マネージャアカウントを編集し、SAML 権限を割り当てる

開始前に

  • お使いのアカウントについて SAML を有効にする
  • お使いのアカウントの管理者になる

「SAML シングルサインオン前提条件」を参照してください。

マネージャに SAML 権限を割り当てる

  1. [ユーザー詳細]ページに移動する

    1. サイドバーメニューで、 [アカウント] >[ユーザー]の順でクリックします。
    2. [ユーザー]ページで、ユーザーを探し、ユーザーの名前リンクをクリックします。
  1. SAML 権限を割り当てる

    1. [選択したロール]下の[ユーザーアクセス]セクション、[ユーザーの詳細]ページで、「SAML 設定へのアクセスを許可する」にチェックを入れます。
    2. お使いのアカウント用に SAML SSO を構成し、マネージャを SSO 専用ユーザーに変換する場合、「このユーザーのみ SAML SSO へのログインを許可する」にチェックを入れます。

お使いのアカウント用に SAML SSO を構成していない場合は、「このユーザーのみ SAML SSO へのログインを許可する」 にチェックを入れないでください。このボックスにチェックを入れ、SAML SSO が構成されていない場合、ユーザーは、その CertCentral アカウントにサインインすることができません。

  1. 変更を保存する

    終了したら、[ユーザーを更新する]をクリックします。

次の操作

次回マネージャがそのアカウントにサインインするとき、お使いのアカウントの SAML 機能にアクセスします。

マネージャを SAML SSO 専用ユーザーにする選択をした場合、マネージャには、そのアカウントにサインインするためのカスタム SSO URL が送信されます。

IdP 起点のログイン URL を使用して CertCentral アカウントにサインインしていますか?新しいマネージャには、この IdP 起点の URL またはアプリケーションを提供する必要があります。