フィルタリング: Domains page x 消去
enhancement

Customize the lifetime of your DigiCert Multi-year Plan

We are happy to announce you can now configure a custom lifetime for your Multi-year Plan (MyP) when requesting a TLS certificate in CertCentral. On the TLS certificate request forms, use the new Custom order validity option to customize the length of your TLS certificate order.

Note: Maximum TLS certificate validity is 397 days per industry best practices. See End of 2-Year public SSL/TLS certificates.

Custom Multi-year Plan order lengths can be set in days or by expiration date. Maximum order length is 2190 days (6 years). Minimum order length is 7 days.

Note: Custom orders start on the day we issue the certificate for the order. Order pricing is prorated to match the certificate selected and your custom order length.

To customize your MyP coverage

  1. On the Request certificate form, click Select coverage length.
  2. In the How long do you need to protect your site pop-up window, select Custom order validity.
  3. Under Select your customer order length, configure the lifetime for your Multi-year Plan:
    1. Custom order length
      Specify the length of your plan in days.
    2. Custom order expiration date
      Select the day you want your plan to expire on.
  4. Click Save.
enhancement

Updated product settings for public TLS certificates

To provide more control over your certificate order process, we updated the product settings for public TLS certificates. Now, you can determine the allowed Multi-year Plan order lengths users can select from when ordering a public TLS certificate.

On the TLS certificate's product settings page, use the Allowed validity periods option to determine what MyP order lengths appear on a TLS certificate request form: 1 Year, 2 Years, 3 Years, 4 Years, 5 Years, and 6 Years. Note that changes made to product settings apply to requests placed through CertCentral and the Services API.

Note: Previously, the Allowed validity periods option was used to determine the maximum certificate lifetime a user could select when ordering a public TLS certificate. However, with the industry move to 1-year certificate this option is no longer needed for certificate lengths. See End of 2-Year public SSL/TLS certificates.

To configure the allowed MyP order lengths for a TLS certificate

  1. In the left main menu, go to Settings > Product Settings.
  2. On the Product Settings page, select a public TLS certificate. For example, select Secure Site OV.
  3. Under Secure Site OV, in the Allowed validity periods dropdown, select the validity periods.
  4. Click Save Settings.

The next time a user orders a Secure Site OV certificate, they will only see the validity period lengths you selected on the request form.

Note: Setting limits on Multi-year Plan order lengths removes the custom validity option from your TLS certificate request forms.

enhancement

CertCentral Domains page: Improved domains.csv report

On the Domains page, we improved the CSV report to make it easier to track OV and EV domain validation expiration dates and to view the previously used domain control validation (DCV) method.

The next time you download the CSV file, you will see we three new columns in the report:

  • OV Expiration
  • EV Expiration
  • DCV Method

To download the domains.csv report

  1. In the left main menu, go to Certificates > Domains.
  2. On the Domains page, in the Download CSV dropdown, select Download All Records.

When you open the domains.csv, you should see the new columns and information in your report.

enhancement

ドメイン改定ページ:DCV 有効期限日とその他

当社ではドメインページを改定し、お客様がお使いのドメイン- OV と EV 認証-のドメイン名の利用権確認 (DCV) がいつ有効期限となるかを確認することが可能になりました。

注意:以前は、ドメインの認証の有効期限がいつかを確認するには、そのドメインの詳細ページに移動する必要がありました。

現在は、[ドメイン]ページ] (左メインメニューで、[証明書] > [ドメイン]の順に移動) に移動したとき、これらの新しい追加事項が確認されます。

  • ソート可能な列が2つあります。OV 有効期限EV 有効期限
    お使いのドメインについて DCV を完了した後、これらの列には、そのドメイン認証の有効期限日が表示されます。ドメイン認証が更新されない場合、有効期限日は1年後に消去されます。
    これらの有効期限日は、ドメイン名の利用権確認 (DCV) が完了した時点から起算されます (OV:825日以上、13ヵ月以上)。
  • 認証ステータス]ドロップダウンに4つの新しいフィルター
    • OV 有効期限切れ
    • EV 有効期限切れ
    • OV 有効期限切れ間近*
    • EV 有効期限切れ間近*
  • 警告アイコン
    認証の有効期限が切れた場合、"有効期限" 日の横に警告アイコンが表示されます。

*注意:これらのフィルターには、その後 30 日で有効期限となるドメイン認証が表示されます。

enhancement

ドメイン詳細改定ページ:DCV 有効期限日とその他

当社ではドメイン詳細ページを改定し、お客様がお使いのドメイン- OV と EV 認証-のドメイン名の利用権確認 (DCV) がいつ有効期限となるかを確認することが可能になりました。

これで、[ドメイン認証]下のドメインの詳細ページに移動すると、,新しいサブセクション、認証ステータス が表示され、,そのドメインの OV と EV 証明書ドメイン認証の有効期限がいつ切れるかが表示されます*。また、当社では、認証がいつ有効期限切れとなったかが分かりやすくするため、警告アイコンを追加しました。

*注意:これら有効期限日は、ドメイン名の利用権確認 (DCV) 完了した時点から起算されます (OV:825日以上、13ヵ月以上)。

new

「新しい機能:再認証用に随時ドメインを提出する

ドメイン詳細ページでは、新しい機能を追加し、そのドメイン名の利用権確認 (DCV) の有効期限が切れる前に、再認証用にドメインを提出できるようになりました。これで、再認証用に随時、ドメインを提出でき、お客様はドメインの認証を早期に完了し、そのドメインについて継続的な証明書発行が可能になります。

これで、[ドメイン認証]下のドメインの詳細ページに移動すると、,新しいサブセクション、認証用に提出する が表示されます。ドメインの認証が有効期限切れになる前に、お客様は認証用に再提出し、ドメイン名の利用権を確認するための DCV 方法を選択することができます。「ドメインの事前認証:有効期限が切れる前に、お使いのドメインを再認証する」 を参照してください。

現在の認証のドメインについては、緑色のチェックマークが付き、そのドメインの認証がまだ有効であり、またその証明書をオーダーするときに使用できることが表示されます。ただし、メッセージが表示され、ドメインは再認証保留中であることを知らせるメッセージも表示されます。DCV を完了すると、有効期限日は変更され、保留中の再認証メッセージが消えます。

enhancement

[ドメインの詳細]ページを更新する

当社では、[ドメインの詳細]ページのドメイン認証セクションを、有効期限日を記載した2つの認証タイプのみを表示するように、簡素化しました。OV と EVまた、ドメイン名の利用権確認 (DCV) の完了時から起算したドメイン認証有効期限日を表示するように、ページを更新しました (OV:825日以上、13ヵ月以上)。

注意:以前は、他の認証タイプは最大で、以下の2つのみ表示可能でした。グリッドとプライベートグリッド証明書の有効期間は OV と同じ825日です。これらの証明書はパブリックトラストがないため、プライベート証明書にドメイン認証は不要です。

ドメインの認証の有効期限日を表示するには、左メインメニューで、[証明書] >[ドメイン]の順で移動します。[ユーザー]ページで、ドメインを探し、ドメイン名リンクをクリックします。[ドメインの詳細]ページの[ドメイン認証]下で、,ドメイン認証と有効期限はいつかを表示します。

enhancement

CertCentral Services API:[ドメインとドメイン情報を一覧表示する]エンドポイントを改定

DigiCert Services API で、[ドメインを一覧表示する]と[ドメイン情報]エンドポイントを更新し、お客様がドメインについてドメイン名の利用権確認 (DCV) がいつ有効期限切れとなるかを確認できるようになりました。OV と EV 認証この新しい情報は、URL クエリ文字列 include_validation=true を含める場合のみ、返されます。

これにより、特定ドメインについてすべてのドメインまたは情報のリストを取得し、URL クエリ文字列 include_validation=true を含めた場合、,そのドメインについて DCV がいつ有効期限切れになるかを確認することができます。

URL クエリ文字列付き申請の例:

応答例 – ドメイン名の利用権確認 (DCV) 有効期限日

Example response with DCV expiration dates

fix

[ドメイン]ページの削除済 "保留中" 列

当社では、[ドメイン]ページに、ドメインの保留中認証に関する当社よりの正確な情報提供を妨害するバグを確認しました。一時的措置として、当社は正式修正の実施が可能になるまで、同ページから 保留中 列を削除すことにしています。

ドメインの保留中認証の有無を表示するには、左メインメニューで、[証明書] >[ドメイン]の順に移動します。[ドメイン]ページで、当該のドメインを探し、[ドメイン名 ]リンクをクリックします。[ドメインの詳細]ページの[ドメイン認証]下で、,ドメインの保留んか認証の有無をチェックして確認します。OV と EV