フィルタリング: GeoTrust x 消去
fix

バグ修正:DV 証明書がメール通知に添付されていない

DV 証明書のコピーが 「お使いのドメインの証明書」 メール通知に添付されない、DV 証明書発行プロセスのバグを修正しました。この問題の一時修正として、当社では現在、DV 証明書メール通知に証明書ダウンロードリンクを含めています。

注意:DigiCert が証明書を発行した後、お客様の CertCentral アカウントですぐに利用できます。

メールのダウンロードリンクを使用するには、 CertCentral アカウントにアクセスし、証明書オーダーにアクセスする権限が必要です。

メール受取人がそのアカウントまたは証明書オーダーにアクセスできない場合は、CertCentral アカウントから DV 証明書のコピーをメールすることができます。「CertCentral アカウントから DV 証明書へのメール方法」 の対応方法を参照してください。

enhancement

レガシーパートナーアカウントの CertCentral へのアップグレード

DigiCert Service API では、DigiCert オーダー ID を更新し、移行したレガシー GeoTrust TLS/SSL 証明書オーダーの対応する DigiCert オーダー ID が探しやすくなりました。

これで、GeoTrust オーダー ID* を使用して、お使いの GeoTrust 証明書オーダーの DigiCert オーダー ID を使用することができます。また、GeoTrust オーダー ID の使用時、当社ではもっとも最近の DigiCert 証明書オーダー ID を返します。

*注意:レガシーパートナーアカウントでは、GeoTrust TLS/SSL 証明書オーダーの GeoTrust オーダー ID にアクセスするのみです。

背景

有効作動している、パブリック SSL/TLS 証明書オーダーを新しいアカウントに移行した後、当社では各移行済レガシー SSL/TLS 証明書オーダーに一意の DigiCert オーダー ID を割り当てます。

詳細は以下のとおりです。

new

予約メンテナンス

2020年4月5日7:00 ~ 9:00(UTC),DigiCert は予約されたメンテナンスを実施します。

お客様のサービスを保護するため、冗長的な部分がありますが、この期間中、DigiCert サービスが一部利用できないものがあります。

DigiCert サービスは、メンテナンスが完了次第、再開されます。

お客様側での対応は?

状況にあわせたプランを立ててください。高優先度オーダー、更新、再発行および複製発行をメンテナンスウインドウ以外で予約します。

new

高優先度サービスプロバイダー メンテナンス: 4月5日午前 6:00 ~ 8:00 UTC

4月3日(金)、DigiCert はデータセンタープロバイダーより、4月5日(日) 午前6:00 ~ 8:00 UTC に高優先度のメンテナンスをいくつか実施する旨通知を受けています。

このお客様への影響は?

このメンテナンスウインドウにより影響を受けるのは、レガシー Symantec Website Security、Thawte、GeoTrust, および RapidSSL の顧客のみです。

この時間帯は、Symantec、GeoTrust、Thawte および RapidSSL コンソール、関連 API、および証明書発行が影響を受ける場合があります。

サービスは、メンテナンスが完了次第、再開されます。

お客様側での対応は?

状況にあわせたプランを立ててください。高優先度オーダー、更新、再発行および複製発行をメンテナンスウインドウ以外で予約します。

  • DigiCert 2020 予約メンテナンス
    このページは、すべてのメンテナンススケジュール情報が記載され、常に最新に更新されています。
  • DigiCert ステータス
    リアルタイムで更新するには、DigiCert ステータスページを購読設定してください。
new

RapidSSL と GeoTrust DV 証明書は CertCentral で利用できます。

  • RapidSSL Standard DV
  • RapidSSL Wildcard DV
  • GeoTrust Standard DV
  • GeoTrust Wildcard DV

ドキュメント