フィルタリング: SAML Single Sign-on x 消去
enhancement

当社では SAML シングルサインオンと SAML 証明書申請ワークフローを改定し、お客様が SAML、シングサインオン (SSO) および SAML 証明書申請をオフにすることが可能になりました。以前は、お客様のアカウント用の SAML SSO または SAML 証明書申請の構成後、これらをオフにする唯一の方法は、SAML 機能を両方ともお使いのアカウントから削除することでした。

これで、フェデレーション設定 ページで、フェデレーション設定を消去することで、SAML SSO と SAML 証明書申請をオフにすることができます。

  • SAML SSO
    サイドバーメニューで、[設定] > [シングルサインオン]の順でクリックします。[シングルサインオン (SSO) ]ページで、[フェデレーション設定を編集する]をクリックします。「SAML シングルサインオンをオフにする」 を参照してください。
  • SAML 証明書申請
    サイドバーメニューで、[設定] >[SAML 証明書申請]の順でクリックします。[SAML 証明書申請]ページで、[フェデレーション設定を編集する]をクリックします。「SAML 証明書申請をオフにする」 を参照してください。

注意:[SSO をオフにする] および [SAML 証明書申請をオフにする] ボタンは、フェデレーション設定を構成して初めて表示されます(機能をオンにしたとき)。

SAML シングルサインオンと SAML 証明書申請の CertCentral との統合に関する詳細は、以下を参照してください。

enhancement

SAML SSO 専用ユーザーの CertCentral Services API との統合を改定し、お客様が SSO 専用ユーザー API アクセスを付与できるアカウント設定を追加しました。[ユーザー向けに SSO 設定を構成する]下の[SAML サインオン (SSO)]ページに、[SSO 専用ユーザーへの API アクセスを有効にする] チェックボックスが表示されます (サイドバーメニューで、[設定] > [シングルサインオン]の順でクリック)。「SAML シングルサインオンを構成する」 を参照してください。

注意:この設定で、API キー付きの SSO 専用ユーザーは、シングルサインオンを避けることができます。API アクセスを SSO 専用ユーザーについて無効にすると、既存の API キーが失効になります。新しい API キーの作成をブロックするだけです。