ゲストアクセス

ゲストアクセスでは、CertCentral ログインなしでオーダーを管理できます。メールアドレスとオーダー番号 (または証明書の FQDN) で、証明書をダウンロード、再発行または失効にすることができます。ゲストアクセスは、お使いのアカウントのすべてのオーダー、または個別オーダーについて、有効にすることができます。

お使いの CertCentral アカウントには、[一意のゲストアクセスログイン]ページがあります。身元情報を確認するため、2 時間アクセスを許可する CertCentral が認証メールを送信します。ゲストアクセスは、オーダーに記載の組織および技術連絡先で利用できます。

ゲストアクセスを使用するのは、どのような人ですか?

各ユーザーは CertCentral ログインの作成をお勧めしています。ほとんどの制御やセキュリティが可能なことと、ユーザーが CertCentral の機能にフルアクセスできるためです。

ただし、それが実際必要ない場合、ゲストアクセスを代替方法として、組織と技術連絡先が CertCentral ログインなしで各オーダーにアクセスできます。ゲストアクセスでは、1度にオーダー1つの管理のみが可能で、 CertCentral の他の機能にはアクセスできません。

CertCentral には、CertCentral ユーザーなしで、お使いのアカウントでオーダーする独立した機能があります。この機能についての詳細は、[ゲスト URL を管理する] を参照してください。

ゲストアクセスを構成する

お使いのアカウントについてゲストアクセスを有効にするには、[アカウント] > [ゲストアクセス] ページの順に進みます。

  1. [ゲストアクセス設定], 下で、[有効にする] にチェックを入れます。これで、お使いのアカウントのすべてのオーダーへのゲストアクセスが有効になります。有効にしたら、お使いのアカウントの一意の ゲストアクセスリンク が使用できるようになります。

  2. [ゲストアクセスを有効にする]で行ったオーダーには、証明書配信メールにお使いのアカウントの ゲストアクセスリンク が記載されています。リンクを他者に配信する必要がある場合は、手動で行ってください。

  3. どのオーダー連絡先をゲストアクセスの適格者とするかは、組織連絡先 を有効または無効にして管理できます。,技術連絡先,ゲスト URL 要求者 (利用登録者) (オーダーを行ったメールアドレス)、およびオーダーに記載された “追加メール” チェックボックス。

  4. オーダーおよび要求価格をゲストアクセスビューで非表示にする、または追加購入について CertCentral 管理者承認を無効にするには、対応するチェックボックスのチェックを外します(すべての CertCentral アカウントタイプでは利用できまえん)。

  5. オーダーの追加購入と失効要求には、対応するボックスにチェックを入れ、 CertCentral 管理者の承認が必要な場合があります。

  6. [設定を保存する] をクリックします。

オーダーのゲストアクセスを無効にする

個別オーダーのゲストアクセスを無効にするには、[オーダー] ページに進みます。

  1. [オーダー] ページで、ゲストアクセスを無効にするオーダーを探します。

  2. [オーダー番号] または [クイックビュー] をクリックします。

  3. [オーダー詳細] セクションで、ゲストアクセスオプション横の [このオーダーについて有効にする] のチェックを外します。これでこのオーダーについてゲストアクセスを利用できます。