フィルタリング: Services API x 消去
new

証明書関連のタスクについてプランが立てやすくなるように、以下に 2021年メンテナンススケジュールを紹介します。 「デジサート 2021 予約済メンテナンス」を参照してください —このページは、すべてのメンテナンススケジュール情報が記載され、常に最新に更新されています。

世界各地の顧客について、当社は全員それぞれに最適な時期があることは理解しています。ただ、顧客の利用状況に関するデータの審査後、当社は、影響が及ぶ顧客の数がもっとも少ない時期を選択しています。

当社のメンテナンススケジュールについて

  • メンテナンスは、特記事項がないかぎり、各月の第一週末に予約されています。
  • 各メンテナンスウインドウは2時間ごとにスケジュールが更新されます。
  • お客様のサービスを保護するため、冗長的な部分がありますが、デジサートサービスが一部利用できないものがあります。
  • 通常業務は、メンテナンス完了後に再開されます。

これらのメンテナンスウインドウに関する詳細は、アカウントマネージャまたはデジサート サポートチーム. までお問い合わせください。リアルタイム更新を利用するには、デジサート ステータス ページに利用登録してください。

new

Upcoming schedule maintenance

On July 10, 2021, between 22:00 – 24:00 MDT (July 11, 2021, between 04:00 – 06:00 UTC), DigiCert will perform scheduled maintenance.

During maintenance, for approximately 60 minutes, the services specified below under Service downtime will be down. Due to the scope of the maintenance, the services specified below under Service interruptions may experience brief interruptions during a 10-minute window.

Service downtime

From 22:00 – 23:00 MDT (04:00 – 05:00 UTC), while we perform database-related maintenance, the following services will be down for up to 60 minutes:

  • CertCentral / Services API
  • Direct Cert Portal / API
  • ACME
  • Discovery / API
  • ACME agent automation / API

API Note: Affected APIs will return “cannot connect” errors. Certificate-related API requests that return a “cannot connect” error message during this window will need to be placed again after services are restored.

Service interruptions

During a 10-minute window, while we perform infrastructure maintenance, the following DigiCert service may experience brief service interruptions:

  • Certificate Issuing Service (CIS)
  • Simple Certificate Enrollment Protocol (SCEP)
  • DigiCert ONE
  • Automation service
  • CT Log monitoring
  • Vulnerability assessment
  • PCI compliance scans

Services not affected

These services are not affected by the maintenance activities:

  • PKI Platform 8
  • PKI Platform 7
  • QuoVadis TrustLink

What can I do?

Plan accordingly:

  • Schedule high-priority orders, renewals, and reissues before or after the maintenance window.
  • Expect interruptions if you use the APIs for immediate certificate issuance and automated tasks.
  • To get live maintenance updates, subscribe to the DigiCert Status page. This subscription includes email alerts for when maintenance starts and when maintenance ends.
  • For scheduled maintenance dates and times, see DigiCert 2021 scheduled maintenance.

Services will be restored as soon as the maintenance is completed.

new

Upcoming scheduled maintenance

On June 5, 2021, between 22:00 – 24:00 MDT (June 6, 2021, between 04:00 – 06:00 UTC), DigiCert will perform scheduled maintenance. Although we have redundancies to protect your service, some DigiCert services may be unavailable during this time.

What can I do?

Plan accordingly:

  • Schedule high-priority orders, renewals, and reissues before or after the maintenance window.
  • To get live maintenance updates, subscribe to the DigiCert Status page. This subscription includes email alerts for when maintenance starts and when maintenance ends.
  • For scheduled maintenance dates and times, see DigiCert 2021 scheduled maintenance.

Services will be restored as soon as we complete the maintenance.

enhancement

CertCentral Services API: Improved domains array in OV/EV order response

To make it easier to see how the Services API groups the domains on your OV/EV TLS certificate orders for validation, we added a new response parameter to the endpoints for submitting certificate order requests: domains[].dns_name.*

The dns_name parameter returns the common name or SAN of the domain on the order. To prove you control this domain, you must have an active validation for the domain associated with the domains[].name and domains[].id key/value pairs.

Example OV certificate order

JSON payload:

JSON payload

JSON response:

JSON response

The Services API returns the domains[].dns_name parameter in the JSON response for the following endpoints:

*Note: Only order requests for OV/EV TLS certificates return a domains array.

new

Upcoming scheduled maintenance

On May 1, 2021, between 22:00 – 24:00 MDT (May 2, 2021, between 04:00 – 06:00 UTC), DigiCert will perform scheduled maintenance.

For up to 10 minutes total during the 2-hour window, we will be unable to issue certificates for the DigiCert platforms, their corresponding APIs, immediate certificate issuance, and those using the APIs for other automated tasks.

Affected services:

  • CertCentral / Service API
  • ACME
  • ACME agent automation / API
  • Direct Cert Portal / API
  • Certificate Issuing Service (CIS)
  • Simple Certificate Enrollment Protocol (SCEP)
  • QuoVadis TrustLink

Services not affected

  • PKI Platform 8
  • PKI Platform 7
  • DigiCert ONE managers

API note:

  • APIs will return "cannot connect" errors.
  • Certificate requests submitted during this window that receive a "cannot connect" error message will need to be placed again after services are restored.

What can I do?

Plan accordingly:

  • Schedule high-priority orders, renewals, and reissues before or after the maintenance window.
  • Expect interruptions if you use the APIs for immediate certificate issuance and automated tasks.
  • To get live maintenance updates, subscribe to the DigiCert Status page. This subscription includes email alerts for when maintenance starts and when maintenance ends.
  • For scheduled maintenance dates and times, see DigiCert 2021 scheduled maintenance.

Services will be restored as soon as we complete the maintenance.

enhancement

CertCentral Services API: Domain validation status in Domain info response

To make it easier to get a comprehensive validation status for your domains, DigiCert is deprecating the status parameter in the Domain info response. To ensure you are getting complete and accurate status information for each different validation type on your domains, you should use the validations array when you call the Domain info endpoint from your API integrations instead.

Note: The Domain info endpoint will continue to return a status parameter value.

Background

In the Domain info response, the status parameter is designed to return a single string value. When DigiCert offered fewer products, a single value in the API was enough to represent the validation status for your domains.

Now, DigiCert offers certificate products that use many different types of validation. Different validation types have different requirements, and these requirements change as industry standards evolve. As DigiCert validates your domains for different types of certificate issuance, each type of validation that you request can be in a different state.

For example:

  • The OV validation for a domain may be completed.
  • The EV validation for the same domain may be expired.

As a result, DigiCert can no longer use a single value to return comprehensive information about the validation status for a domain.

Instead of relying on a single value, use the Domain info endpoint to request a validations array – a list of objects with status information for each type of validation on the domain. To get this data, include the query parameter include_validation=true when you submit your request.

For example:

Example validations array in domain info response data

Learn more about using the Domain info endpoint

new

CertCentral Services API: Site seal enhancements

To help you manage your site seals in your API integrations, we’ve made the following updates to the CertCentral Services API:

  • New endpoint: Upload site seal logo
    We added a new endpoint – Upload site seal logo – you can use to upload your company logo for use with a DigiCert Smart Seal. This logo appears in the site seal on your website. Note: Only Secure Site and Secure Site Pro SSL/TLS certificates support the option to display your company logo in the site seal.
  • New endpoint: Update site seal settings
    We added a new endpoint – Update site seal settings – you can use to change the appearance of your site seal and the information that displays on the site seal information page.
  • Updated endpoint: Get site seal settings
    We updated the Site seal settings endpoint to return information about each property you can customize with the Update site seal settings endpoint.

Related topics:

enhancement

CertCentral Services API: Revoke certificate by serial number

To make it easier to manage certificates from your API integrations, we updated the Revoke certificate endpoint path to accept the certificate ID or the serial number of the certificate to revoke. Previously, the Revoke certificate endpoint path only accepted the certificate ID.

Example Revoke certificate path using the certificate ID:

https://www.digicert.com/services/v2/certificate/{{certificate_id}}/revoke

Example Revoke certificate path using the certificate serial number:

https://www.digicert.com/services/v2/certificate/{{serial_number}}/revoke

Learn more about using the Revoke certificate endpoint

new

Upcoming scheduled maintenance

On April 3, 2021, between 22:00 – 24:00 MDT (April 4, 2021, between 04:00 – 06:00 UTC), DigiCert will perform scheduled maintenance.

During maintenance, for up to 10 minutes, we will be unable to issue certificates for the DigiCert platforms, their corresponding APIs, immediate certificate issuance, and those using the APIs for other automated tasks.

Affected services

For approximately 10 minutes, DigiCert will be unable to issue certificates for these services and APIs:

  • CertCentral / Service API
  • ACME
  • ACME agent automation / API
  • Direct Cert Portal / API
  • Certificate Issuing Service (CIS)
  • Simple Certificate Enrollment Protocol (SCEP)
  • QuoVadis TrustLink

Services not affected

These services are not affected by the maintenance activities:

  • PKI Platform 8 / API
  • PKI Platform 8 SCEP
  • PKI Platform 7 / API
  • PKI Platform 7 SCEP
  • DigiCert ONE managers

API note:

  • APIs will return "cannot connect" errors.
  • Certificate requests submitted during this window that receive a "cannot connect" error message will need to be placed again after services are restored.

What can I do?

Plan accordingly:

  • Schedule high-priority orders, renewals, and reissues before or after the maintenance window.
  • Expect interruptions if you use the APIs for immediate certificate issuance and automated tasks.
  • To get live maintenance updates, subscribe to the DigiCert Status page. This subscription includes email alerts for when maintenance starts and when maintenance ends.
  • For scheduled maintenance dates and times, see DigiCert 2021 scheduled maintenance.

Services will be restored as soon as we complete the maintenance.

new

CertCentral: New purchase order and invoice system

We are happy to announce that we are using a new purchase order and invoice system in CertCentral. We've made several changes to make it easier for you to manage your purchase orders and invoices.

The next time you sign in to CertCentral, you will see two new menu options under Finances: Pay Invoice and Purchase Orders and Invoices. Additionally, we now send all invoice emails from our new invoice system.

Pay invoices page

When you open the Pay invoice page, all invoices are preselected by default. You can choose to pay them all or select those you want to pay.

Note: If you use divisions with separate funds, when you open the Pay invoice page, all invoices for the top-level division are selected by default. Use the For dropdown to view the unpaid invoices by division in your account.

Purchase orders and invoices page

On the new Purchase orders and invoices page, you can create a purchase order (PO). In the Purchaseorders table, you can view pending and rejected POs. After we approve a PO, it becomes an invoice and moves to the Invoices table.

Note: If you use divisions with separate funds, you see the Purchase order and invoice summary page. When you click a division name, it opens the Purchase order and invoices page, where you can view the POs and invoices for that division.

In the Invoices column of the Invoices table, you can see the invoice number and the PO from which we generated it. You can download a copy of the invoice or pay the invoice. When you click Pay invoice, we take you to the Pay invoice page to pay the invoice and make the funds available in your account.

Existing PO and Invoice migration

  • Autogenerated invoices
    When we migrated our billing system, we did not migrate your autogenerated invoices. At the end of March, we will autogenerate a new invoice for your total amount owed. However, you can make a payment on your account at any time on the Deposit Funds page (in the left main menu, go to Finances > Deposit Funds).
  • Invoices generated from approved purchase orders
    When we migrated your invoices to the new system, we gave them new invoice numbers. However, the associated purchase order number remains the same. If you have questions or trouble finding an invoice, please contact your account manager or DigiCert Accounts Receivable. Make sure to include your PO number and the original invoice number in the email.
enhancement

CertCentral Services API: View balance enhancements

To help you track financial data in your API integrations, we updated the View balance endpoint to return the following data:

  • unpaid_invoice_balance
    Unpaid invoice balance
  • negative_balance_limit
    Amount the balance can go into the negative
  • used_credit_from_other_containers
    Amount owed by other divisions in the account (for accounts with separate division funds enabled)
  • total_available_funds
    Total funds available for future purchases

Example response: 

Example response from the View balance endpoint

For more information, see the documentation for the View balance endpoint.

enhancement

CertCentral Services API: Auto-reissue support for Multi-year Plans

We are happy to announce that the CertCentral Services API now supports automatic certificate reissue requests (auto-reissue) for Multi-year Plans. The auto-reissue feature makes it easier to maintain SSL/TLS coverage on your Multi-year Plans.

You can enable auto-reissue for individual orders in your CertCentral account. When auto-reissue is enabled, we automatically create and submit a certificate reissue request 30 days before the most recently issued certificate on the order expires.

Enable auto-reissue for a new order

To give you control over the auto-reissue setting for new Multi-year Plans, we added a new request parameter to the endpoints for ordering DV, OV, and EV TLS/SSL certificates: auto_reissue.

By default, auto-reissue is disabled for all orders. To enable auto-reissue when you request a new Multi-year Plan, set the value of the auto_reissue parameter to 1 in the body of your request.

Example request body:

Example order request body with auto reissue enabled

Note: In new order requests, we ignore the auto_reissue parameter if:

  • The product does not support Multi-year Plans.
  • Multi-year Plans are disabled for the account.

Update auto-reissue setting for existing orders

To give you control over the auto-reissue setting for existing Multi-year Plans, we added a new endpoint: Update auto-reissue settings. Use this endpoint to enable or disable the auto-reissue setting for an order.

Get auto-reissue setting for an existing order

To help you track the auto-reissue setting for existing certificate orders, we added a new response parameter to the Order info endpoint: auto_reissue. The auto_reissue parameter returns the current auto-reissue setting for the order.

new

ICA certificate chain selection for public DV flex certificates

We are happy to announce that select public DV certificates now support Intermediate CA certificate chain selection:

  • GeoTrust DV SSL
  • Thawte SSL 123 DV
  • RapidSSL Standard DV
  • RapidSSL Wildcard DV
  • Encryption Everywhere DV

You can add a feature to your CertCentral account that enables you to control which DigiCert ICA certificate chain issues the end-entity certificate when you order these public DV products.

This feature allows you to:

  • Set the default ICA certificate chain for each supported public DV certificate.
  • Control which ICA certificate chains certificate requestors can use to issue their DV certificate.

Configure ICA certificate chain selection

To enable ICA selection for your account:

  1. Contact your account manager or our Support team.
  2. Then, in your CertCentral account, in the left main menu, go to Settings > Product Settings.
  3. On the Product Settings page, configure the default and allowed intermediates for each supported and available DV certificate.

For more information and step-by-step instructions, see the Configure the ICA certificate chain feature for your public TLS certificates.

new

DigiCert Services API: DV certificate support for ICA certificate chain selection

In the DigiCert Services API, we made the following updates to support ICA selection in your DV certificate order requests:

Pass in the issuing ICA certificate's ID as the value for the ca_cert_id parameter in your order request's body.

Example DV certificate request:

Example DV TLS certificate request

For more information about using ICA selection in your API integrations, see DV certificate lifecycle – Optional ICA selection.

new

Upcoming scheduled maintenance

On March 6, 2021, between 22:00 – 24:00 MST (March 7, 2021, between 05:00 – 07:00 UTC), DigiCert will perform scheduled maintenance.

Although we have redundancies in place to protect your service, some DigiCert services may be unavailable during this time.

What can you do?

Please plan accordingly.

  • Schedule your high-priority orders, renewals, and reissues around the maintenance window.
  • To get live maintenance updates, subscribe to the DigiCert Status page. The subscription includes emails to let you know when maintenance starts and ends.
  • For scheduled maintenance dates and times, see DigiCert 2021 scheduled maintenance.

Services will be restored as soon as the maintenance is completed.

new

CertCentral Services API:新しいサブアカウントエンドポイント

お使いのサブアカウントを管理しやすくするため、CertCentral Services API に次の2つの新しいエンドポイントを追加しました。[サブアカウントドメインを一覧表示する][サブアカウント組織を一覧表示する]

enhancement

CertCentral Services API:[サブアカウントを作成する]エンドポイントを改善しました

お使いのサブカウントをお客様が管理しやすくするため [サブアカウントを作成する] エンドポイントに次の2つの新しい要求パラメータを追加しました。child_namemax_allowed_multi_year_plan_length

  • child_name – このパラメータを使用して、サブアカウントにカスタム表示名を設定します。
  • max_allowed_multi_year_plan_length – このエンドっピントを使用して、サブアカウントの複数年プランオーダーの最大長をカスタマイズします。

JSON 要求の例:

Create subaccount example request

サブアカウントを作成後、[サブアカウント情報] エンドポイントを使用して、サブアカウントの "表示" 名と許可された複数年プランのオーダー長を表示します。

new

今後の予約済メンテナンス

2021年02月06日 午後 10:00 ~ 12:00 MST(2021年02月07日 午前 05:00 ~ 07:00 UTC)),デジサートは重大メンテナンスを実施します。

メンテナンス中、下記のサービスは約 60 分間ダウンします。ただし、メンテナンス実施の範囲によっては、2時間のメンテナンスウインドウ中さらにサービスが中断される場合があります。

次のプラットフォームにサインインおよび次のサービスと API にアクセスできなくなります。

  • CertCentral / Service API
  • Direct Cert Portal / Direct Cert Portal API
  • 証明書発行サービス (CIS)
  • Simple Certificate Enrollment Protocol (SCEP)
  • Discovery / API
  • ACME
  • ACME エージェント自動化 / API

デジサートは、以下のサービスおよび API について証明書を発行することができなくなります。

  • CertCentral / Services API
  • Direct Cert Portal / Direct Cert Portal API
  • 証明書発行サービス (CIS)
  • Simple Certificate Enrollment Protocol (SCEP)
  • Complete Website Security (CWS) / API
  • Managed PKI for SSL (MSSL) / API
  • QV トラストリンク

以下のサービスはメンテナンス作業の影響を受けません。

  • PKI Platform 8
  • PKI Platform 7
  • DigiCert ONE マネージャ

API メモ:

  • 証明書の要求、ドメインと認証要求の追加など、証明書関連のトランザクションを処理するサービスは利用できなくなります。
  • API は、“「接続できません」” エラーを返してきます。
  • "「接続できません」" エラーメッセージが届くこのウインドウで行った証明書要求は、サービス復帰後でもう一度行うひつようがあります。

どのようにしたらよいですか?

必要に応じて計画:

  • メンテナンスウインドウについて、高優先度オーダー、更新、再発行の発行を予約します。
  • API を使用して、即時証明書発行およびその他の自動タスクを行う場合は、中断が発生する場合があります。
  • リアルタイム更新を行うには、 [デジサートステータス]  ページに利用登録してください。
  •  「デジサート 2021 予約済メンテナンス」 または予約済メンテナンス日付と時刻を参照してください。

サービスはメンテナンス完了次第、復帰されます。

new

CertCentral Services API:新しいユニットオーダー詳細と[ユニットオーダーをキャンセスする]エンドポイント

CertCentral Services API に新しいエンドポイントを追加しましたので、お知らせいたします。ユニットオーダー詳細ユニットオーダーをキャンセルする.

これらのエンドポイントで、ユニットオーダーについての情報を取得し、ユニットオーダーをキャンセルすることができます。

ユニットオーダーをキャンセルする:

  • ユニットオーダーをキャンセルできるのは、オーダー執行から30日以内のみです。
  • オーダーのサブアカウントがユニットの使用した場合は、ユニットオーダーをキャンセルすることはできません。

ユニットを支払方法として使用するサブアカウントを管理する場合、Services API を使用して、次のタスクを実行できます。

enhancement

CertCentral Services API:[製品リスト]、[製品制限]、および[製品情報]エンドポイントを改善

お使いのアカウント中の電子証明書製品について利用可能なオーダー有効期間を探しやすくするため、[製品リスト]、[製品制限]、および[製品情報]エンドポイントに応答パラメータを追加しました。

これらの新しい応答パラメータで、お使いのアカウントの各製品のデフォルトおよびカスタマイズオーダー有効期間を表示することができます。

[製品リスト]エンドポイント

allowed_order_validity_years パラメータは、お使いのアカウントの各製品についてサポート対象のオーダー有効期間のリストを返してきます。

[製品制限]エンドポイント

allowed_order_lifetimes パラメータは、お使いのアカウントの管理グループとユーザーロール割当が異なるユーザー向けに、カスタマイズしたオーダー有効期間制限のリストを返してきます。

[製品情報]エンドポイント

  • allowed_order_validity_years パラメータは、証明書製品を要求する場合に利用可能なオーダー有効期間のリストを返してきます。
  • custom_order_expiration_date_allowed パラメータは、証明書製品を要求した場合にカスタムオーダー有効期限日を設定できるかどうかを記載したブーリアン値を返してきます。
enhancement

CertCentral Services API:[サブアカウントオーダー情報]エンドポイントを改善

サブアカウントオーダーの有効期間についての情報を探しやすくするため、[サブアカウントオーダー情報] エンドポイントに新しい応答パラメータを追加しました。これらの新しい応答パラメータで、オーダー開始日、オーダー終了日、およびオーダーが複数年プランかどうかを確認できます。

  • is_multi_year_plan パラメータは、オーダーが複数年プランの場合に "1" を返します。
  • order_valid_from パラメータは、オーダー有効期間の開始日を返します。
  • order_valid_till パラメータは、オーダー有効期間の終了日を返します。

新しいパラメータがある応答の例

Subaccount order updates

new

今後の予約済メンテナンス

2021年01月09日 午後 10:00 ~ 12:00 MST(2021年01月10日 午前 05:00 ~ 07:00 UTC)、デジサートは予約済メンテナンスを実施予定です。

お客様のサービスを保護するため、冗長的な部分がありますが、この期間中、デジサートサービスが一部利用できないものがあります。

それはどのようにしたらよいですか?
予定にあわせてプランを立ててください。

  • 高優先度オーダー、更新、再発行および複製発行をメンテナンスウインドウ以外で予約します。
  • リアルタイム更新を利用するには、デジサートステータス ページに利用登録してください。
  • 予約済メンテナンスの日付と時刻については、DigiCert 2021 予約済メンテナンス.を参照してください

サービスは、メンテナンス完了次第、復帰されます。

new

CertCentral Services API:更新通知設定を更新する

CertCentral Services API 連絡先に新しいエンドポイントを追加しました。更新通知設定を更新する.このエンドポイントを使用して、証明書オーダーの更新通知を有効または無効にします。 

詳細は、Services API ドキュメントでこのレファレンストピックをご覧ください。

enhancement

デジサート複数年プランの使用期間をカスタマイズする

CertCentral で TLS 証明書を要求するときに複数年プラン (MyP) のカスタム使用期間を構成できるようになりましたので、お知らせいたします。TLS 証明書要求フォームで、 [カスタムオーダー有効期間] オプションを使用して、TLS 証明書オーダーの長さをカスタマイズします。

注記:最長 TLS 証明書有効期間は、業界ベストプラクティスに倣い 397 日です。「2 年パブリック SSL/TLS 証明書の終了」 を参照してください。

カスタム複数年プランオーダーは、日数または有効期限日で設定できます。.最長オーダー期間は 2190 日 (6 年) です。最短オーダー期間は 7 日です。

注記:カスタムオーダーは、そのオーダーに証明書を発行する日から開始となります。オーダー価格は、選択した証明書と、カスタムオーダー期間にあわせて日割計算されます。

MyP カバレッジをカスタマイズするには

  1. 要求証明書フォームで、[カバレッジ長を選択する] をクリックします。
  2. [サイトをどのくらいの期間保護する必要がありますあか]ポップアップウインドウで、[カスタムオーダー期間] を選択します。
  3. [お客様オーダー期間を選択する]で、複数年プランの使用期間を構成します。
    1. カスタムオーダー期間
      プランの期間を日数で指定します。
    2. カスタムオーダー有効期限日
      プランが有効期限となる日を選択します。
  4. [保存]をクリックします。
enhancement

パブリック TLS 証明書の製品設定を更新

証明書オーダープロセスで管理を強化するため、パブリック TLS 証明書の製品設定を更新しました。これで、パブリック TLS 証明書のオーダー時からユーザーが選択できる許可された複数年プランオーダー期間を決定できます。

TLS 証明書の製品設定ページで、[許可有効期間] オプションを使用して、どの MyP オーダー期間が TLS 証明書要求フォームに表示されるかを決定します。1 年、2 年、3 年、4 年、5 年、および 6 年。製品設定に適用された変更は、CertCentral Services API から行った要求に適用されますので、注意してください。

注記:以前は、許可有効期間 オプションは、パブリック TLS 証明書のオーダー時にユーザーが選択できる最長証明書使用期間を決定するのに使用されました。しかし、業界が 1 年証明書に移行する中で、このオプションは証明書期間には必要なくなります。「2 年パブリック SSL/TLS 証明書の終了」 を参照してください。

TLS 証明書の許可 MyP オーダー期間を構成するには

  1. 左メインメニューで、[設定] >[製品設定] の順に進みます。
  2. [製品設定]ページで、パブリック TLS 証明書を選択します。例えば、[ セキュア・サーバ ID] を選択します。
  3. [許可有効期間] ドロップダウンのセキュア・サーバ ID で、有効期間を選択します。
  4. [設定を保存する]をクリックします。

ユーザーが次回セキュア・サーバ ID 証明書をオーダーする場合、要求フォームで選択した有効期間のみが表示されます。

注記:複数年プランオーダー期間で制限を設定することで、TLS 証明書要求フォームからカスタム有効期間オプションが削除されます。

enhancement

CertCentral ドメインメページ:改善した domains.csv レポート

[ドメイン]ページで、CSV rレポートを改善し、OV と EV ドメイン認証有効期限日をトラッキングし、以前使用したドメインの利用権確認 (DCV) 方法を表示しやすくしました。

次回 CSV ファイルをダウンロードする とき,レポートには次の3つの新しい列が表示されます。

  • OV の有効期限
  • EV の有効期限
  • DCV 方法

domains.csv レポートをダウンロードするには

  1. 左メインメニューで、[証明書] >[ドメイン]の順に進みます。
  2. [CSV をダウンロードする] ドロップダウンのレコードをダウンロード[ドメイン]ページで、[すべてのレポートをダウンロードする] を選択します。

domains.csv を開くと、レポートに新しい列と情報が表示されます。

enhancement

[CertCentral オーダー]ページ:改善した読込時間

CertCentral では、[オーダー]ページを更新し、膨大な証明書オーダー量の管理者向けにロード回数を改善しました。[オーダー]ページを次回訪問するとき、さらに早く開くようになります(左メインメニューで、[証明書] > [オーダー] の順に進みます)。

読込時間を改善するため、初回ページ訪問時の証明書オーダーのフィルタリング方法を変更しました。以前は、有効な 証明書オーダーのみが表示されるように、ページをフィルタリングしました。しかし、これは膨大な証明書オーダー量がある者には問題でした。お使いのアカウントにオーダー量が多いほど、[オーダー]ページが開くまでに要する時間が長くなります。

これで、ページを訪問したとき、すべての証明書をフィルタリングなしで、もっとも最近作成された証明書オーダーがリストの初めに表示され、降順に返します。有効な証明書のみを表示するには、[ステータス] ドロップダウンで、[有効] を選択し、[進む] をクリックします。

new

CertCentral Services API:サブアカウント用ユニットを購入し、ユニットオーダーを表示する

CertCentral Services API で、ユニット購入とユニットオーダー表示の新しいエンドポイントを追加しました。これで、証明書要求の支払方法にユニットを使用するサブアカウント管理する場合、Services API を使用して、サブアカウント用に他のユニットを購入し、ユニットオーダー履歴についての情報を取得することができます。

詳細は、新しいエンドポイントのレファレンスドキュメントを参照してください。

enhancement

CertCentral Services API:ドキュメント更新

CertCentral Services API のドキュメントに次の更新を行いましたので、お知らせいたします。

  • 新しいバウチャー価格推定 API
    [バウチャー価格推定] エンドポイントに新しいレファレンストピックを発行しました。バウチャーを使用するお客様は、このエンドポイントを使用して、個別バウチャー構成のオーダーのコスト(税込み)を推定することができます。
  • API 用語集更新
    各組織認証ステータス値を定義するため、新しいテーブルとあわせ、用語集を更新しました。「用語集 - 組織認証ステータス」 を参照してください。
  • 要求パラメータを追加してアカウントメールドキュメントを更新
    emergency_emails 要求パラメータを、[アカウントメールを更新する] エンドポイント用ドキュメントに追加しました。このパラメータを使用して、デジサートから緊急通知を受け取るメールアドレスを更新します。

アカウントメールを更新する 要求本文:

emergency_emails.png
  • 製品情報ドキュメントに応答パラメータを追加
    validation_type,allowed_ca_certs,と default_intermediate 応答パラメータを、[製品情報] エンドポイントに追加しました。
    • validation_type パラメータを使用して、所定製品の認証タイプを取得します。
    • allowed_ca_certs パラメータを使用して、所定製品をオーダーするときに選択可能な ICA 証明書についての情報を取得できます。*
    • default_intermediate パラメータを使用して、所定製品のデフォルト ICA の ID を取得します。*

製品情報 応答データ:

Product info response.png

* 注記:[製品情報] エンドポイントは、ICA 選択をサポートする allowed_ca_certsdefault_intermediates パラメータのみを返します。また、ICA 選択 (OV と EV フレックス証明書) をサポートするパブリック SSL 証明書の場合、これらのパラメータは、ICA 選択がアカウントについて有効な場合のみ、返されます。また、default_intermediates パラメータは、管理者がアカウントで管理グループまたはユーザーロール用に製品設定をカスタマイズした場合のみ、返されます。詳細は、「パブリック OV と EV フレックス証明書の ICA 証明書チェーンオプション」 を参照してください。

enhancement

CertCentral Services API:OV と EV 証明書オーダーへの応答データに、新しいドメイン用の DCV トークンを追加

オーダーの新しいドメインにドメインの利用権確認 (DCV) 要求トークンを返すため、パブリック OV と EV SSL 証明書のオーダー用にエンドポイントを更新しました。

これで、OV または EV 証明書を要求する場合、オーダーの新しいドメイン用に DCV 要求トークンを取得するため、個別要求を発行する必要はなくなります。代わりに、オーダー要求への応答データから直接トークンを取得することができます。

応答データの例:

Example response for an OV order with a new domain

注記:dcv_token は、オブジェクトは、オーダーの別のドメインの範囲で認証されるドメインについて、お使いのアカウントにすでに存在するドメインについて、または既存のドメインのサブドメインについては、返されません。

この更新は次のエンドポイントに適用されます。

new

パブリック OV と EV フレックス証明書用 ICA 証明書チェーンの選択

フレックス証明書付きパブリック OV と EV 証明書は現在、中間 CA 証明書チェーンの選択をサポートしていることをお知らせいたします。

どの DigiCert ICA 証明書チェーンがパブリック OV および EV "フレックス" 証明書を発行するかを管理できるオプションを CertCentral アカウントに追加することができます。

このオプションでは次のことが可能です。

  • デフォルト ICA 証明書チェーンを各パブリック OV および EV フレックス製品向けに設定します。
  • 証明書要求者がどの ICA 証明書チェーンを使用してフレックス証明書を発行するか管理します。

ICA 証明書チェーンの選択を構成する

お使いのアカウントについて ICA 選択を有効にするには、アカウントマネージャまたは サポートチーム にお問い合わせください。次に、製品設定ページの CertCentral アカウント(左メインメニューで [設定] >[製品設定] の順に進む) で OV と EV フレックス証明書の各タイプについて、デフォルトおよび許可された中間証明書を構成します。

詳細およびステップ別の手順は、「パブリック OV と EV フレックス証明書の ICA 証明書チェーンオプション」 を参照してください。

new

DigiCert Services API は ICA 証明書チェーンの選択をサポート

DigiCert Services API では、お使いの API 統合で ICA 選択をサポートするため、次の更新を行いました。

  • 新規作成済 製品制限エンドポイント
    このエンドポイントを使用して、お使いのアカウントの各管理グループについて有効になった製品の制限と設定に関する情報を取得します。こには、各製品のデフォルトおよび許可された ICA 証明書チェーンの ID 値が含まれます。
  • パブリック TLS OV と EV フレックス証明書オーダー要求への ICA 選択のサポートを追加
    製品について許可された中間証明書を構成した後、API を使用してオーダー要求を提出するときに証明書を発行する ICA 証明書チェーンを選択することができます。
    発行 ICA 証明書の ID をオーダー要求本文の ca_cert_id パラメータ用の値にパスします。

フレックス証明書要求の例:

Example flex certificate request

API 統合の ICA 選択についての詳細は、「OV/EV 証明書の使用期間 – (オプション) ICA 選択」 を参照してください。

enhancement

すべてのデジサートパブリック SSL/TLS 証明書で利用可能な DigiCert® 複数年プラン

CertCentral のすべてのパブリック SSL/TLS 証明書で複数年プランが利用できるようになりましたので、お知らせいたします。これらのプランでは、最長 6 年の SSL/TLS 証明書カバレッジの単一割引価格を支払うことができます。

注記:エンタープライスライセンス契約 (ELA) 契約 のみ、1年と 2年の複数年プランのみサポートします。定額なし契約 は複数年プランをサポートしません。定額なし契約を利用する場合、アカウントマネージャに連絡し、お使いの契約に対応するソリューションか確認してください。

複数年プランでは、SSL/TLS 証明書、必要なカバレッジ期間(最長 6 年)、および証明書有効期間を選択します。プランの有効期限が切れたとき、有効期間終了になるごとに、無料で証明書を再発行します。詳細は、複数年プラン を参照してください。

enhancement

DigiCert Services API が複数年プランのサポートに変更

Services API では、パブリック SSL/TLS 証明書を更新し、複数年プランの証明書のオーダーをサポートできるようにしました。

パブリック SSL/TLS 証明書のオーダー向けの各エンドポイントについて、新しい オプション* の要求パラメータを追加しました。また、これらのエンドポイントは、オーダーの有効期間がお使いの証明書の有効期間と一致する必要がないように、更新しました。

  • 新しいオプション cert_validity パラメータ
    このパラメータを使用して、そのオーダーについて発行された最初の証明書の有効期間を低k着します。cert_validity パラメータを要求で省略する場合、お使いの証明書の有効期間は、デジサートと業界基準で許可された最長有効期間、またはそのオーダーの有効期間のいずれか長い方に初期設定されます。
  • 新しいオプション order_validity パラメータ*
    このパラメータを使用して、そのオーダーの有効期間を定義します。オーダーの有効期間で、複数年プラン長が決まります。
  • 更新済トップレベル validity_years,validity_days,custom_expiration_date パラメータ*
    既存の API 統合の場合、これらの既存のパラメータを使用して、そのオーダーの有効期間を定義することもできます。ただし、統合を更新して新しいパラメータを代わりに使用することをお勧めします。複数年プランでは、オーダーの有効期間は、お使いの証明書とは異なりますので、注意してください。

*注意:要求には、order_validityオブジェクト または トップレベル オーダー有効期間パラメーター (validity_years,validity_days,custom_expiration_date を返します。order_validityオブジェクトに入力した値は、トップレベル有効期間パラメーターを無視します。

これらの変更は現在の統合に影響を及ぼすことはありません。ただし、SSL/TLS カバレッジを最大にするため、複数年プランのあるパブリック SSL/TLS 証明書の購入を開始が必要な場合があります。API 統合については、「複数年プランをオーダーする」 を参照してください。

新しいパラメータがある証明書要求の例

Example SSL certificate request with new certificate and order valdity parameters

new

これで複数年プランが利用できます

CertCentral と CertCentral Partners で複数年プランが利用できるようになりましたので、お知らせいたします。

DigiCert® 複数年プランでは、最長 6 年の SSL/TLS 証明書カバレッジの単一割引価格を支払うことができます。複数年プランでは、SSL/TLS 証明書、必要なカバレッジ期間(最長 6 年)、および証明書有効期間を選択します。プランの有効期限が切れたとき、有効期間終了になるごとに、無料で証明書を再発行します。

SSL/TLS 証明書の最長有効期間は、2020年9月1日をもって、825 日から 397 日になります。複数年プランで有効な証明書の有効期限が間もなく切れるとき、SSL/TLS カバレッジを維持するため、証明書を再発行します。

compliance

TLS 1.0 と 1.1 のブラウザサポートは終了しました

主要4つのブラウザは現在、トランスポート層セキュリティ (TLS) 1.0 と 1.1 についてサポートしていません。

必要な確認事項

この変更が、お使いのデジサート証明書に影響を及ぼすことはありません。お客様の証明書は、引き続き、通常どおり使用できます。

この変更により、ブラウザ型サービスおよび TLS 1.0 または 1.1 を利用するアプリケーションが影響を受けます。TLS 1.0 または 1.1 に対するブラウザのサポートが終了したため、旧システムでは、HTTPS 接続ができなくなります。

必要な対応方法

この変更の影響を受ける、およびお使いのシステムが TLS プロトコルの最新バージョンを使用している場合は、お使いのサーバ構成をできるかぎり早期に TLS 1.2 または TLS 1.3 にアップグレードしてください。

TLS 1.2 または 1.3 にアップグレードしない場合、お使いのウェブサーバ、システム、またはエージェントは、HTTPS を使用して、証明書と安全に通信できなくなります。

ブラウザ TLS 1.0/1.1 非推奨情報

Firefox 78、2020年6月30日リリース

Safari 13.1、2020年3月24日リリース

Chrome 84、2020年7月21日リリース

Edge v84、2020年7月16日リリース

役立つリソース

TLS を利用する独自システムは多岐にわたるため、すべてのアップグレードパスに対応することはできませんが、以下のレファレンスが役立つと思います。

enhancement

CertCentral Services API:エラーメッセージドキュメントを更新しました

Services API ドキュメントでは、エラー  ページを更新し、以下に関連するエラーメッセージの説明を含めました。

  • 即時 DV 証明書発行
  • ドメイン名の利用権確認(DCV)
  • 認証局認証 (CAA) リソースレコード チェック

今年初頭、DV 証明書オーダーと DCV 要求用の API を改善し、DCV、ファイル認証、DNS ルックアップ、または CAA リソース レコードチェックに失敗した場合に詳細なエラーメッセージが表示されるようにしました。これで、次のエラーメッセージの1つが届いた場合、エラーページで、他のトラブルシューティング情報をチェックできます。

その他詳細: