フィルタリング: industry changes x 消去
compliance

Industry moves to 3072-bit key minimum RSA code signing certificates

Starting May 27, 2021, to comply with new industry standards for code signing certificates, DigiCert will make the following changes to our code signing certificate process.

  • Stop issuing 2048-bit key code signing certificates
  • Only issue 3072-bit key or stronger code signing certificates
  • Use 4096-bit key intermediate CA and root certificates to issue our code signing certificates.

See Appendix A in the Baseline Requirements for the Issuance and Management of Publicly-Trusted Code Signing Certificates to learn more about these industry changes,

How do these changes affect my existing 2048-bit key certificates?

All existing 2048-bit key size code signing certificates issued before May 27, 2021, will remain active. You can continue to use these certificates to sign code until they expire.

What if I need 2048-bit key code signing certificates?

Take these actions, as needed, before May 27, 2021:

  • Order new 2048-bit key certificates
  • Renew expiring 2048-bit key certificates
  • Reissue 2048-bit key certificates

How do these changes affect my code signing certificate process starting May 27, 2021?

Reissues for code signing certificate

Starting May 27, 2021, all reissued code signing certificates will be:

  • 3072-bit key or stronger. See eTokens for EV code signing certificates and HSMs for EV code signing certificates below.
  • Automatically issued from new intermediate CA and root certificates. See New ICA and root certificates below.

New and renewed code signing certificates

Starting May 27, 2021, all new and renewed code signing certificates will be:

  • 3072-bit key or stronger. See eTokens for EV code signing certificates and HSMs for EV code signing certificates below.
  • Automatically issued from new intermediate CA and root certificates. See New ICA and root certificates below.

CSRs for code signing certificates

Starting May 27, 2021, you must use a 3072-bit RSA key or larger to generate all certificate signing requests (CSR). We will no longer accept 2048-bit key CSRs for code signing certificate requests.

eTokens for EV code signing certificates

Starting May 27, 2021, you must use an eToken that supports 3072-bit keys when you reissue, order, or renew an EV code signing certificate.

  • When you order or renew an EV code signing certificate, DigiCert includes a 3072-bit eToken with your purchase. DigiCert provides an eToken with the Preconfigured Hardware Token provisioning option.
  • When your reissue your EV code signing certificate reissues, you must provide your own 3072-bit eToken. If you don't have one, you will be unable to install your reissued certificate on your eToken.
  • You must have a FIPS 140-2 Level 2 or Common Criteria EAL4+ compliant device.

HSMs for EV code signing certificates

Starting May 27, 2021, you must use an HSM that supports 3072-bit keys. Contact your HSM vendor for more information.

New ICA and root certificates

Starting May 27, 2021, DigiCert will issue all new code signing certificates from our new RSA and ECC intermediate CA and root certificates (new, renewed, and reissued).

RSA ICA and root certificates:

  • DigiCert Trusted G4 Code Signing RSA4096 SHA384 2021 CA1
  • DigiCert Trusted Root G4

ECC ICA and root certificates:

  • DigiCert Global G3 Code Signing ECC SHA384 2021 CA1
  • DigiCert Global Root G3

No action is required unless you practice certificate pinning, hard code certificate acceptance, or operate a trust store.

If you do any of these things, we recommend updating your environment as soon as possible. Stop pinning and hard coding ICAs or make the necessary changes to ensure certificates issued from the new ICA certificates are trusted (in other words, they can chain up to their issuing ICA and trusted root certificates).

References

If you have questions or concerns, please contact your account manager or our support team.

compliance

デジサートは SHA-1 コードサイニング証明書の発行を停止

 2020年12月1日(火) MST,デジサートは SHA-1 コードサイニングと SHA-1 EV コードサイニング証明書のハック尾を停止予定です。

注記:すべての既存の SHA-1 コードサイニング/EV コードサイニング証明書は、有効期限が切れるまでそのまま有効になります。

デジサートではなぜ、このような変更を行うのですか?

新しい業界基準に準拠するため、認証局 (CA) は、2021年1月1日までに次の変更を実施する必要があります。

  • SHA-1 コードサイニング証明書の発行を停止する
  • SHA-1 中間 CA と SHA-1 ルート証明書の発行を停止し、SHA-256 アルゴリズムコードサイニングとタイムスタンプ証明書を発行する

パブリックトラストコードサイニング証明書の発行と管理のベースライン要件付録 A を参照してください。

SHA-1 コードサイニング証明書の変更は、私にどのような影響がありますか?

SHA-1 コードサイニング証明書に依拠する場合、2020年12月1日までに必要に応じて、次の対応を行ってください。

  • 新しい SHA-1 証明書を取得する
  • SHA-1 証明書を更新する
  • 必要な SHA-1 証明書を再発行および取得する

2020年12月1日の変更に関する詳細は、 ナレッジベースの記事 「デジサートは SHA-1 コードサイニング証明書の発行を停止する」 を参照してください。

他に質問がある場合は、アカウントマネージャまたは サポートチーム にお問い合わせください。.

compliance

デジサートは、2年パブリック SSL/TLS 証明書の発行を停止予定です

2020年8月27日 午後 5:59 MDT (午後 11:59 UTC),デジサートは2年パブリック SSL/TLS 証明書の発行を停止し、パブリック SSL/TLS 証明書の最長許可有効期間への業界変更に向けの準備を行う予定です。

8月27日の締切以降、購入できるのは、1 年パブリック SSL/TLS 証明書のみです。

どのような対処が必要ですか?

必要な 2 年パブリック SSL/TLS 証明書を8月27日の締切前に取得できるようにするには:

  • 必要な 2 年証明書-新規と更新のインベントリを確保します。
  • 8月13日前に、必要な 2 年証明書をオーダーします。
  • ドメインと組織認証要求にタイムリーに応答します。

この変更の保留中の証明書おーダー、再発行および複製への影響についての詳細は、「2 年 DV、 OV、および EV パブリック SSL/TLS 証明書の終了」 を参照してください。

DigiCert Services API

DigiCert Services API 利用者の場合、API ワークフローを更新して、8月27日以降に行った要求について新しい最長証明書有効期間 397 日を入れる必要があります。Services API を参照してください。

2020年8月27日以降

8月27日以降、購入できるのは、1 年パブリック SSL/TLS 証明書のみです。ただし、お使いの SSL/TLS カバレッジを最大にするには、DigiCert® 複数年プラン付きの新しい証明書を購入します。「複数年プラン」 を参照してください。

デジサートではなぜ、変更を行うのですか?

2020年9月1日、業界では、2 年証明書を修了します。その後、認証局 (CA) は、最長有効期間 398 日(約13ヵ月)のパブリック DV、OV、 および EV SSL/TLS 証明書のみ発行できます。

デジサートは、タイムゾーン時間差に対応するため、および最長有効期間 398 日の新しい要件を超えるパブリック SSL/TLS 証明書の発行を避けるため、安全策としてすべてのパブリック SSL/TLS 証明書について 397 日の最長有効期間を実施予定です。

1 年パブリック SSL/TLS 証明書への移行についての詳細は当社ブログをご覧ください。1 年パブリックトラスト SSL 証明書:デジサートのヘルプ」 を参照してください。