フィルタリング: validity x 消去
enhancement

CertCentral Services API: Order code signing certificates with a custom expiration date

In the CertCentral Services API, we updated the Order code signing certificate endpoint to support custom expiration dates. Now, when you order a code signing certificate, you can use the custom_expiration_date request parameter to set the exact date the certificate will expire.

Example request body:

Code signing custom expiration date parameter

enhancement

SSL/TLS およびクライアント証明書製品サービスを強化したため、これらの証明書の1つをオーダーした場合、カスタム有効期間 (日数) を設定することが可能になります。以前は、カスタム有効期限日のみ選択できました。

カスタム有効期間は、証明書発行日が起算日です。証明書代金は、カスタム証明書長と一致するように日割計算されます。

注意:カスタム証明書長は、証明書の業界許容の最大使用期間を超過することはできません。例えば、SSL/TLS 証明書について、900日の有効期間を設定することはできません。

enhancement

証明書が有効な日数を設定できる新しい validity_days パラメータを含めるように、SSL/TLS およびクライアント証明書エンドポイントを強化しました。

パラメータ優先順位に関する注意事項:申請に1つ以上の証明書有効パラメータを含める場合、この順序で証明書有効パラメータを優先します。custom_expiration_date > validity_days > validity_years.

DigiCert Services API ドキュメントについては、「CertCentral API」 を参照してください。

new

証明書オーダーにすべての再発行証明書を表示できる、新しい [オーダー管理 - オーダー再発行を一覧表示する] API エンドポイントを追加しました。[オーダー再発行を一覧表示する] エンドポイントを参照してください。

enhancement

クライアント証明書を機能拡張。クライアント証明書 (Premium、Email Security Plus、Digital Plus、および Authentication Plus) をオーダーするとき、これで、お使いのクライアント証明書に カスタム有効期限日 を含めることができます。

以前は、クライアント証明書をオーダーするとき、証明書の有効期間について1、2または3年の選択のみ可能でした。