フィルタリング: api x 消去
fix

We fixed a bug in CertCentral where "hidden" organizations prevented certificate request forms from opening. To fix this issue, we no longer include hidden organizations in the list of available organizations on the certificate request forms.

What if I want to add a "hidden" organization to a certificate request?

To include a "hidden" organization in the list of available organizations on your certificate request forms, simply unhide it.

  1. In the left main menu, go to Certificates > Organizations.
  2. On the Organizations page, in the Hidden Organizations dropdown, select Show and then click Go.
  3. Click the organization, you want to unhide.
  4. On the Organization's detail page, click Unhide.

The next time you order a certificate, the organization will appear in the list of available organizations on the certificate request form.

Note: This change only affects the CertCentral user interface (UI). The API supports adding "hidden" organizations to your requests; you don’t need to unhide an organization to add it to a certificate request.

new

Legacy account upgrades to CertCentral

In the DigiCert Service API, we added a new endpoint—DigiCert order ID—to make it easier to find the corresponding DigiCert order IDs for your migrated legacy Symantec orders.

After you migrate your active, public SSL/TLS certificate orders to your new account, we assign a unique DigiCert order ID to each migrated legacy Symantec SSL/TLS certificate order.

Example request

GET https://www.digicert.com/services/v2/oem-migration/{{symc_order_id}}/order-id

Example response
200 OK

Example response for Digicert order ID endpoint

For more information:

new

In the DigiCert Services API, we added four new endpoints for ordering the new more flexible Basic and Secure Site SSL/TLS certificates. These more flexible SSL/TLS certificates make it easier to get the certificate to fit your needs and will replace the old Basic and Secure Site products.

Use these endpoints to place new orders and renewal orders only. They cannot be used to convert existing Basic or Secure Site certificate orders.

To activate any of these new certificates for your CertCentral account, contact your account manager or our Support team.

  • Order Basic OV
    POST https://www.digicert.com/services/v2/order/certificate/ssl_basic
  • Order Basic EV
    POST https://www.digicert.com/services/v2/order/certificate/ssl_ev_basic
  • Order Secure Site OV
    POST https://www.digicert.com/services/v2/order/certificate/ssl_securesite_flex
  • Order Secure Site EV
    POST https://www.digicert.com/services/v2/order/certificate/ssl_ev_securesite_flex

Flexible OV and EV certificates

These certificates provide the encryption and authentication you've come to expect from DigiCert SSL/TLS certificates, while allowing you to build an OV or EV certificate with a mix of whatever domains and wildcard domains* are needed to fit your needs.

*Note: Industry standards support wildcard domains in OV SSL/TLS certificates only. EV SSL/TLS certificates don't support the use of wildcard domains.

fix

CertCentral Services API: Fixed Revoke certificate endpoint bug

In the DigiCert Services API, we fixed a bug in the Revoke certificate endpoint where the request to revoke a single certificate on an order was being submitted for all certificates on the order.

Note: After submitting your "single certificate" revocation request, we returned a 201 Created response with the request details to revoke all certificates on the order.

Now, when using the Revoke certificate endpoint to submit a request to revoke a single certificate on an order, we return a 201 Created response with the request details to revoke just that certificate on the order.

Prorated refunds

The Revoke certificate endpoint revokes a certificate on the order and not the order itself. Refunds are tied to an order and not a "certificate" on the order. To get a prorated refund, you need to revoke the order; see Revoke order certificates.

Certificate revocation process

All revocation requests, including those made via the Services API, must be approved by an administrator before DigiCert will revoke the certificate. This approval step is required and cannot be skipped or removed from the certificate revocation process.

*Important:

This endpoint is designed to revoke a certificate on an order; it doesn't revoke a certificate order.

If you revoke a certificate on an order with only a single certificate:

  • The order is still active
  • No refund is provided for the revoked certificate
  • You can still reissue a certificate on that order

If you don't plan to reissue a certificate for the order, use the Revoke order certificates endpoint to revoke the order.

enhancement

CertCentral Services API: Improved Submit for validation endpoint

In the DigiCert Services API, we updated the Submit for validation endpoint, enabling you to submit a domain for revalidation before it expires. Now, you can submit a domain for revalidation at any time, enabling you to complete the domain’s validation early and maintain seamless certificate issuance for the domain.

Note: If you order a certificate for the domain while the domain's revalidation is in a pending state, we use the domain's current validation to issue the certificate.

New request parameter: dcv_method

We also added a new request parameter, dcv_method*. Now, when you submit a domain for validation, you can change the DCV method used to prove control over the domain.

*Note: This new parameter is optional. If you leave the new parameter out of your request, we return a 204 response with no content. You will need to use the same DCV method used before to prove control over the domain.

Example request with new parameter
POST https://www.digicert.com/services/v2/domain/{{domain_id}}/validation

Submit for validation endpoint example request

Example response when new parameter is included in the request
201 Created

Submit for validation endpoint example response

enhancement

CertCentral Services API: Improved order endpoints:

In the DigiCert Services API, we added an "organization ID" response parameter to the endpoints listed below. Now, when you add a new organization in your certificate request, we return the organization's ID in the response, enabling you to use the organization immediately in your certificate requests.

Previously, after adding a new organization in your certificate request, you had to make an additional call to get the new organization's organization ID: Order info.

Updated order endpoints:

Example response with new organization ID parameter

Example response with new organization ID parameter

enhancement

11 SUPPORTED LANGUAGES IN THE DOC AND DEVELOPERS PORTALS

As we work to globalize our product offerings and make our websites, platforms, and documentation more accessible, we are happy to announce that we've added language support to the Document and Developers portals.

We now support these 11 languages:

  • English
  • Chinese (Simplified)
  • Chinese (Traditional)
  • French
  • German
  • Italian
  • Japanese
  • Korean
  • Portuguese
  • Russian
  • Spanish

How does language support work?

When you visit the portals, use the language selector (globe icon) to change the portal display language. We save your language selection for 30 days so you don't need to reselect it every time you visit our documentation site.

TIPS AND TRICKS

Access Doc and Developer portals

You can access the Document and Developers portals from the DigiCert website and CertCentral.

  • From digicert.com
    In the top menu, hover over Support. Under Resources, you can find Documentation and API Documentation links.
  • From CertCentral
    In the Help menu, select Getting Started.
    On the API Keys page, click API Documentation. (In the left main menu, go to Automation > API Keys).

Create links within documentation

You can link to sections within the documentation.

On the documentation page, hover on the subheader you want to link to and click the hashtag icon (#). This creates a URL in the browser's address bar.

Use this feature to bookmark or link to specific sections in the instructions.

enhancement

CertCentral Services API: Improved order Document Signing - Organization (2000) and (5000) endpoints:

In the DigiCert Services API, we updated the Order document signing certificate endpoints for ordering Document Signing - Organization (2000) and (5000) certificates. We added a new parameter, "use_org_as_common_name": true, enabling you to use the organization name as the common name on the certificate.

Note: Previously, your only option was to use the person's full name as the common name on your document signing organization certificates.

Now, if you want to use the organization name as the common name on your document signing organization certificate, add the "use_org_as_common_name": true parameter to your certificate request. When we issue your certificate, the organization name will be the common name on the certificate.

  • Document Signing - Organization (2000) endpoint: https://www.digicert.com/services/v2/order/certificate/document_signing_org_1
  • Document Signing - Organization (5000) endpoint: https://www.digicert.com/services/v2/order/certificate/document_signing_org_2

Example request for Order document signing certificate endpoint

Example Document Signing Organization certificate request

enhancement

Improved client certificate process

We improved the client certificate process, enabling you to cancel client certificate orders in an Emailed to Recipient state—orders that are waiting for the email recipient to generate and install the client certificate in one of the supported browsers.

Note: Previously, when a client certificate was in an Emailed to Recipient state, you had to contact support to cancel the order.

Now, if you need to cancel a client certificate order in the Emailed to Recipient state, go to the client certificate's Order details page and in the Certificate Actions dropdown list, select Cancel Order. See Cancel pending client certificate orders.

enhancement

CertCentral Services API: Improved client certificate process
In the DigiCert Services API, we updated the Update order status endpoint enabling you to cancel client certificate orders in a waiting_pickup state—orders that are waiting for the email recipient to generate and install the client certificate in one of the supported browsers.

Note: Previously, when a client certificate was in a waiting_pickup state, you received a forbidden error and had to contact support to cancel the order.

Now, you can use the Update order status endpoint to cancel a client certificate order in the waiting_pickup state.

new

In the DigiCert Services API, we added a new endpoint – Additional emails. This endpoint allows you to update the email addresses that receive certificate notification emails for the order (e.g., certificate renewals, reissues, and duplicate orders).

Note: These people can't manage the order. They only receive certificate related emails.

For more information on the Services API, see our Developers portal.

11月 8, 2019

new

We are happy to announce a new addition to the DigiCert Developers portal—Discovery API. We just published our first set of Discovery API endpoints. More will follow as we continue to build out the Discovery API documentation.

Why use it?

  • Access Discovery features without signing into your CertCentral account.
  • Customize the Discovery experience to meet the needs of your organization.
  • Integrate with your existing tools.

Sample of endpoints you can start using now:

Tips and Tricks

  • Discovery API uses this base URL: https://daas.digicert.com/apicontroller/v1/
  • Discovery API requires admin or manager level permissions.
new

In our CertCentral API, we added a new Custom Reports API that leverages the powerful GraphQL query language, enabling you to generate comprehensive and customizable data sets for more robust reporting.

Custom Reports API consolidates multiple REST endpoints into a single one, so you can better define the types and fields in your queries so they return only the information needed. Additionally, use it to create reusable query templates for generating and scheduling reports.

To learn more, see Custom Reports API in our Developers portal.

new

We added two new features to the Expiring Certificates page (in the sidebar, click Certificates > Expiring Certificates), making it easier to manage renewal notifications for your expiring certificates.

First, we added a Renewal Notices column with an interactive check box. Use this check box to enable or disable renewal notices for an expiring certificate.

Second, we added two Renewal Notices filters: Disabled and Enabled. These filters allow you to see only the certificate orders with renewal notices enabled or disabled.

enhancement

In the DigiCert Services API, we updated the List keys and Get key info endpoints response parameters, enabling you to see the organization associated with your ACME certificate orders.

Now, when you call the List keys and Get key info endpoints, we return the name of the organization (organization_name) associated with the ACME certificate order in the response.

Get key info: example reponse with new parameter

new

In the DigiCert Services API, we added two new Order info endpoints. Now, you can use the order ID, the certificate's serial number, or the certificate's thumbprint to view the details for a certificate order.

  • GET https://www.digicert.com/services/v2/order/certificate/{{thumbprint}}
  • GET https://www.digicert.com/services/v2/order/certificate/{{serial_number}}

Currently, these new endpoints only retrieve data for the primary certificate. For more information on the Services API, see our Developers portal.

new

PQC dockerized toolkit guide available now

Secure Site Pro Secure Site Pro certificates come with access to the DigiCert post-quantum cryptographic (PQC) toolkit. To create your own PQC test environment, use one of these options:

Our toolkits contain what you need to create a hybrid SSL/TLS certificate. The hybrid certificate in the toolkits uses a PQC algorithm paired with an ECC algorithm allowing you to test the feasibility of hosting a post-quantum, backwards compatible hybrid certificate on your website.

Note: To access your PQC toolkit, go to your Secure Site Pro Certificate's Order # details page. (In the sidebar menu, click Certificates > Orders. On the Orders page, click the order number link for your Secure Site Pro certificate. On the certificate's order details page, click PQC toolkit.)

To learn more about post-quantum cryptography, see Post-Quantum Cryptography. To learn more about what's included with each Secure Site Pro certificate, see Pro TLS/SSL Certificates.

new

DigiCert is happy to announce we made it easier for DigiCert Accounts using the Retail API to upgrade to our new Certificate Management Platform, DigiCert CertCentralFor free!

To make the upgrade as seamless as possible, we shimmed these Retail API endpoints:

Now, you can upgrade your DigiCert Account without any interruptions to your API integrations. Once you're upgraded, make plans to build new integrations with CertCentral.

  • For more information on the CertCentral Services API, see our Developers portal.

For information about the DigiCert Retail API, see Documentation for the DigiCert Retail API.

enhancement

In Discovery, we updated the Certificates page, adding a new action—Replace certificate—to the Actions dropdown. Now, from the Certificates page, you can replace any certificate with a DigiCert certificate regardless of issuing CA.

(In the sidebar menu, click Discovery > View Results. On the Certificates page, locate the Actions dropdown for the certificate you want to replace. Click Actions > Replace certificate.)

enhancement

In Discovery, we updated the Certificates by rating widget on the Discovery dashboard, making it easier to see the security ratings for your public SSL/TLS certificates (in the sidebar menu, click Discovery > Discovery Dashboard).

As part of the update, we renamed the widget: Certificates analyzed by security rating. Then, we split the chart on the widget into two charts: Public and Others. Now, you can use the Public | Others toggle switch on the widget to select the chart you want to see.

The Certificates analyzed by security rating - Public chart displays the ratings for your public SSL/TLS certificates only. The Certificates analyzed by security rating - Other chart displays the rating for all your other SSL/TLS certificates (e.g., private SSL certificates).

enhancement

In Discovery, we updated the Endpoints and Server details pages making it easier to see the correlation between the IP address and the hostname/FQDN scan it resulted from.

Now, when you configure a scan for a hostname/FQDN, and the scan's endpoint results return IP addresses, we include the hostname/FQDN from the scan with the IP address.

Update note: The hostname update is available in the latest sensor version – 3.7.10. After the sensors updates are completed, rerun scans to see the hostname/IP address correlation on your scan results.

new

In the DigiCert Services API, we added two new endpoints for ordering your Secure Site Pro certificates: Order Secure Site Pro SSL and Order Secure Site Pro EV SSL.

  • POST https://www.digicert.com/services/v2/order/certificate/ssl_securesite_pro
  • POST https://www.digicert.com/services/v2/order/certificate/ssl_ev_securesite_pro

Benefits included with each Secure Site Pro certificate

Each Secure Site Pro certificate includes – at no extra cost – first access to premium feature such as the Post Quantum Cryptographic (PQC) toolkit.

Other benefits include:

  • Priority validation
  • Priority support
  • Two premium site seals
  • Malware check
  • Industry-leading warranties – protection for you and your customer!

To learn more about our Secure Site Pro certificates, see DigiCert Secure Site Pro.

To activate Secure Site Pro certificates for your CertCentral account, contact your account manager or our support team.

enhancement

DigiCert Service API で、[再発行を一覧表示する] エンドポイント応答パラメータを更新し、お客様による受取 id、ドメインの購入回数、および再発行済オーダーでのワイルドカードドメインの購入回数の確認を可能にしました。

現在、これらの応答パラメータは、お使いの発効済証明書のオーダー詳細で、該当する場合に当社より返しています。

  • receipt_id
  • purchased_dns_names
  • purchased_wildcard_names
Example of the new List reissues endpoint response-parameters

enhancement

[オーダーの証明書を再発行する]ページで、[取引サマリー] を改定し、お客様が、証明書の有効期限切れまでの残り日数を確認できるようにしました。これで、証明書を再発行する場合、[取引サマリー] に、証明書の有効期間が有効期限切れまでの日数とあわせて表示されます (例. 1 年 (43日で有効期限切れ)。

enhancement

DigiCert Services API で、[オーダーを一覧表示する],[オーダー情報],[再発行を一覧表示する],および [複製を一覧表示する] エンドポイントを更新し、お客様が証明書の有効期限切れまでの残り日数を確認できるようにしました。これらのエンドポイントについては、その応答に days_remaining パラメータを返します。

Example of the days_remaining response parameter.png

enhancement

SAML シングルサインオン (SSO) の CertCentral との統合のユーザー招待ワークフローを改定し、お客様が、お使いのアカウントユーアー招待を送信する前に、招待される者を SSO 専用ユーザーとして指定することができるようになります。これで、[新しいユーザーを招待する] ポップアップウインドウで、[SAML シングルサインオン (SSO) のみ] オプションを使用して、招待される者を SAML SSO のみに制限します。

注意:このオプションで、これらのユーザーについてすべての他の認証方法が無効になります。また、このオプションは、SAML をお使いの CertCentral アカウントで有効にしている場合のみ、表示されます。

サイドバーメニューで、[アカウント] >[ユーザー招待] の順でクリックします。[ユーザー招待]ページで、[新しいユーザーを招待する] をクリックします。「SAML SSO:ユーザーをアカウントに参加するように招待する」 を参照してください。)

簡易登録フォーム

当社では、SSO 専用ユーザー 登録フォームの簡素化も行い、,パスワードとセキュリティの質問要件を削除しました。これで、SSO 専用の招待される者に必要なのは、各自の個人情報のみとなります。

new

お使いのアカウントの Discovery 証明書スキャンの結果を CertCentral ダッシュボード から確認しやすくし、[確認された有効期限切れが近い証明書],[証明書発行者],および [評価により分析した証明書] ウィジェットを追加しました。

各ウィジェットには、ドリルダウンして有効期限切れが近い証明書についての詳細を探しやすくできる双方向チャート (例. どの証明書が8~15日で有効期限切れになるか)、発行 CA ごとの証明書 (例. DigiCert)、およびセキュリティ評価ごとの証明書 (例. 安全ではない) が含まれます。

Discovery についての詳細

Discovery はセンサを利用して、ネットワークをスキャンします。スキャンは、CertCentral アカウント内から中央構成および管理します。

new

DigiCert Services API で、[オーダー情報] エンドポイントを更新し、お客様が証明書の申請方法を確認できるようにしました。Services API または ACME ディレクトリ URL から申請した証明書については、新しい応答パラメータを返します。api_key. このパラメータには、以下のキータイプとあわせてキー名が含まれます。API または ACME

注意:別の方法から申請したオーダー (例. CertCentral アカウント、ゲスト申請 URL、など) について、api_key パラメータは応答から省かれます。

これで、オーダー詳細を表示するときに、API または ACME ディレクトリ URL から申請したオーダーへの応答に新しい api_key パラメータが標示されます。

取得 https://dev.digicert.com/services-api/order/certificate/{order_id}

応答:

Order info endpoint response parameter

new

新しい検索フィルタ – [申請済] – を[オーダー]ページに追加し、これにより、お客様は個別の API キーまたは ACME ディレクトリ URL から申請した証明書オーダーを検索することができます。

これで、[オーダー]ページで、[申請済] フィルタを使用して、個別の API キーまたは ACME ディレクトリ URL から有効、有効期限切れ、失効済、拒否済、保留中の再発行、保留中、および複製証明書を探すことができます。

(サイドバーメニューで、[証明書 >オーダー]をクリックします。[オーダー]ページで、[詳細検索を表示する] をクリックします。次に、[申請済] ドロップボックスで、API キーまたは ACME ディレクトリ URL 名を選択するか、その名前をボックスに入力します。)

enhancement

基本およびセキュア サーバーID 単一ドメイン証明書サービス (Standard SSL、EV SSL、セキュア サーバーID SSL、およびセキュア サーバーID EV SSL) を改定し、「 [your-domain].com と www.[your-domain].com の両方を証明書に含める」 オプションをこれらの証明書オーダー、再発行、および複製フォームに追加しました。このオプションでは、お客様は、コモンネーム (FQDN) の両方のバージョンをこれらの単一ドメイン証明書に 無料で 含めるかを選択できます。

  • コモンネーム (FQDN) の両方のバージョンを安全保護するには、「 [your-domain].com と www.[your-domain].com の両方を含める]にチェックを入れます。
  • コモンネーム (FQDN) のみを安全保護するには、「 [your-domain].com と www.[your-domain].com の両方を含める]のチェックを外します。

「SSL/TLS 証明書をオーダーする」 を参照してください。

サブドメインにも適用されます。

新しいオプションでは、両方のバージョンのベースとサブドメインを取得できます。これにより、両方のバージョンのサブドメインを安全保護するには、サブドメインを [コモンネーム] ボックス (sub.domain.com) に追加し、 「 [your-domain].com と www.[your-domain].com の両方を含める]にチェックを入れます。DigiCert が証明書を発行した場合、その証明書には以下の両方のバージョンのサブドメインが含まれることになります。[sub.domain].com と www.[sub.doman].com

[サブドメインにプラス機能を使用する]を削除しました

「[your-domain].com と www.[your-domain].com を証明書に含める」 オプションで、「プラス機能 -- サブドメインにプラス機能を使用する」 が使用できなくなります。そのため、[管理グループ環境設定]ページからオプションを削除しました (サイドバーメニューで、[設定] > [環境設定] の順でクリック)。

enhancement

DigiCert Services API で、下記の [OV/EV SSL をオーダーする],[SSL (type_hint) をオーダーする],[セキュア サーバーID SSL をオーダーする],[プライベート SSL をオーダーする],[証明書を再発行する],および [複製証明書] エンドポイントを更新しました。これらの変更により、単一ドメイン証明書の申請、再発行および複製時の管理がしやすくなり、お客様が個別の追加 SAN をこれらの単一ドメイン証明書に 無料で 含めるかを選択することができます。

  • /ssl_plus
  • /ssl_ev_plus
  • /ssl_securesite
  • /ssl_ev_securesite
  • /private_ssl_plus
  • /ssl*
  • /reissue
  • /duplicate

*注意:[SSL (type_hint) をオーダーする]エンドポイントについては、 下記の dns_names[] パラメータのみを使用して、無料の SAN を追加します。

両方のバージョンのドメイン ([your-domain].com と www.[your-domain].com) を安全保護するには、申請で、common_name パラメータを使用して、ドメイン ([your-domain].com) を追加し、dns_names[] パラメータを使用して、他のバージョンのドメイン (www.[your-domain].com) を追加します。

DigiCert が証明書を発行した場合、両方のバージョンのドメインが安全保護されます。

example SSL certificte request

コモンネーム (FQDN) のみを安全保護する場合は、申請の dns_names[] パラメータを省きます。 

enhancement

DigiCert Services API で、[複製証明書] エンドポイントワークフローを改定しました。これで、複製証明書がすぐに発行できる場合、当社より複製証明書を応答本文に返します。

詳細は、「複製証明書」 を参照してください。

enhancement

CertCentral の複製証明書オーダーをプロセスを改定しました。これで、複製証明書をすぐに発行できる場合、当社はお客様を、証明書をすぐにダウンロードできる [複製] ページに案内します。

enhancement

CertCentral ヘルプメニューのドキュメントリンクを更新し、[アカウントアクセス]ページで、新しいドキュメントポータルに移動します。

これで、CertCentral ヘルプメニューで、,[はじめに]をクリックすると、,新しい DigiCert ドキュメントポータル に移動になります。同様に、[ログを変更する] をクリックすると、,改定された [ログを変更する] ページに移動になります。また現在、[アカウントアクセス] ページ (サイドバーメニューで、[アカウント] > [アカウントアクセス] をクリック)、[API ドキュメント] をクリックすると、,新しい [DigiCert 開発者ポータル] に移動になります。

new

新しい DigiCert ドキュメントポータルを公表いたします。新しいサイトの外観は刷新され、整理されたタスクベースのヘルプドキュメント、製品ニュース、変更ログおよび API 開発者ドキュメントが記載されます。

新しい DigiCert 開発者ポータル はベータ版ではないことを発表いたします。開発者サイトの外観は刷新され、利用可能なエンドポイント、使用ケースおよびワークフローについての情報が記載されます。

ヒントと注意点

  • ドキュメントポータルへは [サポート] 下のトップメニューにある www.digicert.com からアクセスできます ([サポート] > [ドキュメント]の順でクリック)。
  • ドキュメントにサブヘッダを置き、ハッシュタグアイコン をクリックします。これでブラウザのアドレスバーに URL が作成され、指示にしたがって個別セクションにブックマークするか、リンクできます。

まもなく公開

はじめに には、お使いのアカウントの機能に慣れるための情報が収録されています。

3月 18, 2019

fix

DigiCert Services API で、発行済クライアント証明書オーダー(Authentication Plus、Email Security Plus、など) にメールアドレスを返す、[オーダー情報] エンドポイントのバグを修正しました。

注意:[オーダーを一覧表示する] エンドポイントを使用して、すべての発行済証明書に情報を取り込む場合、クライアント証明書オーダーのメールアドレスが返されました。

現在は、[オーダー情報] エンドポイントを使用して、発行済クライアント証明書オーダーの詳細を表示すると、応答でメールアドレスが返されます。

Authentication Plus 向けオーダー情報応答の例

fix

複数の組織部門(OU)のある SSL/TLS 証明書申請での OU エントリに個別に適用するのではなく、全体的に64文字制限を提供する OU エントリ文字制限のバグを修正しました。管理者が申請を承認しようとするとき、"「組織部門は、業界基準に準拠するため、64文字以下でなければなりません」" エラーメッセージを間違って受け取っていました。

注意:このバグが影響を及ぼすのは、管理者承認が必要な申請のみです。

現在、管理者が 複数の OU のある SSL/TLS 証明書申請を承認する (各エントリは64文字制限基準内) 場合、申請は予定どおり、DigiCert に提出されます。

準拠に関する注意事項:業界基準では、個別の組織部門エントリに64文字の制限が設定されています。ただし、オーダーに複数の OU を追加する場合、それぞれは個別にカウントされ、組み合わされることはありません。「パブリックトラスト証明書 – 業界基準に違反するデータエントリ」 を参照してください。

fix

申請/証明書の割当先の管理グループを編集することができない、証明書申請上のバグを修正しました。

注意:証明書が発行されたら、[オーダー#] 詳細ページに移動し、証明書の割当先の管理グループを編集することができました。

現在、証明書申請を編集する場合、申請/証明書の割当先の管理グループを変更することができます。

fix

保留中の再発行付き証明書を失効できるようにみえる証明書再発行バグを修正しました。このバグの修正のため、再発行証明書ワークフローを改定し、[証明書を失効にする] オプションを保留中の再発行付き証明書から削除しました。

以前は、証明書に保留中の再発行がある場合、元の、あるいは以前の発行済証明書を失効にする申請を提出 することができました。管理者が申請を承認したとき、証明書が [申請] ページで失効済として間違ってマークされていました。しかし、[オーダー] ページに移動すると、証明書は発行済として正しくマークされ、まだ有効でした。

証明書の再発行が保留中の場合、その証明書は証明書再発行プロセスと連携されているため、失効にすることはできません。保留中の再発行が付いた証明書の失効が必要な状況になった場合、以下の2つのオプションがあります。

  1. 証明書再発行をキャンセルし、続いて元の、または以前発行済の証明書を失効にする
  2. DigiCert が証明書を再発行するのを待ち、証明書を失効にする
fix

保留中の再発行付き証明書を失効にする申請を提出できるようにみえる DigiCert Services API 証明書再発行バグを修正しました。[証明書を失効にする] エンドポイントを使用した場合、[201 作成済] 応答が申請詳細とあわせて返ってきました。

現在、[証明書を失効にする] エンドポイントを使用して保留中の再発行付き証明書を失効にする場合、お客様が保留中の再発行付きオーダーは失効にできないことを、その証明書を失効にする必要がある場合はどうするかの情報とあわせて通知するメッセージを付けて、エラーを返します。

"オーダーは、再発行の保留中は、失効にすることはできません。再発行をキャンセルし、続いて証明書を失効にするか、または再発行が完了してから証明書を失効にすることができます。"

fix

有効期限切れまで1年以上残っている証明書の元のオーダーの有効期限日を提供していない、DV 証明書再発行バグを修正しました。

現在、有効期限切れまで1年以上残っている DV 証明書を再発行するとき、再発行済証明書に、元の証明書の有効期限日が保持されます。

enhancement

DigiCert Services API で DV 証明書申請エンドポイントを改定したことで、新しい email_domain フィールドを既存の email フィールドとあわせて使用し、ドメイン名の利用権確認 (DCV) メールの希望受取人をより正確に設定できるようになりました。

例えば、my.example.com に証明書をオーダーするとき、ベースドメイン (example.com) のドメインオーナーにサブドメインを認証させることができます。DCV メールのメール受取人を変更するには、DV 証明書申請で、dcv_emails パラメータを追加します。次に、ベースドメイン (example.com) を指定する email_domain フィールドと希望の DCV メール受取人(admin@example.com)を指定する email フィールドを追加します。

GeoTrust Standard DV 証明書の申請例

DV 証明書エンドポイント:

enhancement

DigiCert Services API 申請エンドポイントを強化したため、お客様は、証明書申請への応答を早めることが可能にななります。

enhancement

OV 証明書オーダーについて 連絡先を追加 しやすくしました (Standard SSL、セキュア サーバーID SSL、など)。これで、OV 証明書をオーダーするとき、当社がお客様の代わりに [組織連絡先] カードに記入します。必要な場合、技術連絡先を追加することができます。

  • お使いのアカウントに既存の組織を含む CSR を追加する場合は、組織連絡先カードに、その組織に割り当てられた連絡先を記入します。
  • 既存の組織を手動で追加する場合は、組織連絡先 カードに、その組織に割り当てられた連絡先を記入します。
  • 新しい組織を追加する場合は、組織連絡先 カードに、連絡先情報を記入します。

別の組織連絡先を使用するには、自動記入されたものを消去し、手動で追加します。

enhancement

EV 証明書オーダーについて 連絡先を追加 しやすくしました (EV SSL、セキュア サーバーID EV SSL、など)。これで、EV 証明書をオーダーするとき、EV 確認済連絡先情報がお使いのアカウントで利用できる場合は、お客様に代わり、当社で 確認済連絡先 カードに記入します。必要な場合、組織および技術連絡先を追加することができます。

  • お使いのアカウントに既存の組織を含む CSR を追加する場合、当社で 確認済連絡先 カードに、その組織に割り当てられた EV 確認済連絡先を記入します。
  • 既存の組織を手動で追加する場合は、確認済連絡先 カードに、その組織に割り当てられた EV 確認済連絡先を記入します。

確認済連絡先 の組織への割当は、組織を追加する上での前提条件ではありません。確認済連絡先情報が組織として利用できない例はある可能性があります。この場合は、確認済連絡先を手動で追加します。

new

order_id を使用して、オーダーについて、現在の有効な証明書をダウンロードできる新しいエンドポイントを2つ追加しました。

これらのエンドポイントは、オーダーについて もっとも最近再発行の 証明書を取得するのみに使用できます。これらのエンドポイントは、複製証明書のダウンロードには使用できません。

複製証明書に関する注意事項

オーダーについて複製証明書をダウンロードするには、はじめに [オーダー複製を一覧表示する] エンドポイントを使用して、証明書の certificate_id – GET https://www.digicert.com/services/v2/order/certificate/{{order_id}}/duplicate を複製します。

次に、[証明書を取得する] エンドポイントを使用して、複製証明書をダウンロードします – GET https://www.digicert.com/services/v2/certificate/{{certificate_id}}/download/platform .

再発行証明書に関する注意事項

過去の再発行証明書 (現在の再発行ではないもの) をダウンロードするには、はじめに [オーダー再発行を一覧表示する] エンドポイントを使用して、再発行証明書の certificate_id -- GET https://www.digicert.com/services/v2/order/certificate/{{order_id}}/reissue を取得します。

次に、[証明書を取得する] エンドポイントを使用して、再発行証明書をダウンロードします – GET https://www.digicert.com/services/v2/certificate/{{certificate_id}}/download/platform .

API ドキュメントに関する注意事項

DigiCert Services API で利用できるこれらと他のエンドポイントについての詳細は、「CertCentral API」 を参照してください。

enhancement

RapidSSL DV 証明書サービスを強化したため、お客様はこれらの単一ドメイン証明書に2つ目の個別ドメインを含めることができます。

  • RapidSSL Standard DV
    デフォルトでは、現在、RapidSSL Standard DV 証明書をオーダーすると、証明書に両方のバージョンのコモンネームを取得します – [your-domain].com と www.[your-domain].com.
    コモンネームの入力後、「www.[your-domain].com と[your-domain].com をの両方を証明書に含める」 ボックスにチェックが入っているかを確認します。
    以前は、[your-domain].com と www.[your-domain].com については、個別に証明書をオーダーする必要がありました。
  • RapidSSL Wildcard DV
    デフォルトでは、現在、RapidSSL Wildcard DV 証明書をオーダーすると、証明書にワイルドカードドメインとベースドメイン両方のバージョンを取得します –*。[your-domain].com と[your-domain].com.
    コモンネームの入力後、「*.[your-domain].com と[your-domain].com の両方を証明書に含める」 ボックスにチェックが入っているかを確認します。
    以前は、*.[your-domain].com と[your-domain].com については、個別に証明書をオーダーする必要がありました。

「CertCentral:DV 証明書®ガイド」を参照してください。

enhancement

RapidSSL 証明書エンドポイントを強化し dns_names パラメータを含めたため、お客様はこれらの単一ドメイン証明書に2つ目の個別ドメインを含めることができます。

  • RapidSSL Standard DV
    現在、RapidSSL Standard DV 証明書をオーダーすると、証明書に両方のバージョンのドメインを取得します —[your-domain].com と www.[your-domain].com。
    "common_name": "[your-domain].com",
    "dns_names":["www.[your-domain].com"],

    以前は、[your-domain].com と www.[your-domain].com については、個別に証明書をオーダーする必要がありました。
  • RapidSSL Wildcard DV
    現在、RapidSSL Wildcard DV 証明書をオーダーすると、証明書にベースドメインを含めることができます —*.[your-domain].com と[your-domain].com)
    "common_name": "*.your-domain.com",
    "dns_names":["[your-domain].com"],

    以前は、*.[your-domain].com と[your-domain].com については、個別に証明書をオーダーする必要がありました。

DigiCert Services API ドキュメントについては、「CertCentral API」 を参照してください。

new

個別のドキュメント署名証明書は CertCentral で利用できます。

  • ドキュメント署名 – 個別 (500)
  • ドキュメント署名 – 個別 (2000)

個別署名証明書を CertCentral アカウントについて有効にするには、販売代理店にお問い合わせください。

以前は、利用できたのは、組織ドキュメント署名証明書のみでした。

  • ドキュメント署名 – 組織 (2000)
  • ドキュメント署名 – 組織 (5000)

これらの証明書についての詳細は、「ドキュメント署名証明書」 を参照してください。

enhancement

SSL/TLS およびクライアント証明書製品サービスを強化したため、これらの証明書の1つをオーダーした場合、カスタム有効期間 (日数) を設定することが可能になります。以前は、カスタム有効期限日のみ選択できました。

カスタム有効期間は、証明書発行日が起算日です。証明書代金は、カスタム証明書長と一致するように日割計算されます。

注意:カスタム証明書長は、証明書の業界許容の最大使用期間を超過することはできません。例えば、SSL/TLS 証明書について、900日の有効期間を設定することはできません。

enhancement

証明書が有効な日数を設定できる新しい validity_days パラメータを含めるように、SSL/TLS およびクライアント証明書エンドポイントを強化しました。

パラメータ優先順位に関する注意事項:申請に1つ以上の証明書有効パラメータを含める場合、この順序で証明書有効パラメータを優先します。custom_expiration_date > validity_days > validity_years.

DigiCert Services API ドキュメントについては、「CertCentral API」 を参照してください。

new

証明書オーダーにすべての再発行証明書を表示できる、新しい [オーダー管理 - オーダー再発行を一覧表示する] API エンドポイントを追加しました。[オーダー再発行を一覧表示する] エンドポイントを参照してください。

10月 6, 2017

new

新しい[オーダー認証を取り込む]エンドポイントを追加: 個別オーダーについて、DCV と組織認証を表示できます。

/services/v2/order/certificate/{order_id}/validation

もっと詳しく »

10月 3, 2017

new

新しい即時証明書発行機能を証明書申請 API エンドポイントに追加「CertCentral 即時証明書発行機能」を参照してください。

new

"[ヘルプ]" (?) メニュードロップダウンに新機能搭載: 新しい [変更ログ] ページへのリンクを追加

fix

[オーダー詳細]エンドポイントの API バグを修正しました。これにより、応答本文が、クライアント証明書への2つの更新フィールドを返していきます。

"is_renewal": false
"renewed_order_id": 1234567

もっと詳しく »