フィルタリング: ev verfied contact x 消去
enhancement

EV TLS/SSL 証明書オーダープロセスの [連絡先を追加する] 機能を強化したため、一覧表示された既存の連絡先が CertCentral アカウントユーザーか、連絡先 (CertCentral 以外のアカウントユーザー) かを確認することが可能になります。

以前は、既存の連絡先を EV TLS 証明書オーダーの 確認済連絡先 として追加する場合、アカウントユーザー以外からアカウントユーザーを区別する方法がなく、選択元となる連絡先リストが提示されていました。

この改定により、一覧表示される連絡先は ユーザー (CentCentral アカウントユーザー)および 連絡先 (CertCentral 以外のアカウントユーザー) として 現在分類されています

注意:デフォルトでは、「CertCentral 以外のアカウントユーザーの確認済連絡機としての使用を許可する」 機能は、CertCentral アカウントについて無効になっています。

CertCentral 以外のアカウントユーザーの有効な確認済連絡先としての使用許可を可能にする方法

[確認済連絡先]下の [詳細設定] セクションにある [管理グループの環境設定] ページ ([設定] > [環境設定]) で、,CertCentral 以外のアカウントユーザーの確認済連絡先としての使用を許可できます (「DigiCert 以外のユーザーの確認済連絡先としての使用を許可する」にチェックを入れる)。

CertCentral 以外のユーザー機能を有効にした場合、確認済連絡先を EV 証明書申請プロセスの一部として追加すると、以下の2つのオプションが表示されます。既存の連絡先新しい連絡先既存のオプション では、CertCenrtal ユーザーを確認済 EV 連絡先として割り当てることができます。新しい連絡先 オプションでは、CertCentral 以外のアカウントユーザーについての情報を入力することができます。