フィルタリング: domains.csv report x 消去
enhancement

デジサート複数年プランの使用期間をカスタマイズする

CertCentral で TLS 証明書を要求するときに複数年プラン (MyP) のカスタム使用期間を構成できるようになりましたので、お知らせいたします。TLS 証明書要求フォームで、 [カスタムオーダー有効期間] オプションを使用して、TLS 証明書オーダーの長さをカスタマイズします。

注記:最長 TLS 証明書有効期間は、業界ベストプラクティスに倣い 397 日です。「2 年パブリック SSL/TLS 証明書の終了」 を参照してください。

カスタム複数年プランオーダーは、日数または有効期限日で設定できます。.最長オーダー期間は 2190 日 (6 年) です。最短オーダー期間は 7 日です。

注記:カスタムオーダーは、そのオーダーに証明書を発行する日から開始となります。オーダー価格は、選択した証明書と、カスタムオーダー期間にあわせて日割計算されます。

MyP カバレッジをカスタマイズするには

  1. 要求証明書フォームで、[カバレッジ長を選択する] をクリックします。
  2. [サイトをどのくらいの期間保護する必要がありますあか]ポップアップウインドウで、[カスタムオーダー期間] を選択します。
  3. [お客様オーダー期間を選択する]で、複数年プランの使用期間を構成します。
    1. カスタムオーダー期間
      プランの期間を日数で指定します。
    2. カスタムオーダー有効期限日
      プランが有効期限となる日を選択します。
  4. [保存]をクリックします。
enhancement

パブリック TLS 証明書の製品設定を更新

証明書オーダープロセスで管理を強化するため、パブリック TLS 証明書の製品設定を更新しました。これで、パブリック TLS 証明書のオーダー時からユーザーが選択できる許可された複数年プランオーダー期間を決定できます。

TLS 証明書の製品設定ページで、[許可有効期間] オプションを使用して、どの MyP オーダー期間が TLS 証明書要求フォームに表示されるかを決定します。1 年、2 年、3 年、4 年、5 年、および 6 年。製品設定に適用された変更は、CertCentral Services API から行った要求に適用されますので、注意してください。

注記:以前は、許可有効期間 オプションは、パブリック TLS 証明書のオーダー時にユーザーが選択できる最長証明書使用期間を決定するのに使用されました。しかし、業界が 1 年証明書に移行する中で、このオプションは証明書期間には必要なくなります。「2 年パブリック SSL/TLS 証明書の終了」 を参照してください。

TLS 証明書の許可 MyP オーダー期間を構成するには

  1. 左メインメニューで、[設定] >[製品設定] の順に進みます。
  2. [製品設定]ページで、パブリック TLS 証明書を選択します。例えば、[ セキュア・サーバ ID] を選択します。
  3. [許可有効期間] ドロップダウンのセキュア・サーバ ID で、有効期間を選択します。
  4. [設定を保存する]をクリックします。

ユーザーが次回セキュア・サーバ ID 証明書をオーダーする場合、要求フォームで選択した有効期間のみが表示されます。

注記:複数年プランオーダー期間で制限を設定することで、TLS 証明書要求フォームからカスタム有効期間オプションが削除されます。

enhancement

CertCentral ドメインメページ:改善した domains.csv レポート

[ドメイン]ページで、CSV rレポートを改善し、OV と EV ドメイン認証有効期限日をトラッキングし、以前使用したドメインの利用権確認 (DCV) 方法を表示しやすくしました。

次回 CSV ファイルをダウンロードする とき,レポートには次の3つの新しい列が表示されます。

  • OV の有効期限
  • EV の有効期限
  • DCV 方法

domains.csv レポートをダウンロードするには

  1. 左メインメニューで、[証明書] >[ドメイン]の順に進みます。
  2. [CSV をダウンロードする] ドロップダウンのレコードをダウンロード[ドメイン]ページで、[すべてのレポートをダウンロードする] を選択します。

domains.csv を開くと、レポートに新しい列と情報が表示されます。