フィルタリング: New x 消去
new

New location for API Keys and ACME Directory URLs

With more and more organizations working to automate SSL/TLS certificate deployment, we added a new left main menu optionAutomationand placed the two primary tools for automating certificate deployment under the new menu option: API Keys and ACME Directory URLs.

Previously, you accessed these features from the Account Access page. Now, we've conveniently added them to the left main menu (in the main menu, click Automation > API Keys and Automation > ACME Directory URLs).

Note: Only account administrators and managers can see the Automation menu options in their left main menu.

new

We added two new statuses to the Organizations and Organization details pages: validation expires soon, and validation expired. These new statuses make it easier to proactively track your organization validations and make sure they stay up to date.

Now, when you visit the Organizations page (in the sidebar menu click Certificates > Organizations), you can quickly identify organizations with validation that is expiring soon or has already expired. For more details about the expiring or expired organization validation, click the organization name.

fix

We fixed a bug where some accounts were unable to submit organizations for EV CS – Code Signing Organization Extended Validation. The affected accounts only contained EV Code Signing and Code Signing products.

As part of the fix, we split up the EV and EV CS verified contact options. Now, when submitting an organization for EV CS – Code Signing Organization Extended Validation, you can submit the organization's verified contact for EV CS order approvals only. Similarly, when submitting an organization for EV – Extended Organization Validation (EV), you can submit the organization's verified contact for EV SSL certificate order approvals only.

Note: For EV code signing certificate orders, organizations and the organization's verified contacts need to be pre-validated. For more information about organization pre-validation, see our Submit an organization for pre-validation instructions.

enhancement

In Discovery, we updated the Certificates page, adding a new action—Replace certificate—to the Actions dropdown. Now, from the Certificates page, you can replace any certificate with a DigiCert certificate regardless of issuing CA.

(In the sidebar menu, click Discovery > View Results. On the Certificates page, locate the Actions dropdown for the certificate you want to replace. Click Actions > Replace certificate.)

enhancement

In Discovery, we updated the Certificates by rating widget on the Discovery dashboard, making it easier to see the security ratings for your public SSL/TLS certificates (in the sidebar menu, click Discovery > Discovery Dashboard).

As part of the update, we renamed the widget: Certificates analyzed by security rating. Then, we split the chart on the widget into two charts: Public and Others. Now, you can use the Public | Others toggle switch on the widget to select the chart you want to see.

The Certificates analyzed by security rating - Public chart displays the ratings for your public SSL/TLS certificates only. The Certificates analyzed by security rating - Other chart displays the rating for all your other SSL/TLS certificates (e.g., private SSL certificates).

enhancement

In Discovery, we updated the Endpoints and Server details pages making it easier to see the correlation between the IP address and the hostname/FQDN scan it resulted from.

Now, when you configure a scan for a hostname/FQDN, and the scan's endpoint results return IP addresses, we include the hostname/FQDN from the scan with the IP address.

Update note: The hostname update is available in the latest sensor version – 3.7.10. After the sensors updates are completed, rerun scans to see the hostname/IP address correlation on your scan results.

new

In the DigiCert Services API, we added two new endpoints for ordering your Secure Site Pro certificates: Order Secure Site Pro SSL and Order Secure Site Pro EV SSL.

  • POST https://www.digicert.com/services/v2/order/certificate/ssl_securesite_pro
  • POST https://www.digicert.com/services/v2/order/certificate/ssl_ev_securesite_pro

Benefits included with each Secure Site Pro certificate

Each Secure Site Pro certificate includes – at no extra cost – first access to premium feature such as the Post Quantum Cryptographic (PQC) toolkit.

Other benefits include:

  • Priority validation
  • Priority support
  • Two premium site seals
  • Malware check
  • Industry-leading warranties – protection for you and your customer!

To learn more about our Secure Site Pro certificates, see DigiCert Secure Site Pro.

To activate Secure Site Pro certificates for your CertCentral account, contact your account manager or our support team.

new

SSL/TLS 証明書ランドスケープ全体のリアルタイム分析を実行する CertCentral ポートフォリオ—Discovery- に新しいツールを追加しました。

発行認証局(CA)には関係なく、すべての内部およびパブリックフェース SSL/TLS 証明書を速やかに探すことも目的に設計された Discovery は、証明書構成と実装の問題を証明書関連の脆弱性とあわせて識別、およびエンドポイント構成の問題を識別します。

注意:Discovery はセンサを利用して、ネットワークをスキャンします。センサは、戦略的な場所に取り付ける小さなソフトウェアアプリケーションです。それぞれのスキャンは、センサにリンクされています。

スキャンは、CertCentral アカウント内から中央構成および管理します。スキャン結果は、CertCentral 内の直感的な双方向ダッシュボードに表示されます。スキャンは、構成により、設定スケジュールにあわせて、1回または複数回実行します。

enhancement

当社では CertCentral SAML フェデレーション設定を更新し、[SAML シングルサインオン IdP 選択] および [SAML 証明書申請 IdP 選択] ページで、IdP のリストでのフェデレーション名の非表示が可能になります。

現在、[IDP のメタデータ]下の[フェデレーション設定]ページで、[フェデレーション名を含める] オプションが追加されています。IdP 選択ページ の IdP のリストでフェデレーション名を非表示にする場合は、,「IdP のリストにフェデレーション名を追加する」のチェックを外します。

new

グローバル サーバーID TLS/SSL 証明書は、CertCentral で利用できます。グローバル サーバーID により、ドメインごとの課金となり、証明書の基本コストはありません。1個のドメインを追加すると、1個ごとに課金されます。9個のドメインが必要な場合は、9個について課金されます。1つの証明書で最大250のドメインを安全保護します。

当社には2つのタイプのグローバル サーバーID 証明書があり、1つは OV 証明書用、もう1つは EV 証明書用です。

  • グローバル サーバーID SSL
    お客様のニースに適した OV 証明書を取得します。1個のドメイン、1個のワイルドカードドメインおよびすべてのサブドメインの暗号化と認証を行うか、あるいはサブジェクトの別名 (SAN) を使用して、複数のドメインとワイルドカードドメインを1個の証明書で安全保護します。
  • グローバル サーバーID EV SSL
    お客様のニーズに適した拡張認証証明書を取得します。暗号化と認証により1個のドメインを安全保護する、あるいはサブジェクトの別名 (SAN) を使用して複数のサイトを1個の証明書で安全保護します (完全適格ドメイン名)。

各グローバル サーバーID 証明書に付属の特典

各グローバル サーバーID 証明書には – 追加コスト不要で – CertCentral への将来のプレミアム機能追加への初回アクセス (例. CT ログ監視と認証管理) が含まれます。

その他のメリット:

  • 優先認証
  • 優先サポート
  • 2つのプレミアムサイトシール
  • マルウェアチェック
  • 業界最高の保障

グローバル サーバーID 証明書を CertCentral アカウントについて有効にするには、アカウントマネージャまたは当社の サポートチームにお問い合わせください。

グローバル サーバーID 証明書についての詳細は、「DigiCert グローバル サーバーID」を参照してください。

compliance

パブリック SSL 証明書は、下線付きドメイン名を安全保護することはできません ("_")。ドメイン名に下線が付いた、以前発行済の証明書はすべて、この日付前に有効期限切れとならなければなりません。

注意:下線を含み、証明書の代わる、下線の推奨解決方法 (FQDN)ただし、名前変更ができない状況では、プライベート証明書 を使用でき、また状況によっては、ドメイン全体を安全保護する ワイルドカード証明書 を使用することができます。

詳細は、「ドメイン名の下線使用をやめる」を参照してください。

enhancement

RapidSSL DV 証明書サービスを強化したため、お客様はこれらの単一ドメイン証明書に2つ目の個別ドメインを含めることができます。

  • RapidSSL Standard DV
    デフォルトでは、現在、RapidSSL Standard DV 証明書をオーダーすると、証明書に両方のバージョンのコモンネームを取得します – [your-domain].com と www.[your-domain].com.
    コモンネームの入力後、「www.[your-domain].com と[your-domain].com をの両方を証明書に含める」 ボックスにチェックが入っているかを確認します。
    以前は、[your-domain].com と www.[your-domain].com については、個別に証明書をオーダーする必要がありました。
  • RapidSSL Wildcard DV
    デフォルトでは、現在、RapidSSL Wildcard DV 証明書をオーダーすると、証明書にワイルドカードドメインとベースドメイン両方のバージョンを取得します –*。[your-domain].com と[your-domain].com.
    コモンネームの入力後、「*.[your-domain].com と[your-domain].com の両方を証明書に含める」 ボックスにチェックが入っているかを確認します。
    以前は、*.[your-domain].com と[your-domain].com については、個別に証明書をオーダーする必要がありました。

「CertCentral:DV 証明書®ガイド」を参照してください。

enhancement

RapidSSL 証明書エンドポイントを強化し dns_names パラメータを含めたため、お客様はこれらの単一ドメイン証明書に2つ目の個別ドメインを含めることができます。

  • RapidSSL Standard DV
    現在、RapidSSL Standard DV 証明書をオーダーすると、証明書に両方のバージョンのドメインを取得します —[your-domain].com と www.[your-domain].com。
    "common_name": "[your-domain].com",
    "dns_names":["www.[your-domain].com"],

    以前は、[your-domain].com と www.[your-domain].com については、個別に証明書をオーダーする必要がありました。
  • RapidSSL Wildcard DV
    現在、RapidSSL Wildcard DV 証明書をオーダーすると、証明書にベースドメインを含めることができます —*.[your-domain].com と[your-domain].com)
    "common_name": "*.your-domain.com",
    "dns_names":["[your-domain].com"],

    以前は、*.[your-domain].com と[your-domain].com については、個別に証明書をオーダーする必要がありました。

DigiCert Services API ドキュメントについては、「CertCentral API」 を参照してください。

new

個別のドキュメント署名証明書は CertCentral で利用できます。

  • ドキュメント署名 – 個別 (500)
  • ドキュメント署名 – 個別 (2000)

個別署名証明書を CertCentral アカウントについて有効にするには、販売代理店にお問い合わせください。

以前は、利用できたのは、組織ドキュメント署名証明書のみでした。

  • ドキュメント署名 – 組織 (2000)
  • ドキュメント署名 – 組織 (5000)

これらの証明書についての詳細は、「ドキュメント署名証明書」 を参照してください。

new

RapidSSL と GeoTrust DV 証明書は CertCentral で利用できます。

  • RapidSSL Standard DV
  • RapidSSL Wildcard DV
  • GeoTrust Standard DV
  • GeoTrust Wildcard DV

ドキュメント

1月 12, 2018

new

DigiCert により別の CT ログ (Nessie) の一般利用が可能になります。Nessie は新しい、高拡張型、高性能の Certificate Transparency (CT) ログです。

この CT ログは、証明書の有効期限に基づき、1年漸増する個別かされた5つのログで構成されています。以下は、各証明書有効期限範囲がある CT ログエンドポイント URL です。

もっと詳しく »