フィルタリング: shims x 消去
new

DigiCert Services API では、新しい[オーダー情報]エンドポイントを2つ追加しました。これで、オーダー ID、証明書のシリアル番号、また証明書のサムプリントを使用して、証明書オーダーの詳細を表示することができます。

  • GET https://www.digicert.com/services/v2/order/certificate/{{サムプリント}}
  • GET https://www.digicert.com/services/v2/order/certificate/{{serial_number}}

現在、これらの新しいエンドポイントは、プライマリ証明書用データのみ取り込むことができます。Services API についての詳細は、開発者 ポータルを参照してください。

new

これで PQC Docker 化ツールキットガイドが利用できます

グローバル サーバー IDグローバル サーバー ID 証明書には、DigiCert ポスト量子暗号 (PQC) ツールキット が付属しています。各自の PQC テスト環境を作成するには、以下のオプションのうち1つを使用してください。

当社のツールキットには、ハイブリッド SSL/TLS 証明 書の作成に必要な内容が付属しています。このツールキットのハイブリッド証明書は、ECC アルゴリズムと組み合わせた PQC アルゴリズムを使用し、お使いのウェブサイト上でポスト量子、後方互換ハイブリッド証明書のホスティング実現性をテストできます。

注意:PQC ツールキットにアクセスするには、グローバル サーバー ID 証明書の [オーダー#詳細] ページに移動してください。(サイドバーメニューで、[証明書 >オーダー]をクリックします。[オーダー]ページで、グローバル サーバー ID 証明書のオーダー番号リンクをクリックします。証明書の[オーダー]詳細ページで、[PQC ツールキット]をクリックします。)

ポスト量子暗号についての詳細は、「ポスト量子暗号」を参照してください。各グローバル サーバー ID 証明書の収録内容についての詳細は、「Pro TLS/SSL 証明書」 を参照してください。

new

DigiCert はここに、リテール API を使用した DigiCert アカウント を新しい証明書管理プラットフォーム、DigiCert CertCentralに無料でアップグレードしやすくなったことを発表します!

アップグレードをできるかぎり継続的にするため、当社ではこれらのリテール API endpoints:エンドポイントを調節しました。

これで、API 統合への干渉なしで、DigiCert アカウントをアップグレードできます。アップグレードが完了したら、CertCentral で新しい統合を構築するプラント立てます。

  • CertCentral Services API についての詳細は、開発者 ポータルを参照してください。

DigiCert Retail API についての詳細は、「DigiCert Retail API 用ドキュメント」 を参照してください。