせて、1回または複数回実行します。

5月 13, 2019

enhancement

グローバル サーバーID TLS/SSL 証明書は現在、すべての CertCentral アカウントに含まれていますこれらの証明書についての全説明は、「DigiCert グローバル サーバーID」 を参照してください。

お使いのアカウントのサイドバーメニューで、[証明書を申請する] の上にマウスを当てます。[業務用 SSL 証明書]下で、新しい グローバル サーバーID 証明書を探します。

5月 10, 2019

fix

DigiCert と Norton サイトシールが内部ドメイン名上で表示される場合があるバグを修正しました。

現在、当社のサイトシールでは、内部ドメイン名に決定することはありません。

enhancement

当社では CertCentral SAML フェデレーション設定を更新し、[SAML シングルサインオン IdP 選択] および [SAML 証明書申請 IdP 選択] ページで、IdP のリストでのフェデレーション名の非表示が可能になります。

現在、[IDP のメタデータ]下の[フェデレーション設定]ページで、[フェデレーション名を含める] オプションが追加されています。IdP 選択ページ の IdP のリストでフェデレーション名を非表示にする場合は、,「IdP のリストにフェデレーション名を追加する」のチェックを外します。

new

グローバル サーバーID TLS/SSL 証明書は、CertCentral で利用できます。グローバル サーバーID により、ドメインごとの課金となり、証明書の基本コストはありません。1個のドメインを追加すると、1個ごとに課金されます。9個のドメインが必要な場合は、9個について課金されます。1つの証明書で最大250のドメインを安全保護します。

当社には2つのタイプのグローバル サーバーID 証明書があり、1つは OV 証明書用、もう1つは EV 証明書用です。

  • グローバル サーバーID SSL
    お客様のニースに適した OV 証明書を取得します。1個のドメイン、1個のワイルドカードドメインおよびすべてのサブドメインの暗号化と認証を行うか、あるいはサブジェクトの別名 (SAN) を使用して、複数のドメインとワイルドカードドメインを1個の証明書で安全保護します。
  • グローバル サーバーID EV SSL
    お客様のニーズに適した拡張認証証明書を取得します。暗号化と認証により1個のドメインを安全保護する、あるいはサブジェクトの別名 (SAN) を使用して複数のサイトを1個の証明書で安全保護します (完全適格ドメイン名)。

各グローバル サーバーID 証明書に付属の特典

各グローバル サーバーID 証明書には – 追加コスト不要で – CertCentral への将来のプレミアム機能追加への初回アクセス (例. CT ログ監視と認証管理) が含まれます。

その他のメリット:

  • 優先認証
  • 優先サポート
  • 2つのプレミアムサイトシール
  • マルウェアチェック
  • 業界最高の保障

グローバル サーバーID 証明書を CertCentral アカウントについて有効にするには、アカウントマネージャまたは当社の サポートチームにお問い合わせください。

グローバル サーバーID 証明書についての詳細は、「DigiCert グローバル サーバーID」を参照してください。

compliance

パブリック SSL 証明書は、下線付きドメイン名を安全保護することはできません ("_")。ドメイン名に下線が付いた、以前発行済の証明書はすべて、この日付前に有効期限切れとならなければなりません。

注意:下線を含み、証明書の代わる、下線の推奨解決方法 (FQDN)ただし、名前変更ができない状況では、プライベート証明書 を使用でき、また状況によっては、ドメイン全体を安全保護する ワイルドカード証明書 を使用することができます。

詳細は、「ドメイン名の下線使用をやめる」を参照してください。

compliance

CanSignHttpExchanges 拡張子を ECC SSL/TLS 証明書に含める業界基準の要件:

  • "cansignhttpexchanges=yes" パラメータ* を含むドメインの CAA リソースレコード
  • 楕円曲線暗号 (ECC) 鍵ペア
  • CanSignHttpExchanges 拡張子
  • 最大90日の有効期間*
  • Signed HTTP Exchange のみに使用

*注意:これらの要件は、2019年5月1日発効済です。Signed HTTP Exchanges 拡張子は、鋭意開発中です。業界の開発が継続している中で、要件がさらに変更される場合があります。

90日の最大証明書有効期間要件は、2019年5月1日以前に発行された証明書に影響を及ぼすことはありません。再発行済証明書は、再発行時点から90日に切り上げられますので、注意してください。ただし、完全購入の有効期間については、証明書を引き続き再発行できます。

CanSignHttpExchanges 拡張子

最近、新しい証明書プロフィール HTTP Signed Exchanges を追加し、お使いのブランドがアドレスバーに表示されない AMP URL 表示問題への対応を支援しました。「Signed Exchanges 付き AMP URL の表示を改善する」 を参照してください。

この新しいプロフィールにより、お客様は CanSignHttpExchanges 拡張子を OV と EV SSL/TLS 証明書に含めることができます。お使いのアカウントについて有効にした場合、[CanSignHttpExchanges 拡張子を証明書に含める] オプションが、[追加証明書オプション] 下の OV と EV SSL/TLS 証明書申請フォームに表示されます。「Signed HTTP Exchanges 証明書を取得する」 を参照してください。

このアカウントで証明書プロフィールを有効にするには、アカウント代理人に連絡するか、当社のサポートチームにお問い合わせください

new

CertCentral エクスペリエンス – [マイエクスペリエンスをカスタマイズする]をカスタマイズできる新しい機能を追加しました。この機能の初回使用開始時、お使いのアカウントのランディングページのカスタマイズ機能を追加しました。(お使いのアカウント右端上の名前ドロップダウンで、[マイエクスペリエンスをカスタマイズする]を選択します。)

例えば、サインするごとに、最初の操作は、有効期限切れが近い証明書を管理することになります。このワークフローを簡素化するため、[有効期限切れが近い証明書]をランディングページとして設定します。これで、サインインするごとに、有効期限切れが近い証明書に直接移動になります。(ランディングページの [マイエクスペリエンスをカスタマイズする] ページで、[有効期限切れが近いオーダー][保存] を選択します。)

enhancement

DigiCert は引き続き、コード署名証明書について SHA1 署名 をサポートします。2019年12月30日の最長有効期限制限を撤廃しました。

enhancement

DV 証明書を、ゲスト URL に利用可能な製品に追加しました。これで、GeoTrust と RapidSSL DV 証明書を ゲスト URL に追加することができます。

fix

セキュア サーバーID 証明書をゲスト URL に追加すると、ゲスト URL の編集が妨害されるバグを修正しました。現在、セキュア サーバーID 証明書をゲスト URL に追加すると、必要に応じて、ゲスト URL を編集することができます。

fix

プライベート SSL 証明書をゲスト URL に追加すると、ゲスト URL の編集が妨害されるバグを修正しました。現在、プラベート SSL 証明書をゲスト URL に追加すると、必要に応じて、ゲスト URL を編集することができます。

enhancement

CertCentral ヘルプメニューのドキュメントリンクを更新し、[アカウントアクセス]ページで、新しいドキュメントポータルに移動します。

これで、CertCentral ヘルプメニューで、,[はじめに]をクリックすると、,新しい DigiCert ドキュメントポータル に移動になります。同様に、[ログを変更する] をクリックすると、,改定された [ログを変更する] ページに移動になります。また現在、[アカウントアクセス] ページ (サイドバーメニューで、[アカウント] > [アカウントアクセス] をクリック)、[API ドキュメント] をクリックすると、,新しい [DigiCert 開発者ポータル] に移動になります。

fix

SSL/TLS 証明書申請プロセス中に追加された新しい組織が[組織]ページ (サイドバーメニューで、[証明書] > [組織]の順でクリック) に表示されないバグを修正しました。

この修正により、SSL/TLS 証明書申請プロセス中に追加された 新しい組織 がお使いのアカウントの[組織]ページに自動的に表示されます。

遡及的修正:すべての組織が表示されます

このバグの修正は遡及的でもあります。ユーザーによる申請プロセス中への新しい組織の追加を可能にした場合、次回お使いのアカウントの[組織]ページに移行したときに、これらの組織がリストに追加されています。

注意:証明書に追加できる証明書申請での 既存の組織のリスト に表示されても、このバグが、これらの組織の追加 SSL/TLS 証明書の申請機能に影響を及ぼすことはありませんでした。このバグは、新しい[組織]ページから追加された組織に影響を及ぼすこともありませんでした ([組織]ページで、[新しい組織] をクリック)。

enhancement

CertCentral 監査ログを改定し、,API キー作成の追跡確認がしやすくなりました。これで、監査ログには、API キー作成者、作成時間、および API 名などについて情報が含まれることになります。

(お使いのアカウントの監査ログにアクセスするには、サイドバーメニューで、[アカウント] > [監査ログ] の順でクリック)。

new

新しい DigiCert ドキュメントポータルを公表いたします。新しいサイトの外観は刷新され、整理されたタスクベースのヘルプドキュメント、製品ニュース、変更ログおよび API 開発者ドキュメントが記載されます。

新しい DigiCert 開発者ポータル はベータ版ではないことを発表いたします。開発者サイトの外観は刷新され、利用可能なエンドポイント、使用ケースおよびワークフローについての情報が記載されます。

ヒントと注意点

  • ドキュメントポータルへは [サポート] 下のトップメニューにある www.digicert.com からアクセスできます ([サポート] > [ドキュメント]の順でクリック)。
  • ドキュメントにサブヘッダを置き、ハッシュタグアイコン をクリックします。これでブラウザのアドレスバーに URL が作成され、指示にしたがって個別セクションにブックマークするか、リンクできます。

まもなく公開

はじめに には、お使いのアカウントの機能に慣れるための情報が収録されています。

compliance

CA は、ドメイン名に下線を含む30日パブリック SSL 証明書を発行することはできません (コモンネームおよびサブジェクトの別名)。

注意:下線を含み、証明書の代わる、下線の推奨解決方法 (FQDN)ただし、名前変更ができない状況では、プライベート証明書 を使用でき、また状況によっては、ドメイン全体を安全保護する ワイルドカード証明書 を使用することができます。

詳細は、「ドメイン名の下線使用をやめる」を参照してください。

compliance

最終日、ドメイン名の下線を含む、30日パブリック SSL 証明書 (コモンネームとサブジェクトの別名) を CA からオーダーすることができます。

注意:下線を含み、証明書の代わる、下線の推奨解決方法 (FQDN)ただし、名前変更ができない状況では、プライベート証明書 を使用でき、また状況によっては、ドメイン全体を安全保護する ワイルドカード証明書 を使用することができます。

詳細は、「ドメイン名の下線使用をやめる」を参照してください。

new

新しい証明書プロフィールオプションとなる OCSP Must-Staple を追加することで、OCSP Must-Staple 拡張子を OV と EV SSL/TLS 証明書に含めることができるようになりました。お使いのアカウントについて有効にした場合、[OCSP Must-Staple 拡張子を証明書に含める] オプションが、[追加証明書オプション] 下の SSL/TLS 証明書申請フォームに表示されます。

注意:OCSP must-staple をサポートするブラウザには、お使いのサイトにアクセスするユーザーには、ブロッキングインタースティシャルが表示される場合があります。証明書のインストール前に、お使いのサイトが stapled OCSP 応答に適切かつ強く対応する構成になっているかを確認してください。

お使いのアカウントで証明書プロフィールを有効にするには、アカウント代理人に連絡するか、当社のサポートチームにお問い合わせください

他の利用可能な証明書オプション

お使いのアカウントで有効になっている場合、これらのプロフィールオプションは、[追加証明書オプション]下の SSL/TLS 証明書申請フォームに表示されます。

  • Intel vPro EKU
    [Intel vPro EKU]フィールドを OV SSL/TLS 証明書に含めることができます。
  • KDC/SmartCardLogon EKU
    [KDC/SmartCardLogon EKU (拡張キー使用法)]を OV SSL/TLS 証明書に含めることができます。
  • HTTP Signed Exchange
    [CanSignHTTPExchanges]拡張子を OV と EV SSL/TLS 証明書に含めることができます(「Signed HTTP Exchange 付き AMP URL を改善する」 を参照してください)。
  • Delegated Credentials
    [DelegationUsage]拡張子を OV と EV SSL/TLS 証明書に含めることができます。
new

新しい証明書プロフィールオプションとなる Delegated Credentials を追加することで、DelegationUsage 拡張子を OV と EV SSL/TLS 証明書に含めることができるようになりました。お使いのアカウントについて有効にした場合、[DelegationUsage 拡張子を証明書に含める] オプションが、[追加証明書オプション] 下の SSL/TLS 証明書申請フォームに表示されます。

お使いのアカウントで証明書プロフィールを有効にするには、アカウント代理人に連絡するか、当社のサポートチームにお問い合わせください

背景

Delegated Credentials for TLS 拡張子は、インターネット技術特別調査委員会 (IETF) において鋭意開発中です。相互運用性テストをサポートするため、現在の起案仕様書に準拠する証明書発行機能を追加しました。業界開発の継続にしたがい、起案には多数の変更がなされる可能性がありますので、注意してください。

他の利用可能な証明書オプション

お使いのアカウントで有効になっている場合、これらのプロフィールオプションは、[追加証明書オプション]下の SSL/TLS 証明書申請フォームに表示されます。

  • Intel vPro EKU
    [Intel vPro EKU]フィールドを OV SSL/TLS 証明書に含めることができます。
  • KDC/SmartCardLogon EKU
    [KDC/SmartCardLogon EKU (拡張キー使用法)]を OV SSL/TLS 証明書に含めることができます。
  • HTTP Signed Exchange
    [CanSignHTTPExchanges]拡張子を OV と EV SSL/TLS 証明書に含めることができます(「Signed HTTP Exchange 付き AMP URL を改善する」 を参照してください)。
  • OCSP Must-Staple
    [OCSP Must-Staple]拡張子を OV と EV SSL/TLS 証明書に含めることができます。
enhancement

証明書申請ページの [取引サマリー] を改定し、証明書コストが追跡確認しやすくなりました。例えば、Multi-Domain 証明書を申請し、5このドメインを追加するとします。[取引サマリー] には,基本代金 (SAN 4個分を含む) に加え、オーダーに追加した追加 SAN の代金が表示されます。

以前は、[取引サマリー] では、項目別代金なしで、証明書の合計代金のみ追跡表示されました。

new

セキュア サーバーID 証明書には現在、VirusTotal マルウェアチェックへの便利なアクセスが付属しています。70以上のアンチウィルススキャナと URL/ドメインブラックリストサービスにより、パブリックドメインを分析します。いくつかの結果に基づき、サイト可用性やオンライン収益を妨害する可能性があるブラックリストからお使いのサイトを引き離す対応ができるように、マルウェアの脅威を特定します。

注意:このメリットは遡及的に影響を及ぼします。セキュア サーバーID 証明書の [オーダー#詳細] ページに移動し、新しい VirusTotal マルウェアチェックを使用してください。(サイドバーメニューで、[証明書 >オーダー]をクリックします。[オーダー]ページで、セキュア サーバーID 証明書のオーダー番号リンクをクリックします。)

各セキュア サーバーID 証明書の付属内容についての詳細は、「DigiCert のすべてのメリットが付属したセキュア サーバーID」 を参照してください。

fix

保留中の再発行の [オーダー#] 詳細ページの [操作が必要] セクションで元の、または以前発行済の証明書から外されたドメインを一覧表示する、保留中の証明書再発行のバグを修正しました。

この発行が影響を及ぼすのは、有効期限切れのドメイン認証のあるドメインのみでした。最新ドメイン認証のあるドメインを削除した場合、それが [操作が必要] セクションに含まれることはありませんでした。

注意:再発行申請に含めたドメインについて必要なのは、DCV の完了のみでした。削除済のドメインは無視できました。また、証明書を再発行した場合、その再発行に元の、または以前発行済の証明書から外されたドメインは含まれませんでした。

現在、証明書を発行し、元の、または以前発行済の証明書に含めたドメインを削除する場合、保留中の再発行の [オーダー#] 詳細ページの Order #[操作が必要] セクションに保留中のドメイン認証のある再発行申請に含まれるドメインは表示されませんでした。

fix

複製を誰が申請したかには関係なく、すべての複製証明書オーダーでは、元の証明書申請者を申請者として追加する、複製証明書オーダーのバグを修正しました。

現在、複製証明書のオーダーには、複製を申請したユーザー名を追加しています。

注意:この修正は遡及的に作用はしないため、発行済の複製証明書オーダーには影響を及ぼしません。

fix

DigiCert Services API で、複製証明書オーダーの名前を返してこない、[複製を一覧表示する] エンドポイントのバグを修正しました。

現在、[複製を一覧表示する] エンドポイントを使用した場合、複製証明書を申請するユーザー名を返しています。

この発行を修正するため、新しい応答パラメータをいくつか追加しています。これにより、応答で申請者の名前を返すことが可能になりました。

…user_id= Requestor's user ID
…firstname= Requestor's first name
…lastname= Requestor's last name

[複製を一覧表示する]エンドポイント応答の例

3月 18, 2019

fix

DigiCert Services API で、発行済クライアント証明書オーダー(Authentication Plus、Email Security Plus、など) にメールアドレスを返す、[オーダー情報] エンドポイントのバグを修正しました。

注意:[オーダーを一覧表示する] エンドポイントを使用して、すべての発行済証明書に情報を取り込む場合、クライアント証明書オーダーのメールアドレスが返されました。

現在は、[オーダー情報] エンドポイントを使用して、発行済クライアント証明書オーダーの詳細を表示すると、応答でメールアドレスが返されます。

Authentication Plus 向けオーダー情報応答の例

fix

複数の組織部門(OU)のある SSL/TLS 証明書申請での OU エントリに個別に適用するのではなく、全体的に64文字制限を提供する OU エントリ文字制限のバグを修正しました。管理者が申請を承認しようとするとき、"「組織部門は、業界基準に準拠するため、64文字以下でなければなりません」" エラーメッセージを間違って受け取っていました。

注意:このバグが影響を及ぼすのは、管理者承認が必要な申請のみです。

現在、管理者が 複数の OU のある SSL/TLS 証明書申請を承認する (各エントリは64文字制限基準内) 場合、申請は予定どおり、DigiCert に提出されます。

準拠に関する注意事項:業界基準では、個別の組織部門エントリに64文字の制限が設定されています。ただし、オーダーに複数の OU を追加する場合、それぞれは個別にカウントされ、組み合わされることはありません。「パブリックトラスト証明書 – 業界基準に違反するデータエントリ」 を参照してください。

fix

申請/証明書の割当先の管理グループを編集することができない、証明書申請上のバグを修正しました。

注意:証明書が発行されたら、[オーダー#] 詳細ページに移動し、証明書の割当先の管理グループを編集することができました。

現在、証明書申請を編集する場合、申請/証明書の割当先の管理グループを変更することができます。

fix

保留中の再発行付き証明書を失効できるようにみえる証明書再発行バグを修正しました。このバグの修正のため、再発行証明書ワークフローを改定し、[証明書を失効にする] オプションを保留中の再発行付き証明書から削除しました。

以前は、証明書に保留中の再発行がある場合、元の、あるいは以前の発行済証明書を失効にする申請を提出 することができました。管理者が申請を承認したとき、証明書が [申請] ページで失効済として間違ってマークされていました。しかし、[オーダー] ページに移動すると、証明書は発行済として正しくマークされ、まだ有効でした。

証明書の再発行が保留中の場合、その証明書は証明書再発行プロセスと連携されているため、失効にすることはできません。保留中の再発行が付いた証明書の失効が必要な状況になった場合、以下の2つのオプションがあります。

  1. 証明書再発行をキャンセルし、続いて元の、または以前発行済の証明書を失効にする
  2. DigiCert が証明書を再発行するのを待ち、証明書を失効にする
fix

保留中の再発行付き証明書を失効にする申請を提出できるようにみえる DigiCert Services API 証明書再発行バグを修正しました。[証明書を失効にする] エンドポイントを使用した場合、[201 作成済] 応答が申請詳細とあわせて返ってきました。

現在、[証明書を失効にする] エンドポイントを使用して保留中の再発行付き証明書を失効にする場合、お客様が保留中の再発行付きオーダーは失効にできないことを、その証明書を失効にする必要がある場合はどうするかの情報とあわせて通知するメッセージを付けて、エラーを返します。

"オーダーは、再発行の保留中は、失効にすることはできません。再発行をキャンセルし、続いて証明書を失効にするか、または再発行が完了してから証明書を失効にすることができます。"

fix

有効期限切れまで1年以上残っている証明書の元のオーダーの有効期限日を提供していない、DV 証明書再発行バグを修正しました。

現在、有効期限切れまで1年以上残っている DV 証明書を再発行するとき、再発行済証明書に、元の証明書の有効期限日が保持されます。

enhancement

DigiCert Services API で DV 証明書申請エンドポイントを改定したことで、新しい email_domain フィールドを既存の email フィールドとあわせて使用し、ドメイン名の利用権確認 (DCV) メールの希望受取人をより正確に設定できるようになりました。

例えば、my.example.com に証明書をオーダーするとき、ベースドメイン (example.com) のドメインオーナーにサブドメインを認証させることができます。DCV メールのメール受取人を変更するには、DV 証明書申請で、dcv_emails パラメータを追加します。次に、ベースドメイン (example.com) を指定する email_domain フィールドと希望の DCV メール受取人(admin@example.com)を指定する email フィールドを追加します。

GeoTrust Standard DV 証明書の申請例

DV 証明書エンドポイント:

fix

証明書の署名ハッシュが正しく表示されない、証明書再発行 [オーダー#] 詳細ページのバグを修正しました。このバグは署名ハッシュを変更したときに再発行でのみ発生しました (すなわち、元の証明書で、お役様が SHA256 を使用し、再発行では SHA384 を使用した場合です)。

注意:再発行済証明書は、正しい署名ハッシュで発行されています。

これで、別の署名ハッシュで証明書を再発行する場合、ハッシュは証明書の [オーダー#詳細] ページに正しく表示されます。

fix

お客様に証明書が発行されたことを通知するメールを送信していない、コード署名証明書再発行を修正しました。

注意:お使いのアカウントでオーダーをチェックしたとき、再発行済コード署名証明書は [オーダー#] 詳細ページからダウンロードできます。

現在、当社がコード署名証明書を発行する場合、お客様のコード署名証明書が発行されたことを通知するメールを送信しています。

enhancement

DigiCert Services API 申請エンドポイントを強化したため、お客様は、証明書申請への応答を早めることが可能にななります。

enhancement

OV 証明書オーダーについて 連絡先を追加 しやすくしました (Standard SSL、セキュア サーバーID SSL、など)。これで、OV 証明書をオーダーするとき、当社がお客様の代わりに [組織連絡先] カードに記入します。必要な場合、技術連絡先を追加することができます。

  • お使いのアカウントに既存の組織を含む CSR を追加する場合は、組織連絡先カードに、その組織に割り当てられた連絡先を記入します。
  • 既存の組織を手動で追加する場合は、組織連絡先 カードに、その組織に割り当てられた連絡先を記入します。
  • 新しい組織を追加する場合は、組織連絡先 カードに、連絡先情報を記入します。

別の組織連絡先を使用するには、自動記入されたものを消去し、手動で追加します。

enhancement

EV 証明書オーダーについて 連絡先を追加 しやすくしました (EV SSL、セキュア サーバーID EV SSL、など)。これで、EV 証明書をオーダーするとき、EV 確認済連絡先情報がお使いのアカウントで利用できる場合は、お客様に代わり、当社で 確認済連絡先 カードに記入します。必要な場合、組織および技術連絡先を追加することができます。

  • お使いのアカウントに既存の組織を含む CSR を追加する場合、当社で 確認済連絡先 カードに、その組織に割り当てられた EV 確認済連絡先を記入します。
  • 既存の組織を手動で追加する場合は、確認済連絡先 カードに、その組織に割り当てられた EV 確認済連絡先を記入します。

確認済連絡先 の組織への割当は、組織を追加する上での前提条件ではありません。確認済連絡先情報が組織として利用できない例はある可能性があります。この場合は、確認済連絡先を手動で追加します。

2月 25, 2019

fix

[製品] 行ヘッダを使用して証明書タイプ別にオーダーを分類すると、結果が表示されない、[オーダー] ページ (サイドバーメニューで、[証明書] > [オーダー]の順でクリック) のバグを修正しました。

注意:この状態になると、オーダーの全リストを表示するには、別の行ヘッダ (例. [オーダー#]) をクリックするか、ページを一旦離れてからもう一度閲覧する必要がありました。

現在は、[オーダー] ページで、[製品] 行ヘッダを使用して、証明書タイプ別にオーダーのリストを分類することができます。

fix

いくつかのフォームでは、州フィールドが2回表示されるか、その情報には必要がない国が必要になるバグを修正しました。

現在、[請求連絡先を編集する],[新しい発注書],および EV コード署名証明書 オーダー、再発行、および更新フォームで、州フィールドのみが1度表示され、その情報が必要ではない国については、州 / 都道府県 / 地域 フィールドが任意で表示されます。

[請求連絡先編集]フォーム

お使いのアカウントで請求連絡先を変更するには、サイドバーメニューで、[財務] > [設定] をクリックします。[請求連絡先]下の[財務設定]ページで、[編集] リンクをクリックします。お使いのアカウントについて請求連絡先をセットアップしていない場合は、[請求連絡先を変更する] リンクをクリックします。

compliance

お客様側で特に対応が必要なことはありません。

2019年2月13日現在、DigiCert では SHA-2 512 (SHA-512) の曲線ハッシュペア P-384 がある ECC TLS/SSL 証明書 (すなわち、ECDSA キー付き証明書) を発行していません。この曲線ハッシュペアは、Mozilla のルートストアポリシーに準拠していません。

Mozilla のルートストアポリシー がサポートしているのは、以下の曲線ハッシュペアのみです。

  • SHA-256 付き P‐256
  • SHA-384 付き P‐384

注意:SHA-512 曲線ハッシュペアのある P-384 付き証明書を持っていますか?心配ありません。証明書の更新時に、サポート対象の曲線ハッシュペアを使用して自動発行されます。

new

order_id を使用して、オーダーについて、現在の有効な証明書をダウンロードできる新しいエンドポイントを2つ追加しました。

これらのエンドポイントは、オーダーについて もっとも最近再発行の 証明書を取得するのみに使用できます。これらのエンドポイントは、複製証明書のダウンロードには使用できません。

複製証明書に関する注意事項

オーダーについて複製証明書をダウンロードするには、はじめに [オーダー複製を一覧表示する] エンドポイントを使用して、証明書の certificate_id – GET https://www.digicert.com/services/v2/order/certificate/{{order_id}}/duplicate を複製します。

次に、[証明書を取得する] エンドポイントを使用して、複製証明書をダウンロードします – GET https://www.digicert.com/services/v2/certificate/{{certificate_id}}/download/platform .

再発行証明書に関する注意事項

過去の再発行証明書 (現在の再発行ではないもの) をダウンロードするには、はじめに [オーダー再発行を一覧表示する] エンドポイントを使用して、再発行証明書の certificate_id -- GET https://www.digicert.com/services/v2/order/certificate/{{order_id}}/reissue を取得します。

次に、[証明書を取得する] エンドポイントを使用して、再発行証明書をダウンロードします – GET https://www.digicert.com/services/v2/certificate/{{certificate_id}}/download/platform .

API ドキュメントに関する注意事項

DigiCert Services API で利用できるこれらと他のエンドポイントについての詳細は、「CertCentral API」 を参照してください。

enhancement

DV 証明書サービスを強化。これで、DV 証明書オーダーを 更新 することができ、元のオーダー ID を保持できます。

以前は、 DV 証明書は、有効期限日に近づいたとき、有効期限が切れるオーダーのドメインについて新しい証明書をオーダーする必要がありました。

注意:DV 証明書は、ドメイン事前認証をサポートしていません。DV 証明書を更新する場合、更新オーダーでドメイン名の利用権を確認しなければなりません。

[DV 証明書登録] ガイドで、「DV 証明書の更新」 を参照してください。

new

当社では、新しい証明書プロフィールオプション、KDC/SmartCardLogon EKU を追加しました。こにより、,KDC と SmartCardLogon EKU (拡張キー使用法) を OV SSL/TLS 証明書に含めることが可能になりました。お使いのアカウントについて有効にした場合、[KDC/SmartCardLogon EKU (拡張キー使用法) フィールドを証明書に含める] オプションが、[追加証明書オプション] 下の SSL/TLS 証明書申請フォームに表示されます。

お使いのアカウントで証明書プロフィールを有効にするには、アカウント代理人に連絡するか、当社のサポートチームにお問い合わせください

注意:以前は、この機能は、DigiCert Services API (「CertCentral API」 を参照してください) のみで利用できました。

他の利用可能な証明書オプション

お使いのアカウントで有効になっている場合、これらのプロフィールオプションは、[追加証明書オプション]下の SSL/TLS 証明書申請フォームに表示されます。

  • Intel vPro EKU
    [Intel vPro EKU]フィールドを OV SSL/TLS 証明書に含めることができます。
  • HTTP Signed Exchange
    [CanSignHTTPExchanges]拡張子を OV と EV SSL/TLS 証明書に含めることができます(「Signed HTTP Exchange 付き AMP URL を改善する」 を参照してください)。
new

[中間]ページに代わる、新しい [認証局] ページを追加しました。この新しいページにアクセスするには、サイドバーメニューで、[証明書] > [認証局]の順でクリックします。

注意:このページでは、お使いのアカウントで利用可能な下記のすべての中間とルーツ証明書が一覧表示されます。パブリックとプライベート。

また、このページの一部改定も行っています。これで、証明書名リンクをクリックすると、証明書詳細パネル が開き、証明書をダウンロードでき、また証明書の署名ハッシュ、シリアル番号、およびサムプリントなど、詳細が表示できます。

enhancement

保留中の OV SSL と EV SSL 証明書オーダーんついて、[オーダー#] 詳細ページを強化しました。[組織詳細を確認する] 下の [DigiCert で必要な操作]セクションで、,ここでは、各ステップ-完了か保留中のステータスとあわせて、組織認証に完了にする必要があるステップを一覧表示します (例. ビジネス場所確認を完了する、など)。

以前は、組織認証プロセスの高レベル概要のみ – 組織詳細を確認する – を提供し、組織の完全認証前にどのステップの完了が必要かについて詳細を提示することはありませんでした。

fix

選択した国にその情報が必要ではないときに(例えば、新しい組織あるいはクレジットカードを追加する)州/都道府県/地域フィールドが必須として表示される CertCentral 中のフォームのバグを修正しました。

注意:このバグは、お客様のこれらの取引の完了を妨害することはありませんでした。例えば、州/都道府県/地域フィールドに記入しても、しなくても、組織あるいはクレジットカードを追加することはできました。

現在、フォームの 州/都道府県/地域 フィールドは、取引の一部としてこの情報が必要ではない国については、任意とラベル表記されています。

注意:州または都道府県/地域の追加が必要な国は、米国とカナダのみです。

new

新しい [連絡先を追加する] 機能を OV SSL/TLS 証明書申請フォームに追加したことで、申請プロセス中 に単一 技術連絡先 と単一 組織連絡先 の追加が可能になりました。

以前は、OV SSL/TLS 証明書 (セキュア サーバーID SSL や Multi-Domain SSL 証明書など) のオーダー時に連絡先を追加することはできませんでした。

注意:技術連絡先 は、オーダーの処理中に問題が発生した場合に、当社から連絡を取ることができる担当者です。組織連絡先 は、証明書の組織認証完了時に、当社から連絡を取ることができる担当者です。

enhancement

新しい [連絡先を追加する] 機能を EV SSL/TLS 証明書申請フォームに追加したことで、申請プロセス中 に単一 技術連絡先 と単一 組織連絡先 の追加が可能になりました。

以前は、EV SSL/TLS 証明書 (セキュア サーバーID EV や EV Multi-Domain SSL など) のオーダー時に確認済連絡先(EV 用)を追加することはできませんでした。

注意:技術連絡先 は、オーダーの処理中に問題が発生した場合に、当社から連絡を取ることができる担当者です。組織連絡先 は、証明書の組織認証完了時に、当社から連絡を取ることができる担当者です。

new

新しい[再発行をキャンセルする]機能を追加し、お客様が証明書の保留中の再発行をキャンセルできるようになりました。

[オーダー]ページ (サイドバーメニューで [証明書] > [オーダー]の順でクリック)で、[再発行保留中] 証明書申請を探し、そのオーダー番号リンクをクリックします。[証明書操作] ドロップダウンリストの[証明書詳細]セクション、[オーダー#]詳細ページで、[再発行をキャンセルする]を選択します。

注意:承認待ちの再発行済申請については、承認者は再発行申請を拒否することのみ可能です。発行済の証明書再発行については、管理者は証明書を失効にしなければなりません。

fix

標準ユーザーが SSL/TLS 証明書の [オーダー#] 詳細ページでドメイン名の利用権確認 (DCV) 機能にアクセスできないバグを修正しました。

注意:アカウント管理者とマネージャは、[オーダー#] 詳細ページで DCV 機能にアクセスでき、そのオーダーについて DCV を完了できます。

これで、標準ユーザーが新しいドメインに証明書をオーダーしたとき、[オーダー#] 詳細ページで DCV 機能にアクセスできます。

(サイドバーメニューで、 [証明書] > [オーダー]の順でクリックします。オーダーページで、保留中の証明書オーダーを探し、そのオーダー番号リンクをクリックします。[オーダー#] 詳細 ページで、ドメインリンクをクリックします。)

enhancement

CertCentral DV 証明書登録 ガイドを https://docs.digicert.com/certcentral/documentation/dv-certificate-enrollment/ に移動しました。

ガイドの PDF バージョンはそのまま利用できます ([はじめに] ページ下部のリンクを参照してください)。

また、CentCentral の DV 証明書向けのサポート対象 DCV 方法に対応する説明部分を更新および追加しました。

  • 新しいドメイン名の利用権確認 (DCV) 説明を追加
    • メール DCV 方法を使用する
    • DNS TXT DCV 方法を使用する
    • ファイル DCV 方法を使用する
    • ファイル DCV 方法の共通の間違い
  • オーダー DV 証明書の説明を更新
    • RapidSSL Standard DV 証明書をオーダーする
    • RapidSSL Wildcard DV 証明書をオーダーする
    • GeoTrust Standard DV 証明書をオーダーする
    • GeoTrust Wildcard DV 証明書をオーダーする
    • GeoTrust Cloud DV 証明書をオーダーする
  • 再発行 DV 証明書の説明を更新
    • RapidSSL Standard DV 証明書を再発行する
    • RapidSSL Wildcard DV 証明書を再発行する
    • GeoTrust Standard DV 証明書を再発行する
    • GeoTrust Wildcard DV 証明書を再発行する
    • GeoTrust Cloud DV 証明書を再発行する
new

DV 証明書 [オーダー][再発行] ページにもう2つのドメイン名の利用権確認(DCV) 方法を追加しました。DNS TXT とファイル

注意:以前 (DigiCert Services API を使用していないかぎり)、DV 証明書オーダーではドメイン名の利用権を確認するのに使用できたのは、メール DCV 方法のみでした。

現在、DV 証明書の再発行をオーダーするとき、ドメイン名の利用権を確認するのに DNS TXT、ファイル、またはメール DCV 方法から選択することができます。

new

当社では、新しい [ドメイン名の利用権確認] 機能を DV 証明書の [オーダー#] 詳細ページに追加。

以前は、DV 証明書の [オーダー#] 詳細ページのドメイン認証を完了するためにいずれの対応もすることはできませんでした。

現在は、オーダーのドメイン認証を完了するため複数の対応方法を利用できます。

  • DNS TXT、メールおよびファイル DCV 方法を使用する
  • DCV メール を再送/送信する、およびどのメールアドレスに送信するかを選択する
  • ドメインの DNS TXT レコードを確認する
  • ドメインの fileauth.txt ファイルを確認する
  • 証明書のオーダー時に選択したものとは別の DCV 方法を選択する

(サイドバーメニューで、[証明書 >オーダー]をクリックします。DV 証明書オーダーの [オーダー #] 行の [オーダー番号] ページで、[オーダー番号]リンクをクリックします。)

enhancement

DV 証明書の [オーダー#] 詳細ページの [証明書詳細] セクションを強化し、追加 DV 証明書情報を追加しました。シリアル番号サムプリント.

注意:この強化は過去に遡って適用されることはありません。この新しい情報が表示されるのは、2019年1月15日 17:00 (UTC 時間) 以降に行われたオーダーのみです。

(サイドバーメニューで、[証明書 >オーダー]をクリックします。DV 証明書オーダーの [オーダー #] 行の [オーダー番号] ページで、[オーダー番号]リンクをクリックします。)

enhancement

[オーダー詳細を取得する] エンドポイントを強化し、応答で DV 証明書のサムプリントとシリアル番号を返すことが可能になりました。

{
"id":"12345",
"証明書":{
"id":123456,
"サムプリント":"{{サムプリント}}",
"serial_number":"{{serial_number}}
...
}

注意:この強化は過去に遡って適用されることはありません。サムプリントとシリアル番号が返されるのは、2019年1月15日 17:00 (UTC 時間)以降に行われたオーダーのみです。

詳細は、DigiCert Services CertCentral API ドキュメント[オーダー詳細を取得する] エンドポイントを参照してください。

compliance

認証局 (CA) は、1日 (UTC 時間) の終わりまでに、30日以上の最大有効期間のある(コモンネームとサブジェクトの別名に)下線を含むすべてのパブリック SSL 証明書を失効にしました。

SSL 証明書が2019年1月14日以降有効期限切れとなる 31 日以上 (すべての1年、2年および3年証明書を含む) の合計有効期間を有する場合、その証明書を発行した CA は、失効にする必要があります。

詳細は、「ドメイン名の下線使用をやめる」を参照してください。

fix

SSL/TLS 証明書 [オーダー#] 詳細ページおよび [オーダー] 詳細パネルに証明書オーダーのドメイン認証終了後にドメイン名の利用権確認が完了済として表示されないバグを修正しました。

注意:このバグにより、ドメイン名の利用権確認の完了後に証明書オーダーが発行されるのが停止されませんでした。

現在、オーダーのドメイン名の利用権確認の完了時、そのオーダーの [オーダー# 詳細] ページと [オーダー詳細] パネルには、ドメイン認証が完了済として表示されます。

(サイドバーメニューで、[証明書 >オーダー]をクリックします。証明書オーダーの [オーダー#] 行の [オーダー] ページで、そのオーダー番号か、[クイックビュー] リンクをクリックします。)

1月 7, 2019

enhancement

当社では、DigiCert アカウントサインインページ (www.digicert.com/account/) の外観を改定し、当社の証明書管理プラットフォームのデザイン CertCentral により刷新しました。

「デザイン変更した DigiCert アカウントサインインページ」を参照してください。

fix

証明書のオーダー時に追加された [オーダー別更新メッセージ][オーダー#詳細] ページに転送されないバグを修正しました。

注意:オーダーの [クイックビュー] パネルで更新メッセージを確認できます。

証明書をオーダーしているときに、[オーダー別更新メッセージ] を追加すると、証明書の [オーダー#詳細] ページの [オーダー詳細] セクションに更新メッセージを表示することができます。

(サイドバーメニューで、[証明書 >オーダー]をクリックします。証明書オーダーの [オーダー#] 行の [オーダー] ページで、オーダー番号リンクをクリックします。)

enhancement

当社では、オーダー 注意事項 機能を強化し、前のオーダーからのオーダー注意事項の更新された証明書オーダーへの引継ぎが可能になりました。

以前は、注意事項を引き継ぐ場合、注意事項を更新されたオーダーに手動で追加する必要がありました。

現在、前のオーダーからの注意事項は更新オーダーに自動的に引き継がれます。これらの注意事項は、作者名とあわせてタイムスタップされます (例えば、2018年12月18日 午後8:22 ジョン・スミス)。

これらの注意事項は、更新された [オーダー#詳細] ページ (サイドバーメニューで、[証明書] > [オーダー] の順でクリックし、続いてそのオーダー番号リンクをクリック) にあります。同じ内容は [オーダー#詳細] パネル ([クイックビュー] リンクをクリック) にも表示されます。

enhancement

DV 証明書 [オーダー#詳細] ページを強化し、オーダーのどのドメインが認証保留中かの表示 (すなわち、まだ利用権確認が必要なドメイン名) が可能になりました。

以前は、認証保留中のドメインは [オーダー# 詳細] ページに表示されませんでした。

現在、DV 証明書の [オーダー#詳細] ページを閲覧すると、,認証保留中のドメインが表示されます。(サイドバーメニューで、[証明書] > [オーダー] の順でクリック、続いて [オーダー] ページをクリックし、オーダー#リンクをクリック)。

fix

[組織連絡先] 情報が [オーダー#詳細] パネルに未記載の [オーダー] ページ (サイドバーメニューで、[証明書] > [オーダー]の順でクリック) のバグを修正しました。

現在、[オーダー] ページ に移動し [クイックビュー] リンクを使用してオーダー詳細を表示すると、[オーダー#詳細] パネルに [組織連絡先] 情報が表示されます。([他の証明書情報を表示する] を拡張し、[オーダー詳細] セクションで、[組織連絡先を表示する]を拡張)。

compliance

DigiCert は、限定期間中、下線を含むパブリック SSL 証明書の発行を開始します。

  • ドメイン名に下線を含む、パブリック SSL 証明書向け最長30日の有効期間。
  • 下線は、ベースドメインに含まれては いけません ("example_domain.com" は使え ません)。
  • 下線は、もっとも左のドメインレベルに含まれてはいけません ("_example.domain.com" と "example_domain.example.com" は使え ません)。

詳細は、「ドメイン名の下線使用をやめる」を参照してください。

new

トップメニューに、2つの新しいサポート連絡オプション(電話とチャットアイコン)を追加し、CertCentral から (メール、チャットまたは電話で) サポートに連絡しやすくなりました。

電話アイコン にはメールと電話オプションが付いています。チャットアイコン には、チャットウインドウがあり、当社の専属サポートチーム担当者の1人とチャットを開始できます。

enhancement

サイドバーメニュー を強化し、,移動先のページのメニューオプションを確認しやすくなりました。CertCentral のページに移動したとき、そのページのメニューオプションの横に水平青色バーが表示されます。

fix

認証ステータス (EV と OV 認証済) が証明書オーダーの一部として追加および認証された新しい組織に含まれない、 SSL/TLS 証明書申請フォームの [組織を追加する] 機能にあるバグを修正しました。

これで、SSL 証明書をオーダー時に追加された新しい組織が 認証済 ステータスを示します。

注意:組織の認証ステータスは、当社が組織を完全認証するまで、表示されません。

enhancement

RapidSSL DV 証明書サービスを強化したため、お客様はこれらの単一ドメイン証明書に2つ目の個別ドメインを含めることができます。

  • RapidSSL Standard DV
    デフォルトでは、現在、RapidSSL Standard DV 証明書をオーダーすると、証明書に両方のバージョンのコモンネームを取得します – [your-domain].com と www.[your-domain].com.
    コモンネームの入力後、「www.[your-domain].com と[your-domain].com をの両方を証明書に含める」 ボックスにチェックが入っているかを確認します。
    以前は、[your-domain].com と www.[your-domain].com については、個別に証明書をオーダーする必要がありました。
  • RapidSSL Wildcard DV
    デフォルトでは、現在、RapidSSL Wildcard DV 証明書をオーダーすると、証明書にワイルドカードドメインとベースドメイン両方のバージョンを取得します –*。[your-domain].com と[your-domain].com.
    コモンネームの入力後、「*.[your-domain].com と[your-domain].com の両方を証明書に含める」 ボックスにチェックが入っているかを確認します。
    以前は、*.[your-domain].com と[your-domain].com については、個別に証明書をオーダーする必要がありました。

「CertCentral:DV 証明書®ガイド」を参照してください。

enhancement

RapidSSL 証明書エンドポイントを強化し dns_names パラメータを含めたため、お客様はこれらの単一ドメイン証明書に2つ目の個別ドメインを含めることができます。

  • RapidSSL Standard DV
    現在、RapidSSL Standard DV 証明書をオーダーすると、証明書に両方のバージョンのドメインを取得します —[your-domain].com と www.[your-domain].com。
    "common_name": "[your-domain].com",
    "dns_names":["www.[your-domain].com"],

    以前は、[your-domain].com と www.[your-domain].com については、個別に証明書をオーダーする必要がありました。
  • RapidSSL Wildcard DV
    現在、RapidSSL Wildcard DV 証明書をオーダーすると、証明書にベースドメインを含めることができます —*.[your-domain].com と[your-domain].com)
    "common_name": "*.your-domain.com",
    "dns_names":["[your-domain].com"],

    以前は、*.[your-domain].com と[your-domain].com については、個別に証明書をオーダーする必要がありました。

DigiCert Services API ドキュメントについては、「CertCentral API」 を参照してください。

new

個別のドキュメント署名証明書は CertCentral で利用できます。

  • ドキュメント署名 – 個別 (500)
  • ドキュメント署名 – 個別 (2000)

個別署名証明書を CertCentral アカウントについて有効にするには、販売代理店にお問い合わせください。

以前は、利用できたのは、組織ドキュメント署名証明書のみでした。

  • ドキュメント署名 – 組織 (2000)
  • ドキュメント署名 – 組織 (5000)

これらの証明書についての詳細は、「ドキュメント署名証明書」 を参照してください。

enhancement

[オーダー] ページ (サイドバーメニューで、[証明書] > [オーダー] の順でクリック) の [オーダーレポート] 機能を強化しました。これで、レポート ([オーダーレポート] をクリック) を実行するとき、DV SSL 証明書オーダーに含まれるようになります。

enhancement

[組織詳細]ページで [確認済連絡先を追加する] プロセスを強化したため、事前認証用に組織を提出した場合に既存の新しい確認済連絡先の追加がしやすくなりました (サイドバーメニューで、[証明書] > [組織]をクリック。続いて、[名前] 行で、組織名リンクをクリック)。

確認済連絡先の追加がしやすくなるように、それぞれ別ウインドウになる個別リンク ([新しい連絡先を追加する] および [既存の連絡先から追加する]) を削除しました。現在は、単一の [連絡先を追加する] リンクと単一の [連絡先を追加する] ウインドウがあり、新しい、または既存の連絡先をそこで追加することができます。

新しい連絡先を追加する注意事項

デフォルトでは、「CertCentral 以外のアカウントユーザーの確認済連絡機としての使用を許可する」 機能は、CertCentral アカウントについて無効になっています。

[管理グループ環境設定] ページ (サイドバーメニューで、[設定] > [環境設定]の順でクリック) でこの機能を有効にできます。[確認済連絡先]下の [詳細設定]セクションで、,CertCentral 以外のアカウントユーザーの確認済連絡先としての使用を許可できます ( 「DigiCert 以外のユーザーの確認済連絡先としての使用を許可する」にチェックを入れる)。

new

新しい検索フィルタ 証明書 ID を、証明書 ID を使用して証明書オーダーを検索できる [オーダー] ページに追加しました。

これで、証明書 ID を使用して、有効、有効期限切れ、失効済、拒否済、保留中の再発行、保留中、および複製証明書を探すことができます。

[オーダー] ページ (サイドバーメニューで、[証明書] > [オーダー]の順でクリック) で、[詳細検索を表示する]をクリックします。続いて、[証明書 ID] 検索ボックスで、証明書 ID を追加し、[進む] をクリックします。

new

RapidSSL と GeoTrust DV 証明書は CertCentral で利用できます。

  • RapidSSL Standard DV
  • RapidSSL Wildcard DV
  • GeoTrust Standard DV
  • GeoTrust Wildcard DV

ドキュメント

new

新しい機能 「ユーザーの TLS 証明書申請時の新しい連絡先追加を許可する」 を追加しました。これにより、EV TLS/SSL 証明書をそのアカウント内からオーダーするときに、またはゲスト URL の使用時に標準ユーザー、財務マネージャ、および制限付きユーザーが新しい CertCentral 以外のアカウントユーザーを 確認済連絡先 (EV 用) として追加できるかどうかを柔軟に選択できます。

以前は、オーダープロセス中にこれらのユーザーロールが新しい CertCentral 以外のアカウントユーザーを確認済連絡先として追加できないようにする唯一の方法は、申請を編集し、そのオーダーの既存の連絡先を選択するか、証明書申請を拒否することでした。

現在、ユーザー、財務マネージャ、および制限付きユーザーロールが新しい CentCentral アカウントユーザーを確認済連絡先として EV SSL/TLS 証明書申請ページから追加できるかどうかを管理できます。この機能により、管理者およびマネージャロール向けの EV SSL/TLS 証明書オーダーページからそのオプションが削除されることはありません。

[管理グループ環境設定] ページ ([設定] > [環境設定]) で、[新しい連絡先を追加する]下の[証明書申請] セクション ([詳細設定]を拡張) で、,「TLS 証明書の申請時にユーザーの新しい連絡先の追加を許可する」 のチェックを外し、続いて [設定を保存する] をクリックします。

注意:これはすべての EV SSL/TLS 証明書オーダーに必要なため、この変更を行っても、オーダーへの確認済連絡先としての既存の連絡先(CentCentral アカウントユーザーまたは CentCentral 以外のアカウントユーザー)の追加機能が削除されることはありません。

enhancement

「ユーザーの TLS 証明書申請時の新しい組織追加を許可する」 機能を強化しました。これにより、EV TLS 証明書(OV と EV) をそのアカウント内からオーダーするときに、またはゲスト URL の使用時に標準ユーザー、財務マネージャ、および制限付きユーザーが新しい組織を確認済連絡先を追加できるかどうかを柔軟に選択できます。

以前は、この機能から、以下のすべてのユーザーロールについて新しい組織を追加する機能を削除しました。管理者、マネージャ、標準ユーザー、財務マネージャ、および制限付きユーザー

現在、「ユーザーの TLS 証明書申請時の新しい組織追加を許可する」 機能が影響を及ぼすのは、ユーザー、財務マネージャ、および制限付きユーザーロールの[証明書申請]ぺーじからの新しい組織追加機能のみです。この機能を有効にしても、無効にしても、管理者およびマネージャロールによる新しい組織の追加機能は維持されます。

[管理グループ環境設定] ページ ([設定] > [環境設定]) で、[新しい組織を追加する]下の[証明書申請] セクション ([詳細設定]を拡張) で、,「TLS 証明書の申請時にユーザーの新しい組織の追加を許可する」 のチェックを外し、続いて [設定を保存する] をクリックします。

注意:すべての OV と EV TLS 証明書オーダーに必要なため、この変更を行っても、オーダーへの既存の、事前認証組織の追加機能が削除されることはありません。

enhancement

EV SSL/TLS 証明書オーダープロセスについて既存の組織追加機能を強化したため、証明書オーダーで組織に EV 確認済連絡先を含めやすくなりました。

以前は、誰が組織の EV 確認済連絡先かについての情報が[EV 証明書申請]ページに表示されることはありませんでした。

現在、EV 確認済連絡先がすでに割り当てられている既存の組織を追加すると、確認済連絡先 (EV 用) カードに、確認済連絡先情報が記入されます。

注意:CSR に現在使用する組織を含めると、[組織] カードに、お使いのアカウントに記載されている組織の情報が自動記入されます。この同じ組織がすでに確認済 EV 連絡先を割り当てている場合、確認済連絡先 (EV 向け) カードには、その情報 (名前、役職、メールおよび電話番号) が記載されています。

fix

[ユーザー招待] ページのバグを修正し、[招待される者] フィルタに、ユーザー招待申請を送信した管理者が表示されないようにしました。

現在、[ユーザー招待] ページ (サイドバーメニューで、[アカウント] > [ユーザー招待]の順でクリック) に移動したとき、[招待される者] フィルタには、ユーザー招待を送信した管理者が表示されます。

enhancement

SSL/TLS およびクライアント証明書製品サービスを強化したため、これらの証明書の1つをオーダーした場合、カスタム有効期間 (日数) を設定することが可能になります。以前は、カスタム有効期限日のみ選択できました。

カスタム有効期間は、証明書発行日が起算日です。証明書代金は、カスタム証明書長と一致するように日割計算されます。

注意:カスタム証明書長は、証明書の業界許容の最大使用期間を超過することはできません。例えば、SSL/TLS 証明書について、900日の有効期間を設定することはできません。

enhancement

証明書が有効な日数を設定できる新しい validity_days パラメータを含めるように、SSL/TLS およびクライアント証明書エンドポイントを強化しました。

パラメータ優先順位に関する注意事項:申請に1つ以上の証明書有効パラメータを含める場合、この順序で証明書有効パラメータを優先します。custom_expiration_date > validity_days > validity_years.

DigiCert Services API ドキュメントについては、「CertCentral API」 を参照してください。

new

証明書オーダーにすべての再発行証明書を表示できる、新しい [オーダー管理 - オーダー再発行を一覧表示する] API エンドポイントを追加しました。[オーダー再発行を一覧表示する] エンドポイントを参照してください。

fix

ドメイン名の利用権を確認する方法を提供する保留中のドメインのリンクが壊れている、保留中の SSL 証明書のオーダー詳細ページでバグを修正しました。

これで、保留中の証明書のオーダー詳細ページに移動し、保留中のドメインへのリンクをクリックすると、[ドメイン名のリ王権を確認する] ウインドウが開き、そこでドメイン名の利用権を確認する DCV 方法を選択できます。

enhancement

SSL/TLS 証明書オーダープロセスの既存の組織追加機能を強化したため、お客様は既存の組織リストをフィルタリングし、完全認証された組織のみ表示できるようになります。

注意:CSR に現在使用する組織を含まれている場合、[組織] カードに、お使いのアカウントに記載されている組織の情報が自動記入されます。

SSL/TLS 証明書のオーダー時に既存の組織を手動で追加するには、[組織を追加する]をクリックします。[組織を追加する] ウインドウで、「未認証組織を非表示にする」 にチェックを入れ、完全認証済のもののみが表示されるように、組織をフィルタリングします。

注意:お使いのアカウントに有効な組織が9個以上ある場合、フィルタは [組織] ドロップダウンリストにも有効になります。

enhancement

SSL/TLS 証明書オーダープロセスの [組織部門] 機能を強化したため、お客様は複数の組織部門の追加が可能になりました。以前は、追加できるのは1個の組織部門のみでした。

注意:申請フォームの [組織部門] フィールドには、 CSR の値が自動記入されます。

SSL/TLS 証明書のオーダー時に組織部門を手動で追加し、[組織部門] フィールドの [追加証明書オプション] を拡張することで、1個以上の組織部門を追加することができます。

注意:組織部門の追加は任意です。このフィールドは空白のままにすることができます。ただし、オーダーに組織部門を含めると、DigiCert は、当社による証明書発行が可能になる前に、その部門の認証が必要になります。

fix

当社では、フィールドを無効にする、有効にする、必須から任意に変更する、およびフィールドを任意から必須に変更する場合に、同機能の正常作動を妨害するカスタムオーダーフィールド*バグを修正しました。

*カスタムオーダーフィールド は、デフォルトでは無効になっています。CertCentral アカウントでこの機能を有効にするには、DigiCert アカウント代理人に連絡してください。「詳細 CertCentral 開始ガイド」「カスタムオーダーフォームフィールドの管理」 を参照してください。

enhancement

発行済証明書についてオーダー詳細を強化し、ページで証明書詳細を探しやすくしました。(サイドバーメニューで、 [証明書] > [オーダー] の順でクリックし、続いて [オーダー] ページで、オーダー番号をクリックします。)

証明書詳細を探しやすくするため、その情報を移動したため、[オーダー詳細]ページで最初に表示されます。また、[証明書を再発行する] および [証明書を失効にする] など、すべての証明書操作を,[証明書操作] ドロップダウンリストに移動しました。

fix

有効期限切れの認証があるドメインに、ドメイン認証の完了のための対応が不要な完了ステータスが表示される、オーダー詳細ページのドメイン認証表示バグを修正しました。

これで、 [オーダーの詳細] ページに移動したとき、ドメインの横に、ドメイン認証の完了のための対応方法とあわせて、保留中の認証ステータス記号が表示されます。(サイドバーメニューで、[証明書] > [オーダー] の順でクリックし、続いて [オーダー] ページで、オーダー番号をクリックします。)

enhancement

[ドメイン管理 – ドメイン管理メールを取得する] API エンドポイントの機能を強化しました。これで、ドメイン名を使用して、いずれかのドメインについて、ドメイン名の利用権確認 (DCV) のメールアドレスを取り込むことができます (WHOIS ベースおよび構築)。

以前は、DCV メールアドレスを取り込むには、ドメイン ID が必要でした。ただし、ドメインに ID を保有するには、それを事前認証用に提出する必要があります。

これで、 [ドメイン管理 – ドメイン管理メール] エンドポイントにより、ドメイン名または ID のいずれかを使用して、いずれかのドメインに、DCV メールアドレスを取り込むことができます (WHOIS ベースおよび構築)。[ドメインメールを取得する] エンドポイントを参照してください。

enhancement

CSR を追加すると、コモンネームフィールドのみ自動記入される TLS/SSL 証明書オーダーフォームのバグを修正しました。このバグの修正時、組織フィールドも自動記入するように CSR アップロード機能を強化しました。

これにより、CSR からの情報を使用して、これらのオーダーフォームフィールドに自動記入します。コモンネーム、他のホスト名 (SAN)、組織部門 (OU)、および組織。

また、必要に応じて、これらのフィールドの情報を変更することもできます (例えば、SAN を追加または削除できます)。

組織フィールドの注意事項

お使いのアカウントで現在使用する組織を含めると、[組織] カードに、お使いのアカウントに記載されている組織の情報が自動記入されます。

fix

保留中のクライアント証明書オーダーをキャンセルできないバグを修正しました (Premium、Authentication Plus、Grid Premium、Grid Robot Email、など)。

これで、[オーダー] ページ (サイドバーメニューで、[証明書] > [オーダー]の順でクリック) に移動し、キャンセルが必要なクライアント証明書オーダーを探します。次に、[証明書操作] ドロップダウンリストの証明書の [オーダー#] で、[オーダーをキャンセルする]を選択します。

fix

メール受取人に [サービスが見つかりません] ページへのリンクが送信され、再発行済証明書のダウンロードができなくなるバグを修正しました。

これで、他の人に再発行済証明書を ダウンロードするリンク を送信するときに、リンクが有効になります。受取人は、証明書をダウンロードすることができます。

fix

[複製] ページで[csv ファイルをダウンロード]バグを修正しました。以前は、csv ファイルをダウンロードした場合、.csv 拡張子がないファイルを取得しました。この修正のため、ファイルの末尾に .csv 拡張子を追加する必要がありました。

現在は、csv ファイルを [複製] ページからダウンロードすると、有効な csv ファイル:duplicates.csv が受け取れます。

new

ドキュメント署名証明書の再発行が可能な新しい機能を追加しました。 [ドキュメント署名 – 組織 (2000) とドキュメント署名 – 組織 (5000) です]。

注意:以前は、ドキュメント署名証明書の再発行はできませんでした。ドキュメント署名証明書を失効にして、入れ替えるのが唯一の対処方法でした。

現在は、[オーダー] ページ (サイドバーメニューで、[証明書] > [オーダー]の順でクリック) に移動し、ドキュメント署名証明書を探し、[オーダー#] 詳細ページで、必要に応じて、証明書を再発行します

enhancement

TLS/SSL 証明書オーダープロセスの [既存の組織を追加する] 機能を強化したため、お客様は組織の住所と電話番号を認証ステータスとあわせて確認できるようになります (EV 認証済、保留中、OV 認証済、など)。まだ認証用に提出されていない組織には、認証ステータスは表示されませんので、注意してください。

以前は、[証明書を申請する] ページから、組織についての情報の確認のみ可能でした。組織詳細および認証ステータスを表示するには、[組織] ページ (サイドバーメニューで、[証明書] > [組織]の順でクリック) を閲覧する必要がありました。

注意:お使いのアカウントに有効な組織が9個以上ある場合、[組織] ドロップダウンリストはまだ使用でき、また、組織についての詳細を表示するには、[組織] ページに移行する必要があります。しかし、現在は、もっとも使用頻度の高い組織2個が [最近使用]下のリスト上部に表示されます。

10月 17, 2018

new

オーダー ID を使用して単一オーダーと関連づけられたすべての証明書を失効にできる、新しい [オーダー管理 - 証明書を失効にする] API エンドポイントを追加したため、API を使用した発行済証明書の失効がしやすくなりました。これにより、オーダーと関連づけられたいずれかの複製または再発行はすべて一度に失効にできます。

注意:証明書失効申請の提出後、DigiCert による、オーダーに関連づけられた証明書の失効が可能になる前に、管理者は、申請を承認する必要があります。[更新申請ステータス] API エンドポイントを参照してください。

新しいエンドポイントおよび他の一般利用可能なエンドポイントについての詳細は、CentCentral API ドキュメントの [証明書を失効にする] エンドっポイントを参照してください。

enhancement

クライアント証明書を機能拡張。クライアント証明書 (Premium、Email Security Plus、Digital Plus、および Authentication Plus) をオーダーするとき、これで、お使いのクライアント証明書に カスタム有効期限日 を含めることができます。

以前は、クライアント証明書をオーダーするとき、証明書の有効期間について1、2または3年の選択のみ可能でした。

enhancement

EV TLS/SSL 証明書オーダープロセスの [連絡先を追加する] 機能を強化したため、一覧表示された既存の連絡先が CertCentral アカウントユーザーか、連絡先 (CertCentral 以外のアカウントユーザー) かを確認することが可能になります。

以前は、既存の連絡先を EV TLS 証明書オーダーの 確認済連絡先 として追加する場合、アカウントユーザー以外からアカウントユーザーを区別する方法がなく、選択元となる連絡先リストが提示されていました。

この改定により、一覧表示される連絡先は ユーザー (CentCentral アカウントユーザー)および 連絡先 (CertCentral 以外のアカウントユーザー) として 現在分類されています

注意:デフォルトでは、「CertCentral 以外のアカウントユーザーの確認済連絡機としての使用を許可する」 機能は、CertCentral アカウントについて無効になっています。

CertCentral 以外のアカウントユーザーの有効な確認済連絡先としての使用許可を可能にする方法

[確認済連絡先]下の [詳細設定] セクションにある [管理グループの環境設定] ページ ([設定] > [環境設定]) で、,CertCentral 以外のアカウントユーザーの確認済連絡先としての使用を許可できます (「DigiCert 以外のユーザーの確認済連絡先としての使用を許可する」にチェックを入れる)。

CertCentral 以外のユーザー機能を有効にした場合、確認済連絡先を EV 証明書申請プロセスの一部として追加すると、以下の2つのオプションが表示されます。既存の連絡先新しい連絡先既存のオプション では、CertCenrtal ユーザーを確認済 EV 連絡先として割り当てることができます。新しい連絡先 オプションでは、CertCentral 以外のアカウントユーザーについての情報を入力することができます。

enhancement

TLS/SSL 証明書オーダープロセスの[新しい組織を追加する]機能を強化したため、お客様が新しく追加した組織の詳細を編集することができます。

以前は、[証明書申請] ページに新しい組織を追加した後、組織の詳細に戻って編集することはできませんでした。組織の詳細を編集するには、組織を消去し、正しい情報で再追加する必要があります。

この改定により、現在は、新しく追加した組織の詳細を編集することができます。[編集アイコン] (鉛筆) をクリックすると、オーダーの提出前に、組織の詳細を修正することができます。

new

ユーザーが TLS 証明書 (OV と EV) を他のアカウント内からオーダーするとき、またはゲスト URL を使用するとき、新しい組織を追加できるかどうかを柔軟に選択できる新しい機能を追加しました。

注意:以前は、オーダープロセス中にユーザーが新しい組織を追加できないようにする唯一の方法は、申請を編集し、証明書申請を拒否することでした。

この新しい機能により、ユーザーが[証明書申請]ページから新しい組織を追加する機能を無効または有効にすることができます。

[管理グループ環境設定] ページ ([設定] > [環境設定]) で、[新しい組織を追加する]下の[証明書申請] セクション ([詳細設定]を拡張) で、,「TLS 証明書の申請時にユーザーの新しい組織の追加を許可する」 のチェックを外し、続いて [設定を保存する] をクリックします。

注意:すべての OV と EV TLS 証明書オーダーに必要なため、この変更を行っても、オーダーへの既存の、-組織の追加機能が削除されることはありません。

compliance

業界基準準拠の変更パブリックトラスト証明書については、サブドメインに下線 ( _ ) 含めることはできません。これで RFC 5280 は、サブドメインにも施行されます。

「パブリックトラスト証明書 – 業界基準に違反するデータエントリ」を参照してください。

new

セキュア サーバーID TLS/SSL 証明書は CertCentral で利用できます。

  • セキュア サーバーID SSL
  • セキュア サーバーID EV SSL
  • セキュア サーバーID Multi-Domain SSL
  • セキュア サーバーID EV Multi-Domain SSL
  • セキュア サーバーID Wildcard SSL

セキュア サーバーID 証明書を CertCentral アカウントについて有効にするには、販売代理店にお問い合わせください。

各セキュア サーバーID 証明書に付属の特典:

  • 優先認証
  • 優先サポート
  • 2つのプレミアムサイトシール
  • 業界最高の保障

セキュア サーバーID 証明書についての詳細は、「DigiCert セキュア サーバーID 概要」 を参照してください。
追加リソース:

fix

フル SHA256 EV 階層証明書プロフィールに更新

2018年9月27日、当社はフル SHA256 EV 階層から発行された EV TLS 証明書から Symantec ポリシー OID を EV TLS 証明書を削除しました。[DigiCert Global G2 ルート => DigiCert Global G2 中間 => EV TLS/SSL 証明書]。

問題:macOS 上の Chrome バグ

2018年7月、2つ以上のポリシー OID がある EV TLS 証明書用 EV 指標では確認されなかった macOS で Chrome にバグが発見されました – https://bugs.chromium.org/p/chromium/issues/detail?id=867944.

対処方法

フル SHA256 EV 階層証明書プロファイルから Symantec ポリシー OID を削除しましたこの変更により、macOS の Chrome には、フル SHA256 EV 階層から発行された EV TLS 証明書用 EV 指標が再び表示されるようになっています。

影響を受けた EV TLS 証明書

2018年1月31日および2018年9月27日以前発行の EV TLS 証明書 (フル SHA256 EV 階層による) には、証明書拡張 - 証明書ポリシー-に以下のポリシー OID が3つが含まれています。

  • 2.16.840.1.114412.2.1 (DigiCert OID)
  • 2.16.840.1.113733.1.7.23.6 (Symantec OID)
  • 2.23.140.1.1 (CAB/F OID)

どのような対処が必要ですか?

  • macOS の Crome で EV インジケータを示していない EV TLS 証明書がありますか?
    EV インジケータを macOS の Chrome を表示するには、EV TLS 証明書を入れ替えて(再発行して)ください。
    2018年9月27日現在発行済のフル SHA256 EV TLS 証明書 には、証明書拡張子 - 証明書ポリシー に2つのポリシーOIDのみが含まれています。
    • 2.16.840.1.114412.2.1 (DigiCert OID)
    • 2.23.140.1.1 (CAB/F OID)
  • 他のタイプの証明書についてはどうでしょうか?
    他のすべてのタイプの証明書について、特に対応は必要ありません。
new

IPv6 アドレス (省略とフル) へのサポートを追加しました。

これで、パブリックとプライベート OV TLS/SSL 証明書 (SSL, Multi-Domain SSL、および Wildcard SSL、プライベート SSL、など) をオーダーでき、また IPv6 アドレスをコモンネームまたは SAN として含めることができます。

注意:IPv6 アドレスは、EV TLS/SSL 証明書 (EV SSL および EV Multi-Domain SSL) についてはサポートされていません。

9月 17, 2018

fix

証明書オーダーに関連のない情報がページに表示される、[オーダー] 詳細ページバグを修正しました。

これで、TLS/SSL、コード署名、EV コード署名、クライアント、およびドキュメント署名証明書 [オーダー] 詳細ページを閲覧すると、そのオーダーに関連する情報が表示されるようになります。

enhancement

TLS/SSL 証明書オーダープロセスの [組織を追加する] ステップを強化しました。

以前は、証明書の申請前に新しい組織の追加が必要ですた ([証明書] > [組織])。また、新しい組織は、その組織認証を完了するまで、[証明書申請] ページで利用できませんでした。

今回の改定により、申請プロセスの一部として 新しい組織を追加する ことができます。組織は事前認証されていないため、DigiCert は、当社による証明書の発行が可能になる前に、新しい組織を認証する必要があることに注意してください。

注意:新しい組織を [証明書申請] ページから追加する場合、申請者(証明書のオーダーをする者)が、新しい組織の連絡先になります。

TLS/SSL 証明書をオーダーする場合、既存の事前認証済組織の使用を選択することもできます。

申請を編集する

TLS/SSL 証明書申請が承認される前に、申請を 編集 し、新しい組織を追加することができます。新しい組織を追加した者が、その新しい組織の連絡先になります。

new

申請プロセスの一部として、組織の確認済 EV 連絡先に 既存の CertCentral ユーザーを割り当てる (管理者、マネージャ、財務マネージャ、またはユーザー) ことができる、EV TLS/SSL 証明書申請プロセスに対して、新しい [連絡先を追加する] 機能を追加しました。

以前は、証明書を申請する前に、組織に対して確認済 EV 連絡先を割り当てる必要がありました ([証明書] > [組織])。

CertCentral 以外のアカウントユーザーの有効な確認済連絡先としての使用を許可する

[確認済連絡先]下の [詳細設定] セクションにある [管理グループの環境設定] ページ ([設定] > [環境設定]) で、,CertCentral 以外のアカウントユーザーを確認済連絡先として使用することを許可できます (「DigiCert 以外のユーザーの確認済連絡先としての使用を許可する」にチェックを入れる)。
CertCentral 以外のユーザー機能が有効になっテイル場合、確認済連絡先を EV 証明書申請プロセスの一部として追加すると、以下の2つのオプションが表示されます。既存の連絡先新しい連絡先既存のオプション では、CertCenrtal ユーザーを確認済 EV 連絡先として割り当てることができます。新しい連絡先 オプションでは、CertCentral 以外のアカウントユーザーについての情報を入力することができます。

9月 11, 2018

enhancement

SSL コード署名とドキュメント署名証明書オーダープロセスから承認ステップを削除できる [承認ステップをスキップする] 機能を追加しました。

注意:証明書失効、ゲスト URL 証明書申請、および財務マネージャ、標準ユーザー、ならびに制限付きユーザー証明書申請には、まだ管理者承認が必要です。

この機能は、[管理グループ環境設定] ページ ([設定] >[環境設定]) で有効にすることができます。[承認ステップ]下の [証明書申請] セクション ([詳細設定]を拡張) で、 ,「承認ステップをスキップする: 証明書オーダープロセスから承認ステップを削除する」 を選択し、続いて [設定を保存する] をクリックします。

注意:これらのオーダーには承認が必要ないため、[申請] ページ ([証明書] > [申請]) には表示されません。代わりに、これらのオーダーは、[オーダー] ページ ([証明書] >[オーダー]) に表示されるのみになります。

9月 6, 2018

new

DigiCert Services API の使用者が最長1週間の指定期間内にすべての証明書オーダーのステータスをチェックできる、新しい [オーダーステータス変更を行う] エンドポイントを追加しました。

この新しいエンドポイントについての詳細は、[DigiCert Services API のドキュメント[オーダー管理-オーダーステータスの変更を行う]を参照してください。

fix

プライベートまたは他の非パブリック SSL/TLS 証明書がログに入っていないのに CT ログにログ記録されたことを示す、CT ログメッセージングバグを修正しました。

注意:DigiCert はプライベート SSL/TLS および非 SSL/TLS 証明書を CT ログにログ記録することはありません。業界では、パブリック SSL/TLS 証明書にのみ、CT ログを使用しています。

これで、お使いのプライベート SSL/TLS または非 SSL/TLS 証明書 (例えば、クライアント証明書) の証明書詳細を審査するときに、CT ログ記録情報が表示されることはなくなります。

fix

コモンネームを使用してクライアント証明書を探すことができない [オーダー] ページ ([証明書] > [オーダー]) の検索機能バグを修正しました。

これで、コモンネームを使用して個別のクライアント証明書を 検索 するときに、一致するものが存在する場合に結果が返されます。

9月 5, 2018

fix

特定の文字や記号が不適切なエンコーディングで表示される証明書サービス契約 UI バグを修正しました。

これで、証明書サービス契約を読むとき、各文字や記号が適切にコーディングされるようになります。

8月 31, 2018

fix

制限付きユーザーロール バグを修正しました。管理者が 制限付きユーザー を証明書オーダーに割り当てた場合、その制限付きユーザーが、証明書の更新、再発行または失効にする必要な権限を受け取ることはありませんでした。

これで、制限付きユーザー が証明書オーダーに割り当てられた場合に、その証明書を更新、再発行または失効にすることができます。

fix

当社では、証明書オーダーに追加された追加メールが保存されなかった 追加メール バグを修正しました。

これで、証明書の [オーダー詳細]ページ に移動し、追加メールアドレスをオーダーに追加および保存すると、追加メールアドレスが保存され、そのページに戻ったときに表示されるようになります。

fix

CS 申請者が CS 確認済連絡先でもあるときに CS 承認メールを送信する場合のコード署名 (CS) 証明書承認メールバグを修正しました。

これで、コード署名証明書申請者が組織の 確認済 CS 連絡先 でもある場合に、当社が CS 承認者にメールを送信することはありません。

8月 29, 2018

fix

当社では [申請] ページ ([証明書] > [申請]) の [検索] 機能バグと [管理グループ] フィルタバグを修正しました。

これで、申請 ID、オーダー ID、コモンネームなどを使用して個別の申請を 検索 する場合、一致するものが存在する場合は、結果が返されます。また、[管理グループ] フィルタが、選択した管理グループの申請を返します。

fix

当社では、CertCentral ダッシュボード保留中の証明書申請 ウィジェットバグを修正しました。

これで、保留中の証明書申請ウィジェットの保留中のの証明書申請(新規と失効申請)の数は、[申請] ページ ([証明書] > [申請]) の保留中の証明書申請の数と一致します。

8月 28, 2018

new

新しい [CSR を変更する] 機能を追加。この機能により、保留中の 証明書オーダーの CSR を (承認後で発行前) 変更することができます。

[オーダー] ページ ([証明書] > [オーダー]) で、この保留中の証明書オーダーを探し、その [オーダー] 番号リンクをクリックします。[必要な操作]下にある[認証進捗中] セクションの[オーダー ] 詳細ページで、,[CSR を変更する] リンクをクリックして、CSR を変更します。

注意:承認待ちの証明書申請について、CSR を承認前に、変更することができます。[申請] ページ ([証明書] > [申請]) で、保留中の証明書申請を探し、その [オーダー] 番号リンクをクリックします。右側の [申請] 詳細ペインで、[編集] リンクをクリックして CSR を変更します。

CertCentral API:新しい[CSR を変更する]エンドポイント

DigiCert Services API の使用者が保留中の SSL/TLS 証明書の CSR を変更できる、[CSR を変更する]エンドポイントも追加しました。この新しいエンドポイントについての詳細は、[DigiCert Services APIのドキュメント[オーダー管理-CSR を追加する]を参照してください。

enhancement

ワイルカード証明書への機能拡張。単一のワイルドカード証明書で複数のワイルドカードドメインを安全保護できます。

ワイルドカード証明書を CertCentral にオーダーするとき、1つのワイルドカード証明書で複数のワイルドカードドメインを安全保護する (*.example.com、*.yourdomain.com、および *.mydomain.com) ことができます。また、単一のワイルドカードドメインをワイルドカード証明書で安全保護できます (*.example.com)。

注意事項:

  • 各ワイルドドメインについては、ベースドメインも無料で安全保護されます (例えば、*.yourdomain.com は yourdomain.com を安全保護)。
  • 他のホスト名 (SAN) はワイルドカードドメイン (例えば、*.yourdomain.com) か、表示されたワイルドカードドメインに基づいていなければなりません。例えば、お使いのワイルドカードドメインの1つが *.yourdomain.com の場合、SAN www.yourdomain.com または www.app.yourdomain.com を証明書オーダーに追加することができます。
  • ワイルドカード SAN を証明書オーダーに追加すると、追加コストが発生する場合があります。

8月 1, 2018

compliance

業界基準により、2つのドメイン名の利用権確認 (DCV) 方法がベースライン要件 (BR) から変更および削除されました。

2018年8月1日以降、認証局は以下のドメイン名の利用権確認 (DCV) 方法を使用することはできなくなります。

  • 3.2.2.4.1 申請者をドメイン連絡先として認証する
    この方法では、CA は、申請者がドメイン名レジストラで直接ドメイン連絡先となることを確認し、SSL/TLS 証明書オーダーについて、証明書申請者のドメイン名の利用権を確認することができます。
  • 3.2.2.4.5 ドメイン名認証ドキュメント
    この方法では、CA は、ドメイン認証ドキュメントに記載のとおり、当該ドメインについて申請者が証明書をオーダーする権限を確認することにより、SSL/TLS 証明書オーダーについて証明書申請者のドメイン名の利用権を確認することができます。
    「項目 218:確認方法 1 と 5 を削除する」を参照してください。

利用可能な DCV 方法のいくつかについて詳細を確認するには、「ドメイン名の利用権確認 (DCV) 方法」を参照してください。

new

CertCentral で言語サポートからベータロールアウト

言語サポートにより、CertCentral プラットフォーム言語環境設定を変更および保存することができます。

CertCentral プラットフォーム言語:

  • Deutsch
  • Español
  • Français
  • Italiano
  • 日本語
  • 한국어
  • Português
  • Русский
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • 英語

CertCentral にある言語サポートを試してみますか?

お使いのアカウントの右端上、 "your name" ドロップダウンリストで、[マイプロフィール]を選択します。[プロフィール設定] ページの [言語] ドロップダウンリストで、言語の1つを選択し、続いて [変更を保存する]をクリックします。

「CertCentral:言語環境設定を変更および保存する」を参照してください。

7月 23, 2018

new

新しい[オーダーをキャンセルする]機能を追加。この機能により、保留中の 証明書オーダーを (承認後で発行前) キャンセルすることができます。

[オーダー] ページ (サイドバーメニューで、[証明書] > [オーダー]の順でクリック) で、保留中の 証明書オーダーを探します。[証明書操作] セクションの [オーダー] 詳細ページで、キャンセルできます。

注意:承認待ちの証明書申請については、承認者が申請を拒否しなければなりません。発行済の証明書については、管理者が証明書を失効にしなければなりません。

7月 6, 2018

new

新しい高度検索フィルターを [オーダー] ページ (サイドバーメニューで、[証明書] > [オーダー] をクリック、続いて [オーダー] ページで、[行動検索を表示する] リンクをクリック) に追加。

この機能 により、受取人のメールアドレス別にクライアント証明書を検索することができます。

5月 25, 2018

compliance

DigiCert の GDPR への準拠

一般データ保護規則 (GDPR) は、欧州連合(EU) 圏内の個人すべてを対象としたデータ保護およびプライバシーに関する EU 法です。主な目的は、EU の市民と住民に個人データの管理権を付与し、EU での規制を統合することで国際ビジネス向けに規制環境を簡素化することです。GDPR は、2018年5月25日発効。もっと詳しく »

DigiCert 声明

DigiCert は、 GDPR を理解し準拠することに努めてきました。2018年5月25日の発効時に GDPR と連携しています。「一般データ保護規則 (GDPR)」を参照してください。

compliance

WHOIS ベースのメールドメイン名の利用権確認 (DCV) への GDPR の影響

EU の一般データ保護規則(GDPR) は2018年5月25日に発効。GDPR は、欧州連合 (EU) 圏内に在住の自然人(法人ではない)についてデータ保護を求めています。

DigiCert は ICANN と連携して、WHOIS 情報が常に利用できるように取り組んでいます。ICANN は、レジストリとレジストラに、GDPR への対応のため、少しの変更があった場合に、WHOIS に情報を提出するように求め続けることを発表しています。「WHOIS、GDPR およびドメイン名の利用権確認に関する注意」を参照してください。

WHOIS ベースのメールドメイン名の利用権確認に依拠していますか?

ドメインレジストラが GDPR 準拠の一部として、CA による WHOIS データアクセスの方法として匿名メールまたはウェブフォームを使用しているかを見つけるには、同ドメインレジストラに確認してください。

もっとも効率的な確認プロセスは、お客様がフルパブリッシュレコードの使用継続を希望するか、お使いのドメインに匿名メールアドレスの使用を希望するかをレジストラに知らせることです。これらのオプションを使用することで、認証プロセスへの影響を最小にすることができます。

レジストラは CA が WHOIS データにアクセスする方法として、匿名メールを使用していますか、またはウェブフォームを利用していますか?上記いずれかの場合、当社で DCV メールを WHOIS レコードに記載のアドレスに送信することができます。

レジストラはメールアドレスを隠していますか、または削除していますか?上記いずれかの場合、他の方法の1つを使用して、ドメイン名の利用権を確認する必要があります。

  • 構築メール
  • DNS TXT
  • DNS CNAME
  • HTTP 実際的証明

構築メールとアドレスおよびその他代替 DCV 方法についての詳細は、「ドメイン名の利用権確認 (DCV) 方法」を参照してください。

5月 16, 2018

fix

シングルサインオンバグを修正しました。SSO 専用ユーザーが CertCentral パスワードリセットを申請しても、パスワードリセットメールは届かなくなります。

これにより、SSO を使用してログインするように指示するメールが届き、別のタイプのアカウントアクセスが必要な場合は、CertCentral アカウントマネージャに連絡するよう求めてきます。

5月 10, 2018

compliance

業界基準により、認証局 (CA) は、"issue"/"issuewild" プロパティタグを含まない CAA レコードのみを有するドメインについて、SSL/TLS 証明書を発行することができます。

CA がドメインの CAA RR を照会し、"issue" または "issuewild" プロパティタグがそこに含まれないレコードを見つけた場合、CA は、これをそのドメインについて SSL/TLS 証明書を発行する権限と解釈する場合があります。「項目 219:"issue"/"issuewild" プロパティタグを含まない CAA レコードセットの取扱いを明確にする」を参照してください。

CAA RR チェックプロセスについての詳細は、「DNS CAA リソースレコードチェック」 ページを参照してください。

4月 16, 2018

new

保留中のオーダーの詳細ページ ([証明書] > [オーダー] の順でクリック、続いて保留中のオーダーリンクをクリック) に新しい機能を追加。この機能により、お客様は保留中のオーダーのドメインについて、ドメイン名の利用権確認 (DCV) を完了できます。

オーダーが、発行が可能になる前に、ドメイン名の利用権確認の完了を待っていることを確認する場合は、保留中のドメイン陸をクリックして、[ドメイン名の利用権を確認する] ポップアップウインドウを開きます。このウインドウで、DCV 方法を選択または変更し、そのドメイン名の利用権確認を完了できます (メールを送信または再送、DNS TXT レコードをチェック、など)。「ドメイン名の利用権確認 (保留中のオーダー):ドメイン名の利用権確認 (DCV) 方法」を参照してください。

4月 1, 2018

compliance

業界全体による TLS 1.0/1.1 からの移行の一部として、また PCI 準拠を維持するため、DigiCert は2018年4月1日をもって、TLS 1.0/1.1 を無効にしています。DigiCert は TLS 1.2 およびそれ以降のみをサポートします。「TLS 1.0 & 1.1 の廃止」を参照してください。

3月 15, 2018

enhancement

[オーダー#] ページ ([証明書] > [オーダー] の順にクリックし、続いて [オーダー#] リンクをクリック) および [オーダー#] 詳細ペイン ([証明書] > [オーダー] の順にクリック、続いて [クイックビュー] リンクをクリック) への機能拡張。

これで、オーダーの認証ステータスを表示する場合、オーダーの各 SAN ステータス-保留中または完了-を表示することができます。

enhancement

SSL 証明書申請 ([証明書を申請する] > [SSL 証明書]) および SSL 証明書更新ページへの機能拡張。申請と更新ページの外観を簡素化し、個別情報は拡張可能なセクションに入れました。これで、エンドユーザーは、オーダーと更新プロセスのもっとも重要な部分に集中することができます。

以下の証明書とオーダーオプションを下記のセクション見出しに集約しました。

  • 追加証明書オプション
    • 署名ハッシュ
    • サーバーソフトウェア
    • 自動更新
  • 追加オーダーオプション
    • 管理者への連絡事項
    • オーダー特定の更新メッセージ
    • メール送信先の追加
    • オーダーを管理できる追加ユーザー

3月 13, 2018

enhancement

[オーダー#] ページ ([証明書] > [オーダー] の順にクリックし、続いて [オーダー#] リンクをクリック) および [オーダー#] 詳細ペイン ([証明書] > [オーダー] の順にクリック、続いて [クイックビュー] リンクをクリック) への機能拡張。

これで、オーダーの認証ステータス-保留または完了-が表示できます。オーダーが、発行可能になる前に、ドメインまたは組織認証の完了待ちかどうかを確認することもできます。

3月 2, 2018

compliance

DigiCert は、修正済組織部門 (OU) 確認プロセスを実行します。

ベースライン要件について:

"CA は、CA がセクション 11.2 にしたがってこの情報を確認しないかぎり、OU 属性が名前、DBA, 商号、商標、住所、場所、あるいは個別の自然人または法人を示すその他のテキストを含めるのを防止するプロセスを実行します…"

注意:OU フィールドは任意フィールドです。証明書申請に組織部門を含める必要はありません。

compliance

2018年3月1日現在、825日は、再発行済(または複製発行済)の3年パブリック SSL/TLS 証明書の許容最大長です。

2017年3月1日以降発行の3年 OV 証明書については、3年証明書試用期間の初年度期間中、すべての再発行および複製証明書の使用期間は "元の" 証明書より短くなる可能性があり、これらの再発行済証明書が先に有効期限切れとなりますので、留意してください。
「これは3年証明書再発行と複製発行にどのような影響があるか?」を参照してください。

2月 21, 2018

compliance

2018年2月21日現在、DigiCert は、パブリック SSL 証明書の最大長を825日(約27ヵ月)に制限する業界基準の変更により、提供できるのは、1年および2年パブリック SSL/TLS 証明書のみです。「2018年2月28日、新しい3年証明書オーダーの最終日」を参照してください。

compliance

これは情報提供のみを目的としるため、特に対応は必要ありません。

2018年2月1日現在、DigiCert はすべての新規発行のパブリック SSL/TLS 証明書をパブリック CT ログ向けにパブリッシュしています。これは、2018年2月1日以より前に発行された OV 証明書には影響しません。2015年以降、EV 証明書には CT ログ記録が必要になっていますので、注意してください。「DigiCert 証明書は2月1日以降一般ログ記録予定」を参照してください。

enhancement

新しく "「証明書オーダー時に CT ログを除外する」" 機能を CertCentral に追加。この機能を有効にする ([設定] > [環境設定]) 場合、アカウントユーザーはパブリック SSL/TLS 証明書が証明書オーダーごとにパブリック CT ログにログ記録されるのを防止することがdけいます。

SSL he証明書のオーダー時、ユーザーには、SSL/TLS 証明書をパブリック CT ログにログ記録しないオプションがあります。この機能は、ユーザーが新しい証明書をオーダー、証明書を再発行および証明書を更新するときに利用できます。「CertCentral パブリック SSL/TLS 証明書 CT ログ記録ガイド」を参照してください。

enhancement

新しいオプションの CT ログ記録オプトアウトフィールド (disable_ct) を SSL 証明書申請 API エンドポイントに追加。また、新しい CT Log ログ発行済証明書オプトアウトエンドポイント (ct ステータス) を追加。「CertCentral API パブリック SSL /TLS Certificate Transparency オプトアウトガイド」を参照してください。

1月 12, 2018

new

DigiCert により別の CT ログ (Nessie) の一般利用が可能になります。Nessie は新しい、高拡張型、高性能の Certificate Transparency (CT) ログです。

この CT ログは、証明書の有効期限に基づき、1年漸増する個別かされた5つのログで構成されています。以下は、各証明書有効期限範囲がある CT ログエンドポイント URL です。

もっと詳しく »

12月 19, 2017

new

DigiCert により CT ログ Yeti の一般利用が可能になります。Yeti は新しい、高拡張型、高性能の Certificate Transparency (CT) ログです。

この CT ログは、証明書の有効期限に基づき、1年漸増する個別かされた5つのログで構成されています。以下は、各証明書有効期限範囲がある CT ログエンドポイント URL です。

もっと詳しく »

11月 3, 2017

enhancement

[概要] ページ ([ダッシュボード]をクリック) への機能拡張。[ダッシュボード] から証明書を申請できる機能を追加。ページ上部にある新しい [証明書を申請する]ボタンに注意してください。

enhancement

[オーダー] ページの [証明書を申請する] ドロップダウンリスト ([証明書] > [オーダー]の順でクリック) および [申請] ページ ([証明書] > [申請]の順でクリック) への機能拡張。証明書タイプヘッダ (例. [コード署名証明書]) をリストに追加し、タイプ別証明書の検索をしやすくします。

enhancement

[有効期限切れが近い証明書] ページ ([証明書] > [有効期限切れの地かい証明書]の順でクリック) への機能拡張。[クリックビュー] リンクを追加し、ページを離れることなく、各有効期限切れが近い証明書についての詳細を表示します。

10月 26, 2017

enhancement

[オーダー] ページ ([証明書] > [オーダー] の順でクリック) および [申請] ページ ([証明書] > [申請]の順でクリック) への機能拡張。これらのページから証明書を申請できる機能を追加。ページ上部にある新しい [証明書を申請する]ボタンに注意してください。

10月 24, 2017

compliance

CAA リソースレコードチェックについての業界基準の変更8個の CNAME レコードまたはそれ以下を含む CNAME チェーンをチェックするプロセスを修正しました。なお、検索には、CNAME レコードの対象の親は含まれません。「DNS CAA リソースレコードチェック」を参照してください。

10月 18, 2017

enhancement

[オーダー] ページ ([証明書] > [オーダー]の順でクリック) への機能拡張: ページパフォーマンスを改善

10月 16, 2017

enhancement

[オーダー] 詳細ページ ([証明書] > [オーダー] ページでオーダー#クリック時に表示) への機能拡張: ページパフォーマンスを改善

10月 10, 2017

enhancement

[申請] ページの[オーダー詳細]ペイン (オーダー#のクリック時に表示) への機能拡張: ページパフォーマンスを改善

10月 6, 2017

new

新しい[オーダー認証を取り込む]エンドポイントを追加: 個別オーダーについて、DCV と組織認証を表示できます。

/services/v2/order/certificate/{order_id}/validation

もっと詳しく »

10月 3, 2017

new

新しい即時証明書発行機能を証明書申請 API エンドポイントに追加「CertCentral 即時証明書発行機能」を参照してください。

10月 2, 2017

enhancement

ユーザーリストクエリへの機能拡張: ページパフォーマンスとともにユーザー検索を改善 (例. [オーダー] ページ)。

enhancement

[証明書を申請する] ページへの機能拡張: ページパフォーマンスとともに組織とドメイン検索を改善

new

"[ヘルプ]" (?) メニュードロップダウンに新機能搭載: 新しい [変更ログ] ページへのリンクを追加

fix

[オーダー詳細]エンドポイントの API バグを修正しました。これにより、応答本文が、クライアント証明書への2つの更新フィールドを返していきます。

"is_renewal": false
"renewed_order_id": 1234567

もっと詳しく »

9月 25, 2017

enhancement

クライアント証明書への機能拡張: 複数の組織部門 (OU) へのサポートを追加

enhancement

クライアント証明書への機能拡張: 複数の組織部門 (OU) へのサポートを追加

9月 21, 2017

fix

請求連絡先バグを修正しました。管理グループの請求連絡先を変更しても、別の管理グループの請求連絡先は変更されません (例. トップレベル管理グループ)。

9月 8, 2017

compliance

証明書発行についての業界基準の変更DNS CAA リソースレコードチェックのための証明書発行プロセスを修正「DNS CAA リソースレコードチェック」を参照してください。

9月 5, 2017

enhancement

アカウント残高と発注書プロセスの機能を拡張「CertCentral アカウント残高と PO プロセス変更」 を参照してください。

8月 4, 2017

new

"[ヘルプ]" (?) メニュードロップダウンに新機能搭載: 「DigiCert CertCentral 開始ガイド」へのリンクを追加

7月 28, 2017

compliance

業界基準準拠の変更: RFC 5280 違反チェックおよび執行を改善「パブリックトラスト証明書 – 業界標準に違反したデータエントリ」を参照してください。

7月 21, 2017

compliance

認証プロセスの業界基準の変更825日より以前の認証情報 (DCV または組織) は、証明書再発行、更新または発行の処理前に認証が必要です。もっと詳しく »

7月 10, 2017

compliance

業界基準準拠の変更: 追加のドメイン名の利用権確認 (DCV) 方法へのサポートを追加「ドメインの事前認証:ドメイン名の利用権確認 (DCV) 方法」を参照してください。