フィルタリング: DCV x 消去
new

Multi-year Plans now available

We are happy to announce that Multi-year Plans are now available in CertCentral and CertCentral Partners.

DigiCert® Multi-year Plans allow you to pay a single discounted price for up to six years of SSL/TLS certificate coverage. With Multi-year Plans, you pick the SSL/TLS certificate, the certificate validity (1 or 2 years), and the duration of coverage you want (up to six years). Until the plan expires, you reissue your certificate at no cost each time it reaches the end of its validity period.

Note: This product is not available for CertCentral Enterprise accounts.

The maximum validity of an SSL/TLS certificate is 825 days (397 days after September 1, 2020). When the active certificate for a Multi-year Plan is about to expire, you reissue the certificate to maintain your SSL/TLS coverage.

compliance

Browser support for TLS 1.0 and 1.1 has ended

The four major browsers no longer support Transport Layer Security (TLS) 1.0 and 1.1.

What you need to know

This change doesn't affect your DigiCert certificates. Your certificates continue to work as they always have.

This change affects browser-dependent services and applications relying on TLS 1.0 or 1.1. Now that browser support for TLS 1.0 and 1.1 has ended, any out-of-date systems will be unable to make HTTPS connections.

What you need to do

If you are affected by this change and your system supports more recent versions of the TLS protocol, upgrade your server configuration as soon as you can to TLS 1.2 or TLS 1.3.

If you do not upgrade to TLS 1.2 or 1.3, your webserver, system, or agent will not be able to use HTTPS to securely communicate with the certificate.

Browser TLS 1.0/1.1 deprecation information

Firefox 78, released June 30, 2020

Safari 13.1, released March 24, 2020

Chrome 84, released July 21, 2020

Edge v84, released 7/16/2020

Helpful resources

With so many unique systems relying on TLS, we can't cover all upgrade paths, but here are a few references that may help:

enhancement

CertCentral Services API: Updated error message documentation

In the Services API documentation, we've updated the Errors page to include descriptions for error messages related to:

  • Immediate DV certificate issuance
  • Domain control validation (DCV)
  • Certificate Authority Authorization (CAA) resource record checks

Earlier this year, we improved the APIs for DV certificate orders and DCV requests to provide more detailed error messages when DCV, file authorization, DNS lookups, or CAA resource record checks fail. Now, when you receive one of these error messages, check the Errors page for additional troubleshooting information.

For more information:

compliance

業界基準の変更

2019年7月31日 (19:30 UTC) 現在、証明書オーダーで IP アドレスの利用権を確認するには、HTTP 実際的証明 DCV 方法を使用する必要があります。

HTTP 実際的証明 DCV 方法についての詳細は、以下の説明を参照してください。

現在、IP アドレスの利用権を証明する他の DCV 方法の使用許可に使用する業界基準ただし、バロット SC7 のパスにより、IP アドレス認証の規則が変更になりました。

バロット SC7:IP アドレス認証方法を更新する

このバロットにより、証明書に記載の IP アドレスの顧客による利用権の認証の許可プロセスと手順が再定義されています。バロット SC7 への準拠変更は、2019年7月31日 (19:30 UTC) に発効となります。

2019年7月31日 (19:30 UTC) 現在で準拠を維持するため、DigiCert は顧客に HTTP 実際的証明 DCV 方法を使用した IP アドレスの認証にかぎり許可しています。

Ipv6 サポートの削除

2019年7月31日 (19:30 UTC) 現在、DigiCert は、IPv6 アドレスについての証明書のサポートを削除しました。サーバー上の制限により、DigiCert は IPv6 アドレスを利用して、 HTTP 実際的証明 DCV 方法向けに顧客のウェブサイトに配置されたファイルを確認することはできません。

fix

SSL/TLS 証明書 [オーダー#] 詳細ページおよび [オーダー] 詳細パネルに証明書オーダーのドメイン認証終了後にドメイン名の利用権確認が完了済として表示されないバグを修正しました。

注意:このバグにより、ドメイン名の利用権確認の完了後に証明書オーダーが発行されるのが停止されませんでした。

現在、オーダーのドメイン名の利用権確認の完了時、そのオーダーの [オーダー# 詳細] ページと [オーダー詳細] パネルには、ドメイン認証が完了済として表示されます。

(サイドバーメニューで、[証明書 >オーダー]をクリックします。証明書オーダーの [オーダー#] 行の [オーダー] ページで、そのオーダー番号か、[クイックビュー] リンクをクリックします。)