フィルタリング: Emailed to Recipient x 消去
enhancement

クライアント証明書プロセスを改善

当社では、クライアント証明書プロセスを改定し、お客様が 受取人にメール済 状態 — メール受取人が サポート対象のブラウザ の1つでクライアント証明書の生成とインストールを待機中であるオーダーで、クライアント証明書オーダーをキャンセルすることができます。

注意:以前は、クライアント証明書が 受取人にメール済 状態にある場合、オーダーのキャンセルのため、サポートへの連絡が必要でした。

現在は、受取人にメール済 状態でクライアント証明書オーダーをキャンセルする必要がある場合、クライアント証明書のオーダー詳細ページに移動し、証明書操作 ドロップダウンリストで、[オーダーをキャンセルする]を選択します。「保留中のクライアント証明書オーダーをキャンセルする」を参照してください。

enhancement

CertCentral Services API:クライアント証明書プロセスの改善
DigiCert Services API で、オーダーステータスを更新する エンドポイントを更新し、お客様が waiting_pickup 状態のクライアント証明書オーダー — メール受取人が サポート対象のブラウザの1つでクライアント証明書を生成およびインストールするのを待機中のオーダー
をキャンセルすることができます。

注意:以前は、クライアント証明書が waiting_pickup 状態にある場合、「閲覧禁止」エラーが表示され、オーダーのキャンセルのため、サポートへの連絡が必要でした。

現在は、オーダーステータスを更新する エンドポイントを使用して、waiting_pickup 状態でクライアント証明書オーダーをキャンセルすることができます。

compliance

Firefox で Keygen サポートをを終了

Firefox 69 のリリースにともない、Firefox は最終的に Keygen のサポートを終了します。Firefox は Keygen を使用して、コード署名クライアントおよび SMIME 証明書をブラウザで生成するときに、公開鍵を提出するためのキー基盤の生成を促進します。

注意:Chrome はすでに、Keygen のサポートを終了しており、Edge と Opera はそのサポートをすることはありませんでした。

このお客様への影響は?

DigiCert がコード署名、クライアント、または SMIME 証明書を発行した後、お客様の証明書を作成およびインストールするリンクをメールにて送信します。

Firefox 69 のリリース後、お客様は以下の2つのブラウザで、これらの証明書を生成することができます。Internet Explorer と Safari会社の規定により Firefox の使用が義務付けられている場合、Firefox ESR または Firefox のポータブルコピーを使用することができます。

詳細は、「Firefox 69 で終了する Keygen サポート」 を参照してください。

ヒントと注意点

  • クライアント認証には Firefox 69 を使用することもできます。はじめに、SMIME 証明書を IE 11 または Safari で生成します。次に、SMIME 証明書を Firefox にインポートします。
  • 生成したコード署名、クライアント、または SMIME 証明書をお使いの部ある座に移行させるには、オーダーとあわせて CSR を生成して提出します。リンクの代わりに、DigiCert は、お客様の証明書を添付したメールを送信します。
new

当社では、新しいステータス 受取人にメール済 を,コード署名およびクライアント証明書オーダー用に オーダー および オーダー詳細 ページに追加し、これらのオーダーが発行プロセスにあることを確認しやすくしました。

この新しいステータスは、DigiCert がオーダーを認証し、証明書がユーザーのメール受取人が以下のサポート対象のブラウザの1つでその生成がされるのを待機中であることを表します。IE 11、Safari、Firefox 68、および ポータブル Firefox

(サイドバーメニューで、[証明書 >オーダー]をクリックします。次に、オーダーページで、コード署名またはクライアント証明書オーダーのオーダー番号をクリックします。)

enhancement

当社は、拡張認証 (EV) コード署名 (CS) および ドキュメント署名 (DS) 証明書再発行プロセスを改定し、お客様が、現在の証明書(元の、あるいは以前再発行した証明書)を自動失効することなく、再発行できるようになりました。

注意:現在の証明書(元の、あるいは以前再発行した証明書)が必要ない場合は、お客様に代わって当社で失効できるように、その旨当社に連絡する必要があります。

これで、次回お客様が EV CS または DS 証明書を再発行した場合、以前再発行した証明書を現在の有効期間(あるいは必要な期間)まで有効にできます。