フィルタリング: preferences x 消去
new

Discovery: Account setting for discovered certificate renewal notifications

In Discovery, we added a new account setting, Turn on discovered certificate renewal notifications, enabling you to receive renewal notifications for your expiring "discovered" SSL/TLS certificates. These renewal notifications include the option to renew your SSL/TLS certificate with us. When renewing a "discovered" SSL/TLS certificate in CertCentral, we'll replace it with an equivalent DigiCert certificate.

By default, renewal notices for discovered certificates are turned off for a CertCentral account*. To start receiving renewal notices for your expiring discovered certificates, go to Settings > Preferences. In the Certificate Renewal Settings section, check Turn on discovered certificate renewal notifications.

*Note: With the roll out of this new setting, you may need to turn Discovery renewal notifications back on for your account.

To learn more, see Discovery renewal notices.

new

新しい機能 「ユーザーの TLS 証明書申請時の新しい連絡先追加を許可する」 を追加しました。これにより、EV TLS/SSL 証明書をそのアカウント内からオーダーするときに、またはゲスト URL の使用時に標準ユーザー、財務マネージャ、および制限付きユーザーが新しい CertCentral 以外のアカウントユーザーを 確認済連絡先 (EV 用) として追加できるかどうかを柔軟に選択できます。

以前は、オーダープロセス中にこれらのユーザーロールが新しい CertCentral 以外のアカウントユーザーを確認済連絡先として追加できないようにする唯一の方法は、申請を編集し、そのオーダーの既存の連絡先を選択するか、証明書申請を拒否することでした。

現在、ユーザー、財務マネージャ、および制限付きユーザーロールが新しい CentCentral アカウントユーザーを確認済連絡先として EV SSL/TLS 証明書申請ページから追加できるかどうかを管理できます。この機能により、管理者およびマネージャロール向けの EV SSL/TLS 証明書オーダーページからそのオプションが削除されることはありません。

[管理グループ環境設定] ページ ([設定] > [環境設定]) で、[新しい連絡先を追加する]下の[証明書申請] セクション ([詳細設定]を拡張) で、,「TLS 証明書の申請時にユーザーの新しい連絡先の追加を許可する」 のチェックを外し、続いて [設定を保存する] をクリックします。

注意:これはすべての EV SSL/TLS 証明書オーダーに必要なため、この変更を行っても、オーダーへの確認済連絡先としての既存の連絡先(CentCentral アカウントユーザーまたは CentCentral 以外のアカウントユーザー)の追加機能が削除されることはありません。

enhancement

「ユーザーの TLS 証明書申請時の新しい組織追加を許可する」 機能を強化しました。これにより、EV TLS 証明書(OV と EV) をそのアカウント内からオーダーするときに、またはゲスト URL の使用時に標準ユーザー、財務マネージャ、および制限付きユーザーが新しい組織を確認済連絡先を追加できるかどうかを柔軟に選択できます。

以前は、この機能から、以下のすべてのユーザーロールについて新しい組織を追加する機能を削除しました。管理者、マネージャ、標準ユーザー、財務マネージャ、および制限付きユーザー

現在、「ユーザーの TLS 証明書申請時の新しい組織追加を許可する」 機能が影響を及ぼすのは、ユーザー、財務マネージャ、および制限付きユーザーロールの[証明書申請]ぺーじからの新しい組織追加機能のみです。この機能を有効にしても、無効にしても、管理者およびマネージャロールによる新しい組織の追加機能は維持されます。

[管理グループ環境設定] ページ ([設定] > [環境設定]) で、[新しい組織を追加する]下の[証明書申請] セクション ([詳細設定]を拡張) で、,「TLS 証明書の申請時にユーザーの新しい組織の追加を許可する」 のチェックを外し、続いて [設定を保存する] をクリックします。

注意:すべての OV と EV TLS 証明書オーダーに必要なため、この変更を行っても、オーダーへの既存の、事前認証組織の追加機能が削除されることはありません。