SAML 設定権限へのアクセスを許可する

SAML がお使いのアカウントについて有効になったら、すべての管理者 (既存または新規) は自動的に、SAML 機能にアクセスする権限を取得します。シングルサインオンおよび SAML 証明書申請。

権限の割当

デフォルトでは、マネージャは、お使いのアカウントで SAML 機能にアクセスできません。[SAML 設定へのアクセスを許可する]権限により、アカウントマネージャは、SAML 機能にアクセスし、また シングルサインオン構成と SSO アカウントユーザーを管理することができます。

管理者のみ、SAML 権限をマネージャに割り当てることができます。

SAML 権限をマネージャに追加するには、SAML 権限をそのロールに割り当てます (例. マネージャ + SAML 設定へのアクセスを許可する).

また、SAML 権限が必要な既存のマネージャがある場合、ユーザーアカウントを編集し、SAML 権限にそのロールを割り当てます。

SAML 権限のあるユーザーを管理する

[CertCentral ユーザー]ページ (サイドバーメニューで [アカウント] >[ユーザー]の順でクリック)で、どのマネージャが SAML 機能にアクセスできるかを確認できます。SAML 権限のある者については、そのロールの次にSAML 管理者 があります (例. マネージャ、SAML 管理者)。

管理者には SAML 設定権限が自動的に付与されます。ユーザーページでは 管理者 ロールの次に SAML 管理者が表示されることはありません。

関連トピック: