Skip to main content

トラブルシューティング

署名時にエラーが発生した際に、構文が正しい場合はログレベルを警告に変更して操作をもう一度やり直してください。

ログレベル

アクティブなコマンドウィンドウで、ログレベルを [警告] に設定します。

Windows:set SM_LOG_LEVEL=WARNING

Linux:export SM_LOG_LEVEL=WARNING

ログファイル

  • smctl.log – コマンドラインユーティリティ

  • smksp.log – 鍵ストレージプロバイダ

  • smksp_cert_sync.log – 証明書同期ユーティリティ

ログロケーション

デフォルトのログの場所は /.signingmanager/logs です

  • Windows: %HOMEPATH%\.signingmanager\logs

  • Linux: $HOME/.signingmanager/logs