フィルタリング: Order details page x 消去
fix

証明書オーダープロセスから承認ステップを削除すると、カスタムフォームフィールド値の証明書の [オーダー] 詳細ページに記録してもブロックされるバグを修正しました。

現在、証明書オーダーフォームにカスタムフィールドを作成し、お使いのアカウントについて 「承認ステップをスキップする」 を有効にすると、カスタムオーダー値が証明書の [オーダー] 詳細ページに記録されます。

カスタムオーダーフォームフィールド

サイドバーメニューで、[設定] >[カスタムオーダーフィールド] の順でクリックします。[カスタムオーダーフォームフィールド]ページで、[カスタムオーダーフォームフィールドを追加する] をクリックします。「カスタムオーダーフォームフィールドを管理する」 を参照してください。

承認ステップをスキップする

サイドバーメニューで、[設定 > 環境設定]をクリックします。[管理グループ環境設定]ページで、[詳細設定] を拡張します。[承認ステップ]下の[証明書申請]セクションで、「承認ステップをスキップする: 証明書オーダープロセスから承認ステップを削除する」 を選択します。「証明書オーダープロセスから承認ステップを削除する」 を参照してください。

fix

オーダーに追加された [追加メール] が証明書の [オーダー] 詳細ページに記録されていない、証明書オーダーフォームバグを修正しました。

これで、証明書通知メールの受取希望者にオーダーへの追加メールアドレスを追加する場合、メールアドレスが証明書の [オーダー] 詳細ページに記録されます。

fix

証明書更新をキャンセルすると、更新オプションがオーダーから削除される、キャンセルオーダーバグを修正しました。

注意:これらの証明書を更新するには、サポートチームへの連絡が必要でした。

現在は、証明書更新をキャンセルする場合、オーダーに更新オプションが残り、お客様は準備ができた段階で、後から証明書を更新できるようになりました。

enhancement

証明書の[オーダー#]詳細ページと[オーダー#]詳細パネルを改定し、オーダーが API、ACME ディレクトリ URL、あるいは CertCentral 内からのいずれで申請されたかを確認できる、新しい [申請済オーダー] エントリを追加しました。オーダーが API または ACME ディレクトリ URL から申請された場合、API キー名または ACME ディレクトリ URL 名も含めます。

注意:証明書の申請者も確認しやすくし、新しい [オーダー申請者] エントリを[オーダー詳細]セクションに追加しました。以前は、申請者情報を [申請日] 詳細に含めていました。

オーダー#詳細パネル

サイドバーメニューで、 [証明書 >オーダー]をクリックします。[オーダー]ページで、証明書オーダーの [クイックビュー] リンクをクリックします。[オーダー#]詳細パネルで、[他の証明書情報を表示する] を拡張します。[オーダー詳細]セクションで、新しい [オーダー申請済] エントリが表示されます。

オーダー#詳細ページ

サイドバーメニューで、 [証明書 >オーダー]をクリックします。[オーダー]ページで、証明書のオーダー番号リンクをクリックします。[オーダー詳細]セクションの[オーダー#]詳細ページで、新しい [オーダー申請済] エントリが表示されます。

enhancement

[オーダー#]詳細ページを改定し、お客様が、証明書に追加した証明書プロフィールオプションを確認できるようになりました。これで、証明書の [オーダー#詳細] ページに移動し、 [オーダー詳細] セクションで、その証明書オーダーに含まれる [プロフィールオプション] を確認することができます。

証明書プロフィールオプション

証明書プロフィールがお使いのアカウントで有効になっている場合、そのプロフィールオプションは、[追加証明書オプション]下の SSL/TLS 証明書申請フォームに表示されます。SSL/TLS 証明書のオーダー時、証明書にプロフィールを追加することができます。

サポート対象の証明書プロフィールオプションについての詳細は、「証明書プロフィールオプション」 を参照してください。お使いのアカウントで証明書プロフィールを有効にするには、アカウントマネージャに連絡するか、当社のサポートチームにお問い合わせください

fix

証明書の署名ハッシュが正しく表示されない、証明書再発行 [オーダー#] 詳細ページのバグを修正しました。このバグは署名ハッシュを変更したときに再発行でのみ発生しました (すなわち、元の証明書で、お役様が SHA256 を使用し、再発行では SHA384 を使用した場合です)。

注意:再発行済証明書は、正しい署名ハッシュで発行されています。

これで、別の署名ハッシュで証明書を再発行する場合、ハッシュは証明書の [オーダー#詳細] ページに正しく表示されます。

fix

お客様に証明書が発行されたことを通知するメールを送信していない、コード署名証明書再発行を修正しました。

注意:お使いのアカウントでオーダーをチェックしたとき、再発行済コード署名証明書は [オーダー#] 詳細ページからダウンロードできます。

現在、当社がコード署名証明書を発行する場合、お客様のコード署名証明書が発行されたことを通知するメールを送信しています。

enhancement

保留中の OV SSL と EV SSL 証明書オーダーんついて、[オーダー#] 詳細ページを強化しました。[組織詳細を確認する] 下の [DigiCert で必要な操作]セクションで、,ここでは、各ステップ-完了か保留中のステータスとあわせて、組織認証に完了にする必要があるステップを一覧表示します (例. ビジネス場所確認を完了する、など)。

以前は、組織認証プロセスの高レベル概要のみ – 組織詳細を確認する – を提供し、組織の完全認証前にどのステップの完了が必要かについて詳細を提示することはありませんでした。

fix

選択した国にその情報が必要ではないときに(例えば、新しい組織あるいはクレジットカードを追加する)州/都道府県/地域フィールドが必須として表示される CertCentral 中のフォームのバグを修正しました。

注意:このバグは、お客様のこれらの取引の完了を妨害することはありませんでした。例えば、州/都道府県/地域フィールドに記入しても、しなくても、組織あるいはクレジットカードを追加することはできました。

現在、フォームの 州/都道府県/地域 フィールドは、取引の一部としてこの情報が必要ではない国については、任意とラベル表記されています。

注意:州または都道府県/地域の追加が必要な国は、米国とカナダのみです。

fix

ドメイン名の利用権を確認する方法を提供する保留中のドメインのリンクが壊れている、保留中の SSL 証明書のオーダー詳細ページでバグを修正しました。

これで、保留中の証明書のオーダー詳細ページに移動し、保留中のドメインへのリンクをクリックすると、[ドメイン名のリ王権を確認する] ウインドウが開き、そこでドメイン名の利用権を確認する DCV 方法を選択できます。

enhancement

発行済証明書についてオーダー詳細を強化し、ページで証明書詳細を探しやすくしました。(サイドバーメニューで、 [証明書] > [オーダー] の順でクリックし、続いて [オーダー] ページで、オーダー番号をクリックします。)

証明書詳細を探しやすくするため、その情報を移動したため、[オーダー詳細]ページで最初に表示されます。また、[証明書を再発行する] および [証明書を失効にする] など、すべての証明書操作を,[証明書操作] ドロップダウンリストに移動しました。

fix

有効期限切れの認証があるドメインに、ドメイン認証の完了のための対応が不要な完了ステータスが表示される、オーダー詳細ページのドメイン認証表示バグを修正しました。

これで、 [オーダーの詳細] ページに移動したとき、ドメインの横に、ドメイン認証の完了のための対応方法とあわせて、保留中の認証ステータス記号が表示されます。(サイドバーメニューで、[証明書] > [オーダー] の順でクリックし、続いて [オーダー] ページで、オーダー番号をクリックします。)

fix

保留中のクライアント証明書オーダーをキャンセルできないバグを修正しました (Premium、Authentication Plus、Grid Premium、Grid Robot Email、など)。

これで、[オーダー] ページ (サイドバーメニューで、[証明書] > [オーダー]の順でクリック) に移動し、キャンセルが必要なクライアント証明書オーダーを探します。次に、[証明書操作] ドロップダウンリストの証明書の [オーダー#] で、[オーダーをキャンセルする]を選択します。

fix

メール受取人に [サービスが見つかりません] ページへのリンクが送信され、再発行済証明書のダウンロードができなくなるバグを修正しました。

これで、他の人に再発行済証明書を ダウンロードするリンク を送信するときに、リンクが有効になります。受取人は、証明書をダウンロードすることができます。