フィルタリング: SAML SSO x 消去
enhancement

We improved the SAML Single Sign-on and SAML Certificate Requests workflows, allowing you to turn off SAML Single Sign-on (SSO) and SAML Certificate Requests. Previously, after configuring SAML SSO or SAML Certificate Requests for your account, the only way to turn either of these off was to remove both SAML features from your account.

Now, on the Federation Settings pages, you can turn off SAML SSO and SAML Certificate Requests for your account by deleting the federation settings.

Note: The Turn off SSO and Turn off SAML Certificate Request buttons only appear after you've configured the federation settings (turned the feature on).

For more information about SAML Single Sign-on and SAML certificate request integration with CertCentral:

enhancement

SAML シングルサインオン (SSO) の CertCentral との統合のユーザー招待ワークフローを改定し、お客様が、お使いのアカウントユーアー招待を送信する前に、招待される者を SSO 専用ユーザーとして指定することができるようになります。これで、[新しいユーザーを招待する] ポップアップウインドウで、[SAML シングルサインオン (SSO) のみ] オプションを使用して、招待される者を SAML SSO のみに制限します。

注意:このオプションで、これらのユーザーについてすべての他の認証方法が無効になります。また、このオプションは、SAML をお使いの CertCentral アカウントで有効にしている場合のみ、表示されます。

サイドバーメニューで、[アカウント] >[ユーザー招待] の順でクリックします。[ユーザー招待]ページで、[新しいユーザーを招待する] をクリックします。「SAML SSO:ユーザーをアカウントに参加するように招待する」 を参照してください。)

簡易登録フォーム

当社では、SSO 専用ユーザー 登録フォームの簡素化も行い、,パスワードとセキュリティの質問要件を削除しました。これで、SSO 専用の招待される者に必要なのは、各自の個人情報のみとなります。

new

お使いのアカウントの Discovery 証明書スキャンの結果を CertCentral ダッシュボード から確認しやすくし、[確認された有効期限切れが近い証明書],[証明書発行者],および [評価により分析した証明書] ウィジェットを追加しました。

各ウィジェットには、ドリルダウンして有効期限切れが近い証明書についての詳細を探しやすくできる双方向チャート (例. どの証明書が8~15日で有効期限切れになるか)、発行 CA ごとの証明書 (例. DigiCert)、およびセキュリティ評価ごとの証明書 (例. 安全ではない) が含まれます。

Discovery についての詳細

Discovery はセンサを利用して、ネットワークをスキャンします。スキャンは、CertCentral アカウント内から中央構成および管理します。

new

DigiCert Services API で、[オーダー情報] エンドポイントを更新し、お客様が証明書の申請方法を確認できるようにしました。Services API または ACME ディレクトリ URL から申請した証明書については、新しい応答パラメータを返します。api_key. このパラメータには、以下のキータイプとあわせてキー名が含まれます。API または ACME

注意:別の方法から申請したオーダー (例. CertCentral アカウント、ゲスト申請 URL、など) について、api_key パラメータは応答から省かれます。

これで、オーダー詳細を表示するときに、API または ACME ディレクトリ URL から申請したオーダーへの応答に新しい api_key パラメータが標示されます。

取得 https://dev.digicert.com/services-api/order/certificate/{order_id}

応答:

Order info endpoint response parameter

new

新しい検索フィルタ – [申請済] – を[オーダー]ページに追加し、これにより、お客様は個別の API キーまたは ACME ディレクトリ URL から申請した証明書オーダーを検索することができます。

これで、[オーダー]ページで、[申請済] フィルタを使用して、個別の API キーまたは ACME ディレクトリ URL から有効、有効期限切れ、失効済、拒否済、保留中の再発行、保留中、および複製証明書を探すことができます。

(サイドバーメニューで、[証明書 >オーダー]をクリックします。[オーダー]ページで、[詳細検索を表示する] をクリックします。次に、[申請済] ドロップボックスで、API キーまたは ACME ディレクトリ URL 名を選択するか、その名前をボックスに入力します。)

fix

いくつかのシングルサインオン専用ユーザーが、有効期限が切れた CertCentral パスワードをリセットするようにプロンプトで求められていた、SAML シングルサインオン (SSO) バグを修正しました。

注意:このプロンプト要求は、各アカウントにサインインした後でのみ、表示されていてました。これらの SSO 専用ユーザーはまだ、すべてのアカウント機能にアクセスし、すべての関連タスクを実行することができます。

enhancement

当社では CertCentral SAML フェデレーション設定を更新し、[SAML シングルサインオン IdP 選択] および [SAML 証明書申請 IdP 選択] ページで、IdP のリストでのフェデレーション名の非表示が可能になります。

現在、[IDP のメタデータ]下の[フェデレーション設定]ページで、[フェデレーション名を含める] オプションが追加されています。IdP 選択ページ の IdP のリストでフェデレーション名を非表示にする場合は、,「IdP のリストにフェデレーション名を追加する」のチェックを外します。

new

グローバル サーバーID TLS/SSL 証明書は、CertCentral で利用できます。グローバル サーバーID により、ドメインごとの課金となり、証明書の基本コストはありません。1個のドメインを追加すると、1個ごとに課金されます。9個のドメインが必要な場合は、9個について課金されます。1つの証明書で最大250のドメインを安全保護します。

当社には2つのタイプのグローバル サーバーID 証明書があり、1つは OV 証明書用、もう1つは EV 証明書用です。

  • グローバル サーバーID SSL
    お客様のニースに適した OV 証明書を取得します。1個のドメイン、1個のワイルドカードドメインおよびすべてのサブドメインの暗号化と認証を行うか、あるいはサブジェクトの別名 (SAN) を使用して、複数のドメインとワイルドカードドメインを1個の証明書で安全保護します。
  • グローバル サーバーID EV SSL
    お客様のニーズに適した拡張認証証明書を取得します。暗号化と認証により1個のドメインを安全保護する、あるいはサブジェクトの別名 (SAN) を使用して複数のサイトを1個の証明書で安全保護します (完全適格ドメイン名)。

各グローバル サーバーID 証明書に付属の特典

各グローバル サーバーID 証明書には – 追加コスト不要で – CertCentral への将来のプレミアム機能追加への初回アクセス (例. CT ログ監視と認証管理) が含まれます。

その他のメリット:

  • 優先認証
  • 優先サポート
  • 2つのプレミアムサイトシール
  • マルウェアチェック
  • 業界最高の保障

グローバル サーバーID 証明書を CertCentral アカウントについて有効にするには、アカウントマネージャまたは当社の サポートチームにお問い合わせください。

グローバル サーバーID 証明書についての詳細は、「DigiCert グローバル サーバーID」を参照してください。

compliance

パブリック SSL 証明書は、下線付きドメイン名を安全保護することはできません ("_")。ドメイン名に下線が付いた、以前発行済の証明書はすべて、この日付前に有効期限切れとならなければなりません。

注意:下線を含み、証明書の代わる、下線の推奨解決方法 (FQDN)ただし、名前変更ができない状況では、プライベート証明書 を使用でき、また状況によっては、ドメイン全体を安全保護する ワイルドカード証明書 を使用することができます。

詳細は、「ドメイン名の下線使用をやめる」を参照してください。