フィルタリング: product settings x 消去
new

CertCentral Services API:新しいユニットオーダー詳細と[ユニットオーダーをキャンセスする]エンドポイント

CertCentral Services API に新しいエンドポイントを追加しましたので、お知らせいたします。ユニットオーダー詳細ユニットオーダーをキャンセルする.

これらのエンドポイントで、ユニットオーダーについての情報を取得し、ユニットオーダーをキャンセルすることができます。

ユニットオーダーをキャンセルする:

  • ユニットオーダーをキャンセルできるのは、オーダー執行から30日以内のみです。
  • オーダーのサブアカウントがユニットの使用した場合は、ユニットオーダーをキャンセルすることはできません。

ユニットを支払方法として使用するサブアカウントを管理する場合、Services API を使用して、次のタスクを実行できます。

enhancement

CertCentral Services API:[製品リスト]、[製品制限]、および[製品情報]エンドポイントを改善

お使いのアカウント中の電子証明書製品について利用可能なオーダー有効期間を探しやすくするため、[製品リスト]、[製品制限]、および[製品情報]エンドポイントに応答パラメータを追加しました。

これらの新しい応答パラメータで、お使いのアカウントの各製品のデフォルトおよびカスタマイズオーダー有効期間を表示することができます。

[製品リスト]エンドポイント

allowed_order_validity_years パラメータは、お使いのアカウントの各製品についてサポート対象のオーダー有効期間のリストを返してきます。

[製品制限]エンドポイント

allowed_order_lifetimes パラメータは、お使いのアカウントの管理グループとユーザーロール割当が異なるユーザー向けに、カスタマイズしたオーダー有効期間制限のリストを返してきます。

[製品情報]エンドポイント

  • allowed_order_validity_years パラメータは、証明書製品を要求する場合に利用可能なオーダー有効期間のリストを返してきます。
  • custom_order_expiration_date_allowed パラメータは、証明書製品を要求した場合にカスタムオーダー有効期限日を設定できるかどうかを記載したブーリアン値を返してきます。
enhancement

CertCentral Services API:[サブアカウントオーダー情報]エンドポイントを改善

サブアカウントオーダーの有効期間についての情報を探しやすくするため、[サブアカウントオーダー情報] エンドポイントに新しい応答パラメータを追加しました。これらの新しい応答パラメータで、オーダー開始日、オーダー終了日、およびオーダーが複数年プランかどうかを確認できます。

  • is_multi_year_plan パラメータは、オーダーが複数年プランの場合に "1" を返します。
  • order_valid_from パラメータは、オーダー有効期間の開始日を返します。
  • order_valid_till パラメータは、オーダー有効期間の終了日を返します。

新しいパラメータがある応答の例

Subaccount order updates

enhancement

デジサート複数年プランの使用期間をカスタマイズする

CertCentral で TLS 証明書を要求するときに複数年プラン (MyP) のカスタム使用期間を構成できるようになりましたので、お知らせいたします。TLS 証明書要求フォームで、 [カスタムオーダー有効期間] オプションを使用して、TLS 証明書オーダーの長さをカスタマイズします。

注記:最長 TLS 証明書有効期間は、業界ベストプラクティスに倣い 397 日です。「2 年パブリック SSL/TLS 証明書の終了」 を参照してください。

カスタム複数年プランオーダーは、日数または有効期限日で設定できます。.最長オーダー期間は 2190 日 (6 年) です。最短オーダー期間は 7 日です。

注記:カスタムオーダーは、そのオーダーに証明書を発行する日から開始となります。オーダー価格は、選択した証明書と、カスタムオーダー期間にあわせて日割計算されます。

MyP カバレッジをカスタマイズするには

  1. 要求証明書フォームで、[カバレッジ長を選択する] をクリックします。
  2. [サイトをどのくらいの期間保護する必要がありますあか]ポップアップウインドウで、[カスタムオーダー期間] を選択します。
  3. [お客様オーダー期間を選択する]で、複数年プランの使用期間を構成します。
    1. カスタムオーダー期間
      プランの期間を日数で指定します。
    2. カスタムオーダー有効期限日
      プランが有効期限となる日を選択します。
  4. [保存]をクリックします。
enhancement

パブリック TLS 証明書の製品設定を更新

証明書オーダープロセスで管理を強化するため、パブリック TLS 証明書の製品設定を更新しました。これで、パブリック TLS 証明書のオーダー時からユーザーが選択できる許可された複数年プランオーダー期間を決定できます。

TLS 証明書の製品設定ページで、[許可有効期間] オプションを使用して、どの MyP オーダー期間が TLS 証明書要求フォームに表示されるかを決定します。1 年、2 年、3 年、4 年、5 年、および 6 年。製品設定に適用された変更は、CertCentral Services API から行った要求に適用されますので、注意してください。

注記:以前は、許可有効期間 オプションは、パブリック TLS 証明書のオーダー時にユーザーが選択できる最長証明書使用期間を決定するのに使用されました。しかし、業界が 1 年証明書に移行する中で、このオプションは証明書期間には必要なくなります。「2 年パブリック SSL/TLS 証明書の終了」 を参照してください。

TLS 証明書の許可 MyP オーダー期間を構成するには

  1. 左メインメニューで、[設定] >[製品設定] の順に進みます。
  2. [製品設定]ページで、パブリック TLS 証明書を選択します。例えば、[ セキュア・サーバ ID] を選択します。
  3. [許可有効期間] ドロップダウンのセキュア・サーバ ID で、有効期間を選択します。
  4. [設定を保存する]をクリックします。

ユーザーが次回セキュア・サーバ ID 証明書をオーダーする場合、要求フォームで選択した有効期間のみが表示されます。

注記:複数年プランオーダー期間で制限を設定することで、TLS 証明書要求フォームからカスタム有効期間オプションが削除されます。

enhancement

CertCentral ドメインメページ:改善した domains.csv レポート

[ドメイン]ページで、CSV rレポートを改善し、OV と EV ドメイン認証有効期限日をトラッキングし、以前使用したドメインの利用権確認 (DCV) 方法を表示しやすくしました。

次回 CSV ファイルをダウンロードする とき,レポートには次の3つの新しい列が表示されます。

  • OV の有効期限
  • EV の有効期限
  • DCV 方法

domains.csv レポートをダウンロードするには

  1. 左メインメニューで、[証明書] >[ドメイン]の順に進みます。
  2. [CSV をダウンロードする] ドロップダウンのレコードをダウンロード[ドメイン]ページで、[すべてのレポートをダウンロードする] を選択します。

domains.csv を開くと、レポートに新しい列と情報が表示されます。

new

パブリック OV と EV フレックス証明書用 ICA 証明書チェーンの選択

フレックス証明書付きパブリック OV と EV 証明書は現在、中間 CA 証明書チェーンの選択をサポートしていることをお知らせいたします。

どの DigiCert ICA 証明書チェーンがパブリック OV および EV "フレックス" 証明書を発行するかを管理できるオプションを CertCentral アカウントに追加することができます。

このオプションでは次のことが可能です。

  • デフォルト ICA 証明書チェーンを各パブリック OV および EV フレックス製品向けに設定します。
  • 証明書要求者がどの ICA 証明書チェーンを使用してフレックス証明書を発行するか管理します。

ICA 証明書チェーンの選択を構成する

お使いのアカウントについて ICA 選択を有効にするには、アカウントマネージャまたは サポートチーム にお問い合わせください。次に、製品設定ページの CertCentral アカウント(左メインメニューで [設定] >[製品設定] の順に進む) で OV と EV フレックス証明書の各タイプについて、デフォルトおよび許可された中間証明書を構成します。

詳細およびステップ別の手順は、「パブリック OV と EV フレックス証明書の ICA 証明書チェーンオプション」 を参照してください。

new

DigiCert Services API は ICA 証明書チェーンの選択をサポート

DigiCert Services API では、お使いの API 統合で ICA 選択をサポートするため、次の更新を行いました。

  • 新規作成済 製品制限エンドポイント
    このエンドポイントを使用して、お使いのアカウントの各管理グループについて有効になった製品の制限と設定に関する情報を取得します。こには、各製品のデフォルトおよび許可された ICA 証明書チェーンの ID 値が含まれます。
  • パブリック TLS OV と EV フレックス証明書オーダー要求への ICA 選択のサポートを追加
    製品について許可された中間証明書を構成した後、API を使用してオーダー要求を提出するときに証明書を発行する ICA 証明書チェーンを選択することができます。
    発行 ICA 証明書の ID をオーダー要求本文の ca_cert_id パラメータ用の値にパスします。

フレックス証明書要求の例:

Example flex certificate request

API 統合の ICA 選択についての詳細は、「OV/EV 証明書の使用期間 – (オプション) ICA 選択」 を参照してください。

enhancement

フレキシブル証明書用の新しい製品設定

証明書オーダープロセスで管理を強化するため、新しい製品設定2つ をフレキシブル証明書サービスに追加しました。

  • 許可される SAN の最大数 (250 を超えることはできません)
  • ワイルドカードを許可します。

現在、フレキシブル OV または EV 証明書オーダーに含まれる SAN の数を制限することができます。また、ユーザーがフレキシブル OV 証明書オーダーにワイルドカードドメインを含めるのを防止することができます。

左メインメニューのフレキシブル証明書製品設定で、[設定] >[製品設定] の順で進みます。

フレキシブル OV と EV 証明書

これらのよりフレキシブルな SSL TLS 証明書により、証明書をお客様ニーズに合わせやすくなります。スタンダード・サーバ Id、スタンダード・サーバ ID EV、セキュア・サーバ ID およびセキュア・サーバ ID EV。これらは以前の基本およびセキュア・サーバ ID 製品に代わるものです。

これらの新しい証明書を CertCentral アカウントについて有効にするには、アカウントマネージャまたは当社の サポートチームにお問い合わせください。