フィルタリング: document signing x 消去
new

New feature: Document Signing certificate renewals

We fixed a bug on the Expiring Certificates page where we provided a Renew Now link for expiring Document Signing (DS) certificate orders. When you clicked Renew Now, it opened an SSL certificate renewal form where you were unable to complete your DS certificate renewal.

Note: To renew your DS certificate, you were required to order a new certificate.

Now, on the Expiring Certificate page when you click Renew Now for an expiring DS certificate order, it opens a DS certificate renewal form where you are able renew your certificate.

To learn more about renewing a DS certificate, see Renew a document signing certificate.

new

We updated the Document Signing (DS) certificate's Order details page and Order details panel adding a new Renew Certificate option making it easier to renew your DS certificate before it expires. Note that the Renew Certificate option doesn't appear on the Order details panel and page until 90 days before it expires.

Order details panel

In the left main menu, click Certificates > Orders. On the Orders page, click the DS certificate order's Quick View link. In the Order details panel, you'll see the new Renew Certificate option.

Order details page

In the left main menu, click Certificates > Orders. On the Orders page, click the DS certificate's order number link. On the Order details page, in the Order Actions dropdown, you'll see the new Renew Certificate option.

enhancement

RapidSSL DV 証明書サービスを強化したため、お客様はこれらの単一ドメイン証明書に2つ目の個別ドメインを含めることができます。

  • RapidSSL Standard DV
    デフォルトでは、現在、RapidSSL Standard DV 証明書をオーダーすると、証明書に両方のバージョンのコモンネームを取得します – [your-domain].com と www.[your-domain].com.
    コモンネームの入力後、「www.[your-domain].com と[your-domain].com をの両方を証明書に含める」 ボックスにチェックが入っているかを確認します。
    以前は、[your-domain].com と www.[your-domain].com については、個別に証明書をオーダーする必要がありました。
  • RapidSSL Wildcard DV
    デフォルトでは、現在、RapidSSL Wildcard DV 証明書をオーダーすると、証明書にワイルドカードドメインとベースドメイン両方のバージョンを取得します –*。[your-domain].com と[your-domain].com.
    コモンネームの入力後、「*.[your-domain].com と[your-domain].com の両方を証明書に含める」 ボックスにチェックが入っているかを確認します。
    以前は、*.[your-domain].com と[your-domain].com については、個別に証明書をオーダーする必要がありました。

「CertCentral:DV 証明書®ガイド」を参照してください。

enhancement

RapidSSL 証明書エンドポイントを強化し dns_names パラメータを含めたため、お客様はこれらの単一ドメイン証明書に2つ目の個別ドメインを含めることができます。

  • RapidSSL Standard DV
    現在、RapidSSL Standard DV 証明書をオーダーすると、証明書に両方のバージョンのドメインを取得します —[your-domain].com と www.[your-domain].com。
    "common_name": "[your-domain].com",
    "dns_names":["www.[your-domain].com"],

    以前は、[your-domain].com と www.[your-domain].com については、個別に証明書をオーダーする必要がありました。
  • RapidSSL Wildcard DV
    現在、RapidSSL Wildcard DV 証明書をオーダーすると、証明書にベースドメインを含めることができます —*.[your-domain].com と[your-domain].com)
    "common_name": "*.your-domain.com",
    "dns_names":["[your-domain].com"],

    以前は、*.[your-domain].com と[your-domain].com については、個別に証明書をオーダーする必要がありました。

DigiCert Services API ドキュメントについては、「CertCentral API」 を参照してください。

new

個別のドキュメント署名証明書は CertCentral で利用できます。

  • ドキュメント署名 – 個別 (500)
  • ドキュメント署名 – 個別 (2000)

個別署名証明書を CertCentral アカウントについて有効にするには、販売代理店にお問い合わせください。

以前は、利用できたのは、組織ドキュメント署名証明書のみでした。

  • ドキュメント署名 – 組織 (2000)
  • ドキュメント署名 – 組織 (5000)

これらの証明書についての詳細は、「ドキュメント署名証明書」 を参照してください。

new

ドキュメント署名証明書の再発行が可能な新しい機能を追加しました。 [ドキュメント署名 – 組織 (2000) とドキュメント署名 – 組織 (5000) です]。

注意:以前は、ドキュメント署名証明書の再発行はできませんでした。ドキュメント署名証明書を失効にして、入れ替えるのが唯一の対処方法でした。

現在は、[オーダー] ページ (サイドバーメニューで、[証明書] > [オーダー]の順でクリック) に移動し、ドキュメント署名証明書を探し、[オーダー#] 詳細ページで、必要に応じて、証明書を再発行します