フィルタリング: documentation x 消去
new

Multi-year Plans now available

We are happy to announce that Multi-year Plans are now available in CertCentral and CertCentral Partners.

DigiCert® Multi-year Plans allow you to pay a single discounted price for up to six years of SSL/TLS certificate coverage. With Multi-year Plans, you pick the SSL/TLS certificate, the duration of coverage you want (up to six years), and the certificate validity. Until the plan expires, you reissue your certificate at no cost each time it reaches the end of its validity period.

The maximum validity of an SSL/TLS certificate will go from 825 days to 397 days on September 1, 2020. When the active certificate for a Multi-year Plan is about to expire, you reissue the certificate to maintain your SSL/TLS coverage.

compliance

Browser support for TLS 1.0 and 1.1 has ended

The four major browsers no longer support Transport Layer Security (TLS) 1.0 and 1.1.

What you need to know

This change doesn't affect your DigiCert certificates. Your certificates continue to work as they always have.

This change affects browser-dependent services and applications relying on TLS 1.0 or 1.1. Now that browser support for TLS 1.0 and 1.1 has ended, any out-of-date systems will be unable to make HTTPS connections.

What you need to do

If you are affected by this change and your system supports more recent versions of the TLS protocol, upgrade your server configuration as soon as you can to TLS 1.2 or TLS 1.3.

If you do not upgrade to TLS 1.2 or 1.3, your webserver, system, or agent will not be able to use HTTPS to securely communicate with the certificate.

Browser TLS 1.0/1.1 deprecation information

Firefox 78, released June 30, 2020

Safari 13.1, released March 24, 2020

Chrome 84, released July 21, 2020

Edge v84, released 7/16/2020

Helpful resources

With so many unique systems relying on TLS, we can't cover all upgrade paths, but here are a few references that may help:

enhancement

CertCentral Services API: Updated error message documentation

In the Services API documentation, we've updated the Errors page to include descriptions for error messages related to:

  • Immediate DV certificate issuance
  • Domain control validation (DCV)
  • Certificate Authority Authorization (CAA) resource record checks

Earlier this year, we improved the APIs for DV certificate orders and DCV requests to provide more detailed error messages when DCV, file authorization, DNS lookups, or CAA resource record checks fail. Now, when you receive one of these error messages, check the Errors page for additional troubleshooting information.

For more information:

new

New addition to DigiCert Developers portal

We are happy to announce a new addition to the DigiCert Developers portal—CT log monitoring API. For DigiCert API integrations, use these endpoints to manage the CT log monitoring service that is included with your Secure Site Pro certificate order. See CT log monitoring API.

CT Log Monitoring services

CT log monitoring allows you to monitor the public CT logs for SSL/TLS certificates issued for the domains on your Secure Site Pro certificate order, in near real time.

CT log monitoring is a cloud service so there is nothing to install or manage. After we've issued your Secure Site Pro, and you've turned CT Log monitoring for the order, you can start using the service immediately to monitor the domains on the Secure Site Pro certificate order.

enhancement

ドキュメントおよび開発者ポータルで11言語をサポート

当社の製品提供を世界に向け展開し、ウェブサイト、プラットフォームおよびドキュメントをよりアクセスしやすくする取り組みの中で、ドキュメント および 開発者 ポータルでのサポート言語を追加しました。

現在サポート可能なのは以下の11言語です。

  • 英語
  • 中国語(簡体字)
  • 中国語(繁体字)
  • フランス語
  • ドイツ語
  • イタリア語
  • 日本語
  • 韓国語
  • ポルトガル語
  • ロシア語
  • スペイン語

言語サポートはどのようなしくみですか?

お客様がポータルを訪問するとき、言語 (地球儀アイコン) を使用して、ポータル表示言語を変更します。お客様が選択した言語は30日間保存されるため、お客様は当社のドキュメントサイトを訪問するごとに言語を選択し直す必要はありません。

ヒントと注意点

ドキュメントおよび開発者ポータルへのアクセス

DigiCert ウェブサイトおよび CertCentral からドキュメントおよび開発者ポータルにアクセスできます。

  • トップメニュー
    digicert.com から,[サポート]上にマウスを乗せます。[リソース]で、,[ドキュメント]および[API ドキュメント]リンクがあります。
  • ヘルプメニュー
    ] の [CertCentral]で、,[開始する.
    ] を選択します。[API キー]ページで、,[API ドキュメント] をクリックします。左メインメニューで、[自動化] >[API キー]の順でクリックします。

ドキュメント内にリンクを作成する

ドキュメント内のセクションにリンクを貼ることができます。

ドキュメントページで、リンク先のサブヘッダーにマウスを当て、[ハッシュタグアイコン] (#) をクリックします。これで、ブラウザのアドレスバーに URL が作成されます。

この機能を使用して、方法説明に記載の個別セクションをブックマークするか、リンクを貼ることができます。

enhancement

CertCentral ヘルプメニューのドキュメントリンクを更新し、[アカウントアクセス]ページで、新しいドキュメントポータルに移動します。

これで、CertCentral ヘルプメニューで、,[はじめに]をクリックすると、,新しい DigiCert ドキュメントポータル に移動になります。同様に、[ログを変更する] をクリックすると、,改定された [ログを変更する] ページに移動になります。また現在、[アカウントアクセス] ページ (サイドバーメニューで、[アカウント] > [アカウントアクセス] をクリック)、[API ドキュメント] をクリックすると、,新しい [DigiCert 開発者ポータル] に移動になります。

new

新しい DigiCert ドキュメントポータルを公表いたします。新しいサイトの外観は刷新され、整理されたタスクベースのヘルプドキュメント、製品ニュース、変更ログおよび API 開発者ドキュメントが記載されます。

新しい DigiCert 開発者ポータル はベータ版ではないことを発表いたします。開発者サイトの外観は刷新され、利用可能なエンドポイント、使用ケースおよびワークフローについての情報が記載されます。

ヒントと注意点

  • ドキュメントポータルへは [サポート] 下のトップメニューにある www.digicert.com からアクセスできます ([サポート] > [ドキュメント]の順でクリック)。
  • ドキュメントにサブヘッダを置き、ハッシュタグアイコン をクリックします。これでブラウザのアドレスバーに URL が作成され、指示にしたがって個別セクションにブックマークするか、リンクできます。

まもなく公開

はじめに には、お使いのアカウントの機能に慣れるための情報が収録されています。

enhancement

CertCentral DV 証明書登録 ガイドを https://docs.digicert.com/certcentral/documentation/dv-certificate-enrollment/ に移動しました。

ガイドの PDF バージョンはそのまま利用できます ([はじめに] ページ下部のリンクを参照してください)。

また、CentCentral の DV 証明書向けのサポート対象 DCV 方法に対応する説明部分を更新および追加しました。

  • 新しいドメイン名の利用権確認 (DCV) 説明を追加
    • メール DCV 方法を使用する
    • DNS TXT DCV 方法を使用する
    • ファイル DCV 方法を使用する
    • ファイル DCV 方法の共通の間違い
  • オーダー DV 証明書の説明を更新
    • RapidSSL Standard DV 証明書をオーダーする
    • RapidSSL Wildcard DV 証明書をオーダーする
    • GeoTrust Standard DV 証明書をオーダーする
    • GeoTrust Wildcard DV 証明書をオーダーする
    • GeoTrust Cloud DV 証明書をオーダーする
  • 再発行 DV 証明書の説明を更新
    • RapidSSL Standard DV 証明書を再発行する
    • RapidSSL Wildcard DV 証明書を再発行する
    • GeoTrust Standard DV 証明書を再発行する
    • GeoTrust Wildcard DV 証明書を再発行する
    • GeoTrust Cloud DV 証明書を再発行する