フィルタリング: Secure Site Pro x 消去
new

CT Log monitoring

We are happy to announce that Secure Site Pro certificates now come with access to a CT Log monitoring service. CT Log monitoring allows you to monitor the public CT logs for SSL/TLS certificates issued for the domains on your Secure Site Pro certificate order, in real time.

CT Log monitoring is a cloud service so there is nothing to install or manage. After we've issued your Secure Site Pro certificate and turned CT Log monitoring on for the order, you can start using the service immediately to monitor the domains on the certificate order.

The CT Log monitoring benefit for Secure Site Pro certificates is retroactive. To access your CT Log monitoring for your issued and active Secure Site Pro certificate order, contact your account manager or our support team.

CT Log monitoring helps you:

  • Gain visibility of the SSL/TLS certificates issued for your domains with global monitoring and tracking against the public CT logs.
  • Cut down on time and effort needed to monitor the logs by providing automated checks for DigiCert and non-DigiCert issued certificates.
  • Ensure every certificate issued for your domains is trusted while gaining full oversight of which certificate authority issued each certificate.

The service pulls the discovered SSL/TLS certificates into your CertCentral account, where you can view details about the certificates to quickly identify any misissued certificates for your domains. You can also download copies of the non-DigiCert certificates right from your CertCentral account.

Email notifications

After you've enabled CT Log monitoring for a Secure Site Pro certificate order, you'll receive two types of email notifications: Daily CT log digest and if needed, Urgent notifications. Email notifications are sent to account admins and allow them to check the CT logs for their domains without signing in to their CertCentral account every day.

  • Daily CT log digest
    Scheduled to occur once a day, this digest includes a daily rundown of new DigiCert issued SSL/TLS certificates found in public CT logs. The daily digest is only sent if new DigiCert issued certificates are discovered.
  • Urgent CT log notification
    This urgent notification is sent within minutes any time a non-DigiCert SSL/TLS certificate is issued for a domain on the Secure Site Pro certificate order.

To learn more about what's included with each Secure Site Pro certificate, see Pro TLS/SSL Certificates. To learn more about enabling CT log monitoring for a Secure Site Pro certificate order. see Enable CT log monitoring.

new

In the DigiCert Services API, we added two new Order info endpoints. Now, you can use the order ID, the certificate's serial number, or the certificate's thumbprint to view the details for a certificate order.

  • GET https://www.digicert.com/services/v2/order/certificate/{{thumbprint}}
  • GET https://www.digicert.com/services/v2/order/certificate/{{serial_number}}

Currently, these new endpoints only retrieve data for the primary certificate. For more information on the Services API, see our Developers portal.

new

PQC dockerized toolkit guide available now

Secure Site Pro Secure Site Pro certificates come with access to the DigiCert post-quantum cryptographic (PQC) toolkit. To create your own PQC test environment, use one of these options:

Our toolkits contain what you need to create a hybrid SSL/TLS certificate. The hybrid certificate in the toolkits uses a PQC algorithm paired with an ECC algorithm allowing you to test the feasibility of hosting a post-quantum, backwards compatible hybrid certificate on your website.

Note: To access your PQC toolkit, go to your Secure Site Pro Certificate's Order # details page. (In the sidebar menu, click Certificates > Orders. On the Orders page, click the order number link for your Secure Site Pro certificate. On the certificate's order details page, click PQC toolkit.)

To learn more about post-quantum cryptography, see Post-Quantum Cryptography. To learn more about what's included with each Secure Site Pro certificate, see Pro TLS/SSL Certificates.

new

DigiCert is happy to announce we made it easier for DigiCert Accounts using the Retail API to upgrade to our new Certificate Management Platform, DigiCert CertCentralFor free!

To make the upgrade as seamless as possible, we shimmed these Retail API endpoints:

Now, you can upgrade your DigiCert Account without any interruptions to your API integrations. Once you're upgraded, make plans to build new integrations with CertCentral.

  • For more information on the CertCentral Services API, see our Developers portal.

For information about the DigiCert Retail API, see Documentation for the DigiCert Retail API.

new

グローバル サーバーID 証明書には、DigiCert ポスト量子暗号 (PQC) ツールキット が付属しています。当社のツールキットには、ハイブリッド SSL/TLS 証明書の作成に必要な内容が付属しています。このツールキットのハイブリッド証明書は、ECC アルゴリズムと組み合わせた PQC アルゴリズムを使用し、お使いのウェブサイト上でポスト量子、後方互換ハイブリッド証明書のホスティング実現性をテストできます。

注意:グローバル サーバーID 証明書の PQC のメリットには遡及作用があります。PQC ツールキットにアクセスするには、グローバル サーバーID 証明書の [オーダー#詳細] ページに移動してください。(サイドバーメニューで、[証明書 >オーダー]をクリックします。[オーダー]ページで、グローバル サーバーID 証明書のオーダー番号リンクをクリックします。証明書の[オーダー]詳細ページで、[PQC ツールキット]をクリックします。)

ポスト量子暗号および当社 PQC ツールキットについての詳細は、下記を参照してください。

各グローバル サーバーID 証明書の収録内容についての詳細は、「Pro TLS/SSL 証明書」 を参照してください。

5月 13, 2019

enhancement

グローバル サーバーID TLS/SSL 証明書は現在、すべての CertCentral アカウントに含まれていますこれらの証明書についての全説明は、「DigiCert グローバル サーバーID」 を参照してください。

お使いのアカウントのサイドバーメニューで、[証明書を申請する] の上にマウスを当てます。[業務用 SSL 証明書]下で、新しい グローバル サーバーID 証明書を探します。

enhancement

当社では CertCentral SAML フェデレーション設定を更新し、[SAML シングルサインオン IdP 選択] および [SAML 証明書申請 IdP 選択] ページで、IdP のリストでのフェデレーション名の非表示が可能になります。

現在、[IDP のメタデータ]下の[フェデレーション設定]ページで、[フェデレーション名を含める] オプションが追加されています。IdP 選択ページ の IdP のリストでフェデレーション名を非表示にする場合は、,「IdP のリストにフェデレーション名を追加する」のチェックを外します。

new

グローバル サーバーID TLS/SSL 証明書は、CertCentral で利用できます。グローバル サーバーID により、ドメインごとの課金となり、証明書の基本コストはありません。1個のドメインを追加すると、1個ごとに課金されます。9個のドメインが必要な場合は、9個について課金されます。1つの証明書で最大250のドメインを安全保護します。

当社には2つのタイプのグローバル サーバーID 証明書があり、1つは OV 証明書用、もう1つは EV 証明書用です。

  • グローバル サーバーID SSL
    お客様のニースに適した OV 証明書を取得します。1個のドメイン、1個のワイルドカードドメインおよびすべてのサブドメインの暗号化と認証を行うか、あるいはサブジェクトの別名 (SAN) を使用して、複数のドメインとワイルドカードドメインを1個の証明書で安全保護します。
  • グローバル サーバーID EV SSL
    お客様のニーズに適した拡張認証証明書を取得します。暗号化と認証により1個のドメインを安全保護する、あるいはサブジェクトの別名 (SAN) を使用して複数のサイトを1個の証明書で安全保護します (完全適格ドメイン名)。

各グローバル サーバーID 証明書に付属の特典

各グローバル サーバーID 証明書には – 追加コスト不要で – CertCentral への将来のプレミアム機能追加への初回アクセス (例. CT ログ監視と認証管理) が含まれます。

その他のメリット:

  • 優先認証
  • 優先サポート
  • 2つのプレミアムサイトシール
  • マルウェアチェック
  • 業界最高の保障

グローバル サーバーID 証明書を CertCentral アカウントについて有効にするには、アカウントマネージャまたは当社の サポートチームにお問い合わせください。

グローバル サーバーID 証明書についての詳細は、「DigiCert グローバル サーバーID」を参照してください。

compliance

パブリック SSL 証明書は、下線付きドメイン名を安全保護することはできません ("_")。ドメイン名に下線が付いた、以前発行済の証明書はすべて、この日付前に有効期限切れとならなければなりません。

注意:下線を含み、証明書の代わる、下線の推奨解決方法 (FQDN)ただし、名前変更ができない状況では、プライベート証明書 を使用でき、また状況によっては、ドメイン全体を安全保護する ワイルドカード証明書 を使用することができます。

詳細は、「ドメイン名の下線使用をやめる」を参照してください。