CertCentral アカウントをセットアップする

CertCentral の新規利用者ですか、あるいはクイック更新者が必要なだけですか?このガイドは、お客様の CertCentral アカウントをより活用できるように、基本的なアカウントのセットアップおよび構成トピックを対象としています。今少しだけ時間を取ってアカウントをセットアップすると、SSL 証明書について心配がなく、必要なことにもっと時間を割くことができます。

プロフィールを管理する

[プロフィール設定] ページの個人情報を確認および更新します。“名前” ドロップダウンのアカウント右端下で、[マイプロフィール]を選択します。

CertCentral username dropdown menu

[プロフィール設定]ページで、お客様の以下の内容を管理します。

  • 個人情報 (電話番号、役職、など)
  • アカウント情報 (メールアドレス、ユーザー名、パスワードおよびセキュリティの質問)
  • アカウント言語環境設定
  • API キー (API ドキュメントについては、当社の 「開発者ポータル」を参照してください)。

支払オプション

CertCentral はデフォルトでは、お客様に対して2つの支払方法-クレジットカードとアカウント残高を提供します。

クレジットカード

証明書のオーダー時はいつも、クレジットカードで支払うことができます。単発で支払にクレジットカードを使用する、またはクレジットカードを将来使用するためお使いのアカウントに保存しておくことができます。

現在、クレジットカードを証明書の購入に使用すると、その証明書は自動更新できません。証明書を自動更新するには、アカウント残高で支払います。

現在、クレジットカードは、ユーザー別にのみ利用できます。クレジットカード情報は CertCentral アカウントの他のユーザーと共有されません。

アカウント残高

資金を直接、CertCentral アカウントに預託し、証明書をその残高を引き出して購入します。サイドバーメニューで、[財務] > [設定] の順でクリックし、[アカウント残高に請求する] 支払方法を有効にします。次に、CertCentral アカウントに預託します。

CertCentral Finance Settings page

アカウント残高を使用して、証明書を購入する場合、証明書が自動更新するように設定することもできます。

CertCentral は、お使いのアカウントに資金を預託する方法を2つ用意しています。

  • クレジットカード
    クレジットカードで預託するには、[資金を預託する] ページ (サイドバーメニューで、[財務] > [資金を預託する]の順でクリック) に移動します。
  • 発注書
    PO で預託するには、[発注書] ページ (サイドバーメニューで、[財務] > [発注書]の順でクリック).
    PO を提出すると、DigiCert からお客様に請求書が送信されます。資金は、請求書に対して支払いをするときに、お使いのアカウントでのみ利用できます。

アカウント全体通知

CertCentral アカウントを作成するのに使用したメールアドレス (元の管理者のみ) に、更新通知を含む、すべてのアカウントメールのコピーが自動送信されます。

CertCentral アカウントから送信されるすべてのメール通知のコピーを受け取る追加メールアドレスを指定するには、[通知] ページ (サイドバーメニューで、[設定] > [通知]の順でクリック) に進みます。専用メールアドレスまたはこの目的のために頒布リストを作成すると、お使いのアカウントですべての作業を追跡することができます。

「メール通知アカウントをセットアップする」を参照してください。

更新通知

近づいた証明書の有効期限切れを忘れないように、CertCentral は、すべてのアカウント管理者と証明書を申請したユーザーに対して証明書更新通知を送信します。これらの更新通知は、証明書の有効期限切れが近づくと、各段階で同じメールアドレスに送信されます。

デフォルトでは、CertCentral は証明書更新通知を以下の間隔で送信します。

  • 有効期限切れの 90、60、30、7日および 3 日前
  • 期限切れから7日後

お使いのアカウントの更新通知をカスタマイズするには、[証明書更新設定] (サイドバーメニューで [設定] > [環境設定]をクリック)に移動します。,そこで以下の作業が可能です。

  • いつ更新通知を送信するかを選択する。
  • 更新通知を受け取るメールアドレスを追加する。
  • 各間隔でエスカレーション更新通知を構成し、個別メールアドレスに通告する。「エスカレーション更新通知を構成する」を参照してください。

アカウント全体通知に含まれるメールアドレスが更新通知を受け取る (「アカウント全体通知」を参照してください)。それらのアドレスはここでも追加する必要はありません。

DigiCert は、サイトのダウンタイムの原因となる可能性がある証明書の不測の有効期限切れを避けるため、アカウントレベルで更新通知を有効にしておくことをお勧めします。

オーダー別更新通知

アカウント更新通知を構成した後、個別証明書オーダーについて更新通知をオフにすることができます。証明書のオーダー#詳細ページに移動します。[オーダー詳細] セクションで、そのオーダーの更新通知を無効にします。証明書のオーダー#詳細に戻って、[有効]をクリックして、更新通知をもう一度有効にすることができます。

CertCentral Certificate Order # details page

アカウントサインインセキュリティ設定

パスワード複雑さおよび 二要素認証 を含むサインイン要件は、[認証設定] ページ ([設定] > [認証設定]の順でクリック) で構成できます。

企業ポリシーまたは個人の環境設定により異なりますが、各自のパスワード要件(長さ、カテゴリ、および有効期限)および他のアカウントサインイン設定を設定するkとができます。

監査ログ

監査ログは、お使いのアカウントで発生する動作の履歴です。CertCentral は、タイムスタンプおよびその動作を実行したユーザーとともに、お使いのアカウント(サインイン、証明書申請、および失効を含む)で50以上の異なる動作を記録する監査ログを自動保管します。お使いのアカウントで監査ログをみるには、[監査ログ] ページ (サイドバーメニューで、[アカウント] > [監査ログ]) に移動します。

アカウントと証明書を管理できるように、ユーザーを追加する

CertCentral アカウントにユーザーを追加すると、組織のメンバーが各自の証明書オーダーを実行し、証明書、アカウント財務を管理するなどが可能になります。

各ユーザーにはロールが割り当てられ、お客様はお使いのアカウントでの表示内容や可能な対応を管理することができます。例えば、財務マネージャロールは、アカウント請求詳細にアクセスおよび変更し、購入オーダーを作成することができますが、メールアドレスを追加してアカウント全体の通知を受け取ることはできません。

他のユーザーを追加するには、[ユーザー] ページ (サイドバーメニューで、[アカウント] > [ユーザー]の順でクリック) に移動します。[ユーザーを追加する]ページで、[ユーザーを追加する]をクリックします。ユーザーロール、ユーザーの追加、ユーザーの招待に関する詳細は、[ユーザーを管理する]を参照してください。

ユーザーの追加後、ユーザーには各自のパスワードのセットアップ方法を記載したメールが届きます。

次の操作

アカウント構成およびカスタマイズについての詳細は、[アカウントを管理する] セクションでトピックを検索してください。