フィルタリング: product x 消去
compliance

デジサートは、2年パブリック SSL/TLS 証明書の発行を停止予定です

2020年8月27日 午後 5:59 MDT (午後 11:59 UTC),デジサートは2年パブリック SSL/TLS 証明書の発行を停止し、パブリック SSL/TLS 証明書の最長許可有効期間への業界変更に向けの準備を行う予定です。

8月27日の締切以降、購入できるのは、1 年パブリック SSL/TLS 証明書のみです。

どのような対処が必要ですか?

必要な 2 年パブリック SSL/TLS 証明書を8月27日の締切前に取得できるようにするには:

  • 必要な 2 年証明書-新規と更新のインベントリを確保します。
  • 8月13日前に、必要な 2 年証明書をオーダーします。
  • ドメインと組織認証要求にタイムリーに応答します。

この変更の保留中の証明書おーダー、再発行および複製への影響についての詳細は、「2 年 DV、 OV、および EV パブリック SSL/TLS 証明書の終了」 を参照してください。

DigiCert Services API

DigiCert Services API 利用者の場合、API ワークフローを更新して、8月27日以降に行った要求について新しい最長証明書有効期間 397 日を入れる必要があります。Services API を参照してください。

2020年8月27日以降

8月27日以降、購入できるのは、1 年パブリック SSL/TLS 証明書のみです。ただし、お使いの SSL/TLS カバレッジを最大にするには、DigiCert® 複数年プラン付きの新しい証明書を購入します。「複数年プラン」 を参照してください。

デジサートではなぜ、変更を行うのですか?

2020年9月1日、業界では、2 年証明書を修了します。その後、認証局 (CA) は、最長有効期間 398 日(約13ヵ月)のパブリック DV、OV、 および EV SSL/TLS 証明書のみ発行できます。

デジサートは、タイムゾーン時間差に対応するため、および最長有効期間 398 日の新しい要件を超えるパブリック SSL/TLS 証明書の発行を避けるため、安全策としてすべてのパブリック SSL/TLS 証明書について 397 日の最長有効期間を実施予定です。

1 年パブリック SSL/TLS 証明書への移行についての詳細は当社ブログをご覧ください。1 年パブリックトラスト SSL 証明書:デジサートのヘルプ」 を参照してください。

new

IPv6 アドレス (省略とフル) へのサポートを追加しました。

これで、パブリックとプライベート OV TLS/SSL 証明書 (SSL, Multi-Domain SSL、および Wildcard SSL、プライベート SSL、など) をオーダーでき、また IPv6 アドレスをコモンネームまたは SAN として含めることができます。

注記:IPv6 アドレスは、EV TLS/SSL 証明書 (EV SSL および EV Multi-Domain SSL) についてはサポートされていません。

enhancement

ワイルカード証明書への機能拡張。単一のワイルドカード証明書で複数のワイルドカードドメインを安全保護できます。

ワイルドカード証明書を CertCentral にオーダーするとき、1つのワイルドカード証明書で複数のワイルドカードドメインを安全保護する (*.example.com、*.yourdomain.com、および *.mydomain.com) ことができます。また、単一のワイルドカードドメインをワイルドカード証明書で安全保護できます (*.example.com)。

注意事項:

  • 各ワイルドドメインについては、ベースドメインも無料で安全保護されます (例えば、*.yourdomain.com は yourdomain.com を安全保護)。
  • 他のホスト名 (SAN) はワイルドカードドメイン (例えば、*.yourdomain.com) か、表示されたワイルドカードドメインに基づいていなければなりません。例えば、お使いのワイルドカードドメインの1つが *.yourdomain.com の場合、SAN www.yourdomain.com または www.app.yourdomain.com を証明書オーダーに追加することができます。
  • ワイルドカード SAN を証明書オーダーに追加すると、追加コストが発生する場合があります。
compliance

2018年3月1日現在、825日は、再発行済(または複製発行済)の3年パブリック SSL/TLS 証明書の許容最大長です。

2017年3月1日以降発行の3年 OV 証明書については、3年証明書使用期間の初年度期間中、すべての再発行および複製証明書の使用期間は "元の" 証明書より短くなる可能性があり、これらの再発行済証明書が先に有効期限切れとなりますので、留意してください。
「これは3年証明書再発行と複製発行にどのような影響があるか?」を参照してください。

2月 21, 2018

compliance

2018年2月21日現在、デジサートは、パブリック SSL 証明書の最大長を825日(約27ヵ月)に制限する業界基準の変更により、提供できるのは、1年および2年パブリック SSL/TLS 証明書のみです。「2018年2月28日、新しい3年証明書オーダーの最終日」を参照してください。