フィルタリング: preferences x 消去
new

Discovery:確認された証明書更新通知のアカウント設定

Discovery では、新しいアカウント設定、「確認された証明書更新通知をオンにする」を追加し、,お客様が、有効期限が近い、"確認された" SSL/TLS 証明書の更新通知を受け取ることはなくなります。これらの更新通知には、当社との SSL/TLS 証明書の更新オプションが含まれます。CertCentral の "確認済" SSL/TLS 証明書を更新すると、同等の DigiCert 証明書と交換します。

デフォルトでは、確認された証明書の更新通知は、CertCentral アカウントについてについてはオフになっています*。有効期限が近い、確認証明書の更新通知の受け取りを開始するには、[設定] >[環境設定] の順に移動します。[証明書更新設定] セクションで、[確認された更新通知をオンにする]にチェックを入れます。

*注意:新しい設定で開始する場合、お使いのアカウントで Discovery 更新通知をオンに戻す必要がある場合があります。

詳細は、「Discovery 更新通知」 を参照してください。

new

新しい機能 「ユーザーの TLS 証明書申請時の新しい連絡先追加を許可する」 を追加しました。これにより、EV TLS/SSL 証明書をそのアカウント内からオーダーするときに、またはゲスト URL の使用時に標準ユーザー、財務マネージャ、および制限付きユーザーが新しい CertCentral 以外のアカウントユーザーを 確認済連絡先 (EV 用) として追加できるかどうかを柔軟に選択できます。

以前は、オーダープロセス中にこれらのユーザーロールが新しい CertCentral 以外のアカウントユーザーを確認済連絡先として追加できないようにする唯一の方法は、申請を編集し、そのオーダーの既存の連絡先を選択するか、証明書申請を拒否することでした。

現在、ユーザー、財務マネージャ、および制限付きユーザーロールが新しい CentCentral アカウントユーザーを確認済連絡先として EV SSL/TLS 証明書申請ページから追加できるかどうかを管理できます。この機能により、管理者およびマネージャロール向けの EV SSL/TLS 証明書オーダーページからそのオプションが削除されることはありません。

[管理グループ環境設定] ページ ([設定] > [環境設定]) で、[新しい連絡先を追加する]下の[証明書申請] セクション ([詳細設定]を拡張) で、,「TLS 証明書の申請時にユーザーの新しい連絡先の追加を許可する」 のチェックを外し、続いて [設定を保存する] をクリックします。

注意:これはすべての EV SSL/TLS 証明書オーダーに必要なため、この変更を行っても、オーダーへの確認済連絡先としての既存の連絡先(CentCentral アカウントユーザーまたは CentCentral 以外のアカウントユーザー)の追加機能が削除されることはありません。

enhancement

「ユーザーの TLS 証明書申請時の新しい組織追加を許可する」 機能を強化しました。これにより、EV TLS 証明書(OV と EV) をそのアカウント内からオーダーするときに、またはゲスト URL の使用時に標準ユーザー、財務マネージャ、および制限付きユーザーが新しい組織を確認済連絡先を追加できるかどうかを柔軟に選択できます。

以前は、この機能から、以下のすべてのユーザーロールについて新しい組織を追加する機能を削除しました。管理者、マネージャ、標準ユーザー、財務マネージャ、および制限付きユーザー

現在、「ユーザーの TLS 証明書申請時の新しい組織追加を許可する」 機能が影響を及ぼすのは、ユーザー、財務マネージャ、および制限付きユーザーロールの[証明書申請]ぺーじからの新しい組織追加機能のみです。この機能を有効にしても、無効にしても、管理者およびマネージャロールによる新しい組織の追加機能は維持されます。

[管理グループ環境設定] ページ ([設定] > [環境設定]) で、[新しい組織を追加する]下の[証明書申請] セクション ([詳細設定]を拡張) で、,「TLS 証明書の申請時にユーザーの新しい組織の追加を許可する」 のチェックを外し、続いて [設定を保存する] をクリックします。

注意:すべての OV と EV TLS 証明書オーダーに必要なため、この変更を行っても、オーダーへの既存の、事前認証組織の追加機能が削除されることはありません。