フィルタリング: Domains page x 消去
enhancement

デジサート複数年プランの使用期間をカスタマイズする

CertCentral で TLS 証明書を要求するときに複数年プラン (MyP) のカスタム使用期間を構成できるようになりましたので、お知らせいたします。TLS 証明書要求フォームで、 [カスタムオーダー有効期間] オプションを使用して、TLS 証明書オーダーの長さをカスタマイズします。

注記:最長 TLS 証明書有効期間は、業界ベストプラクティスに倣い 397 日です。「2 年パブリック SSL/TLS 証明書の終了」 を参照してください。

カスタム複数年プランオーダーは、日数または有効期限日で設定できます。.最長オーダー期間は 2190 日 (6 年) です。最短オーダー期間は 7 日です。

注記:カスタムオーダーは、そのオーダーに証明書を発行する日から開始となります。オーダー価格は、選択した証明書と、カスタムオーダー期間にあわせて日割計算されます。

MyP カバレッジをカスタマイズするには

  1. 要求証明書フォームで、[カバレッジ長を選択する] をクリックします。
  2. [サイトをどのくらいの期間保護する必要がありますあか]ポップアップウインドウで、[カスタムオーダー期間] を選択します。
  3. [お客様オーダー期間を選択する]で、複数年プランの使用期間を構成します。
    1. カスタムオーダー期間
      プランの期間を日数で指定します。
    2. カスタムオーダー有効期限日
      プランが有効期限となる日を選択します。
  4. [保存]をクリックします。
enhancement

パブリック TLS 証明書の製品設定を更新

証明書オーダープロセスで管理を強化するため、パブリック TLS 証明書の製品設定を更新しました。これで、パブリック TLS 証明書のオーダー時からユーザーが選択できる許可された複数年プランオーダー期間を決定できます。

TLS 証明書の製品設定ページで、[許可有効期間] オプションを使用して、どの MyP オーダー期間が TLS 証明書要求フォームに表示されるかを決定します。1 年、2 年、3 年、4 年、5 年、および 6 年。製品設定に適用された変更は、CertCentral Services API から行った要求に適用されますので、注意してください。

注記:以前は、許可有効期間 オプションは、パブリック TLS 証明書のオーダー時にユーザーが選択できる最長証明書使用期間を決定するのに使用されました。しかし、業界が 1 年証明書に移行する中で、このオプションは証明書期間には必要なくなります。「2 年パブリック SSL/TLS 証明書の終了」 を参照してください。

TLS 証明書の許可 MyP オーダー期間を構成するには

  1. 左メインメニューで、[設定] >[製品設定] の順に進みます。
  2. [製品設定]ページで、パブリック TLS 証明書を選択します。例えば、[ セキュア・サーバ ID] を選択します。
  3. [許可有効期間] ドロップダウンのセキュア・サーバ ID で、有効期間を選択します。
  4. [設定を保存する]をクリックします。

ユーザーが次回セキュア・サーバ ID 証明書をオーダーする場合、要求フォームで選択した有効期間のみが表示されます。

注記:複数年プランオーダー期間で制限を設定することで、TLS 証明書要求フォームからカスタム有効期間オプションが削除されます。

enhancement

CertCentral ドメインメページ:改善した domains.csv レポート

[ドメイン]ページで、CSV rレポートを改善し、OV と EV ドメイン認証有効期限日をトラッキングし、以前使用したドメインの利用権確認 (DCV) 方法を表示しやすくしました。

次回 CSV ファイルをダウンロードする とき,レポートには次の3つの新しい列が表示されます。

  • OV の有効期限
  • EV の有効期限
  • DCV 方法

domains.csv レポートをダウンロードするには

  1. 左メインメニューで、[証明書] >[ドメイン]の順に進みます。
  2. [CSV をダウンロードする] ドロップダウンのレコードをダウンロード[ドメイン]ページで、[すべてのレポートをダウンロードする] を選択します。

domains.csv を開くと、レポートに新しい列と情報が表示されます。

enhancement

ドメイン改定ページ:DCV 有効期限日とその他

当社ではドメインページを改定し、お客様がお使いのドメイン- OV と EV 認証-のドメイン名の利用権確認 (DCV) がいつ有効期限となるかを確認することが可能になりました。

注記:以前は、ドメインの認証の有効期限がいつかを確認するには、そのドメインの詳細ページに移動する必要がありました。

現在は、[ドメイン]ページ] (左メインメニューで、[証明書] > [ドメイン]の順に移動) に移動したとき、これらの新しい追加事項が確認されます。

  • ソート可能な列が2つあります。OV 有効期限EV 有効期限
    お使いのドメインについて DCV を完了した後、これらの列には、そのドメイン認証の有効期限日が表示されます。ドメイン認証が更新されない場合、有効期限日は1年後に消去されます。
    これらの有効期限日は、ドメイン名の利用権確認 (DCV) が完了した時点から起算されます (OV:825日以上、13ヵ月以上)。
  • 認証ステータス]ドロップダウンに4つの新しいフィルター
    • 有効期限が切れた OV
    • 有効期限が切れた EV
    • OV 有効期限切れ間近*
    • EV 有効期限切れ間近*
  • 警告アイコン
    認証の有効期限が切れた場合、"有効期限" 日の横に警告アイコンが表示されます。

*注意:これらのフィルターには、その後 30 日で有効期限となるドメイン認証が表示されます。

enhancement

ドメイン詳細改定ページ:DCV 有効期限日とその他

当社ではドメイン詳細ページを改定し、お客様がお使いのドメイン- OV と EV 認証-のドメイン名の利用権確認 (DCV) がいつ有効期限となるかを確認することが可能になりました。

これで、[ドメイン認証]下のドメインの詳細ページに移動すると、,新しいサブセクション、認証ステータス が表示され、,そのドメインの OV と EV 証明書ドメイン認証の有効期限がいつ切れるかが表示されます*。また、当社では、認証がいつ有効期限切れとなったかが分かりやすくするため、警告アイコンを追加しました。

*注意:これら有効期限日は、ドメイン名の利用権確認 (DCV) 完了した時点から起算されます (OV:825日以上、13ヵ月以上)。

new

「新しい機能:再認証用に随時ドメインを提出する

ドメイン詳細ページでは、新しい機能を追加し、そのドメイン名の利用権確認 (DCV) の有効期限が切れる前に、再認証用にドメインを提出できるようになりました。これで、再認証用に随時、ドメインを提出でき、お客様はドメインの認証を早期に完了し、そのドメインについて継続的な証明書発行が可能になります。

これで、[ドメイン認証]下のドメインの詳細ページに移動すると、,新しいサブセクション、認証用に提出する が表示されます。ドメインの認証が有効期限切れになる前に、お客様は認証用に再提出し、ドメイン名の利用権を確認するための DCV 方法を選択することができます。「ドメインの事前認証:有効期限が切れる前に、お使いのドメインを再認証する」 を参照してください。

現在の認証のドメインについては、緑色のチェックマークが付き、そのドメインの認証がまだ有効であり、またその証明書をオーダーするときに使用できることが表示されます。ただし、メッセージが表示され、ドメインは再認証保留中であることを知らせるメッセージも表示されます。DCV を完了すると、有効期限日は変更され、保留中の再認証メッセージが消えます。

enhancement

[ドメインの詳細]ページを更新する

当社では、[ドメインの詳細]ページのドメイン認証セクションを、有効期限日を記載した2つの認証タイプのみを表示するように、簡素化しました。OV と EVまた、ドメイン名の利用権確認 (DCV) の完了時から起算したドメイン認証有効期限日を表示するように、ページを更新しました (OV:825日以上、13ヵ月以上)。

注記:以前は、他の認証タイプは最大で、以下の2つのみ表示可能でした。グリッドとプライベートグリッド証明書の有効期間は OV と同じ825日です。これらの証明書はパブリックトラストがないため、プライベート証明書にドメイン認証は不要です。

ドメインの認証の有効期限日を表示するには、左メインメニューで、[証明書] >[ドメイン]の順で移動します。[ドメイン]ページで、当該のドメインを探し、[ドメイン名] リンクをクリックします。[ドメインの詳細]ページの[ドメイン認証]下で、,ドメイン認証と有効期限はいつかを表示します。

enhancement

CertCentral Services API:[ドメインとドメイン情報を一覧表示する]エンドポイントを改定

DigiCert Services API で、[ドメインを一覧表示する]と[ドメイン情報]エンドポイントを更新し、お客様がドメインについてドメイン名の利用権確認 (DCV) がいつ有効期限切れとなるかを確認できるようになりました。OV と EV 認証この新しい情報は、URL クエリ文字列 include_validation=true を含める場合のみ、返されます。

これにより、特定ドメインについてすべてのドメインまたは情報のリストを取得し、URL クエリ文字列 include_validation=true を含めた場合、,そのドメインについて DCV がいつ有効期限切れになるかを確認することができます。

URL クエリ文字列付き要求の例:

応答例 – ドメイン名の利用権確認 (DCV) 有効期限日

Example response with DCV expiration dates

fix

[ドメイン]ページの削除済 "保留中" 列

当社では、[ドメイン]ページに、ドメインの保留中認証に関する当社よりの正確な情報提供を妨害するバグを確認しました。一時的措置として、当社は正式修正の実施が可能になるまで、同ページから 保留中 列を削除すことにしています。

ドメインの保留中認証の有無を表示するには、左メインメニューで、[証明書] >[ドメイン]の順に移動します。[ドメイン]ページで、当該のドメインを探し、[ドメイン名 ]リンクをクリックします。[ドメインの詳細]ページの[ドメイン認証]下で、,ドメインの保留んか認証の有無をチェックして確認します。OV と EV