フィルタリング: permissions x 消去
enhancement

[API キー生成] プロセスを改定し、個別の操作セットに対する API キーの権限を制限する機能を追加しました。

キーをユーザーにリンクすると、そのユーザーのキーへの権限をリンクすることになります。これで、そのキーのユーザーロール内の操作のサブセットに対する権限を制限することができます。

詳細は、「API キーを生成する」 を参照してください。

new

制限権限付き API キーを速やかに特定するため、新しい情報アイコンを [アカウントアクセス] ページの API キーリストに追加しました (サイドバーメニューで、[アカウント] > [アカウントアクセス]の順でクリック)。アイコンをクリックすると、キーがどの統合を使用できるかが確認できます。

new

新しい [API キーを編集する] 機能を追加し、お客様による有効な API キーの説明と権限の編集が可能になりました。

API キーを編集するには、サイドバーメニューで、[アカウント] > [アカウントアクセス] の順でクリックします。API キー下のアカウントアクセスページで、API キー名リンクをクリックします。

詳細は、「API キーを編集する」 を参照してください。

new

ユーザーが TLS 証明書 (OV と EV) を他のアカウント内からオーダーするとき、またはゲスト URL を使用するとき、新しい組織を追加できるかどうかを柔軟に選択できる新しい機能を追加しました。

注意:以前は、オーダープロセス中にユーザーが新しい組織を追加できないようにする唯一の方法は、申請を編集し、証明書申請を拒否することでした。

この新しい機能により、ユーザーが[証明書申請]ページから新しい組織を追加する機能を無効または有効にすることができます。

[管理グループ環境設定] ページ ([設定] > [環境設定]) で、[新しい組織を追加する]下の[証明書申請] セクション ([詳細設定]を拡張) で、,「TLS 証明書の申請時にユーザーの新しい組織の追加を許可する」 のチェックを外し、続いて [設定を保存する] をクリックします。

注意:すべての OV と EV TLS 証明書オーダーに必要なため、この変更を行っても、オーダーへの既存の、-組織の追加機能が削除されることはありません。