フィルタリング: digicert order ID x 消去
fix

バグ修正:DV 証明書がメール通知に添付されていない

DV 証明書のコピーが 「お使いのドメインの証明書」 メール通知に添付されない、DV 証明書発行プロセスのバグを修正しました。この問題の一時修正として、当社では現在、DV 証明書メール通知に証明書ダウンロードリンクを含めています。

注意:DigiCert が証明書を発行した後、お客様の CertCentral アカウントですぐに利用できます。

メールのダウンロードリンクを使用するには、 CertCentral アカウントにアクセスし、証明書オーダーにアクセスする権限が必要です。

メール受取人がそのアカウントまたは証明書オーダーにアクセスできない場合は、CertCentral アカウントから DV 証明書のコピーをメールすることができます。「CertCentral アカウントから DV 証明書へのメール方法」 の対応方法を参照してください。

enhancement

レガシーパートナーアカウントの CertCentral へのアップグレード

DigiCert Service API では、DigiCert オーダー ID を更新し、移行したレガシー GeoTrust TLS/SSL 証明書オーダーの対応する DigiCert オーダー ID が探しやすくなりました。

これで、GeoTrust オーダー ID* を使用して、お使いの GeoTrust 証明書オーダーの DigiCert オーダー ID を使用することができます。また、GeoTrust オーダー ID の使用時、当社ではもっとも最近の DigiCert 証明書オーダー ID を返します。

*注意:レガシーパートナーアカウントでは、GeoTrust TLS/SSL 証明書オーダーの GeoTrust オーダー ID にアクセスするのみです。

背景

有効作動している、パブリック SSL/TLS 証明書オーダーを新しいアカウントに移行した後、当社では各移行済レガシー SSL/TLS 証明書オーダーに一意の DigiCert オーダー ID を割り当てます。

詳細は以下のとおりです。

fix

"非表示の" 組織が証明書申請フォームを開くのを妨害する CertCentral のバグを修正しました。この問題の解決のため、当社は今後、証明書申請フォームの利用可能な組織リストに、隠れた組織を含めることはしません。

"非表示の" 組織を証明書申請に追加する場合は、どうしたらよいですか?

"非表示の" 組織を証明書申請フォームの利用可能な組織リストに含めるには、非表示解除にするだけです。

  1. 左メインメニューで、[証明書] >[組織]の順で移動します。
  2. 組織]ページで、,[非表示の組織]ドロップダウンから [表示]を選択し、続いて [進む]をクリックします。
  3. 非表示解除する組織をクリックします。.
  4. 組織の詳細]ページで、,[非表示解除 ]をクリックします。

次回証明書オーダー時、証明書申請フォームの利用可能な組織リストに組織が表示されます。

注意:この変更が影響するのは、CertCentral ユーザーインターフェイス (UI) のみです。API は "非表示の" 組織のお客様の申請への追加をサポートしており、お客様は、証明書申請に追加するため、その組織を非表示を解除する必要がありません。

new

レガシーアカウントを CertCentral にアップグレード

DigiCert Service API では、新しいエンドポイント —DigiCert オーダー ID— を追加し、移行したレガシー Symantec オーダーの対応する DigiCert オーダー ID が探しやすくなりました。

有効作動している、パブリック SSL/TLS 証明書オーダーを新しいアカウントに移行した後、当社では各移行済レガシー Symantec SSL/TLS 証明書オーダーに一意の DigiCert オーダー ID を割り当てます。

申請例

GET https://www.digicert.com/services/v2/oem-migration/{{symc_order_id}}/order-id

応答例
200 OK

Example response for Digicert order ID endpoint

詳細は以下のとおりです。