フィルタリング: discovery x 消去
new

Discovery: Account setting for discovered certificate renewal notifications

In Discovery, we added a new account setting, Turn on discovered certificate renewal notifications, enabling you to receive renewal notifications for your expiring "discovered" SSL/TLS certificates. These renewal notifications include the option to renew your SSL/TLS certificate with us. When renewing a "discovered" SSL/TLS certificate in CertCentral, we'll replace it with an equivalent DigiCert certificate.

By default, renewal notices for discovered certificates are turned off for a CertCentral account*. To start receiving renewal notices for your expiring discovered certificates, go to Settings > Preferences. In the Certificate Renewal Settings section, check Turn on discovered certificate renewal notifications.

*Note: With the roll out of this new setting, you may need to turn Discovery renewal notifications back on for your account.

To learn more, see Discovery renewal notices.

new

Discovery Cloud-scan service

We've added a new feature to Discovery—Cloud-scan service—that uses a cloud-based sensor to find your public facing SSL/TLS certificates regardless of issuing Certificate Authority (CA).

Discovery Cloud-scan is a free cloud service so there is nothing to install or manage. You can start scanning immediately to find your public SSL/TLS certificates. There is no limit to the number of cloud-based scans you can run.

Cloud-scan runs every 24 hours and use the most recently saved scan configuration. Cloud-scan provides detailed information about the certificates found and the endpoints where those certificates are installed.

Note: This is the open beta for the Cloud-scan service.

To get started, in the left main menu, go to Discovery > Manage Discovery. On the Manage scans page, click Single cloud scan. To learn more, see Discovery Cloud-scan service.

new

Discovery: Renewal notifications for non-DigiCert SSL/TLS certificates

In Discovery, we added renewal notifications for non-DigiCert certificates, making it easier to manage all your SSL/TLS certificates in one place—CertCentral. Now, when Discovery finds non-DigiCert certificates, we'll send renewal notifications for these certificates regardless of issuing Certificate Authority (CA).

Note: When renewing a non-DigiCert SSL/TLS certificate in CertCentral, we'll replace it with the equivalent DigiCert certificate. For example, we'll replace a non-DigiCert single-domain SSL certificate with a DigiCert single-domain SSL certificate.

Who receives these renewal notifications?

By default, Discovery sends renewal notifications for non-DigiCert SSL/TLS certificates to the primary CertCentral administrator—the individual who created the account and receives all account notifications.

We also send renewal notifications to any additional email addresses assigned to receive account notifications. See Set up account email notifications and Certificate renewal notifications.

When are these renewal notifications sent?

Discovery uses your CertCentral renewal notification settings to determine when to send renewal notifications for non-DigiCert certificates. By default CertCentral sends renewal notifications 90, 60, 30, 7, and 3 days before a certificate expires and 7 days after a certificate expires.

To customize your renewal notifications schedule, see Certificate renewal notifications.

new

Discovery: Customize non-DigiCert SSL/TLS certificate renewal notification process

In Discovery, on the Certificates page, we added three new certificate renewal actions to the Actions column dropdown for non-DigiCert certificates: Disable renewal notices, Enable renewal notices, and Renewal notifications. Renewal notifications allows you to add email addresses to receive renewal notifications for a certificate.

On the Certificates page, you can now update your non-DigiCert certificate renewal process to fit your certificate needs. (In the left main menu, go to Discovery > View Results.)

Note: By default, Discovery sends renewal notifications for all discovered non-DigiCert SSL/TLS certificates.

To customize renewal notifications for non-DigiCert SSL/TLS certificates, see Discovery renewal notices.

11月 8, 2019

new

We are happy to announce a new addition to the DigiCert Developers portal—Discovery API. We just published our first set of Discovery API endpoints. More will follow as we continue to build out the Discovery API documentation.

Why use it?

  • Access Discovery features without signing into your CertCentral account.
  • Customize the Discovery experience to meet the needs of your organization.
  • Integrate with your existing tools.

Sample of endpoints you can start using now:

Tips and Tricks

  • Discovery API uses this base URL: https://daas.digicert.com/apicontroller/v1/
  • Discovery API requires admin or manager level permissions.
new

In Discovery, we added a new feature—Add root and intermediate CAs—that lets you upload public and private root and intermediate CAs. Use this feature to get more accurate security ratings for certificates chained to them.

If Discovery is unable to locate the root and intermediate CAs for a certificate, it down grades the certificate's security rating. By uploading a copy of the certificate's intermediate and root CAs, the next time Discovery runs a scan that includes that certificate, you'll get a more accurate rating.

Note: Supported certificate formats: .der and .cer

In CertCentral, in the left main menu, click Discovery > Manage Discovery. On the Manage scans page, in the More actions dropdown, click Manage root and intermediate CAs. See Add public and private root and intermediate CAs in our Discovery user guide.

new

In Discovery, we added a new Blacklist feature that lets you exclude specific IP addresses and FQDNs from your scan results. For example, you may want to blacklist a domain in your CDN network.

Note: When you blacklist an IP address or FQDN, its information is excluded from all future account Discovery scans. This feature does not remove information from existing scan results.

In CertCentral, the left main menu, click Discovery > Manage Discovery. On the Manage scans page, in the More actions dropdown, click Manage blacklist. See Blacklist IP addresses and FQDNs in our Discovery user guide.

enhancement

In Discovery, we updated the Certificates page, adding a new action—Replace certificate—to the Actions dropdown. Now, from the Certificates page, you can replace any certificate with a DigiCert certificate regardless of issuing CA.

(In the sidebar menu, click Discovery > View Results. On the Certificates page, locate the Actions dropdown for the certificate you want to replace. Click Actions > Replace certificate.)

enhancement

In Discovery, we updated the Certificates by rating widget on the Discovery dashboard, making it easier to see the security ratings for your public SSL/TLS certificates (in the sidebar menu, click Discovery > Discovery Dashboard).

As part of the update, we renamed the widget: Certificates analyzed by security rating. Then, we split the chart on the widget into two charts: Public and Others. Now, you can use the Public | Others toggle switch on the widget to select the chart you want to see.

The Certificates analyzed by security rating - Public chart displays the ratings for your public SSL/TLS certificates only. The Certificates analyzed by security rating - Other chart displays the rating for all your other SSL/TLS certificates (e.g., private SSL certificates).

enhancement

In Discovery, we updated the Endpoints and Server details pages making it easier to see the correlation between the IP address and the hostname/FQDN scan it resulted from.

Now, when you configure a scan for a hostname/FQDN, and the scan's endpoint results return IP addresses, we include the hostname/FQDN from the scan with the IP address.

Update note: The hostname update is available in the latest sensor version – 3.7.10. After the sensors updates are completed, rerun scans to see the hostname/IP address correlation on your scan results.

new

In the DigiCert Services API, we added two new endpoints for ordering your Secure Site Pro certificates: Order Secure Site Pro SSL and Order Secure Site Pro EV SSL.

  • POST https://www.digicert.com/services/v2/order/certificate/ssl_securesite_pro
  • POST https://www.digicert.com/services/v2/order/certificate/ssl_ev_securesite_pro

Benefits included with each Secure Site Pro certificate

Each Secure Site Pro certificate includes – at no extra cost – first access to premium feature such as the Post Quantum Cryptographic (PQC) toolkit.

Other benefits include:

  • Priority validation
  • Priority support
  • Two premium site seals
  • Malware check
  • Industry-leading warranties – protection for you and your customer!

To learn more about our Secure Site Pro certificates, see DigiCert Secure Site Pro.

To activate Secure Site Pro certificates for your CertCentral account, contact your account manager or our support team.

new

Discovery で、[構成済暗号スイートをスキャンする] オプションを、暗号スイートがサーバー上で有効にできるスキャン設定に追加しました。スキャンを追加または編集するとき、このオプションは [スキャン内容を選択する] を選択したときは、[設定] セクションにあります。[スキャンをセットアップおよび実行する] または [スキャンを編集する] を参照してください。

スキャンが完了したら、暗号スイート情報が [サーバー詳細] セクションの [サーバー詳細] ページに一覧表示されます。(サイドバーメニューで、[Discovery] > [結果を表示する] の順でクリックします。[証明書]ページで、[エンドポイントを表示する] をクリックします。[エンドポイント]ページで、エンドポイントの [IP アドレス / FQDN] リンクをクリックします。次に、[サーバー詳細]セクションの[サーバー詳細]ページで、暗号 表示 リンクをクリックします。)

更新に関する注意事項:新しい [構成済暗号スイートのスキャン] オプションは、最新センサバージョン – 3.7.7 で利用できます。センサ更新の完了後、スキャンの [設定] を編集し、,[スキャン内容を選択する] を選択、,「構成済暗号スイート」にチェックを入れて、,スキャンを再実行します。

enhancement

Discovery で、Strict-Transport-Security (STS) セキュリティヘッダの評価システムを更新しました。現在、STS for HTTP 200 申請のみをチェックし、 HTTP 301 申請については、無視しています。ウェブサイトに Strict-Transport-Security (STS) セキュリティヘッダがないか、設定が間違っている場合、サーバーにのみ罰則が科せられます。このような場合、サーバーを "リスク状態" と評価します。

以前は、STS for HTTP 301 申請を当社がチェックし、Strict-Transport-Security (STS) セキュリティヘッダがない場合に、サーバーに罰則を科していました。このような場合、サーバーを "安全ではない" と評価しました。

セキュリティヘッダ 結果を表示するには、エンドポイントの[サーバー]詳細ページに移動します。サイドバーメニューで、[Discovery] > [結果を表示する] の順でクリックします。[証明書]ページで、[エンドポイントを表示する] をクリックします。[エンドポイント]ページで、エンドポイントの [IP アドレス / FQDN] リンクをクリックします。

更新に関する注意事項:更新した STS 評価システムは、最新のセンサバージョン – 3.7.7 で利用できます。センサ更新が完了した後、スキャンを再実行し、更新した STS 評価を確認します。

enhancement

SAML シングルサインオン (SSO) の CertCentral との統合のユーザー招待ワークフローを改定し、お客様が、お使いのアカウントユーアー招待を送信する前に、招待される者を SSO 専用ユーザーとして指定することができるようになります。これで、[新しいユーザーを招待する] ポップアップウインドウで、[SAML シングルサインオン (SSO) のみ] オプションを使用して、招待される者を SAML SSO のみに制限します。

注意:このオプションで、これらのユーザーについてすべての他の認証方法が無効になります。また、このオプションは、SAML をお使いの CertCentral アカウントで有効にしている場合のみ、表示されます。

サイドバーメニューで、[アカウント] >[ユーザー招待] の順でクリックします。[ユーザー招待]ページで、[新しいユーザーを招待する] をクリックします。「SAML SSO:ユーザーをアカウントに参加するように招待する」 を参照してください。)

簡易登録フォーム

当社では、SSO 専用ユーザー 登録フォームの簡素化も行い、,パスワードとセキュリティの質問要件を削除しました。これで、SSO 専用の招待される者に必要なのは、各自の個人情報のみとなります。

new

お使いのアカウントの Discovery 証明書スキャンの結果を CertCentral ダッシュボード から確認しやすくし、[確認された有効期限切れが近い証明書],[証明書発行者],および [評価により分析した証明書] ウィジェットを追加しました。

各ウィジェットには、ドリルダウンして有効期限切れが近い証明書についての詳細を探しやすくできる双方向チャート (例. どの証明書が8~15日で有効期限切れになるか)、発行 CA ごとの証明書 (例. DigiCert)、およびセキュリティ評価ごとの証明書 (例. 安全ではない) が含まれます。

Discovery についての詳細

Discovery はセンサを利用して、ネットワークをスキャンします。スキャンは、CertCentral アカウント内から中央構成および管理します。

new

DigiCert Services API で、[オーダー情報] エンドポイントを更新し、お客様が証明書の申請方法を確認できるようにしました。Services API または ACME ディレクトリ URL から申請した証明書については、新しい応答パラメータを返します。api_key. このパラメータには、以下のキータイプとあわせてキー名が含まれます。API または ACME

注意:別の方法から申請したオーダー (例. CertCentral アカウント、ゲスト申請 URL、など) について、api_key パラメータは応答から省かれます。

これで、オーダー詳細を表示するときに、API または ACME ディレクトリ URL から申請したオーダーへの応答に新しい api_key パラメータが標示されます。

取得 https://dev.digicert.com/services-api/order/certificate/{order_id}

応答:

Order info endpoint response parameter

new

新しい検索フィルタ – [申請済] – を[オーダー]ページに追加し、これにより、お客様は個別の API キーまたは ACME ディレクトリ URL から申請した証明書オーダーを検索することができます。

これで、[オーダー]ページで、[申請済] フィルタを使用して、個別の API キーまたは ACME ディレクトリ URL から有効、有効期限切れ、失効済、拒否済、保留中の再発行、保留中、および複製証明書を探すことができます。

(サイドバーメニューで、[証明書 >オーダー]をクリックします。[オーダー]ページで、[詳細検索を表示する] をクリックします。次に、[申請済] ドロップボックスで、API キーまたは ACME ディレクトリ URL 名を選択するか、その名前をボックスに入力します。)

new

SSL/TLS 証明書ランドスケープ全体のリアルタイム分析を実行する CertCentral ポートフォリオ—Discovery- に新しいツールを追加しました。

発行認証局(CA)には関係なく、すべての内部およびパブリックフェース SSL/TLS 証明書を速やかに探すことも目的に設計された Discovery は、証明書構成と実装の問題を証明書関連の脆弱性とあわせて識別、およびエンドポイント構成の問題を識別します。

注意:Discovery はセンサを利用して、ネットワークをスキャンします。センサは、戦略的な場所に取り付ける小さなソフトウェアアプリケーションです。それぞれのスキャンは、センサにリンクされています。

スキャンは、CertCentral アカウント内から中央構成および管理します。スキャン結果は、CertCentral 内の直感的な双方向ダッシュボードに表示されます。スキャンは、構成により、設定スケジュールにあわせて、1回または複数回実行します。