更新案内メールの設定変更

いつ更新通知を送信するかを決定します。証明書が有効期限に近づくか、有効期限が切れた後、同じメールアドレスにステージごとに毎回、更新通知を受け取るメールアドレスを割り当てます。

デフォルトでは、更新通知は、証明書が有効期限となる90日、60日、30日、7日および3日前、および証明書の有効期限が切れてから7日後に、プライマリ CertCentral 管理者(アカウント作成者)に送信されます。

通知を構成する

  1. 左メインメニューの CertCentral アカウントで、 [設定] >[環境設定]の順で移動します。

  2. [管理グループ環境設定] ページで、ページをスクロールダウンし、[証明書更新設定] セクションで、[エスカレーションを有効にする]のチェックを外します。

  3. 更新申請通知の送付先

    ボックスに、更新通知を受け取るメールアドレスを入力します(コンマで区切る)。これらのメールアドレスで、証明書が有効期限に近づくか、有効期限が切れた後、同じメールアドレスにステージごとに毎回、通知を受け取ります。

  4. 証明書の有効期限予定時期

    の下にある任意の更新通知時期のボックスをチェックします。

    例えば、 「30日」,7 日,および 「3日」のみにチェックを入れると、,当社では、証明書が有効期限となる90日および60日前、および証明書の有効期限が切れてから7日後に更新通知を送信します。

  1. デフォルトの更新メッセージ (オプション

    欄に、すべての更新案内メールに含めることができるオプションの更新メッセージを入力いただけます。

  2. 終了したら、[設定を保存する]をクリックします。

次の操作

この後、CertCentral は、更新した証明書更新設定を使用して、証明書更新通知をいつ、誰に送信するかを決定します。