フィルタリング: OV SSL certificaates x 消去
enhancement

CertCentral:改善した組織ページ

 [組織]ページで組織を探しやすくするため、現在、各組織について新しい情報3つ表示します。この追加情報は、組織名が同様または同一のときに役立ちます。

  • ID
  • 仮名 (使用する場合)
  • 住所

[組織] ページでは、組織の ID がある  [組織 #]  列が表示されます。名前の下に組織住所も表示されます。また、組織の仮名がある場合は、それもあわせて組織名の横に括弧付きで表示されます。

注記:以前は、この情報を表示する唯一の方法は、組織名をクリックし組織の詳細ページを開くことでした。

CertCentral の組織についての詳細は、「組織を管理する」 を参照してください。

enhancement

CertCentral:OV/EV 証明書要求フォームに組織オプションを改善およち追加しました

お使いのアカウントで組織の TLS/SSL 証明書をオーダーしやすくするため、OV と EV 証明書要求フォームの  [組織を追加する]  オプションを更新しました。.

10 以上の組織に証明書を発行するアカウントの場合は、3つの新しい情報を表示します。この情報は、組織名が同様または同一のときに役立ちます。

  • 仮名 (使用する場合)
  • 組織 ID
  • 住所

検索している組織の名前を入力する機能も追加しました。

ご自身でご確認ください

お客様が次回 OV または EV TLS/SSL 証明書を要求するとき、[組織を 追加する] をクリックしてください。[組織] ドロップダウンに ,次の組織情報が表示されます-名前、仮名 (使用する場合)、ID、および住所。組織の名前を入力することもできます。

new

パブリック OV と EV フレックス証明書用 ICA 証明書チェーンの選択

フレックス証明書付きパブリック OV と EV 証明書は現在、中間 CA 証明書チェーンの選択をサポートしていることをお知らせいたします。

どの DigiCert ICA 証明書チェーンがパブリック OV および EV "フレックス" 証明書を発行するかを管理できるオプションを CertCentral アカウントに追加することができます。

このオプションでは次のことが可能です。

  • デフォルト ICA 証明書チェーンを各パブリック OV および EV フレックス製品向けに設定します。
  • 証明書要求者がどの ICA 証明書チェーンを使用してフレックス証明書を発行するか管理します。

ICA 証明書チェーンの選択を構成する

お使いのアカウントについて ICA 選択を有効にするには、アカウントマネージャまたは サポートチーム にお問い合わせください。次に、製品設定ページの CertCentral アカウント(左メインメニューで [設定] >[製品設定] の順に進む) で OV と EV フレックス証明書の各タイプについて、デフォルトおよび許可された中間証明書を構成します。

詳細およびステップ別の手順は、「パブリック OV と EV フレックス証明書の ICA 証明書チェーンオプション」 を参照してください。

new

DigiCert Services API は ICA 証明書チェーンの選択をサポート

DigiCert Services API では、お使いの API 統合で ICA 選択をサポートするため、次の更新を行いました。

  • 新規作成済 製品制限エンドポイント
    このエンドポイントを使用して、お使いのアカウントの各管理グループについて有効になった製品の制限と設定に関する情報を取得します。こには、各製品のデフォルトおよび許可された ICA 証明書チェーンの ID 値が含まれます。
  • パブリック TLS OV と EV フレックス証明書オーダー要求への ICA 選択のサポートを追加
    製品について許可された中間証明書を構成した後、API を使用してオーダー要求を提出するときに証明書を発行する ICA 証明書チェーンを選択することができます。
    発行 ICA 証明書の ID をオーダー要求本文の ca_cert_id パラメータ用の値にパスします。

フレックス証明書要求の例:

Example flex certificate request

API 統合の ICA 選択についての詳細は、「OV/EV 証明書の使用期間 – (オプション) ICA 選択」 を参照してください。

enhancement

CertCentral:自動 DCV チェック – DCV ポーリング

ドメインの利用権確認 (DCV) process and addedプロセスを改善し、DNS TXT、DNS CNAME、および HTTP 実際的実証 (FileAuth) DCV 方法の自動チェックを追加したことをお知らせいたします。

これは、お使いのドメインに fileauth.txt ファイルを入れ、ランダム値を DNS TXT または DNS CNAME レコードに追加したら、チェック実行のために CertCentral に自らサインインする煩わしさはなくなるということです。DCV チェックを自動的に実行します。ただし、必要な場合は、手動チェックをすることもできます。

DCV ポーリング ケイデンス

パブリック SSL/TLS 証明書オーダーを提出、事前認証用にドメインを提出、またはドメイン用に DCV 方法を変更した後、DCV ポーリングがすぐに開始され、1週間実行されます。

  • 間隔 1—最初 15 分間は毎分
  • 間隔 2—1時間は5分ごと
  • 間隔 3—4時間は4分ごと
  • 間隔 4—1日は1時間ごと
  • 間隔 5—1週間は4時間ごと*

*間隔 5 以降、チェックは停止します。最初の週の終わりまでに fileauth.txt ファイルをドメインに入れないか、ランダム値を DNS TXT または DNS CNAME レコードに追加しないと、自身でチェックが必要になります。

サポート対象の DCV 方法についての詳細: