フィルタリング: reissue endpoint x 消去
enhancement

基本およびセキュア サーバーID 単一ドメイン証明書サービス (Standard SSL、EV SSL、セキュア サーバーID SSL、およびセキュア サーバーID EV SSL) を改定し、「 [your-domain].com と www.[your-domain].com の両方を証明書に含める」 オプションをこれらの証明書オーダー、再発行、および複製フォームに追加しました。このオプションでは、お客様は、コモンネーム (FQDN) の両方のバージョンをこれらの単一ドメイン証明書に 無料で 含めるかを選択できます。

  • コモンネーム (FQDN) の両方のバージョンを安全保護するには、「 [your-domain].com と www.[your-domain].com の両方を含める]にチェックを入れます。
  • コモンネーム (FQDN) のみを安全保護するには、「 [your-domain].com と www.[your-domain].com の両方を含める]のチェックを外します。

「SSL/TLS 証明書をオーダーする」 を参照してください。

サブドメインにも適用されます。

新しいオプションでは、両方のバージョンのベースとサブドメインを取得できます。これにより、両方のバージョンのサブドメインを安全保護するには、サブドメインを [コモンネーム] ボックス (sub.domain.com) に追加し、 「 [your-domain].com と www.[your-domain].com の両方を含める]にチェックを入れます。DigiCert が証明書を発行した場合、その証明書には以下の両方のバージョンのサブドメインが含まれることになります。[sub.domain].com と www.[sub.doman].com

[サブドメインにプラス機能を使用する]を削除しました

「[your-domain].com と www.[your-domain].com を証明書に含める」 オプションで、「プラス機能 -- サブドメインにプラス機能を使用する」 が使用できなくなります。そのため、[管理グループ環境設定]ページからオプションを削除しました (サイドバーメニューで、[設定] > [環境設定] の順でクリック)。

enhancement

DigiCert Services API で、下記の [OV/EV SSL をオーダーする],[SSL (type_hint) をオーダーする],[セキュア サーバーID SSL をオーダーする],[プライベート SSL をオーダーする],[証明書を再発行する],および [複製証明書] エンドポイントを更新しました。これらの変更により、単一ドメイン証明書の申請、再発行および複製時の管理がしやすくなり、お客様が個別の追加 SAN をこれらの単一ドメイン証明書に 無料で 含めるかを選択することができます。

  • /ssl_plus
  • /ssl_ev_plus
  • /ssl_securesite
  • /ssl_ev_securesite
  • /private_ssl_plus
  • /ssl*
  • /reissue
  • /duplicate

*注意:[SSL (type_hint) をオーダーする]エンドポイントについては、 下記の dns_names[] パラメータのみを使用して、無料の SAN を追加します。

両方のバージョンのドメイン ([your-domain].com と www.[your-domain].com) を安全保護するには、申請で、common_name パラメータを使用して、ドメイン ([your-domain].com) を追加し、dns_names[] パラメータを使用して、他のバージョンのドメイン (www.[your-domain].com) を追加します。

DigiCert が証明書を発行した場合、両方のバージョンのドメインが安全保護されます。

example SSL certificte request

コモンネーム (FQDN) のみを安全保護する場合は、申請の dns_names[] パラメータを省きます。