フィルタリング: legacy console upgrades x 消去
enhancement

レガシーアカウントを CertCentral にアップグレード:移行した証明書オーダーに更新済のマークを付ける

証明書オーダーをレガシーコンソールから移行して CertCentral で更新する場合、元のオーダーが自動更新されないため更新内容が反映されない場合があります。これらの移行済証明書の管理をしやすくするため、新しいオプション —更新済とマークする を追加しました。

[更新済とマークする] オプションでは、証明書オーダーのステータスを 更新済 に変更できます。また、元の移行済証明書が有効期限間近または有効期限切れの証明書リスト、有効期限間近または有効期限切れの証明書バナーあるいは CertCentral の 有効期限切れ証明書 ページに表示されることはなくなります。

移行済オーダーを更新済とマークする

左メインメニューの CertCentral で、 [証明書] >[オーダー] の順に進みます。証明書オーダーの [有効期限] 列の [オーダー] ページで、[更新済にマーク] をクリックします。

更新済フィルタ

更新済とマークした移行済証明書オーダーを確認しやすくするため、新しいフィルタ —更新済 を追加しました。[ステータス] フィルタドロップダウンの [オーダー] ページで、[更新済] を選択し、[進む] をクリックします。

詳細は、「移行済証明書オーダーを更新済とマークする」 を参照してください。

enhancement

レガシー API の CertCentral Services API へのアップグレード:[オーダーステータスを更新する]エンドポイントの改善

オーダーをレガシーコンソールから移行して CertCentral で更新する場合、元のオーダーが自動更新されないため更新内容が反映されない場合があります。

これらの "更新済" オーダーが、まだ更新が必要なオーダーとあわせて表示されるのを防止するため、新しい値 —更新済ステータス パラメータを [オーダーステータスを更新する] エンドポイントに追加しました。

これで、移行済証明書オーダーが更新された場合、元のオーダーのステータスを手動で変更することができます。

新しいステータスパラメータ付き要求の例

Update order status-endpoint example-request

詳細は、[オーダーステータスを更新する] を参照してください。