フィルタリング: ev verified contact x 消去
enhancement

[組織詳細]ページで [確認済連絡先を追加する] プロセスを強化したため、事前認証用に組織を提出した場合に既存の新しい確認済連絡先の追加がしやすくなりました (サイドバーメニューで、[証明書] > [組織]をクリック。続いて、[名前] 行で、組織名リンクをクリック)。

確認済連絡先の追加がしやすくなるように、それぞれ別ウインドウになる個別リンク ([新しい連絡先を追加する] および [既存の連絡先から追加する]) を削除しました。現在は、単一の [連絡先を追加する] リンクと単一の [連絡先を追加する] ウインドウがあり、新しい、または既存の連絡先をそこで追加することができます。

新しい連絡先を追加する注意事項

デフォルトでは、「CertCentral 以外のアカウントユーザーの確認済連絡機としての使用を許可する」 機能は、CertCentral アカウントについて無効になっています。

[管理グループ環境設定] ページ (サイドバーメニューで、[設定] > [環境設定]の順でクリック) でこの機能を有効にできます。[確認済連絡先]下の [詳細設定]セクションで、,CertCentral 以外のアカウントユーザーの確認済連絡先としての使用を許可できます ( 「DigiCert 以外のユーザーの確認済連絡先としての使用を許可する」にチェックを入れる)。

new

新しい機能 「ユーザーの TLS 証明書申請時の新しい連絡先追加を許可する」 を追加しました。これにより、EV TLS/SSL 証明書をそのアカウント内からオーダーするときに、またはゲスト URL の使用時に標準ユーザー、財務マネージャ、および制限付きユーザーが新しい CertCentral 以外のアカウントユーザーを 確認済連絡先 (EV 用) として追加できるかどうかを柔軟に選択できます。

以前は、オーダープロセス中にこれらのユーザーロールが新しい CertCentral 以外のアカウントユーザーを確認済連絡先として追加できないようにする唯一の方法は、申請を編集し、そのオーダーの既存の連絡先を選択するか、証明書申請を拒否することでした。

現在、ユーザー、財務マネージャ、および制限付きユーザーロールが新しい CentCentral アカウントユーザーを確認済連絡先として EV SSL/TLS 証明書申請ページから追加できるかどうかを管理できます。この機能により、管理者およびマネージャロール向けの EV SSL/TLS 証明書オーダーページからそのオプションが削除されることはありません。

[管理グループ環境設定] ページ ([設定] > [環境設定]) で、[新しい連絡先を追加する]下の[証明書申請] セクション ([詳細設定]を拡張) で、,「TLS 証明書の申請時にユーザーの新しい連絡先の追加を許可する」 のチェックを外し、続いて [設定を保存する] をクリックします。

注意:これはすべての EV SSL/TLS 証明書オーダーに必要なため、この変更を行っても、オーダーへの確認済連絡先としての既存の連絡先(CentCentral アカウントユーザーまたは CentCentral 以外のアカウントユーザー)の追加機能が削除されることはありません。

enhancement

「ユーザーの TLS 証明書申請時の新しい組織追加を許可する」 機能を強化しました。これにより、EV TLS 証明書(OV と EV) をそのアカウント内からオーダーするときに、またはゲスト URL の使用時に標準ユーザー、財務マネージャ、および制限付きユーザーが新しい組織を確認済連絡先を追加できるかどうかを柔軟に選択できます。

以前は、この機能から、以下のすべてのユーザーロールについて新しい組織を追加する機能を削除しました。管理者、マネージャ、標準ユーザー、財務マネージャ、および制限付きユーザー

現在、「ユーザーの TLS 証明書申請時の新しい組織追加を許可する」 機能が影響を及ぼすのは、ユーザー、財務マネージャ、および制限付きユーザーロールの[証明書申請]ぺーじからの新しい組織追加機能のみです。この機能を有効にしても、無効にしても、管理者およびマネージャロールによる新しい組織の追加機能は維持されます。

[管理グループ環境設定] ページ ([設定] > [環境設定]) で、[新しい組織を追加する]下の[証明書申請] セクション ([詳細設定]を拡張) で、,「TLS 証明書の申請時にユーザーの新しい組織の追加を許可する」 のチェックを外し、続いて [設定を保存する] をクリックします。

注意:すべての OV と EV TLS 証明書オーダーに必要なため、この変更を行っても、オーダーへの既存の、事前認証組織の追加機能が削除されることはありません。

enhancement

EV SSL/TLS 証明書オーダープロセスについて既存の組織追加機能を強化したため、証明書オーダーで組織に EV 確認済連絡先を含めやすくなりました。

以前は、誰が組織の EV 確認済連絡先かについての情報が[EV 証明書申請]ページに表示されることはありませんでした。

現在、EV 確認済連絡先がすでに割り当てられている既存の組織を追加すると、確認済連絡先 (EV 用) カードに、確認済連絡先情報が記入されます。

注意:CSR に現在使用する組織を含めると、[組織] カードに、お使いのアカウントに記載されている組織の情報が自動記入されます。この同じ組織がすでに確認済 EV 連絡先を割り当てている場合、確認済連絡先 (EV 向け) カードには、その情報 (名前、役職、メールおよび電話番号) が記載されています。

fix

[ユーザー招待] ページのバグを修正し、[招待される者] フィルタに、ユーザー招待申請を送信した管理者が表示されないようにしました。

現在、[ユーザー招待] ページ (サイドバーメニューで、[アカウント] > [ユーザー招待]の順でクリック) に移動したとき、[招待される者] フィルタには、ユーザー招待を送信した管理者が表示されます。