フィルタリング: domain validation x 消去
new

Discovery は現在、すべての CertCentral アカウントで利用可能

既存の CertCentral アカウントすべてに、当社最新で最強の証明書確認ツールである Discovery が搭載されたことを発表いたします。

注意:Certificate Inspector,の利用者の場合は、Discovery が当社で長期利用の DigiCert ツール、Certificate Inspector と交換します。

デフォルトでは、Discovery には、証明書100個の制限付きで、クラウドスキャンとセンサースキャン試用版が含まれています。

クラウドスキャン

クラウドスキャンは無料のクラウドサービスのため、インストールまたは管理するものは何もありません。発行認証局(CA)には関係なく、すぐに お使いのパブリックフェース SSL/TLS 証明書のすべて を探しはじめることができます。クラウドスキャンは24時間ごとに実行されます。

センサースキャン

センサースキャン は、当社で最強バージョンの Discovery です。センサーを使用してお使いのネットワークをスキャンし、発行認証局 (CA) には関係なく、内部およびパブリックフェース SSL/TLS 証明書をすべて探します。Discovery は、証明書構成と実装の問題の特定も、エンドポイント構成での証明書関連の脆弱性および問題点とあわせて行います。

スキャンは、CertCentral アカウント内から中央構成および管理します。スキャン結果は、CertCentral 内の直感的な双方向ダッシュボードに表示されます。スキャンは、構成により、設定スケジュールにあわせて、1回または複数回実行します。

  • センサーのインストールおよび SSL/TLS 証明書ランドスケープのスキャン開始についての詳細は、「Discovery ユーザーガイド を参照してください。
  • 試用期間終了後も引き続き、センサーをスキャンを使用する場合は、アカウントマネージャまたは サポートチーム までお問い合わせください。
new

Discovery 監査ログ

Discovery では、新しい機能 —Discovery 監査ログ を追加し、これによりお客様は、Discovery 関連の履歴を CertCentral アカウントでトラッキングできるようになりました。これらの監査ログによりユーザー履歴がよく分かるようになり、お客様は、トレーニングが必要な部分を確認し、イベントを再考地区して問題をトラブルシューティングする、誤用を検出および問題部分を確認することができます。

Discovery 監査ログでの情報からソートしやすいようにするため、以下のようないくつかのフィルターを含めました。

  • 日付範囲
  • 管理グループ
  • ユーザー
  • IP アドレス
  • 操作
    (例. センサーを無効化、スキャンを削除、など)

お使いの CertCentral アカウントの Discovery 監査ログにアクセスするには、左メインメニューで、[アカウント] > [監査ログ] の順で移動します。[監査ログ]ページで、[Discovery 監査ログ]をクリックします。

new

Discovery 言語サポート

当社の製品提供を世界に向け展開し、ウェブサイト、プラットフォームおよびドキュメントをよりアクセスしやすくする取り組みの中で、ドキュメント および開発者ポータルでのサポート言語の追加を発表いたします。

これで、CertCentral での言語環境設定を構成する場合、Discovery がその構成の中に含まれます。

言語環境設定を構成する

お使いのアカウントの右端上、 "お客様の名前" ドロップダウンリストで、[マイプロフィール]を選択します。[プロフィール設定] ページの [言語] ドロップダウンリストで、言語の1つを選択し、続いて [変更を保存する]をクリックします。

「CertCentral 言語環境設定」を参照してください。

fix

バグ修正:DV 証明書オーダーは、[認証用にベースドメインを提出する]アカウント設定を優先しません

DV 証明書オーダーが [認証用にベースドメインを提出する]アカウント設定に従わない、DV 証明書のドメイン名の利用権確認(DCV)プロセスのバグを修正しました。

注意:DV 証明書オーダーについては、オーダーの名前とおりに正確にドメインを認証する必要がありませんでした。

現在、DV 証明書は[認証用にベースドメインを提出する]アカウント設定を優先し、お客様は、お使いの DV 証明書オーダーでベースドメインレベルでサブドメインを認証できるようになります。

お使いのアカウントで、ドメイン認証スコープ設定を表示するには、[設定] >[環境設定]の順に移動します。[管理グループ環境設定]ページで、[+詳細設定] を拡張します。[ドメイン認証スコープ]設定は、[ドメイン名の利用権確認 (DCV)]セクションにあります。

enhancement

[ドメインの詳細]ページを更新する

当社では、[ドメインの詳細]ページのドメイン認証セクションを、有効期限日を記載した2つの認証タイプのみを表示するように、簡素化しました。OV と EVまた、ドメイン名の利用権確認 (DCV) の完了時から起算したドメイン認証有効期限日を表示するように、ページを更新しました (OV:825日以上、13ヵ月以上)。

注意:以前は、他の認証タイプは最大で、以下の2つのみ表示可能でした。グリッドとプライベートグリッド証明書の有効期間は OV と同じ825日です。これらの証明書はパブリックトラストがないため、プライベート証明書にドメイン認証は不要です。

ドメインの認証の有効期限日を表示するには、左メインメニューで、[証明書] >[ドメイン]の順で移動します。[ユーザー]ページで、ドメインを探し、ドメイン名リンクをクリックします。[ドメインの詳細]ページの[ドメイン認証]下で、,ドメイン認証と有効期限はいつかを表示します。

enhancement

CertCentral Services API:[ドメインとドメイン情報を一覧表示する]エンドポイントを改定

DigiCert Services API で、[ドメインを一覧表示する]と[ドメイン情報]エンドポイントを更新し、お客様がドメインについてドメイン名の利用権確認 (DCV) がいつ有効期限切れとなるかを確認できるようになりました。OV と EV 認証この新しい情報は、URL クエリ文字列 include_validation=true を含める場合のみ、返されます。

これにより、特定ドメインについてすべてのドメインまたは情報のリストを取得し、URL クエリ文字列 include_validation=true を含めた場合、,そのドメインについて DCV がいつ有効期限切れになるかを確認することができます。

URL クエリ文字列付き申請の例:

応答例 – ドメイン名の利用権確認 (DCV) 有効期限日

Example response with DCV expiration dates

fix

[ドメイン]ページの削除済 "保留中" 列

当社では、[ドメイン]ページに、ドメインの保留中認証に関する当社よりの正確な情報提供を妨害するバグを確認しました。一時的措置として、当社は正式修正の実施が可能になるまで、同ページから 保留中 列を削除すことにしています。

ドメインの保留中認証の有無を表示するには、左メインメニューで、[証明書] >[ドメイン]の順に移動します。[ドメイン]ページで、当該のドメインを探し、[ドメイン名 ]リンクをクリックします。[ドメインの詳細]ページの[ドメイン認証]下で、,ドメインの保留んか認証の有無をチェックして確認します。OV と EV

fix

ドメイン名の利用権を確認する方法を提供する保留中のドメインのリンクが壊れている、保留中の SSL 証明書のオーダー詳細ページでバグを修正しました。

これで、保留中の証明書のオーダー詳細ページに移動し、保留中のドメインへのリンクをクリックすると、[ドメイン名のリ王権を確認する] ウインドウが開き、そこでドメイン名の利用権を確認する DCV 方法を選択できます。

fix

有効期限切れの認証があるドメインに、ドメイン認証の完了のための対応が不要な完了ステータスが表示される、オーダー詳細ページのドメイン認証表示バグを修正しました。

これで、 [オーダーの詳細] ページに移動したとき、ドメインの横に、ドメイン認証の完了のための対応方法とあわせて、保留中の認証ステータス記号が表示されます。(サイドバーメニューで、[証明書] > [オーダー] の順でクリックし、続いて [オーダー] ページで、オーダー番号をクリックします。)