フィルタリング: cc-api x 消去
fix

We fixed a bug in CertCentral where "hidden" organizations prevented certificate request forms from opening. To fix this issue, we no longer include hidden organizations in the list of available organizations on the certificate request forms.

What if I want to add a "hidden" organization to a certificate request?

To include a "hidden" organization in the list of available organizations on your certificate request forms, simply unhide it.

  1. In the left main menu, go to Certificates > Organizations.
  2. On the Organizations page, in the Hidden Organizations dropdown, select Show and then click Go.
  3. Click the organization, you want to unhide.
  4. On the Organization's detail page, click Unhide.

The next time you order a certificate, the organization will appear in the list of available organizations on the certificate request form.

Note: This change only affects the CertCentral user interface (UI). The API supports adding "hidden" organizations to your requests; you don’t need to unhide an organization to add it to a certificate request.

new

Legacy account upgrades to CertCentral

In the DigiCert Service API, we added a new endpoint—DigiCert order ID—to make it easier to find the corresponding DigiCert order IDs for your migrated legacy Symantec orders.

After you migrate your active, public SSL/TLS certificate orders to your new account, we assign a unique DigiCert order ID to each migrated legacy Symantec SSL/TLS certificate order.

Example request

GET https://www.digicert.com/services/v2/oem-migration/{{symc_order_id}}/order-id

Example response
200 OK

Example response for Digicert order ID endpoint

For more information:

new

In the DigiCert Services API, we added four new endpoints for ordering the new more flexible Basic and Secure Site SSL/TLS certificates. These more flexible SSL/TLS certificates make it easier to get the certificate to fit your needs and will replace the old Basic and Secure Site products.

Use these endpoints to place new orders and renewal orders only. They cannot be used to convert existing Basic or Secure Site certificate orders.

To activate any of these new certificates for your CertCentral account, contact your account manager or our Support team.

  • Order Basic OV
    POST https://www.digicert.com/services/v2/order/certificate/ssl_basic
  • Order Basic EV
    POST https://www.digicert.com/services/v2/order/certificate/ssl_ev_basic
  • Order Secure Site OV
    POST https://www.digicert.com/services/v2/order/certificate/ssl_securesite_flex
  • Order Secure Site EV
    POST https://www.digicert.com/services/v2/order/certificate/ssl_ev_securesite_flex

Flexible OV and EV certificates

These certificates provide the encryption and authentication you've come to expect from DigiCert SSL/TLS certificates, while allowing you to build an OV or EV certificate with a mix of whatever domains and wildcard domains* are needed to fit your needs.

*Note: Industry standards support wildcard domains in OV SSL/TLS certificates only. EV SSL/TLS certificates don't support the use of wildcard domains.

enhancement

SSL/TLS およびクライアント証明書製品サービスを強化したため、これらの証明書の1つをオーダーした場合、カスタム有効期間 (日数) を設定することが可能になります。以前は、カスタム有効期限日のみ選択できました。

カスタム有効期間は、証明書発行日が起算日です。証明書代金は、カスタム証明書長と一致するように日割計算されます。

注意:カスタム証明書長は、証明書の業界許容の最大使用期間を超過することはできません。例えば、SSL/TLS 証明書について、900日の有効期間を設定することはできません。

enhancement

証明書が有効な日数を設定できる新しい validity_days パラメータを含めるように、SSL/TLS およびクライアント証明書エンドポイントを強化しました。

パラメータ優先順位に関する注意事項:申請に1つ以上の証明書有効パラメータを含める場合、この順序で証明書有効パラメータを優先します。custom_expiration_date > validity_days > validity_years.

DigiCert Services API ドキュメントについては、「CertCentral API」 を参照してください。

new

証明書オーダーにすべての再発行証明書を表示できる、新しい [オーダー管理 - オーダー再発行を一覧表示する] API エンドポイントを追加しました。[オーダー再発行を一覧表示する] エンドポイントを参照してください。

enhancement

[ドメイン管理 – ドメイン管理メールを取得する] API エンドポイントの機能を強化しました。これで、ドメイン名を使用して、いずれかのドメインについて、ドメイン名の利用権確認 (DCV) のメールアドレスを取り込むことができます (WHOIS ベースおよび構築)。

以前は、DCV メールアドレスを取り込むには、ドメイン ID が必要でした。ただし、ドメインに ID を保有するには、それを事前認証用に提出する必要があります。

これで、 [ドメイン管理 – ドメイン管理メール] エンドポイントにより、ドメイン名または ID のいずれかを使用して、いずれかのドメインに、DCV メールアドレスを取り込むことができます (WHOIS ベースおよび構築)。[ドメインメールを取得する] エンドポイントを参照してください。

10月 17, 2018

new

オーダー ID を使用して単一オーダーと関連づけられたすべての証明書を失効にできる、新しい [オーダー管理 - 証明書を失効にする] API エンドポイントを追加したため、API を使用した発行済証明書の失効がしやすくなりました。これにより、オーダーと関連づけられたいずれかの複製または再発行はすべて一度に失効にできます。

注意:証明書失効申請の提出後、DigiCert による、オーダーに関連づけられた証明書の失効が可能になる前に、管理者は、申請を承認する必要があります。[更新申請ステータス] API エンドポイントを参照してください。

新しいエンドポイントおよび他の一般利用可能なエンドポイントについての詳細は、CentCentral API ドキュメントの [証明書を失効にする] エンドっポイントを参照してください。