フィルタリング: dcv methods x 消去
enhancement

CertCentral DV 証明書登録 ガイドを https://docs.digicert.com/certcentral/documentation/dv-certificate-enrollment/ に移動しました。

ガイドの PDF バージョンはそのまま利用できます ([はじめに] ページ下部のリンクを参照してください)。

また、CentCentral の DV 証明書向けのサポート対象 DCV 方法に対応する説明部分を更新および追加しました。

  • 新しいドメイン名の利用権確認 (DCV) 説明を追加
    • メール DCV 方法を使用する
    • DNS TXT DCV 方法を使用する
    • ファイル DCV 方法を使用する
    • ファイル DCV 方法の共通の間違い
  • オーダー DV 証明書の説明を更新
    • RapidSSL Standard DV 証明書をオーダーする
    • RapidSSL Wildcard DV 証明書をオーダーする
    • GeoTrust Standard DV 証明書をオーダーする
    • GeoTrust Wildcard DV 証明書をオーダーする
    • GeoTrust Cloud DV 証明書をオーダーする
  • 再発行 DV 証明書の説明を更新
    • RapidSSL Standard DV 証明書を再発行する
    • RapidSSL Wildcard DV 証明書を再発行する
    • GeoTrust Standard DV 証明書を再発行する
    • GeoTrust Wildcard DV 証明書を再発行する
    • GeoTrust Cloud DV 証明書を再発行する
new

DV 証明書 [オーダー][再発行] ページにもう2つのドメイン名の利用権確認(DCV) 方法を追加しました。DNS TXT とファイル

注意:以前 (DigiCert Services API を使用していないかぎり)、DV 証明書オーダーではドメイン名の利用権を確認するのに使用できたのは、メール DCV 方法のみでした。

現在、DV 証明書の再発行をオーダーするとき、ドメイン名の利用権を確認するのに DNS TXT、ファイル、またはメール DCV 方法から選択することができます。

new

当社では、新しい [ドメイン名の利用権確認] 機能を DV 証明書の [オーダー#] 詳細ページに追加。

以前は、DV 証明書の [オーダー#] 詳細ページのドメイン認証を完了するためにいずれの対応もすることはできませんでした。

現在は、オーダーのドメイン認証を完了するため複数の対応方法を利用できます。

  • DNS TXT、メールおよびファイル DCV 方法を使用する
  • DCV メール を再送/送信する、およびどのメールアドレスに送信するかを選択する
  • ドメインの DNS TXT レコードを確認する
  • ドメインの fileauth.txt ファイルを確認する
  • 証明書のオーダー時に選択したものとは別の DCV 方法を選択する

(サイドバーメニューで、[証明書 >オーダー]をクリックします。DV 証明書オーダーの [オーダー #] 行の [オーダー番号] ページで、[オーダー番号]リンクをクリックします。)

enhancement

DV 証明書の [オーダー#] 詳細ページの [証明書詳細] セクションを強化し、追加 DV 証明書情報を追加しました。シリアル番号サムプリント.

注意:この強化は過去に遡って適用されることはありません。この新しい情報が表示されるのは、2019年1月15日 17:00 (UTC 時間) 以降に行われたオーダーのみです。

(サイドバーメニューで、[証明書 >オーダー]をクリックします。DV 証明書オーダーの [オーダー #] 行の [オーダー番号] ページで、[オーダー番号]リンクをクリックします。)

enhancement

[オーダー詳細を取得する] エンドポイントを強化し、応答で DV 証明書のサムプリントとシリアル番号を返すことが可能になりました。

{
"id":"12345",
"証明書":{
"id":123456,
"サムプリント":"{{サムプリント}}",
"serial_number":"{{serial_number}}
...
}

注意:この強化は過去に遡って適用されることはありません。サムプリントとシリアル番号が返されるのは、2019年1月15日 17:00 (UTC 時間)以降に行われたオーダーのみです。

詳細は、DigiCert Services CertCentral API ドキュメント[オーダー詳細を取得する] エンドポイントを参照してください。

enhancement

[ドメイン管理 – ドメイン管理メールを取得する] API エンドポイントの機能を強化しました。これで、ドメイン名を使用して、いずれかのドメインについて、ドメイン名の利用権確認 (DCV) のメールアドレスを取り込むことができます (WHOIS ベースおよび構築)。

以前は、DCV メールアドレスを取り込むには、ドメイン ID が必要でした。ただし、ドメインに ID を保有するには、それを事前認証用に提出する必要があります。

これで、 [ドメイン管理 – ドメイン管理メール] エンドポイントにより、ドメイン名または ID のいずれかを使用して、いずれかのドメインに、DCV メールアドレスを取り込むことができます (WHOIS ベースおよび構築)。[ドメインメールを取得する] エンドポイントを参照してください。