フィルタリング: federation name x 消去
enhancement

当社では CertCentral SAML フェデレーション設定を更新し、[SAML シングルサインオン IdP 選択] および [SAML 証明書申請 IdP 選択] ページで、IdP のリストでのフェデレーション名の非表示が可能になります。

現在、[IDP のメタデータ]下の[フェデレーション設定]ページで、[フェデレーション名を含める] オプションが追加されています。IdP 選択ページ の IdP のリストでフェデレーション名を非表示にする場合は、,「IdP のリストにフェデレーション名を追加する」のチェックを外します。

new

グローバル サーバーID TLS/SSL 証明書は、CertCentral で利用できます。グローバル サーバーID により、ドメインごとの課金となり、証明書の基本コストはありません。1個のドメインを追加すると、1個ごとに課金されます。9個のドメインが必要な場合は、9個について課金されます。1つの証明書で最大250のドメインを安全保護します。

当社には2つのタイプのグローバル サーバーID 証明書があり、1つは OV 証明書用、もう1つは EV 証明書用です。

  • グローバル サーバーID SSL
    お客様のニースに適した OV 証明書を取得します。1個のドメイン、1個のワイルドカードドメインおよびすべてのサブドメインの暗号化と認証を行うか、あるいはサブジェクトの別名 (SAN) を使用して、複数のドメインとワイルドカードドメインを1個の証明書で安全保護します。
  • グローバル サーバーID EV SSL
    お客様のニーズに適した拡張認証証明書を取得します。暗号化と認証により1個のドメインを安全保護する、あるいはサブジェクトの別名 (SAN) を使用して複数のサイトを1個の証明書で安全保護します (完全適格ドメイン名)。

各グローバル サーバーID 証明書に付属の特典

各グローバル サーバーID 証明書には – 追加コスト不要で – CertCentral への将来のプレミアム機能追加への初回アクセス (例. CT ログ監視と認証管理) が含まれます。

その他のメリット:

  • 優先認証
  • 優先サポート
  • 2つのプレミアムサイトシール
  • マルウェアチェック
  • 業界最高の保障

グローバル サーバーID 証明書を CertCentral アカウントについて有効にするには、アカウントマネージャまたは当社の サポートチームにお問い合わせください。

グローバル サーバーID 証明書についての詳細は、「DigiCert グローバル サーバーID」を参照してください。

compliance

パブリック SSL 証明書は、下線付きドメイン名を安全保護することはできません ("_")。ドメイン名に下線が付いた、以前発行済の証明書はすべて、この日付前に有効期限切れとならなければなりません。

注意:下線を含み、証明書の代わる、下線の推奨解決方法 (FQDN)ただし、名前変更ができない状況では、プライベート証明書 を使用でき、また状況によっては、ドメイン全体を安全保護する ワイルドカード証明書 を使用することができます。

詳細は、「ドメイン名の下線使用をやめる」を参照してください。