フィルタリング: product x 消去
compliance

DigiCert will stop issuing 2-year public SSL/TLS certificates

On August 27, 2020 5:59 pm MDT (23:59 UTC), DigiCert will stop issuing 2-year public SSL/TLS certificates to prepare for the industry changes to the maximum allowed validity for public SSL/TLS certificates.

After the August 27 deadline, you can only purchase 1-year public SSL/TLS certificates.

What do I need to do?

To ensure you get needed 2-year public SSL/TLS certificates before the August 27 deadline:

  • Take inventory of needed 2-year certificates—new and renewals.
  • Order any 2-year certificates that you need before August 13.
  • Respond to any domain and organization validation requests in a timely manner.

To learn how this change will affect pending certificate orders, reissues, and duplicates, see End of 2-Year DV, OV, and EV public SSL/TLS certificates.

DigiCert Services API

For those using the DigiCert Services API, you'll need to update your API workflows to account for the new maximum certificate validity of 397 days for requests placed after the August 27 deadline. See Services API.

After August 27, 2020

After August 27, you can only purchase 1-year public SSL/TLS certificates. However, to maximize your SSL/TLS coverage, purchase your new certificates with a DigiCert® Multi-year Plan. See Multi-year Plans.

Why is DigiCert making this change?

On September 1, 2020, the industry says good-bye to 2-year certificates. Going forward Certificate Authorities (CA) can only issue public DV, OV, and EV SSL/TLS certificates with a maximum validity of 398 days (approximately 13 months).

DigiCert will implement a 397-day maximum validity for all public SSL/TLS certificates as a safeguard to account for time zone differences and to avoid issuing a public SSL/TLS certificate that exceeds the new 398-day maximum validity requirement.

Check out our blog to learn more about the transition to 1-year public SSL/TLS certificates: One-Year Public-Trust SSL Certificates: DigiCert’s Here to Help.

new

IPv6 アドレス (省略とフル) へのサポートを追加しました。

これで、パブリックとプライベート OV TLS/SSL 証明書 (SSL, Multi-Domain SSL、および Wildcard SSL、プライベート SSL、など) をオーダーでき、また IPv6 アドレスをコモンネームまたは SAN として含めることができます。

注意:IPv6 アドレスは、EV TLS/SSL 証明書 (EV SSL および EV Multi-Domain SSL) についてはサポートされていません。

enhancement

ワイルカード証明書への機能拡張。単一のワイルドカード証明書で複数のワイルドカードドメインを安全保護できます。

ワイルドカード証明書を CertCentral にオーダーするとき、1つのワイルドカード証明書で複数のワイルドカードドメインを安全保護する (*.example.com、*.yourdomain.com、および *.mydomain.com) ことができます。また、単一のワイルドカードドメインをワイルドカード証明書で安全保護できます (*.example.com)。

注意事項:

  • 各ワイルドドメインについては、ベースドメインも無料で安全保護されます (例えば、*.yourdomain.com は yourdomain.com を安全保護)。
  • 他のホスト名 (SAN) はワイルドカードドメイン (例えば、*.yourdomain.com) か、表示されたワイルドカードドメインに基づいていなければなりません。例えば、お使いのワイルドカードドメインの1つが *.yourdomain.com の場合、SAN www.yourdomain.com または www.app.yourdomain.com を証明書オーダーに追加することができます。
  • ワイルドカード SAN を証明書オーダーに追加すると、追加コストが発生する場合があります。
compliance

2018年3月1日現在、825日は、再発行済(または複製発行済)の3年パブリック SSL/TLS 証明書の許容最大長です。

2017年3月1日以降発行の3年 OV 証明書については、3年証明書試用期間の初年度期間中、すべての再発行および複製証明書の使用期間は "元の" 証明書より短くなる可能性があり、これらの再発行済証明書が先に有効期限切れとなりますので、留意してください。
「これは3年証明書再発行と複製発行にどのような影響があるか?」を参照してください。

2月 21, 2018

compliance

2018年2月21日現在、DigiCert は、パブリック SSL 証明書の最大長を825日(約27ヵ月)に制限する業界基準の変更により、提供できるのは、1年および2年パブリック SSL/TLS 証明書のみです。「2018年2月28日、新しい3年証明書オーダーの最終日」を参照してください。