フィルタリング: CertCentral x 消去
new

Upcoming scheduled maintenance

On June 5, 2021, between 22:00 – 24:00 MDT (June 6, 2021, between 04:00 – 06:00 UTC), DigiCert will perform scheduled maintenance. Although we have redundancies to protect your service, some DigiCert services may be unavailable during this time.

What can I do?

Plan accordingly:

  • Schedule high-priority orders, renewals, and reissues before or after the maintenance window.
  • To get live maintenance updates, subscribe to the DigiCert Status page. This subscription includes email alerts for when maintenance starts and when maintenance ends.
  • For scheduled maintenance dates and times, see DigiCert 2021 scheduled maintenance.

Services will be restored as soon as we complete the maintenance.

new

Upcoming scheduled maintenance

On May 1, 2021, between 22:00 – 24:00 MDT (May 2, 2021, between 04:00 – 06:00 UTC), DigiCert will perform scheduled maintenance.

For up to 10 minutes total during the 2-hour window, we will be unable to issue certificates for the DigiCert platforms, their corresponding APIs, immediate certificate issuance, and those using the APIs for other automated tasks.

Affected services:

  • CertCentral / Service API
  • ACME
  • ACME agent automation / API
  • Direct Cert Portal / API
  • Certificate Issuing Service (CIS)
  • Simple Certificate Enrollment Protocol (SCEP)
  • QuoVadis TrustLink

Services not affected

  • PKI Platform 8
  • PKI Platform 7
  • DigiCert ONE managers

API note:

  • APIs will return "cannot connect" errors.
  • Certificate requests submitted during this window that receive a "cannot connect" error message will need to be placed again after services are restored.

What can I do?

Plan accordingly:

  • Schedule high-priority orders, renewals, and reissues before or after the maintenance window.
  • Expect interruptions if you use the APIs for immediate certificate issuance and automated tasks.
  • To get live maintenance updates, subscribe to the DigiCert Status page. This subscription includes email alerts for when maintenance starts and when maintenance ends.
  • For scheduled maintenance dates and times, see DigiCert 2021 scheduled maintenance.

Services will be restored as soon as we complete the maintenance.

new

CertCentral Services API: Site seal enhancements

To help you manage your site seals in your API integrations, we’ve made the following updates to the CertCentral Services API:

  • New endpoint: Upload site seal logo
    We added a new endpoint – Upload site seal logo – you can use to upload your company logo for use with a DigiCert Smart Seal. This logo appears in the site seal on your website. Note: Only Secure Site and Secure Site Pro SSL/TLS certificates support the option to display your company logo in the site seal.
  • New endpoint: Update site seal settings
    We added a new endpoint – Update site seal settings – you can use to change the appearance of your site seal and the information that displays on the site seal information page.
  • Updated endpoint: Get site seal settings
    We updated the Site seal settings endpoint to return information about each property you can customize with the Update site seal settings endpoint.

Related topics:

new

Upcoming scheduled maintenance

On April 3, 2021, between 22:00 – 24:00 MDT (April 4, 2021, between 04:00 – 06:00 UTC), DigiCert will perform scheduled maintenance.

During maintenance, for up to 10 minutes, we will be unable to issue certificates for the DigiCert platforms, their corresponding APIs, immediate certificate issuance, and those using the APIs for other automated tasks.

Affected services

For approximately 10 minutes, DigiCert will be unable to issue certificates for these services and APIs:

  • CertCentral / Service API
  • ACME
  • ACME agent automation / API
  • Direct Cert Portal / API
  • Certificate Issuing Service (CIS)
  • Simple Certificate Enrollment Protocol (SCEP)
  • QuoVadis TrustLink

Services not affected

These services are not affected by the maintenance activities:

  • PKI Platform 8 / API
  • PKI Platform 8 SCEP
  • PKI Platform 7 / API
  • PKI Platform 7 SCEP
  • DigiCert ONE managers

API note:

  • APIs will return "cannot connect" errors.
  • Certificate requests submitted during this window that receive a "cannot connect" error message will need to be placed again after services are restored.

What can I do?

Plan accordingly:

  • Schedule high-priority orders, renewals, and reissues before or after the maintenance window.
  • Expect interruptions if you use the APIs for immediate certificate issuance and automated tasks.
  • To get live maintenance updates, subscribe to the DigiCert Status page. This subscription includes email alerts for when maintenance starts and when maintenance ends.
  • For scheduled maintenance dates and times, see DigiCert 2021 scheduled maintenance.

Services will be restored as soon as we complete the maintenance.

new

CertCentral: New purchase order and invoice system

We are happy to announce that we are using a new purchase order and invoice system in CertCentral. We've made several changes to make it easier for you to manage your purchase orders and invoices.

The next time you sign in to CertCentral, you will see two new menu options under Finances: Pay Invoice and Purchase Orders and Invoices. Additionally, we now send all invoice emails from our new invoice system.

Pay invoices page

When you open the Pay invoice page, all invoices are preselected by default. You can choose to pay them all or select those you want to pay.

Note: If you use divisions with separate funds, when you open the Pay invoice page, all invoices for the top-level division are selected by default. Use the For dropdown to view the unpaid invoices by division in your account.

Purchase orders and invoices page

On the new Purchase orders and invoices page, you can create a purchase order (PO). In the Purchaseorders table, you can view pending and rejected POs. After we approve a PO, it becomes an invoice and moves to the Invoices table.

Note: If you use divisions with separate funds, you see the Purchase order and invoice summary page. When you click a division name, it opens the Purchase order and invoices page, where you can view the POs and invoices for that division.

In the Invoices column of the Invoices table, you can see the invoice number and the PO from which we generated it. You can download a copy of the invoice or pay the invoice. When you click Pay invoice, we take you to the Pay invoice page to pay the invoice and make the funds available in your account.

Existing PO and Invoice migration

  • Autogenerated invoices
    When we migrated our billing system, we did not migrate your autogenerated invoices. At the end of March, we will autogenerate a new invoice for your total amount owed. However, you can make a payment on your account at any time on the Deposit Funds page (in the left main menu, go to Finances > Deposit Funds).
  • Invoices generated from approved purchase orders
    When we migrated your invoices to the new system, we gave them new invoice numbers. However, the associated purchase order number remains the same. If you have questions or trouble finding an invoice, please contact your account manager or DigiCert Accounts Receivable. Make sure to include your PO number and the original invoice number in the email.
enhancement

CertCentral Services API: View balance enhancements

To help you track financial data in your API integrations, we updated the View balance endpoint to return the following data:

  • unpaid_invoice_balance
    Unpaid invoice balance
  • negative_balance_limit
    Amount the balance can go into the negative
  • used_credit_from_other_containers
    Amount owed by other divisions in the account (for accounts with separate division funds enabled)
  • total_available_funds
    Total funds available for future purchases

Example response: 

Example response from the View balance endpoint

For more information, see the documentation for the View balance endpoint.

new

Upcoming scheduled maintenance

On March 6, 2021, between 22:00 – 24:00 MST (March 7, 2021, between 05:00 – 07:00 UTC), DigiCert will perform scheduled maintenance.

Although we have redundancies in place to protect your service, some DigiCert services may be unavailable during this time.

What can you do?

Please plan accordingly.

  • Schedule your high-priority orders, renewals, and reissues around the maintenance window.
  • To get live maintenance updates, subscribe to the DigiCert Status page. The subscription includes emails to let you know when maintenance starts and ends.
  • For scheduled maintenance dates and times, see DigiCert 2021 scheduled maintenance.

Services will be restored as soon as the maintenance is completed.

new

今後の予約済メンテナンス

2021年02月06日 午後 10:00 ~ 12:00 MST(2021年02月07日 午前 05:00 ~ 07:00 UTC)),デジサートは重大メンテナンスを実施します。

メンテナンス中、下記のサービスは約 60 分間ダウンします。ただし、メンテナンス実施の範囲によっては、2時間のメンテナンスウインドウ中さらにサービスが中断される場合があります。

次のプラットフォームにサインインおよび次のサービスと API にアクセスできなくなります。

  • CertCentral / Service API
  • Direct Cert Portal / Direct Cert Portal API
  • 証明書発行サービス (CIS)
  • Simple Certificate Enrollment Protocol (SCEP)
  • Discovery / API
  • ACME
  • ACME エージェント自動化 / API

デジサートは、以下のサービスおよび API について証明書を発行することができなくなります。

  • CertCentral / Services API
  • Direct Cert Portal / Direct Cert Portal API
  • 証明書発行サービス (CIS)
  • Simple Certificate Enrollment Protocol (SCEP)
  • Complete Website Security (CWS) / API
  • Managed PKI for SSL (MSSL) / API
  • QV トラストリンク

以下のサービスはメンテナンス作業の影響を受けません。

  • PKI Platform 8
  • PKI Platform 7
  • DigiCert ONE マネージャ

API メモ:

  • 証明書の要求、ドメインと認証要求の追加など、証明書関連のトランザクションを処理するサービスは利用できなくなります。
  • API は、“「接続できません」” エラーを返してきます。
  • "「接続できません」" エラーメッセージが届くこのウインドウで行った証明書要求は、サービス復帰後でもう一度行うひつようがあります。

どのようにしたらよいですか?

必要に応じて計画:

  • メンテナンスウインドウについて、高優先度オーダー、更新、再発行の発行を予約します。
  • API を使用して、即時証明書発行およびその他の自動タスクを行う場合は、中断が発生する場合があります。
  • リアルタイム更新を行うには、 [デジサートステータス]  ページに利用登録してください。
  •  「デジサート 2021 予約済メンテナンス」 または予約済メンテナンス日付と時刻を参照してください。

サービスはメンテナンス完了次第、復帰されます。

enhancement

CertCentral:改善した組織ページ

 [組織]ページで組織を探しやすくするため、現在、各組織について新しい情報3つ表示します。この追加情報は、組織名が同様または同一のときに役立ちます。

  • ID
  • 仮名 (使用する場合)
  • 住所

[組織] ページでは、組織の ID がある  [組織 #]  列が表示されます。名前の下に組織住所も表示されます。また、組織の仮名がある場合は、それもあわせて組織名の横に括弧付きで表示されます。

注記:以前は、この情報を表示する唯一の方法は、組織名をクリックし組織の詳細ページを開くことでした。

CertCentral の組織についての詳細は、「組織を管理する」 を参照してください。

enhancement

CertCentral:OV/EV 証明書要求フォームに組織オプションを改善およち追加しました

お使いのアカウントで組織の TLS/SSL 証明書をオーダーしやすくするため、OV と EV 証明書要求フォームの  [組織を追加する]  オプションを更新しました。.

10 以上の組織に証明書を発行するアカウントの場合は、3つの新しい情報を表示します。この情報は、組織名が同様または同一のときに役立ちます。

  • 仮名 (使用する場合)
  • 組織 ID
  • 住所

検索している組織の名前を入力する機能も追加しました。

ご自身でご確認ください

お客様が次回 OV または EV TLS/SSL 証明書を要求するとき、[組織を 追加する] をクリックしてください。[組織] ドロップダウンに ,次の組織情報が表示されます-名前、仮名 (使用する場合)、ID、および住所。組織の名前を入力することもできます。

enhancement

[CertCentral オーダー]ページ:新しい検索オプション

[オーダー]ページで、次の2つの新しい検索オプションを追加しました。

  • 証明書シリアル番号
  • 追加メールアドレス*

お客様が次回オーダーを検索するとき、証明書のシリアル番号または追加メールアドレスを使用して、証明書オーダーを探します。

*注意:証明書の要求時または要求提出後、証明書オーダーにメールアドレスを追加することができます。これで、他者は証明書発行済メールなど、そのオーダーについて証明書通知メールを受け取ることができます。

新しい検索フィルターを使用するには

  1. 左メインメニューで、[証明書] > [オーダー] の順に進みます。
  2. [検索] ボックス の[オーダー]ページで、,証明書のシリアル番号または追加メールアドレスをオーダーに入力します。
  3. [進む]をクリックします。
new

CertCentral Services API:新しいユニットオーダー詳細と[ユニットオーダーをキャンセスする]エンドポイント

CertCentral Services API に新しいエンドポイントを追加しましたので、お知らせいたします。ユニットオーダー詳細ユニットオーダーをキャンセルする.

これらのエンドポイントで、ユニットオーダーについての情報を取得し、ユニットオーダーをキャンセルすることができます。

ユニットオーダーをキャンセルする:

  • ユニットオーダーをキャンセルできるのは、オーダー執行から30日以内のみです。
  • オーダーのサブアカウントがユニットの使用した場合は、ユニットオーダーをキャンセルすることはできません。

ユニットを支払方法として使用するサブアカウントを管理する場合、Services API を使用して、次のタスクを実行できます。

enhancement

CertCentral Services API:[製品リスト]、[製品制限]、および[製品情報]エンドポイントを改善

お使いのアカウント中の電子証明書製品について利用可能なオーダー有効期間を探しやすくするため、[製品リスト]、[製品制限]、および[製品情報]エンドポイントに応答パラメータを追加しました。

これらの新しい応答パラメータで、お使いのアカウントの各製品のデフォルトおよびカスタマイズオーダー有効期間を表示することができます。

[製品リスト]エンドポイント

allowed_order_validity_years パラメータは、お使いのアカウントの各製品についてサポート対象のオーダー有効期間のリストを返してきます。

[製品制限]エンドポイント

allowed_order_lifetimes パラメータは、お使いのアカウントの管理グループとユーザーロール割当が異なるユーザー向けに、カスタマイズしたオーダー有効期間制限のリストを返してきます。

[製品情報]エンドポイント

  • allowed_order_validity_years パラメータは、証明書製品を要求する場合に利用可能なオーダー有効期間のリストを返してきます。
  • custom_order_expiration_date_allowed パラメータは、証明書製品を要求した場合にカスタムオーダー有効期限日を設定できるかどうかを記載したブーリアン値を返してきます。
enhancement

CertCentral Services API:[サブアカウントオーダー情報]エンドポイントを改善

サブアカウントオーダーの有効期間についての情報を探しやすくするため、[サブアカウントオーダー情報] エンドポイントに新しい応答パラメータを追加しました。これらの新しい応答パラメータで、オーダー開始日、オーダー終了日、およびオーダーが複数年プランかどうかを確認できます。

  • is_multi_year_plan パラメータは、オーダーが複数年プランの場合に "1" を返します。
  • order_valid_from パラメータは、オーダー有効期間の開始日を返します。
  • order_valid_till パラメータは、オーダー有効期間の終了日を返します。

新しいパラメータがある応答の例

Subaccount order updates

new

CertCentral Services API:更新通知設定を更新する

CertCentral Services API 連絡先に新しいエンドポイントを追加しました。更新通知設定を更新する.このエンドポイントを使用して、証明書オーダーの更新通知を有効または無効にします。 

詳細は、Services API ドキュメントでこのレファレンストピックをご覧ください。